デジタルカメラマガジン 本誌2007年9月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2007年9月号選考

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: シグマ 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF レタッチ: PTGuiにてステッチング。Photoshop CS2にて明度とコントラストを調整し、曲座標変換によって球形に展開、リサイズおよびトリミングを実行 撮影地: 神奈川県横浜市 大桟橋

優秀賞

「大桟橋大パノラマ」


作者:
杉浦 隆
都道府県:
愛知県
年齢:
47歳

広田 発想がすばらしい。地球を意識させる大パノラマですね。
担当 う~ん、どうやって撮影したのでしょう。
広田 複数枚を撮影してソフトで合成しているようですね。外灯より高くしたカメラポジションと撮影時刻はもちろん計算のうえ。デジタルならではの斬新な作品です。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: FA50mmF1.4 レタッチ: PENTAX PHOTO Laboratory 3にてトーンカーブ調整、ノイズリダクション、ホワイトバランス調整 撮影地: 広島県庄原市総領町

準優秀

「光の競演」


作者:
秋津安芸人
都道府県:
広島県
年齢:
50歳

担当 とても幻想的……。
広田 夏の夜の夢の世界が幻想的に表現されています。星とホタルの光がロマンチックですが、どちらかひとつでは完成にいたらなかったはずで、作者の感性の賜物です。特別な感動を覚えます。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)  レタッチ: Nikon Capture 4にてアンシャープマスク、カラーブースター 撮影地: 群馬県吉井町 フィルター: ケンコー PRO1D 

準優秀

「カエル」


作者:
金澤満弘
都道府県:
群馬県
年齢:
48歳

担当 子どものころを思い出します。昔はかごでしたが、いまはペットボトルなんですね。
広田 写真を見る人は自分と照らし合わせる場合が多いようです。この作品は顔をカットしているだけにそうした要素が強いですね。うまいのはそれだけでなく、カエルをふたりの少年の足の間に透かせたこと。みごとですよ。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF300mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて色の濃さを調整後現像 撮影地: 北海道富良野市 富田ファーム

入選

「初夏の思い出」


作者:
岡田行由
都道府県:
北海道
年齢:
38歳

担当 富良野ですね。
広田 そうですね。帯状に広がる花畑のひとつの距離にピントを結ばせていますが、露出を浅めに設定したことで作者のロマンチックな部分がにじみ出ました。露出も作者が創り出すものなんです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF16-35mm F2.8L USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 2.0にて現像 撮影地: 福岡県福岡市 箱崎宮

入選

「みんな綺麗だよ!」


作者:
蒲池利昭
都道府県:
福岡県
年齢:
44歳

担当 豪華な感じです。
広田 本当に。夏の陽射しを感じさせると同時に、見る人にパワーを提供しています。生け花からはこうした力強さは感じないもので、露地ものにストレートで迫った迫力がステキです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: サンヨー DSC-AZ1 撮影地: 静岡県袋井市

入選

「花火1」


作者:
加藤政巳
都道府県:
愛知県
年齢:
54歳

担当 火花が弾ける音が聞こえてきそうです。
広田 今年の隅田川は1日だけでしたねぇ。この作品は花火が地上で炸裂したような、すさまじさが出ています。花火はどうしても円で表現しがちですが、ここでは発想を変えて成功した写真ですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE レタッチ: SILKYPIX Developer StudioにてRAW現像、Photoshop CS2にてレベル補正 撮影地: 長野県塩尻市 チロルの森

入選

「暑つー」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
39歳

広田 ワイドとストロボの組み合わせが、うまい!
担当 うめ~ぇ。
広田 鳴き声できましたね(笑)。
担当 カメラを回転させながら撮影したんですね。やってみようかな。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ調整、リサイズ 撮影地: 埼玉県さいたま市 大宮駅 フィルター: MCプロテクター

入選

「発車オーライ」


作者:
加藤耕二
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

担当 おお、JR東の200系!
広田 式典というとみなさんテープカットをねらいます。たしかにハイライト、華やかですが設定されたものはお定まりになりがちです。撮らされるより撮る。これは作者の目を感じる作品です。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF70-300mm F4.5-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてシャープネス、調子、カラーなどを調整 撮影地: 京都府 岩田山

佳作

「BuruBuru」


作者:
梶原龍尚
都道府県:
兵庫県
年齢:
49歳

担当 動きのある動物写真です。
広田 姿態そのものの多いサル写真にめずしく動きをねらっています。生きているという感じがしっかり伝わってきていいですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF Macro Nikkor 60mm F2.8D レタッチ: 蔵衛門プロにてトリミング、明るさ、コントラスト、シャープ、カラー調整 撮影地: 埼玉県さいたま市 秋ケ瀬公園

佳作

「こんにちは」


作者:
森 光雄
都道府県:
埼玉県
年齢:
56歳

担当 誰?という感じで、バッタの家におじゃました感じですね。
広田 作者のとらえ方しだいですが、マクロ撮影って思いがけない写真が得られて楽しいですよね、思わず時間を忘れるくらい……。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: シグマ APO MACRO 50mm F2.8 EX DG レタッチ: リサイズ、トリミング 撮影地: 長野県千曲市 屋代 フィルター: MCフィルター

佳作

「朝日のあたる家」


作者:
大内保彦
都道府県:
長野県
年齢:
48歳

担当 全然違う異質な家を強制的にくっつけた感じですね。
広田 でもこれ、味わいある作品と思わない? 人はもう住んでいないのかしら、廃線跡とかに通じる哀愁が漂っていて、好きだなぁこういう感じ。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF) フィルター: PLフィルター

佳作

「シャボンダマ2」


作者:
冨山 剛
都道府県:
茨城県
年齢:
37歳

担当 虹色の照りがきれいですね。深みが出ています。
広田 グレー部分にポスタリゼーションのような、乾いた感じが見られます。水分と乾燥の調和が見せ場の作品です。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM フィルター:PLフィルター レタッチ: Photoshop 6.0で明るさとコントラストを調整 撮影地: 京都府大覚寺 大沢野池

佳作

「雨宿り」


作者:
谷口 敏
都道府県:
京都府
年齢:
63歳

担当 ネコが濡れネズミです。とても寒そう。
広田 ベテランらしい吸引力のある作品です。ネコの体が濡れていて、写真に写っていない前後も想像できて引き込まれます。絞り込んで抜かりなく、川面の水滴も描写しています。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF70-200mm F4L USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0 Freeにて現像、露光調整、記憶色2、シャープなし、やや硬調 撮影地: JR上越線

佳作

「煙輝く」


作者:
木村一博
都道府県:
群馬県
年齢:
47歳

担当 煙もくもくSL写真。
広田 でも撮影時のトリミングがうまい。印象的な部分を切り取って構成している。鉄道もそうだけど写真は瞬間芸でしょう、とっさの判断力が必要なのです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: トキナー AT-X124PRO DX レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正、アンシャープマスク、色調補正、リサイズ  撮影地: 東京都台東区 浅草

佳作

「大吉」


作者:
岩佐智行
都道府県:
千葉県
年齢:
45歳

広田 近ごろのおみくじは、テレビと同じでワイド化でしょうか。上品な自然さのなかで喜んでいるしぐさが、心地いいです。カメラポジションも的確。
担当 喜びの表情がステキ。いいことあるといいですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM

佳作

「あの日のブランコ」


作者:
丸山和博
都道府県:
長野県
年齢:
17歳

広田 タイトルの真意が伝わってきませんが、なにか意味ありげのように思えてきます。画面を傾けたことで見る人の気持ちが揺さぶられます。逆光がキレイ。
担当 夕暮れでしょうか? 斜めに差し込んでくる太陽が、学校が終わった夕暮れまでの自由な時間を思い出させてくれます。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ MACRO 70mm F2.8 EX DG

佳作

「植物の楽園」


作者:
石田貴大
都道府県:
滋賀県
年齢:
19歳

担当 ふっとした瞬間、こんな情景が目に入ってきそうですね。
広田 いずれもなにげなく見える光景です。地味ですがここでシャッターを切ったのは、作者の感性にほかなりません。ピークを撮るのも写真ですが、写真でピークを創造するのも写真です。後者に価値がありそうです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 MACRO1:1 レタッチ: Photoshop CS2にてシャープネス+、コントラスト調整 撮影地: 北海道道東

佳作

「天恵の蒼」


作者:
井上大介
都道府県:
北海道
年齢:
37歳

担当 ふっとした瞬間、こんな情景が目に入ってきそうですね。
広田 いずれもなにげなく見える光景です。地味ですがここでシャッターを切ったのは、作者の感性にほかなりません。ピークを撮るのも写真ですが、写真でピークを創造するのも写真です。後者に価値がありそうです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: オリンパス E-300 レンズ: ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro レタッチ: OLYMPUS MasterにてRAW現像 撮影地: 栃木県那須塩原市

佳作

「降ってきそうですね~」


作者:
菊地広司
都道府県:
栃木県
年齢:
48歳

担当 お隣同士の会話ですね。
広田 なんとなくそんな雰囲気ですよね、楽しそうだなぁ。撮影時の天候は悪かったのでしょう。しかし、デジタルカメラのホワイトバランスは優秀ですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF200mm F2.8L USM レタッチ: Photoshop Elementsにてトリミング、レベル補正、トリミング 撮影地: 大阪府茨木市

佳作

「ゴールを狙う目」


作者:
松田 正
都道府県:
大阪府
年齢:
40歳

担当 サッカーは動きが激しいから、むずかしい被写体です。
広田 縦の動きは比較的追いやすいところはありますが、うまくとらえました。この表情、みごとなシャッターチャンスです。やはり人は目ですね、スポーツだって。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: シグマ 18-50mm F2.8 EX DC レタッチ: SILKYPIX Developer Studioにて微調整 撮影地: 兵庫県武庫川 河川敷

佳作

「明日天気になぁれっ!!」


作者:
川上和俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
36歳

担当 わたしも子どものころ、よくやりました。
広田 私も……。でもこれ、室内用のスリッパ? 多少の不自然さを除けば、ローアングルといい写真的にはみごとです。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: EF600mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop 7にてレベル補正、アンシャープマスク、リサイズ、トリミング 撮影地: 大阪府 大泉緑地

佳作

「ながぁ~~~~い!」


作者:
西田浩士
都道府県:
大阪府
年齢:
49歳

広田 電柱みたいに長い首、枕木みたいな電柱、どちらも扱いにくい長いものを上手にまとめました。鳥はなんだか禅僧みたいな雰囲気ですね。
担当 この電柱、栗の木製でしょう。軽便の枕木みたい。
広田 おお、まさに……。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digial N レンズ: EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop CSにてアンシャープマスク 撮影地: 岐阜県 白川郷

佳作

「昼行灯」


作者:
菅生安郎
都道府県:
京都府
年齢:
57歳

広田 電柱みたいに長い首、枕木みたいな電柱、どちらも扱いにくい長いものを上手にまとめました。鳥はなんだか禅僧みたいな雰囲気ですね。
担当 この電柱、栗の木製でしょう。軽便の枕木みたい。
広田 おお、まさに……。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: オリンパス E-330 レンズ: ZUIKO 90/2.0 Macro レタッチ: CaptureOne LEで現像後、NeatImageでノイズ除去

佳作

「あじさい」


作者:
Hiro_Sakae
都道府県:
東京都
年齢:
45歳

担当 これは……キレイ。こんな位置から見たことがない!
広田 花の裏側です。逆も真なら、裏も写真になる。
担当 なるほど。
広田 写真は工夫が大事です。彼はいい工夫をしていますね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO 撮影地: 東京都中野区

佳作

「夕方のお散歩」


作者:
岩垂喜貴
都道府県:
東京都
年齢:
34歳

担当 右の子はカメラに興味津々ですが、お母さんは買い物に夢中です。同じ場所にいても親と子の見ている目線が違うんですね。
広田 家族の感じと生活圏がたいへんよくわかる作品です。穏やかなカメラアイにも惹かれます。いいですね、家族って。いつまでも平和であってほしいですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5000 撮影地: 久住高原

佳作

「高原の瑠璃玉」


作者:
角 祥太郎
都道府県:
大阪府
年齢:
43歳

担当 ルリタマアザミも、高原ではこんなにキレイなんですね。
広田 バックが美しいと見栄えがします。それもあっての相乗効果。これはほかの写真にも応用できますね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ  レンズ: EF300mm F4L IS USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studioで現像後、Photoshop CSにてシャープネス、トリミング 撮影地: 京都府京都市

佳作

「好奇心」


作者:
高尾祝文
都道府県:
京都府
年齢:
46歳

担当 おっ、見てる見てる!
広田 作者は鳥に執念を燃やしているようです。いいですね、撮影は執念です。細かいことですが窓を若干傾け、動きを出しました。これぞ作品に魅力をつけた隠し味です。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: シグマ 18-50mm EX DG F2.8 レタッチ: SILKYPIX Developer Studioにて色補正   撮影地: 神奈川県 七里ガ浜

佳作

「帰る時間だワン!」


作者:
鈴木哲史
都道府県:
神奈川県
年齢:
30歳

担当 たっのし~い!
広田 映画にもなりそうなワンシーン!
担当 それってギャグですか?
広田 いやまぁ、写真はカメラがないと撮れない。いつもカメラを持ちましょう。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS  レンズ: DA18-55mmF3.5-5.6AL レタッチ: Photoshop Elements 3.0にて、アンシャープマスク、リサイズ  撮影地: 神奈川県鎌倉市 鎌倉御霊神社前

佳作

「アジサイの江ノ電を撮る人たち」


作者:
大田政行
都道府県:
愛知県
年齢:
38歳

担当 みなさん楽しそう……。
広田 ライティングがよかった。順光だと家が目立ちすぎたと思います。しかし、誰かがねらうとみながねらう。これも相乗効果というんだろうね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF-S17-55mm F2.8 IS USM レタッチ: SILKYPIX Developerにてホワイトバランスと露出補正、Photoshop 6.0にてレイヤー合成 撮影地: 徳島県吉野川市美郷町

佳作

「乱舞」


作者:
飯間裕司
都道府県:
香川県
年齢:
35歳

広田 ホタルねらいは場所と時刻、あとは運しだいなんて……。
担当 運ですかぁ。SLの煙みたいな話ですね。
広田 およそ写真には運がつきもので、人生と変わりません。これ本当。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1 レタッチ: SILKYPIX Developer StudioにてRAW現像 撮影地: 滋賀県米原市

佳作

「光の軌跡」


作者:
fugees
都道府県:
愛知県
年齢:
26歳

広田 ホタルねらいは場所と時刻、あとは運しだいなんて……。
担当 運ですかぁ。SLの煙みたいな話ですね。
広田 およそ写真には運がつきもので、人生と変わりません。これ本当。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてレベル補正など  撮影地: 新潟県村上市 岩船

佳作

「まなざし」


作者:
鈴木万平
都道府県:
新潟県
年齢:
73歳

広田 左前ぇ?
担当 揚げせんべい!
広田 ふたりとも違うこと考えているけど、ピークより休息どき。休息どきこそねらいどき、子どもらしさが見えるいい瞬間です。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: リコー Caplio GX100 撮影地: 兵庫県 武庫川

佳作

「自転車に乗って」


作者:
寺門正彦
都道府県:
兵庫県
年齢:
40歳

担当 そうか、自転車にカメラをくくりつけて……。
広田 SLに装着したいなぁ。
担当 焼け焦げますよ。
広田 それもそうだなぁ……。カメラアングルの工夫は写真の第一歩であり究極。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: EF35mm F1.4L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop Elements 2.0にて調整

佳作

「濡れ髪」


作者:
草深寿雄
都道府県:
三重県
年齢:
38歳

担当 濡れた髪の毛の流れがキレイですね。
広田 シアンを深め、雰囲気が出ました。影が生じてボディが二分されたのもいいです。切り取り方は、バストショットくらいがよかったかもしれません。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 18-125mm F3.5-5.6 DC 撮影地: 北海道士幌町 士幌高原

佳作

「孤高」


作者:
大内 亮
都道府県:
北海道
年齢:
65歳

広田 キツネ(狐)だから孤高……かしら。
担当 またまたオヤジなんとかですか?
広田 かなり警戒しているみたい。でも道路際で餌あさりするのと違って、尻尾がみごとだ。広角の使い方もみごと。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM レタッチ: Digital Photo Professional にてRAW現像、Photoshop CS2にてレベル補正、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 愛知県名古屋市

佳作

「Misa」


作者:
清水一郎
都道府県:
愛知県
年齢:
48歳

広田 多くのモデル作品を拝見して感じることは、作者のもっている雰囲気とモデルの表情が、なかなか一致しないもどかしさです。しかし、ここではまずまず成功しました。
担当 モデルさんの背景でぼけているランプシェードの溶けぐあいもおしゃれですね。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO /HSM レタッチ: Photoshop Elements 3.0にてレベル補正、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 千葉県市原市

佳作

「田んぼを舞う」


作者:
田頭芳樹
都道府県:
千葉県
年齢:
42歳

担当 足を折りたたんで尾をピンと伸ばして、まるでスカイダイバーのようですね。
広田 単純化された画面ながら、環境がよくわかる作品です。広角使用のむりやり感のある写真と異なり、落ち着いて鑑賞できるところが優れています。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D40  レンズ: AI AF Nikkor 35mm F2D 撮影地: 滋賀県守山市 SPOON DINING

佳作

「しっぽ」


作者:
高瀬 淳
都道府県:
愛知県
年齢:
38歳

担当 イヌ……ですよね。
広田 うん、小型犬のようですね。思わず、穏やかな笑顔を誘うトリミングがみごとです。写真で大切なのは、感性に沿ったトリミングです。ひょっとして、文章とか人生までもがそうだったりして。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: smc PENTAX 20mm F4 レタッチ: Photoshopにてレベル補正、カラーバランス、アンシャープマスク、トリミング

佳作

「Beautiful water」


作者:
小野 真
都道府県:
埼玉県
年齢:
49歳

担当 季節柄、水物の応募が増えてきました。
広田 水滴も、寄りに強いデジタルの世界ですね。状況は異なりますが、いずれも水の魅力に迫る作品です。みなさんも負けずにトライしてください。

 

2007年9月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1 レタッチ: PictureProjectにてRAW現像とトリミング 撮影地: 東京都大田区 洗足池

佳作

「夢」


作者:
吉田郁夫
都道府県:
東京都
年齢:
42歳

担当 季節柄、水物の応募が増えてきました。
広田 水滴も、寄りに強いデジタルの世界ですね。状況は異なりますが、いずれも水の魅力に迫る作品です。みなさんも負けずにトライしてください。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 10D  レンズ: EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM  レタッチ: Photoshop 5.0にて補正 撮影地: 愛知県犬山市 プリント: キヤノン PIXUS iP8600  用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー 

優秀賞

「供養の日」


作者:
勝山勝一
都道府県:
愛知県
年齢:
69歳

ものいわぬからこそ魂の存在を感じる古い木彫りの人形と、ゆるりと燃える炎が強いインパクトで迫ってきます。人形という存在自体、人の身代わりという一面があり、古いものであれば経過した時間とともに魂や霊といったイメージを強く感じます。人以上の強い存在感が炎との重なりによって印象を強くしています。人形の顔にかかる炎の流れが片方の目を隠し、もう片方が最初に飛び込んできます。シンプルな画面構成が主題を浮き立たせ、見る者が各様に思いをはせることで、多くを語る一枚です。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist D レンズ: タムロン AF 28-105mm F4-5.6 [IF] レタッチ: デジカメde!!フォト工房にて補正 プリント: エプソン PM-G800 用紙: 日立マクセル スーパーフォト光沢紙

準優秀

「微笑み」


作者:
ムラカミ イズミ
都道府県:
広島県
年齢:
52歳

まさに直球勝負。「写真は被写体が語ることをじゃませずに、正直に伝えるだけでよい」と思える写真です。あれこれと細かなことは抜きにして、生き生きと活気に満ちた一瞬がまぶしさを感じさせてくれます。どろんこバレーでのワンシーンとのことですが、田んぼのにおいや土の感触を思い出させてくれました。フレーミング、表情、太陽の位置、肌の色以外がすべて土の色など、作意を感じさせないみごとなバランスです。だからこそ彼女の表情が強く印象に残り、題名にあるように微笑ましさを感じ、さらに元気を分けてもらったような、幸せになれる写真です。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S2 Pro レンズ: ニコン AI AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) レタッチ: Paint Shop ProとPhotoshopにてトリミング、トーンカーブ調整 プリント: エプソン PM-970C 用紙: エプソン PM写真用紙

入選

「そぉーれ!」


作者:
加藤謹一
都道府県:
愛知県
年齢:
58歳

彼岸花と緑が川面に映えて写真全体で不思議な静けさを感じます。投網を打つおじさんと奇妙にマッチし、おもしろいです。しかし、高彩度にしすぎた感が否めません。緑の彩度を少し抑えてもよいでしょう。また、動く被写体では大きい動作の瞬間をとらえたくなるものですが、あえて投げる前の「気合い」だったり網を構えた「間」の瞬間なども、背景とのバランスを考えればストレートな表現として活きてくると思います。カメラのファインダーから少しだけ目を離し、感じることも重要なのです。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにてレベル補正、色相・彩度調整、トリミング、アンシャープマスク 撮影地: 中国雲南省香格里拉 松賛林寺 プリント: エプソン PM-3500C 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

入選

「参詣を終えて」


作者:
山田忠男
都道府県:
愛知県
年齢:
73歳

中国・雲南省有数のラマ教寺院に行ったときの写真とのことですが、派手な色彩の布よりも、手をつなぐいい顔をしたふたりの男性の姿が目に留まります。参詣の帰り道、子どものようで幸せそうな笑顔と、軽い足どりの姿が印象的です。地方の民族衣装でしょうか、鮮やかな色彩の布は、何度も何度も使われてきた感じがして、参詣が生活の一部であることをうかがわせ、背景にある塀の文様とあいまって文化を感じさせてくれます。中央にひとり見える人もじゃまになっていません。プリント時のフレーム付けはこの作品では必要なかったのではないでしょうか。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてアンシャープマスク、合成 撮影地: 香川県丸亀市 プリント: DPEショップ

入選

「夜の公園」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
44歳

なんとも時間と空間が交差したような奇妙な感じですね。「ネコ」が生き物として空間との対比をなすだけではなく、その少しの動きによって主人公として強い存在を放っています。このネコは合成したとのことですが、合成でも実写でも作品の質には影響しないと私は考えます。画面構成上、左上手前の構造物は量感と形状ともに重要な位置づけとなっていますが、右上の構造物は圧迫感があって、あまり好ましいとはいえません。無機的な構成のなかで、ネコの位置と大きさはよいのですが、どこに緊張感をもたせ、どこを緩めるのかを考えた構成をすると完成度が一段とアップします。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop 5.0にてレベル補正、カラーバリエーション調整、アンシャープマスク 撮影地: 千葉県 九十九里浜 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

入選

「昇陽」


作者:
吉田フミオ
都道府県:
埼玉県
年齢:
58歳

絵に描いたような朝焼けと太陽にかかるわずかな雲の様子に、大作の油絵を見る思いです。波が大きいので、凹面になった部分が太陽を反射し、一部だけ輝いて暗めな色調にメリハリをつけています。フィルムでは表れない、太陽付近と波の反射などの白飛び際の黄色が、キーカラーとなっていて、デジタルカメラならではの朝日の写真となっています。ふだんは少しじゃまな黄色もこの作品では非常に有効に作用しています。プリント時の問題なのか、シャドウ部の赤みがたりないように思えますが、結果的にやや地味な表現となり、本作品にはよいバランスとなっています。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/HSM  レタッチ: SILKYPIX3.0にてRAW現像、トーンカーブ調整 撮影地: 神奈川県藤沢市 プリント: キヤノン PIXUS Pro 9000 用紙: キヤノン マットフォトペーパー 

入選

「くれない」


作者:
はっし
都道府県:
神奈川県
年齢:
58歳

シンプルながらみごとなバランスの色彩と造形です。色は赤と緑に集約され、わずかな白色が効果的で、静かな情熱と安堵感を感じさせています。マット紙への印刷によって日本画に使われる岩絵の具のような印象を受け、色彩がより絵画的な存在感をもたらしています。注意してほしい点は、画像処理中に発生したと思われる緑の葉のトーンジャンプです。2色に単純化された色彩の意図はわかるのですが、強烈に緑を調整したためと思え、今後の課題として色彩を作り上げる手法の確立を期待しています。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: シグマ APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM レタッチ: Capture NXにてアンシャープマスク、彩度補正、明度補正、トリミング 撮影地: 徳島県名東郡佐那河内 園瀬川 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「まなざし」


作者:
天羽敬郎
都道府県:
徳島県
年齢:
59歳

超望遠レンズによる背景の省略で、3羽のカルガモがみごとに浮き上がっています。互いに見つめる姿は愛らしく、フレームに収めることさえ困難な被写体なのに完全に合ったピントがみごとです。野生動物の撮影はシャッターチャンスを待つことが基本で、ISO感度を上げて、速いシャッタースピードで動きを止めることが必須条件であることはわかりますが、ノイズの多さが目立ちます。なめらかさは羽の質感描写に欠かせない要素なので、ひと工夫ほしいところです。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AI AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正 プリント: エプソン PM-3500C 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「ハス池のオブジェ」


作者:
西井忠義
都道府県:
愛知県
年齢:
71歳

不思議な物体は2色に分かれ、自然が作り出す不規則な秩序を保っていますね。ハスの葉なのですが、これがなんなのかは関係なく、オブジェとしてあるがままに受け止めるべき作品だと思います。惜しいのはピントの位置が奥の縁近くにあり、手前の水滴が甘くガラス玉のような存在感が得られていないことです。色彩と文様からか明らかに生命体を感じ、一種の抽象絵画のような印象さえうけます。「おもしろいもの」を作品に昇華させるには、作者が感じるなにかが必要です。たくさん「おもしろいもの」を撮って作者の世界を作り上げてください。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop 3.0にてレベル補正、コントラスト調整 撮影地: 埼玉県所沢市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙 クリスピア<高光沢>

佳作

「ユリ香る丘にて」


作者:
市川達夫
都道府県:
埼玉県
年齢:
56歳

日差しがないためでしょうか、鮮やかだけどメリハリがなく、まだ眠っている頭で見た景色のように、現実感が薄い不思議な写真です。心象風景としてユリの濃厚な香りが感じられる色彩と階調だと思いました。おそらく画像調整を行うなかでできたイメージだと思われます。しかし、手ぶれのせいなのかややピントが甘く、シャープネスでごまかしている印象は、コンパクトデジカメの絵のようで再考の余地ありと思われます。三脚を使って思い切り絞り込んだ描写も試してみるとよいでしょう。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF24mm F1.4L USM レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正およびトーンカーブ調整 撮影地: 愛知県名古屋市 イタリア村 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン フォトマット紙

佳作

「14th moon」


作者:
山童賢洛
都道府県:
愛知県
年齢:
43歳

闇に融け込むようにたたずむ女性の姿が、夜の世界に妖しくて青い月が効果的です。まるで映画のワンシーンを切り取ったような写真で、周囲の状況や被写体自身が見る者に語るのではなく、「写された現在」を含む時間のなかでストーリーを想像してしまいます。女性と「自分」との関係を含め、第三者なのか当事者なのか交互に揺れます。色調も彩度を落とした褐色にまとめ、マット用紙を使ったことで、作品の不思議さにアンティークな装いがあります。この写真は、なかにある時間と世界をのぞく窓のような不思議な写真です。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical[IF] レタッチ: Photoshop CS2にてレベル補正、トーンカーブ調整、アンシャープマスク 撮影地: 京都府京都市東山区祇園町 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙 クリスピア<高光沢>

佳作

「暑い日」


作者:
福井幸男
都道府県:
京都府
年齢:
60歳

舞妓デビューの挨拶まわりでのひとコマとのことです。新人舞妓さんの笑顔が初々しく、古都を強く感じる背景と相まって、日本文化のすばらしさを感じさせてくれます。背景となる玄関の佇まい、着物、全体の色調、舞妓という伝統と文化などなど、語ってくれる部品が満載の一枚です。欲をいえば作者の意図があまり感じられません。画面周囲に点在する札や切れた屋号など、目を引く未整理の要素が多く、主題に集中できない点が惜しい限りです。そうした被写体の現状を受け入れるなら、フレーミングに工夫が必要ですね。要素を少し「引く」ことも試されるとよいでしょう。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8  レタッチ: Photoshop Elementsにてレベル補正および、アンシャープマスク プリント: エプソン PM-4000PX  用紙: エプソン 写真用紙<絹目調>

佳作

「さわやかな彩り」


作者:
服部克己
都道府県:
滋賀県
年齢:
63歳

あるがままの気負いのない構成と、みごとな色彩対比が、嫌みにならず花の美しさをストレートに伝えています。また、階調、色彩、ぼけ味といった画質面でも卓越した技量を感じます。しかし、あえて苦言を呈せば構図に緊張感がありません。真んなかでぼけた紫によって救われた感はあるのですが、ぴったりとフレームに納めないようにしたり、あえて緑に鮮やかさを求めないなど、いくつかの実験をしてみるとよいでしょう。魅力ある写真の要素を技量の完成度に加えると、まさに無敵となるでしょう。

 

2007年9月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: D FAマクロ100mm F2.8 レタッチ: Photoshop 6.0にてレベル補正、トリミング 撮影地: 神奈川県鎌倉市 鎌倉中央公園 プリント: エプソン PM-G800 用紙: ピクトリコ ベルベッティ<半光沢>

佳作

「日差し」


作者:
山田益夫
都道府県:
神奈川県
年齢:
65歳

暗い背景にひと筋の光がアジサイに差し込み、ソフトフィルターの効果で幻想的な写真に仕上がっています。ピントに芯があり、やわらかなソフト効果は上品で好感がもてます。しかし、不要要素の整理が必要でしょう。花の影が煩雑な1枚の葉、枯れかけて葉の上に乗った花びらに注意しましょう。また、フレーミングに明快な意図を感じられません。背景が明るくできるなら、左と下を切り詰めることも考えられます。黒い背景は主題を浮き上がらせるので、フレーミングには細心の注意が必要です。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ペンタックス Optio W10 レタッチ: PhotoshopにてLabカラーモードに変換、トーンカーブ調整 撮影地: 京都府京都市 プリント: キヤノン PIXUS 9900i 用紙: サンワ スーパーファイン用紙つやなしマット

優秀賞

「階段」


作者:
シュウ・山田
都道府県:
滋賀県
年齢:
54歳

光を主題とした作品です。強い斜光線と、陰の部分からやわらかく浮かび上がる階段の線の対比が現代絵画的な空間を作り出しています。直線だけで構成されたシンプルな構図が、複雑な社会のなかに生活している私たちに、新鮮で大切なメッセージを運んできてくれているようにも感じます。このような作品作りは一見かんたんなようですが、作者のもつ鋭い感受性と偶然の出合いなくして生まれません。中心部の階段だけでも美しい写真ですが、上部左右にある壁の階調表現が、リアリティから生まれる生命感を吹き込んでいるのがたいへん魅力的です。プリントも美しい仕上がりです。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM レタッチ: Photoshopでレベル補正、モノクロ化後にトーンカーブ補正、トリミング 撮影地: 埼玉県川越市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・フォトラグ

準優秀

「日暮れる頃」


作者:
小江戸ジロウ
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

日暮れごろの光の変化によって生み出される光景は、写真家にとって魅力的な被写体です。この作品は、まさにその変化する光のなかで輝きだした川面の美しさをみごとに表現しています。川面を主題として堂々と表現し、空の光は意識的にカットして抑えていますが、遠くに見える山々と手前の釣り人がシチュエーションを十分に表現しています。夕暮れのなかで夢中で釣りをする人と川面に映った空の光から、変化する時間の流れが感じられます。画面全体から「音のない音」がしんしんと伝わってくるようです。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコンD200  レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshopのチャンネルミキサーにてモノクロ化、コントラスト調整、トリミング 撮影地: 富山県射水市 プリント: エプソン PX-5500  用紙: PCM竹尾 かきた

入選

「泣かないで」


作者:
金 雅彦
都道府県:
富山県
年齢:
48歳

お兄さんとけんかしたのでしょうか。兄妹げんかをして泣いていた娘の心を、父親の心の目でストレートにとらえた美しい作品です。やわらかい調子の高品位なプリントからも、作者のやさしい心が伝わってきます。「父親としては娘の涙は見たくないものです。そんな気持ちをこめてみました」と作者のコメントにあります。娘さんの複雑な表情をとらえたこの作品からは、兄妹げんかという表層のできごとを越えた、娘さんのもつ若々しい歴史に強く惹かれます。家族写真の表現を一歩引き上げた、おおらかな人間性が感じられる作品です。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコンD200  レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: PhotoshopにてRAW現像、モノクロ化、トーンカーブ、コントラスト調整 撮影地: 東京都足立区千住桜木 尾竹橋 プリント: エプソン PX-5500  用紙: ピクトリコ 写真用紙S

入選

「夏日」


作者:
保坂兼司
都道府県:
東京都
年齢:
64歳

暑い夏の午後。人々が橋を渡っていきます。川面に反射した強い光が、橋のアーチを下から照らしてその暑さを強調しています。空には暗い雲が出はじめていて、もうじき夕立が来るかもしれません。昔懐かしい下町の情景を想像してしまうような、詩的な表現の作品です。画面を斜めに降りてくる太いアーチと、横に流れる欄干の線がこの作品に現代的な空気をもち込んでいて、クラシックでありながらも現代的な雰囲気をかもし出しています。右側の端にある自転車と左側の女性の部分をトリミングすると、夏の光が強調されたよりシンプルな表現になります。画面のなかをよく整理することも、インパクトのある作品作りの大切な要素です。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix F420  レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ調整、レベル補正 撮影地: 大阪府 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙 

入選

「揺れる」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府 30代

電柱と電線が水で溶けたようになっています。暗いグレーの空の下のほうにも、ぼやけた電線がたくさん交差しています。「雨の日に車の中から見えた電信柱。ゆらゆら揺れて、不思議な世界に見えました」と作者コメントにありましたが、何気ないこのような景色に、時間の経つのを忘れて見入っている作者の心が感じられるデリケートな作品です。余白を大きく取り入れたことが、この作品の成功につながっています。プリントも美しく、表現内容も興味深い作品です。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro  レンズ: トキナー AT-X 124 PRO DX   レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ調整、アンシャープマスク 撮影地: 愛媛県四国中央市 プリント: DPEショップ 

入選

「工事現場」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
44歳

世のなかには人間が社会生活のなかで作り出した、おもしろい形がいろいろあるものです。この作品は崖崩れを防ぐための工事現場でしょうか。十字型をしたコンクリートが、空に向かって信号を発信しているようにも見えます。また、ひとつひとつの十字型が生きているようにも見えるから不思議です。地球環境の破壊に危機感をもつ私たちの気持ちは、宇宙における新しい発見とともに、いまや少しずつ宇宙に向かっているのかもしれない……。そんな不思議な雰囲気をもつおもしろい作品ですが、オートバイや木枠などをカットして要素をもう少し整理すると、さらに印象深い作品になると感じました。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF100mm F2.8マクロ USM レタッチ: Digital PhotoProfessionalにてRAW現像、Photoshopにてモノクロ化、トーンカーブ調整、アンシャープマスクなど  撮影地: 千葉県柏市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

入選

「紫陽花」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
46歳

アジサイの花を個性的に表現するのはむずかしいものです。典型から抜け出しにくい被写体ですが、この作品の美しさは、カラーからモノクロに変換する処理により、モノクロ独特のトーンを引き出すことに成功したことに由来します。意識的に中間調を省いたハイコントラストな表現は新鮮な魅力があり、また全体のバランスも美しいものです。よく見ると、ハイライト側とシャドウ側はきちんと表現されており、興味深いプリントのトーンをもった作品です。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-FZ50 レタッチ: PhotoshopにてRAW現像、トーンカーブ調整、コントラスト補正ほか 撮影地: 長野県長野市戸隠 プリント: エプソン PM-A890 用紙: フジフイルム高級光沢紙 画彩

佳作

「旅立ちのとき」


作者:
増田 恵
都道府県:
長野県
年齢:
36歳

逆光に光り輝くたくさんの羽毛の、やわらかくやさしい姿が天空の雲の下にとらえられ、作者が感じた大自然の不思議な空気を共有できる作品です。太陽からエネルギーをいっぱいもらって花を咲かせたタンポポにも、いよいよ種子を散らす旅立ちのときがきました。いま、まさに離れようとしている種子の一片に声援を送りたくなるような光景です。プリントの青いトーンは意図的な表現なのでしょうか。空の階調にリング状のトーンジャンプが見られますので、なめらかな階調を再現するために16ビットの画像データで画像処理を行うことをおすすめします。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF17-40mm F4L USM レタッチ: SILKYPIX 3.0にてRAW現像、モノクロ化。Photoshopにてレベル補正 撮影地: 長野県 北八ヶ岳横岳 プリント: エプソン PX-G900  用紙: エプソン 写真用紙〈絹目調〉

佳作

「天樹」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
39歳

7月号で入選した「星空のアイスダンス」に続いて、作者は今回も山登りの途中に見た枯れ木と星空をテーマにした作品を送ってくれました。天寿を全うして立っている巨木の姿を、冬の星座たちが見守っています。星空を演出するためにフォギーフィルターを使ったのでしょうか。光がたいへん弱く、技術的にむずかしい撮影だったと思われますが、夜空と巨木の姿がみごとにとらえられています。この作品のプリントには絹目調の用紙が使われていますが、吸い込まれるように暗い闇の表現には、マット系の用紙を使うとさらに魅力ある表現になると思います。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコンAF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) レタッチ: Paint Shop Proにてトリミング、モノクロ化 プリント: エプソン PX-G900 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「フシギ湖」


作者:
加藤謹一
都道府県:
愛知県 59歳

湖のなかの枯れてしまった木々の姿が、水面に映って揺れ動いています。そんな風景を作者の鋭い美意識でとらえた美しい作品です。望遠ぎみの画角でとらえられた木々がフラットに圧縮されており、日本画のもつ独特な魅力と共通していて、抽象化された美しい表現になっています。水面の描写は申し分ありませんが、タテに並んでいる木々の調子をもう少し明るく表現すると、より新鮮な感覚をもつ作品になるのではないかと思います。使用ソフトにもよりますが、覆い焼き、焼き込みなどができればチャレンジしてみましょう。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてモノクロ変換、トリミング、アンシャープマスク 撮影地: 茨城県潮来市 プリント: キヤノン PIXUS 9900i 用紙: キヤノン 写真用紙・絹目調

佳作

「風を受けて」


作者:
大津英治
都道府県:
千葉県
年齢:
71歳

風を帆にいっぱいに受けて進む船の雄姿に感動した作者の心が、白い帆の形から感じられる美しい作品です。この作品のもっとも魅力的な部分は、真んなかの真っ白い帆のやわらかい調子と、幾重にも重なっている美しい弧の形です。トリミングにより画面をもう少し整理すると、その魅力を最大限に引き出すことができますので試してみてください。たとえば、帆の上の空はマストの横棒の上までカットし、船の下の水面も船ぎりぎりまでカットして画面を正方形に近くすると、帆の美しさが強調されます。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: デジカメde!!フォト工房PREMIUMにてモノクロ化 撮影地: 東京都台東区谷中 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「飛行機雲」


作者:
大滝俊隆
都道府県:
千葉県
年齢:
67歳

大空へと伸びる飛行機雲。剪定(せんてい)された木の枝からは新しい芽が出ています。飛行機はどこへ飛んでいくのでしょうか。そして、若い木の芽はどのような世界のなかで育っていくのか……。シンプルな内容の作品ですが、バランスのとれたゆったりした構図と、コントラストの美しい表現は見る人を作者の心の空間へと誘います。このようなシンプルな内容の写真には、テクスチャーのあるアート紙系の用紙を使うと、さらに味わいのある作品になるでしょう。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical[IF] レタッチ: Photoshopにてモノクロ化 撮影地: 長野県 プリント: エプソン PX-G900 用紙: ピクトリコ ベルベッティ・ペーパー

佳作

「LOVELY LOVELY TIME」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

表題どおり、若いカップルの「LOVELY」な時間を演出した作品です。ふたりのやわらかい時間を表現するために、前後のぼけを強調してわずかにハイキー調で仕上げた、美しいトーンのプリントです。このうえに作者の個性的なビジョンが加わると、さらに魅力ある作品になると思います。

 

2007年9月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshopにてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整 撮影地: 静岡県 プリント: エプソンPX-5500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

佳作

「カップル」


作者:
鈴木 元
都道府県:
静岡県 51歳

なにかを求めているときに突然現れる偶然の出合い。この作品も、作者が年に一度訪れる公園での偶然の出合いだそうですが、アヒルの出合いの瞬間に作者が出合った不思議さが、背景の小山とともに表現されている興味深い作品です。背景のトーンを少し落とし、アヒルとのコントラストをつけ、白い羽のテクスチャーを強調するなど、プリントの表現をもう一段深めるとさらに完成度の高い作品になると思います。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix F31fd 撮影地: 自宅

優秀賞

「晴天の予感」


作者:
くらりっぱ
都道府県:
東京都
年齢:
34歳

見すごしがちなシーンをしっかりと写真に収め、見る人にも作者と同じような感覚を覚えさせる作品に仕上げることができました。一枚一枚の写真は特別に抜けた作品ではないのですが、3枚並べることでストーリーが生まれ、なにかを感じさせることができるようになっている、組写真のよさを活かした作品といえるでしょう。ふと目が覚めたときに部屋のなかの景色がとても美しかったから撮影したとのことですが、いつでもシャッターを切れる状態にして、感動できるものがあったらすぐに撮るということを心がけているからこそ、このような作品を作ることができたのでしょう。これからも同じような気持ちで写真を楽しんでいけば、さらによい作品を生み出すことができると思います。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS  レンズ: タムロン SP AF 14mm F/2.8 Aspherical [IF] レタッチ: デジカメde!!フォト工房にてトーンカーブ調整 プリンター: エプソン PM-G800  用紙: コクヨ デジカメ写真用紙(光沢)

準優秀

「8月6日ヒロシマ」


作者:
ムラカミイズミ
都道府県:
広島県
年齢:
52歳

写真とは真実を写すものです。ドキュメンタリー写真ほどインパクトが強く、人の心にストレートに響くものはありません。そのよし悪しは、構図や色彩以前に、出合った被写体によって決まってしまいます。この作品はそういったドキュメンタリー写真としての側面が強いので、作品として考えたときにどう評価すべきかは非常に迷いました。仮に、インパクトの強い写真だけで組まれていたらここでは選びませんでしたが、2枚目が、テーマを一貫させつつも全体の強烈さをやわらげる効果があり、組写真としても優秀と考え、準優秀賞に選びました。時期も時期だけに、こういった作品を見ると、平和を願わずにはいられません。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: 1枚目、2枚目 EF70-200mm F2.8L IS USM、3枚目 EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professional 2.0でRAW現像 撮影地: 岡山県岡山市、真庭市

入選

「鼻緒」


作者:
松本研一
都道府県:
岡山県
年齢:
56歳

ひとつのパーツ(この場合は足元)だけを被写体として選んでしまうと単調になってしまいがちなのですが、この作品はさまざまな色を組み合わせることによって、うまくまとめています。1枚目、2枚目をキレイな色で構成し、3枚目は黒を基調にするという並びにすることで全体が締まり、安定感をもたらしました。2枚目のみ横位置にしたのもよかったと思います。また、1枚目のピントが合っている足をよく見ると、お年を召された方がいることがわかり、妙にリアリティを感じさせるところにもおもしろさがあります。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ニコン D50 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXでRAW現像、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 静岡県静岡市

入選

「火術師」


作者:
山梨真司
都道府県:
静岡県
年齢:
44歳

広がりが出ている構図、火が際立って見える背景の処理、火の躍動感を感じるシャッタースピードなどにより、現場の迫力をみごとに表現することができています。ただし、組写真として見たときに、現場で見た感動だけで組んでしまった感は否めず、全体をとおして見ると単調にも思えます。次に撮影する機会があれば、始まる前や終わったあとを撮ってみたり、上を見上げたり足元をクローズアップしたりして、火柱以外のものを入れ込んで撮影してみてください。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ソニー α100 レンズ: ミノルタ AF マクロ100mm F2.8NEW レタッチ: Image Data Converter SRにてRAW現像後、Photoshop CS2にてレベル補正、アンシャープマスク 撮影地: 岐阜県可児郡御嵩町 みたけの森

佳作

「梅雨晴れ」


作者:
小林一裕
都道府県:
岐阜県
年齢:
42歳

並べ方がうまく、動きが出ていて、かつ全体のトーンが統一されているので、見ていて気持ちいいです。一点一点を見ても、1枚目、2枚目はぼけ方、コントラストがキレイで、また3枚目はしずくの使い方がうまく、しずくのなかに映った葉脈がとてもかわいく見えます。1枚目、2枚目は、あえて露出を上げて白飛びをさせたそうですが、露出を上げずにディテールを出し、芯のある締まった写真にしてもよかったかと思います。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: タムロン AF28-300mm UltraZoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical [IF] Macro レタッチ: Photoshop Elements 3.0にてRAW現像 撮影地: 1枚目 宮城県仙台市、2枚目 山形県山形市 蔵王坊平高原、3枚目 宮城県栗原市

佳作

「降り積もる」


作者:
高野 修
都道府県:
宮城県
年齢:
36歳

組写真としてのまとめ方、変化のつけ方が秀逸な作品です。白い雪は、写真で表現するにはたいへんむずかしい被写体なのですが、光量などをバランスよく調節し、見る者に感動が伝えられるような色みで表現できています。ただし、構図に若干の甘さが感じられます。たとえば3枚目の、3本の木のてっぺんが切れてしまっていますが、これは入れるなら全部入れて広がりを見せる、入れないなら入れないで別の表現にするなど、なにを表現したいのかを明確にすれば、よりよい作品になるでしょう。

 

2007年9月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: 1枚目 AI AF Nikkor 50mm F1.8D、2枚目 タムロン SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical[IF]、3枚目 AI AF-S Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(IF) レタッチ: Photoshop 6.0にてレベル補正 撮影地: 栃木県下都賀郡 渡良瀬遊水地

佳作

「水辺」


作者:
光吉正憲
都道府県:
埼玉県
年齢:
37歳

単調になりがちな被写体を、構図や色に変化をつけることでキレイにまとまった作品に仕上げています。とくに1枚目は構図のバランスもよく、本当にすばらしい写真です。3枚目の対岸の映り込みも非常にキレイです。ただ、光吉さんは似通ったイメージの作品が多いので、違った作風の作品も見てみたいところではあります。ぜひ意外性を感じさせる作品にも挑戦してください。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: トリミング 撮影地: 静岡県

優秀賞

「仲間」


作者:
さち
都道府県:
愛知県
年齢:
21歳

学生生活最後の思い出にと、仲よしグループで海に行ったときに撮影したスナップ写真とのことですが、この作品からは「キャッキャ」とはしゃぐみんなの声が聞こえてきそうです。作者も含めた7人の楽しさやうれしさが、この作品には凝縮されている気がします。私は常々、写真はシャッターを切る人の被写体に対する愛情がとてもよく表れるものだと思っています。そういった意味では、この友人たちに対するさちさんの、ストレートなまでの愛情がとてもよく伝わってきます。この作品を見ていたら、私も遠い昔ではありますが……こんな時間があったなぁ~と感慨にふけってしまいました。きっとこの号が発売されたあとには、みんなで「わぁ~!!」と大騒ぎになっていることでしょう。これからも、すてきな友人たちとの想い出をたくさん写真に収めてください。今後も期待しています。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS D30 レンズ: シグマ 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL レタッチ: EOS Viewer Utilityで現像後、Photoshopにて歪み補正、トーンカーブ調整、色調補正 撮影地: 千葉県 小港鉄道 フィルター: C-PLフィルター

準優秀

「あの夏へ」


作者:
織田晃生
都道府県:
神奈川県
年齢:
32歳

先月号の優秀賞に引き続いての入賞、おめでとうございます。まず、構図がすばらしいですね。頭のなかに描いたイメージをとても上手に表現されています。織田さんの作品にはムダがないので、見ていて非常に落ち着きます。写真の表現力がすばらしく、入門投稿部門の投稿ではありますが、かなりのレベルだと思います。列車・水田・空の配置が絶妙で、作品の奥行き感がとてもいいですね。清々しさ、さわやかさを感じる作品です。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX S5  撮影地: 北海道函館市大町

入選

「Cups」


作者:
野乃有葉
都道府県:
北海道
年齢:
39歳

作者の着眼点がすばらしいです。上にあるライト、画面のなかのカップの位置、写真全体の構図が絶妙なので、非常に落ち着いた作品に仕上がっており、また、見る側の意識が自然とカップにいくようになっています。色みもよく、非常に味わい深い作品です。ただ、窓の外に見える黒い影が少し気になります。この部分が少し残念でした。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS D30 レンズ: EF24-70mm F2.8L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、色温度・コントラスト・トーンカーブを調整、ピクチャースタイルをポートレートに設定、Photoshop Elements 4.0にてアンシャープマスク、レベル補正 撮影地: 東京都中野区

入選

「街角の笑顔(Smile of street corner)」


作者:
信太雅則
都道府県:
東京都
年齢:
40歳

材木屋さんの壁に描かれているポップなイラストを撮影した作品です。まず、作者の表現力が素晴らしいですね。この女性の顔全体を写すのではなく、目を中心にアップで撮影したことでインパクトのある作品となりました。このフレーミングでシャッターを切る作者のセンスに脱帽です。遊び心のある絵作りとでもいいましょうか……。それにしても、絵とはいえ色気のある微笑みですね。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X  レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO 撮影地: 大分県別府市 城島後楽園ゆうえんち

入選

「たのも~!」


作者:
大分トール
都道府県:
大分県
年齢:
43歳

おもしろいですね……。ふたりして同じ姿勢・同じ口の形。失礼ながら、見れば見るほどおかしかったです。ふたりとも娘さんということですが、ふたりが大人になったときにこの作品を見てなんというか楽しみですね。写真はそのときそのときの一瞬を止めてくれるという点が最大の魅力ですから、そういった意味では楽しい時を残すことができたのではないでしょうか。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D40  レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor 55-200mm F4-5.6G(IF) レタッチ: PictureProject にてRAW現像、明るさ補正、D-Lighting、カラーブースター  撮影地: 神奈川県鎌倉市七里ヶ浜

入選

「お空でお食事」


作者:
太田貞久
都道府県:
神奈川県
年齢:
31歳

ワシが器用に餌を食べながら飛んでいるところですが、動きのある被写体を上手にとらえています。羽を大きく広げて鋭い目つきで大空を飛ぶ様は、じつにダイナミックで迫力があります。ただ、画面のなかの色構成が非常に乏しく、できることなら背景に青空などが広がると、この作品のもつ力強さがより強調されたのではないでしょうか。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1

入選

「美味しいよ」


作者:
annie
都道府県:
三重県
年齢:
45歳

毛虫が一心不乱に葉を食べている様子が、とてもよく伝わってきます。突然のシャッターチャンスだったようですが、マクロレンズを使っていいアングルで撮影されていますね。ちょっとグロテスクで、毛虫があまり好きではない私はギョッとしましたが、それくらい毛虫の口の動きなどを繊細にとらえていますね。願わくば右のほうの葉を削って、毛虫の体がもう少し入るとよかったと思います。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot A80 レタッチ: PhotoDeluxeにて明るさ調整 撮影地: ネパール

佳作

「天まで届け」


作者:
片山春雄
都道府県:
東京都
年齢:
69歳

ネパール・ヒマラヤの雄大な風景をよいカメラアングルでおさえていますね。こういった景色は、日本ではなかなか見られませんので、まず被写体がいいです。できれば、この段々畑をもう少しアップでとらえたほうがよかったでしょう。背景の山並みをなくしたほうが、インパクトのある写真になったと思います。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: トキナー AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 レタッチ: トリミング 撮影地: 埼玉県本庄市

佳作

「招き猫!捕獲!」


作者:
日向正樹
都道府県:
大分県
年齢:
43歳

タイトルにつけられていますが、私も「あ! まさしく招き猫だ」と思いました。最高のシャッターチャンスを逃さずにとらえられていますね。人なつっこいめずらしいネコですが、網の上に乗っているのでタイトルに「捕獲!」とついているのでしょう(笑)。光のぐあいもよく、ネコの毛やヒゲが画面内で強く主張している点もいいですね。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1 レタッチ: Digital Photo Professionalにてピクチャースタイルをポートレートに設定、シャープネス 撮影地: 沖縄県国頭郡本部町

佳作

「瞳」


作者:
安里健
都道府県:
沖縄県
年齢:
33歳

澄んだ瞳がなんともいえずいいですね……。余計なものを入れずに撮影したことがよかったと思います。愛娘の澄んだ瞳に作者が映っていますが、なんだかふたりだけの世界でとてもすてきですね。ただ、顔が中途半端に切れてしまっているのが気になりました。この子の真っ白な柔肌もとても魅力的ですので、顔は切れないほうがよかったでしょう。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D50 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G 撮影地: 東京都台東区浅草

佳作

「夕暮れ」


作者:
ウッチー
都道府県:
東京都
年齢:
37歳

下町の夕暮れということですが、いい意味であまりそう感じさせない作品です。普通に夕暮れを撮っただけだと印象は薄いのですが、格子状のなかに夕暮れを入れるような形で撮影しているところにセンスのよさを感じました。画面のなかにうっすらと見える映り込みが、ちょっとマイナスポイントになってしまったのが残念です。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX 5700 レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop Elementsにてトリミング、アンシャープマスク 撮影地: 愛知県名古屋市

佳作

「なごみの里」


作者:
矢野敏和
都道府県:
愛知県
年齢:
59歳

被写体としてこの風景にレンズを向けるセンスのよさにひかれました。撮影後に明るさ・コントラストを調整してモノクロ調にしていますが、後処理も実じつに繊細で、作品のもつ柔らかさを上手に表現できていますね。今後の作品もとても楽しみです。次回作も期待しています。

 

2007年9月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO レタッチ: PHOTO LaboratoryにてRAW現像後、Photoshop Elements 5.0にて明度、色相、アンシャープマスクなどを調整、トリミング 撮影地: 徳島県

佳作

「無我夢虫(中)」


作者:
赤池光博
都道府県:
徳島県
年齢:
36歳

マクロレンズを上手に使って撮影していますね。ハチの羽の模様がくっきりとわかるほどのシャープさと、背景のボケ。写真の見せ方が上手ですね。どうやって見せればこのハチの印象度が上がるのか、よくわかっていらっしゃいます。ハチが必死になって蜜を吸う姿と、この一瞬を逃すまいという作者の気持ち、両方の必死さがよく伝わってくる作品です。

 
フォトコンテスト パートナー募集


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻