デジタルカメラマガジン 本誌2008年2月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2008年2月号選考

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF85mm F1.8 USM レタッチ: Photoshop CS2 にてアンシャープマスク、リサイズ、トリミング 撮影地: 東京都小平市 自宅

優秀賞

「柔らかい風」


作者:
望月秀樹
都道府県:
東京都
年齢:
44歳

担当 足の表情が愛らしくてかわいいですね。
広田 いいですねぇ。しかも男の子らしく外が気になっている。たとえば音楽の予習をするとして、まじめな女の子なら集中して外は見ないけど、多くの男の子は違うんです。外界や遊んでいる仲間などが気になって、机にのぼってまで外を見る。じつはこれ大事なことで、自然科学に対する興味や社会性を身に備える始まりなんですよ。ガリ勉でバラとチューリップの区別がつかないような子に、これからの日本を任せられると思いますか。社会性あってこそ、世界が見え、ビジネスの展開や家族のあり方などの考えも充実してくるはずです。短文で誤解も生じましょうが、子どもと世界の将来を感じさせる作品でしたので、あえて……。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: EF300mm F4L IS USM  レタッチ: リサイズとトリミング  撮影地: 神奈川県

準優秀

「バトル」


作者:
YNCORN
都道府県:
神奈川県
年齢:
59歳

広田 写真は瞬間芸といわれますが、いい瞬間をとらえました。
担当 にらみ合っている時間は長くても接近戦はすばやいですよね。だからよく撮ったと思います。
広田 ストレートにねらっているところがいい。しかも、この作品からは現代の国際社会が見えてくるようです。人間は動物と異なって理性を備えています。むだな争いを避け、地球規模での平和の促進を願う気持ちが湧いてきます。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ソニー α700  レンズ: 100mm F2.8 Macro レタッチ: Image Data Converter SR Ver. 2で露出補正、トーンカーブで色補正とコントラストを調整  撮影地: 北海道札幌市 自宅

準優秀

「優しい雪の夜……」


作者:
池田伸子
都道府県:
北海道
年齢:
49歳

担当 静かな光景ですね。
広田 そして女性らしいやさしいまなざしが特徴的でステキです。少しさびしげな光景のなかに、祈りが感じられるような気がします。まずは家族に対する思いでしょうか、事故や病で欠けることなく、平穏で無事な生活への願いが感じられます。選者は、写真のさびしさから、2007年に多かった弱者切り捨てと思われる政策や「偽」という文字が踊る事件など、未来への不安も感じとってしまいました。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Contax Planar T* 85mm F1.4 レタッチ: Capture One LEにて露出とコントラストを補正 撮影地: 東京都台東区浅草

入選

「日曜日のデート」


作者:
*mattn
都道府県:
東京都
年齢:
38歳

担当 カーナビの東京のタイトルもそうですが、東京代表のひとつがこの提灯です。
広田 よく出てきますねぇ。でもこの作品は新鮮です。ポピュラーなものを自分の感性でとらえています。現代を表現しているところも見逃せません。
担当 現代……そうか、携帯だけではなく男性の髪型からも、ですね。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D  レンズ: FA43mmF1.9 Limited  撮影地: 京都府 高台寺

入選

「夜の竹林」


作者:
とんぼ
都道府県:
和歌山県
年齢:
52歳

担当 なんかこう、ちょっと違うような……不思議な感じです。
広田 昼の光景ではなく夜景、しかも夜なのに昼のように描写している。ちょっとしたマジックですよね。
担当 なるほど、そのギャップが不思議な感覚として表れてきているんですね。
広田 写真って、執念と工夫も大事ですね。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: FD500mm F4.5L レタッチ: Digital Photo Professionalにてホワイトバランス調整、トーンカーブ調整、トリミング 撮影地: 神奈川県横浜市青葉区

入選

「早朝の舞い」


作者:
くらりっぱ
都道府県:
東京都
年齢:
35歳

担当 キレイですね。神々しささえあります。
広田 本当ですね。じつに伸びやかなシーンを非現実の光景に演出しています。
担当 パソコンで?
広田 ほとんど撮影時に決めたものでしょう。降るような暖かな色彩は太陽のゴーストだと思います。嫌われ者のゴーストも、使いようによってはこんなに作品を魅力的にしてくれるんです。写真の常識と非常識を見直しましょう。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: SILKYPIX JPEG Photography 3.0にて、コントラスト、カラー調整、トリミング 撮影地: 福岡県 築城基地

入選

「瞬間」


作者:
zero
都道府県:
宮崎県
年齢:
35歳

担当 すっごい瞬間ですね。
広田 すげぇ。600mm近い望遠で流し撮りしながら反対から来る機体もとらえるというのは神業に近いですよ。まさに一瞬。
担当 ファインダーに入ったときは……。
広田 もう遅い。耳や勘を働かせても、シロートではこうはいかない。おみごとです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: シグマ APO 70-200mm F2.8 EX HSM 撮影地: 大阪府

佳作

「群衆」


作者:
伊藤浩史
都道府県:
大阪府
年齢:
35歳

担当 運動会の子どもたちです。
広田 模様みたいでおもしろい。運動会というとお定まりのかけっこ、騎馬戦などの写真が多いですが、俯瞰大ロングがむしろ新鮮です。運動会に望遠レンズという組み合わせは常識的ですが、使い方が変わっていて目を引きました。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D3 レンズ: AI AF Nikkor 50mm F1.4D 撮影地: 神奈川県相模原市

佳作

「風邪の日」


作者:
小野沢滋
都道府県:
千葉県
年齢:
42歳

担当 唇が乾いていて、熱っぽそうです。
広田 不安げでうつろな子どもの表情がよくとらえられています。このままでもいいのですが、コントラストを下げて顔の表情をもう少し見えるようにしたら、さらによかったと思います。なによりねらいがいい。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: sRAWをDigital Photo Professionalで現像。PSはポートレート。トリミング 撮影地: 愛知県名古屋市千種公園

佳作

「Tinker Bell」


作者:
椙田達也
都道府県:
愛知県
年齢:
47歳

担当 イチョウの葉がきらきら舞っています。秋ですねぇ。
広田 キレイですね。そして家族の幸せなひとときが、何気ない雰囲気で描写されています。さりげなさがポイントですが、一見簡単に撮れそうですが、なかなか。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: シグマ 28-200mm F3.5-5.6 DG MACRO レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、シャドウ・ハイライト調整、トーンカーブ調整、彩度調整、スマートシャープ。Neat Imageにてノイズ除去 撮影地: 北海道札幌市中央区中島公園

佳作

「夕闇に光る」


作者:
久野清人
都道府県:
東京都
年齢:
48歳

広田 恐竜の卵みたいですね、いやぁUFOかしら……。
担当 生暖かい風? で、樹木も適当に揺らいで怪しげでもありますね。
広田 周囲のお膳立ては整っているのに、肝心の卵が真っ白で健康的。やっぱ、作者はまじめなんだ。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G Ⅱ 撮影地: 大分県中津市 耶馬渓

佳作

「銀杏ガール」


作者:
近藤恵典
都道府県:
山口県
年齢:
28歳

広田 現実的光景ですよ。でもなんか、ふんわりとロマンチックな作品です。
担当 やっぱりモデルさんの演技によるのかしら。
広田 演技もさることながら、人柄とコミュニケーションだね、撮影者との……。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: リサイズとトリミング 撮影地: 栃木県

佳作

「迫る迫力」


作者:
岡澤正行
都道府県:
千葉県
年齢:
47歳

担当 特等席での撮影ですね。コンサートならSS席。
広田 いやぁよく撮りました。このままでもいいのですが、左と下をトリミングすると、さらにさらに迫力が出たのにと惜しまれます。しかし、興奮のワンショットです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM 撮影地: 千葉県千葉市 幕張

佳作

「女の子と新型バイク」


作者:
村上大吉
都道府県:
千葉県
年齢:
33歳

担当 おっ、カワサキのZZR1400だ。
広田 素敵なバイクですね、私はくわしくありませんが機械としての魅力を感じます。そのバイクにライドした女の子の表情がいいですねぇ。誇らしげでうれしそうで、将来ライダーかなぁ。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessinalにてRAW現像 撮影地: 三重県

佳作

「ついてこい、若造!」


作者:
草深寿雄
都道府県:
三重県
年齢:
38歳

担当 いいなぁ、この作品。
広田 なんともいえない味がありますね。後ろ向きですが、表情まで想像してしまいます。そしてタイトルが秀逸! いい作品を創る人って、タイトルが上手です。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD ASPHERICAL[IF]Macro レタッチ: Photoshop Elements 6.0でレベル補正 撮影地: 千葉県袖ヶ浦市

佳作

「エレクトリカル集団」


作者:
小関義徳
都道府県:
千葉県
年齢:
43歳

広田 これは変わったというか、アヒルをかたどった照明器具ですね。いろいろ撮影して並べたものですが、おもしろいじゃないですか。並べ方も妙にリアルではなく、ちょっと芝居がかっていて眼を引きますね。
担当 パッチワークみたいでおもしろいです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80  レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Photoshop Elements 3.0  撮影地: 埼玉県北本市

佳作

「太鼓の競演」


作者:
坂田秀友
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

広田 いや、かっこいいですね。
担当 写真用にポーズをとったところかしら。
広田 かもしれませんね。できることならワイドで接近したかったですね、あと2、3歩。そうしたら迫力出たけどなぁ。縄張りなどがあって無理だったかなぁ……。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S9000 レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ、彩度調整、アンシャープマスク 撮影地: 広島県廿日市市宮島

佳作

「大鳥居の下で舞う」


作者:
原本行雄
都道府県:
広島県
年齢:
71歳

広田 対象物があると、その大きさがわかりますね。宮島の鳥居、私は見たことありませんでしたが、大きいものなんですね。
担当 そりゃ大きいですよ、僕も旅行で行きました。
広田 撮影時のフレーミングが上手ですね。写真も文章も俳句も、大事な基本はどこを活かし、どこを切るかというフレーミングです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM レタッチ: Capture NXにて、トリミング、D-ライティング、彩度調整 撮影地: 福井県越前市

佳作

「定刻」


作者:
岡田慶一
都道府県:
福井県
年齢:
35歳

担当 北陸本線のデカメ、でしたっけ? かわいい電車ですね。
広田 本当だ。原型で大きなヘッドライト! まだあったんだぁ。で、この作品、ローアングルでいい感じにとらえました。最近は女性車掌さんも増えて、みなさんかっこいいんですよ。かっこいい車掌さんを、かっこよく写しました。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: リコー Caplio GX100 レタッチ: SILKYPIX Developer Studio でRAW画像をモノクロに現像。コントラストと露出を補正 撮影地: 大阪府泉大津市 中央商店街

佳作

「あがった……かな?」


作者:
れんげの父さん
都道府県:
大阪府
年齢:
52歳

担当 雨が降っていたんですね。
広田 家の近所で撮影したようですが、なにげないスナップなのに、惹かれるものがあります。そうした魅力っていいですね。交響曲ではなく、ピアノの小品といった感じで、軽いタッチが心に残ります。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D70  レンズ: シグマ 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO レタッチ: Photoshop Elements 2.0でモノクロ化、コントラスト調整後トリミング 撮影地: 福井県勝山市 恐竜博物館

佳作

「でぇ~っかい恐竜と僕」


作者:
M・ハウエル
都道府県:
滋賀県
年齢:
33歳

担当 タイトルの“僕”は、撮影者ではなく子どものことでしょうね。
広田 そうかもしれませんね。写真は類型的ではなく、ユニークなもののほうが歓迎されます。その意味で抜群の左右比です。既成概念にとらわれないことが、ものを制作する人の第一歩です。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅡ  レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてトリミング 撮影地: 大阪府堺市 南海電車三国ヶ丘駅プラットホーム

佳作

「おはよう!!」


作者:
直田裕行
都道府県:
大阪府
年齢:
55歳

担当 どこかのローカル線ですか。
広田 最近のJRローカル線は、車両が画一化してどこの路線か判断しかねます。それはさておき、これはまさに被写体と撮影者のコミュニケーションから生まれた作品です。タイトル、いいですよ。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6(IF) レタッチ: Paint Shop Pro 9にてリサイズ、トリミング 撮影地: 岡山県備前市 備前焼祭り

佳作

「撮影会」


作者:
横田富美夫
都道府県:
岡山県
年齢:
58歳

担当 私も撮影会によく立ち会いますが、撮影者を見ているようで見ていません。だからとても興味深く拝見しました。
広田 なるほど、逆光で+0.5EV補正、それでみなさんの表情が浮き出てきました。ねらいと合致した手なれたところがみごとです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital  レンズ: EF75-300mm F4-5.6 IS USM  撮影地: 香川県 高松空港

佳作

「秋の夜長の煌めく姿」


作者:
ユルゲン
都道府県:
愛媛県
年齢:
37歳

担当 今月は飛行機の作品、多かったですね。広田 空が澄みわたった秋ですから。でもこの作品は夜ねらいでひと味変わっていました。テイクオフのいい瞬間をつかんでいますが、思い切ってもう一段遅いシャッターだと、さらに美しく煌びやかだったことでしょう。またトライしてください。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF300mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo Professional 3.0 撮影地: 愛知県名古屋市

佳作

「ピッチャー」


作者:
伊藤武宏
都道府県:
愛知県
年齢:
37歳

担当 投げ方を心得ています。ちゃんと左足が上がっていますよ。
広田 子どもは天才、モデルとしても最高。撮影場所は駐車場のようですが、バックをぼかして子どもを引き立てた手腕はみごとです。シャッターチャンスもいいですよ。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO レタッチ: PENTAX PHOTO Laboratory 3 で現像、色温度調整、トーンカーブ調整 撮影地: 佐賀県 嘉瀬川(JRバルーンさが駅)

佳作

「旅立ち」


作者:
秋津安芸人
都道府県:
広島県
年齢:
51歳

担当 熱気球だけでもドラマチックなのに、なにやら“ねっき”を感じます。
広田 ドラマ撮影かしら、たしかに熱気ある光景です。手前の人物がシルエットだけに想像が膨らみます。しかし動画は大掛かりですね。そこにいくと写真は個人で手軽に楽しめるところに長所がありますね。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop Element 4にて画質自動調整、トリミング 撮影地: Santa Cruz, Califronia U.S.A.

佳作

「ニアーミス」


作者:
山本正巳
都道府県:
アメリカ
年齢:
71歳

担当 まさに、ヒヤッとした瞬間ですね。
広田 どのスポーツも危険がつきまといますが、サーフィンも例外ではないようです。うまくすり抜けてことなきを得たようで幸いでした。しかしこの作品、どんな場所から撮影しているのでしょう。高い位置なので堤防とか灯台とかの構築物からかもしれません。危険でなければいい位置です。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop Elements 4.0にてコントラスト強調、トリミング 撮影地: 東京都 京急羽田空港第一ターミナル駅ホーム

佳作

「上を見てごらん。」


作者:
田岡直樹
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

担当 いい家族写真ですね、幸せそうで。
広田 だいたい写真を趣味にしていると、自分の写真はないものです。チャンスをみてミラーを利用するのは頭がいいですね。担当がいうように、幸せが写っています。いいなぁ。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF100mm F2.8 マクロ USM レタッチ: Photoshop CS でトリミング、彩度調整、アンシャープマスク 撮影地: 埼玉県羽生市 さいたま水族館

佳作

「金魚」


作者:
佐藤光史
都道府県:
東京都
年齢:
65歳

広田 いやぁ、こういうキャラの金魚もいるんですねぇ、たまげた。
担当 スイホウガン(水泡眼)だそうです。
広田 これはもうストレートねらいしかないという感じで、なになにISO 1600に増感? 水槽は暗いんですね、しかし荒れていませんねぇ……。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AI AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D<New> レタッチ: トリミング 撮影地: 鳥取県鳥取市布勢運動公園 フィルター: フォーカス

佳作

「妖艶」


作者:
小笹清巳
都道府県:
鳥取県
年齢:
64歳

担当 シャボン玉ですね。
広田 そうですね、その美しさがねらいでしょう。モデルのライトが当たっていない側を画面に取り入れたことは、シャボン玉の輝きを活かすための配慮です。心憎い、ベテランにしてはじめてできる構成で、ムードある作品に仕上がっています。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF50mm F1.8Ⅱフィルター:ケンコー ソフトン レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CSで、色調微調整 撮影地: 福岡県福岡市 シーサイドももち海浜公園

佳作

「帰ろうよぉ~」


作者:
吉正幸司
都道府県:
山口県
年齢:
38歳

担当 チャーミングです。
広田 ハイキーにして女性の優しさを醸し出しています。露出を+0.7EVと設定しているあたり、心得ていますね。ヘアで目を隠しぎみにして、口元で感情を表現させたところも巧みです。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS レタッチ: Digital Photo Professionalで現像。露出補正、シャープネス、調子、カラーなどを調整 撮影地: 大阪府 通天閣近く

佳作

「賑やかな店」


作者:
梶原龍尚
都道府県:
兵庫県
年齢:
49歳

広田 すごいね。入ってみたくなりそうだけど、この店知っていた?。
担当 出張で大阪に行くことしばしばありますが、この店かどうか、同じような店で飲んだことあります。
広田 品書きから価格まで読める先鋭度がまたすごい。店の魅力は描写力にあり!

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0使用。[調子]でコントラストと黒レベル調整、[カラー]で彩度調整とカラーモードを[記憶色2]に設定、[ホワイトバランス]を色温度で調整。トリミングとリサイズ 撮影地: 小田急線開成~栢山間

佳作

「燃ゆるEXE」


作者:
コンソメ
都道府県:
神奈川県
年齢:
35歳

担当 小田急の特急30000系ですね。
広田 そうです。この1年ですっかり鉄道ファンになりましたね。
担当 それくらいわかりますよ、EXEのデビュー当初から。
広田 斜めの構図がユニークだね。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン IXY DIGITAL 50 レタッチ: Photoshopにて色補正、トリミング。Neat Imageにてノイズ補正 撮影地: 静岡県裾野市

佳作

「富士夕景」


作者:
三田井哲也
都道府県:
栃木県
年齢:
43歳

担当 太陽が3つ!
広田 この光景を発見したとき、やったと思ったでしょうね。この光景、誰かに伝えたいという気持ちもあったと思うのですが、作品の場合、伝えたいのは場所の情景ではなく、作者の気持ちだと思うんです。驚きや感動が3つの太陽なら、そこを強調する工夫をしましょう。富士は添え物で結構。あなたならできると思います。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D50 レンズ: シグマ 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO レタッチ: Photoshop Elements 1.0にて、アンシャープマスク

佳作

「視線」


作者:
樫野 正
都道府県:
大阪府
年齢:
39歳

担当 かわいらしいポートレートです。
広田 無表情というのが目を引きますね。室内撮影の小道具にカーテンが使われることがしばしばあるようですが、もっとも手っ取り早く家庭とか安心という雰囲気を出しやすく、いいですね。われわれの子ども時代は雨戸で、カーテンのある家に憧れていました。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 レタッチ: Photoshop Elements 4.0にてトリミング、レベル補正、アンシャープマスク 撮影地: 滋賀県大津市

佳作

「激突!」


作者:
笛吹道次
都道府県:
滋賀県
年齢:
43歳

担当 写真っておもしろいですね。肉眼では見えない光景が記録され、しかも瞬間が永遠に継続しているようにも見えて……。
広田 予期せぬ表情!
担当 ひょっとして、マサイ族の方なら見えたてりして……。
広田 彼らの獲物を追う眼力は、すごいものがありますからね。マサイ族にも勝る、シャッタースピードの選択が功を奏しました。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo Professional、Capture NXにて露出補正、リサイズ、トリミング  撮影地: 富山県富山市

佳作

「お話しよっ!!」


作者:
赤いかに小がにっ子
都道府県:
富山県
年齢:
40歳

担当 女性らしいやさしい作品、やさしいタイトル……。
広田 心が和みますね、とてもいい作品です。写真って幅が広いんです。人の数ほど(あるいはそれ以上)の幅です。しかもこうでなければという規定はありません。自分を信じ、自分の写真をこれからも撮り続けてください。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: DA 16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM レタッチ: PENTAX PHOTO Laboratory 3にてRAW現像。トーンカーブで明るさ調整。コントラスト、シャープネス+補正。 撮影地: アメリカ アリゾナ州アンテロープキャニオン フィルター: C-PLフィルター

佳作

「MOTHER EARTH DNA」


作者:
大野 浩
都道府県:
アメリカ
年齢:
32歳

担当 アメリカのアンテロープキャニオンだそうです。
広田 同じ場所で撮影した作品が何点か寄せられましたが、いずれも見ごたえがありました。色彩と質感から太古の地球を感じさせ、目にしたら忘れられないインパクトがありました。しっかり絞り込んで撮影している態度も、確かな作品にした要素のひとつでしょう。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM レタッチ: Capture NXにてRAW現像、明度調整、アンシャープマスク処理、トリミング 撮影地: 京都府京都市左京区

佳作

「紅におおわれて」


作者:
藤本裕紀
都道府県:
京都府
年齢:
45歳

担当 アップと全体、どちらも迫力ありますね。紅葉の応募はたくさんありましたが、なぜこの2点なのでしょう。
広田 たくさんあって、正直迷いました。しかしこの2点が究極です。自分のねらいを明確に打ち出している、そこがよかったのです。藤本さんの仰角の作品は住宅地近くにもかかわらず樹木の全体を取り入れて成功しました。武藤さんのアップの作品はぼけがキレイ。いずれも赤がとりわけみごとです。品がよいですね。

 

2008年2月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AI AF DC Nikkor 105mm F2D レタッチ: SILKYPIX2.0にてRAW現像。露出・色補正 撮影地: 千葉県松戸市 本土寺

佳作

「玉ボケ万歳!」


作者:
武藤達郎
都道府県:
千葉県
年齢:
38歳

担当 アップと全体、どちらも迫力ありますね。紅葉の応募はたくさんありましたが、なぜこの2点なのでしょう。
広田 たくさんあって、正直迷いました。しかしこの2点が究極です。自分のねらいを明確に打ち出している、そこがよかったのです。藤本さんの仰角の作品は住宅地近くにもかかわらず樹木の全体を取り入れて成功しました。武藤さんのアップの作品はぼけがキレイ。いずれも赤がとりわけみごとです。品がよいですね。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF200mm F2.8LⅡ USM レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正 撮影地: 栃木県日光市 プリント: エプソン PM-3700C 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

優秀賞

「妻とボク」


作者:
ぐんじゆうじ
都道府県:
栃木県 46歳

やわらかな階調と色彩、シンプルな背景と白い帽子に当たる日差しなど、すべてがやさしく柔和な印象を高めていますが、なんといっても奥様の表情が味わい深く、家族の前でしか見せないやさしさにあふれた素の姿が気負いなく写しとめられた一枚です。写真は強烈さと瞬間の感動が主題になるものもあれば、この作品のように、見つめているとゆっくり染み込むように味わいが増してくる「スローフード」のような作品もあります。撮り手との精神的な同期によって生まれた、自分をも含めた空気がよく伝わってきます。題名から奥様に対する愛情を強く感じました。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: トキナー AT-X124 PRO DX レタッチ: Photoshop 7.0にてアンシャープマスク プリント: DPEショップ

準優秀

「最高潮」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
44歳

2台の「ちょうさ」が並んでいちばんかっこよいポーズを決めた瞬間を、派手な色彩と青空が演出しています。祭りの写真といえば、動的で力強い激しい音など、写真から見えてくる場合が多いのですが、この作品はこのまま静止しているかのような錯覚を覚えます。すべてが計算されつくされた構成でまとまりすぎているのかと思いきや、強い存在感を感じて作品に見入ってしまいました。「わー、おー」という激しい雄叫びがピークに達したとき、一瞬時が止まり静まりかえったような、圧倒的な存在感とどこか絵空事のような非現実との境目をさまようような不思議な一枚だと感じました。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D70  レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正、トーンカーブ調整、彩度調整、アンシャープマスク プリント: プリント:DPEショップ  用紙: フジフイルム EVERBEAUTY for LASER

入選

「肖像」


作者:
時津伸一
都道府県:
愛知県
年齢:

まるで黒バックのスタジオでシカを撮影したかのような、まさに「肖像」と呼ぶにふさわしい作品です。みごとな撮影技術によって一瞬、ハクセイ? と思いましたが、目が活き活きと命の輝きを放っていますね。生き物をここまで端正に描写すること自体、相当な実力を感じるのですが、作者の思いをもう少し込めてほしいと思いました。シカの口元や目元などに幾ばくかの動作が感じられれば、シカをひとつの個性としてとらえることができるでしょう。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 レタッチ: Photoshop Elementsにてレベル補正およびアンシャープマスク 撮影地: 滋賀県甲賀市水口町 プリント: エプソン PM-4000PX 用紙: エプソン 写真用紙<絹目調>

入選

「何処へ…」


作者:
服部克己
都道府県:
滋賀県
年齢:
63歳

すばらしいのひとことです。飛び立つ瞬間の絶妙のタイミング、ごく浅い最適なピント位置、やわらかで美しい色彩のグラデーションなど、じつにみごとな仕上がりだと思います。背景は単焦点レンズらしくキレイにぼけており、テントウムシの周囲の広がりを感じるには的確な画面構成です。じっと見ていると擬人化された昆虫の世界に引き込まれ、ついなにか台詞をつけてしまいたくなりました。「撮ることが困難な写真=価値ある写真」ではなく、クローズアップにしない写真表現としてのフレーミングは、図鑑写真では表せないやさしい心を感じさせ、好感をもちました。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CSにてトーンカーブ、焼き込み、覆い焼き、アンシャープマスク  撮影地: 東京都墨田区 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン 写真用紙 クリスピア<高光沢>

入選

「空へ」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
46歳

影は少し変な形になって、本体より偉そうな顔をすることがあります。でも、陽が陰るとアッサリといなくなり、切なくなったりします。電柱の影を撮ることが好きな作者の気持ちが写真によく表れ、単にデザインとしてとらえるだけではない思いを感じます。壁の色や空の濃い青と白い雲はあくまで背景であり、電柱そのものと多くの電線が主役なのですが、堂々と直立する影にこそ大きな存在感を感じます。今度は影と実体が共存した作品や、影のある実体に迫った作品などに取り組んでみてはいかがでしょう。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正ほか プリント: エプソン PX-5500  用紙: コニカミノルタ Photolike QP

入選

「SAYAKA」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
42歳

肌以外は落ち着いた色調でまとまり、モデルさんの意味ありげな表情と強い視線がうまく調和した作品です。所属写団の撮影会での作品とのことですが、じっくりと腰を据えた撮影現場が想像できる、みごとな仕上がりです。やや気になるのは、背景の緑やコートのファー、髪の毛の茶色など、色彩が浮いていて画像処理の行き過ぎを感じます。ここまで色彩を出そうとせず肌色はそのままにして、ほかは大きく彩度を抑えてもよいでしょう。逆に表情がもっと際立ってくるはずです。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N  レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS  レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ調整、レベル補正  撮影地: 大阪府 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙 

入選

「夕焼けデート」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府

夕暮れどきの遊園地で高台から眺める景色は、昼間の喧騒から静寂への狭間のときのように見えました。ジェットコースターがまるで生き物のようです。画面上部の木の葉も効果的で、意識をジェットコースターに引き寄せる役割をしています。もう少しワイドで撮影できれば、のぞき見たような閉塞感がなくなり、「高台、夕日、遊園地」という要素がストレートに伝わるでしょう。マット紙のため黒の階調がつぶれてしまっていますね。光沢紙を使って暗部の階調がしっかり再現されると、さらに味わいが増すでしょう。また、夕日の色彩はもう少し濃厚で鮮やかでもよいかもしれませんね。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡLD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshop CS2にてレベル補正、トーンカーブ、カラーバランス 撮影地: 京都府京都市東山区宮川町 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「雨の事始め」


作者:
福井幸男
都道府県:
京都府
年齢:
60歳

全員が雨のなかをほぼ同じ色彩の着物を着て、赤いそろいの傘を持ち、挨拶まわりに出かける姿が、石畳と彩度をなくした雨のなかで花開いていますね。全体にやや青傾向のWBと、ほかの色彩が抑えられて赤と無彩色の対比のように見える画面構成によって、しっとりとしたなかに華やかさが演出されていますが、やや散漫で単に色彩によるデザインのようにも見え、画面内で意識の中心が見えません。少し人数を減らすようにもう一歩踏み込むか、異なるタイミングの撮影を考慮してはどうでしょう。ひとりひとりの表情にもう少し動きがあれば、臨場感がさらに増すことでしょう。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF180mm F3.5L マクロ USM レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、レベル補正、アンシャープマスク 撮影地: 岐阜県可児市 花フェスタ記念公園 プリント: キヤノン PIXUS Pro 9500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

佳作

「白の投影」


作者:
花嶋 強
都道府県:
愛知県
年齢:
72歳

水滴を帯びた白いバラの花がクローズアップされ、淡くやわらかな色彩で表現されています。フレーミング自体が非常に個性的で、構図こそが意味をもった作品といえます。花の写真でもなく、クローズアップで切り取るおもしろさが出ています。デザインとしての写真として完成され、しっかりと作者の表現になっている点はみごとです。白い背景に白い花だけに限らず、赤い背景に赤い花など、こうしたシリーズで続けてみると、まとまりとして違った意味合いが追加され、「植物」としての本質を感じさせる味わい深い作品群ができあがるでしょう。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AI AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D レタッチ: Paint Shop Pro 8.0にてコントラスト調整、トリミング。Photoshop 7.0にてトーンカーブ調整 撮影地: 愛知県田原市 プリント: エプソン PX-G900 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「そろそろ帰るか」


作者:
加藤謹一
都道府県:
愛知県
年齢:
60歳

望遠レンズで遠近感を圧縮し、夕日で黄金色に照らされたウエットスーツのシルエット姿に力強い足どりを感じます。やや過剰とも思える輪廓強調処理も、この作品では功を奏し、日差しの強さと波打ち際の質感描写に貢献しています。題名から感じる印象と合わせると、もう少し広いフレーミングでもよかったのではないでしょうか。渚の広がりを強く感じさせることで、雄大さが作品に加わり、帰路につこうとするサーファーの存在もより明確に伝わってくるでしょう。主題をあえて画面の端に位置させるなどして、逆に存在をアピールできる場合もあるので、一度試してみてください。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ APO 50-500mm F4-6.3 EX DG /HSM レタッチ: SILKYPIX 3.0にてRAW現像後、トーンカーブ調整 撮影地: 神奈川県茅ヶ崎市 プリント: キヤノン PIXUS Pro 9500 用紙: フジフイルム 写真仕上げ 画彩 Pro

佳作

「水面のような」


作者:
はっし
都道府県:
神奈川県
年齢:
58歳

ひと目見て、天地が判然としない不思議な印象をもつ作品ですが、実際には題名からわかるように、空と雲で、天地が掲載とは逆の向きのようです。日没後の赤い地平線から天頂の紺色へとダイナミックに変化する色彩に、美しい造形の雲が重なって、絵画の味わいをもつすばらしい作品に仕上がっています。色彩もあえて抑え、ダークな印象とし、天地を逆転させたことで、摩訶不思議な印象を演出することに成功しました。しかし、天空へと広がるスケール感は逆に失われてしまいました。作者も迷われたと推測しますが、私はノーマルな天地のほうが好きです。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF135mm F2L USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてレベル補正、トーンカーブ 撮影地: 滋賀県大津市 プリント: キヤノン PIXUS 9900i 用紙: コニカミノルタ Photolike QP

佳作

「塀」


作者:
シュウ・山田
都道府県:
滋賀県
年齢:
54歳

素人仕事とひと目でわかってしまうトタン塀に絡まる緑の植物が、生命感にあふれ、中望遠レンズのやわらかなぼけと、全体を構成しているダークな色調がさらに緑を引き立てています。通りすがりにふと目にとまった世界なのでしょうが、意味もなくうれしくなるような、ストレートで気負いがないシンプルな感動が伝わってきます。植物の姿も吊り物の生け花のように、非常にバランスのよい形で、自然の姿の美しさを感じさせてくれます。雨のためしっとりとした階調で、少しだけ青傾向のカラーバランスが自然な空気を感じさせる、なに気ないやさしさが漂う作品です。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF300mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ、トーンカーブ、WB、シャープネス調整 撮影地: 静岡県駿東郡小山町 富士スピードウェイ プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「ライン」


作者:
SHINYA
都道府県:
静岡県
年齢:
33歳

土砂降りの最終コーナーに残るライン取りの跡は個性的で、モーターサイクルの醍醐味を感じさせてくれます。渋くて濃い青一色の画面に、唯一ストップランプの赤が印象的で画面の傾きもドラマチックに感じます。また、画面上部のゼブラ状のエリアもコーナーであることを意識させるのに非常に効果的です。とかく車の性能などハード面に注目しがちな世界ですが、ストップランプも含め、ドライバーという人の意識を感じさせてくれる一枚です。

 

2008年2月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Photoshop 3.0にてレベル補正 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙 クリスピア

佳作

「夕紋」


作者:
市川達夫
都道府県:
埼玉県
年齢:
56歳

まるで年輪のように広がる波紋が印象的でやさしく、夕方のやわらかい色彩が、なだらかなグラデーションを作って全体を暖かく構成しています。静の世界に小魚を捕る小さな波紋が動きを追加し、写真全体を活き活きとさせています。最初から白サギを主役と考えるだけなく、波紋が作る世界を意識して中央からサギをずらし、サギの大きさを抑えた画面構成はじつに巧みです。主題と全体を構成する雰囲気が巧みに融合した日本画の世界を感じさせてくれる作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ: Photoshopにてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整  撮影地: 静岡県掛川市 プリント: エプソン PX-5500  用紙: ピクトリコ GEKKOブルー・ラベル 

優秀賞

「物体」


作者:
鈴木 元
都道府県:
静岡県
年齢:
51歳

波打ち際に打ち上げられて貼り付いている布、砂の一粒一粒の感触、強風に吹き飛ばされる砂と水しぶき、そして遠くに見える波頭と空の調和から生まれる緊張感が、この写真を現代アート作品へ昇華させています。見る人はこのスケール感のある作品から、さまざまな感覚を感じ取ることができます。引き締まったブラックの調子とグラデーションの美しいプリントの調子も申し分なく、インパクトの強い作品に仕上がっています。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ調整、モノクロ化 撮影地: 富山県富山市 富岩運河環水公園 プリント: エプソン PX-5500  用紙: PCM竹尾 かきた

準優秀

「暮色」


作者:
金 雅彦
都道府県:
富山県
年齢:
49歳

夕暮れどきの空におおらかに弧を描く橋と、なめらかなシャドウ部分のグラデーションに吸い込まれるような気持ちがする、たいへん美しい作品です。この作品を典型的表現から逸脱させているのは、近くの建物から反射した光が、橋脚をドラマチックに演出している点です。作者のセンシティブで美的なものの見方を感じさせる、魅力的な作品です。やわらかいテクスチャのある厚手のペーパーを使っているのも、この作品の表現をユニークなものにしています。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにてレベル補正、モノクロ化  撮影地: ハンガリー ブタペスト プリント: エプソン PX-5500  用紙: コニカミノルタ インクジェット写真用紙 光沢厚手

入選

「路面電車のある町」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
42歳

路面電車の通る、東欧の街のひとコマです。この作品の第一の魅力は、街並みと路面電車が望遠レンズで圧縮されて平面的になっているため、リアリティの描写性が希薄になり、リトグラフ(石版画)に近いような表現になっているところです。左右に行き交う電線や歩行者も、リトグラフのように平板になっているところがおもしろい。なめらかで豊かな階調性がもうひとつの大きな魅力で、ビルのハイライトとシャドウ部のコントラストがとても美しく表現されています。時間を忘れて細部までのぞき込んでしまう作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D  レンズ: タムロン SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshopにてモノクロ化  撮影地: 静岡県磐田市 プリント: エプソン PX-5500  用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

入選

「秋景」


作者:
鈴木由雄
都道府県:
静岡県
年齢:
56歳

秋の夕陽を感じ、思わず立ち止まった道端の風景。カーブミラーに映る秋の夕陽に、白く光るガードレールと背景がデフォルメされています。ミラーのなかにはミラーそのものの影も映っている。そのまわりには逆光に光るススキの穂。このふたつの風景の対比から、鏡のなかから誰かがのぞいているような気配がします。光が交錯する不思議な魅力をもつ、刺激的な作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: シグマ18-50mm F2.8 EX DC MACRO  レタッチ: Photoshop Elementsにてモノクロ化、トリミングなど  撮影地: 兵庫県 プリント: DPEショップ 

入選

「線路は続くよどこまでも」


作者:
川上和俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
36歳

しゅっしゅっぽっぽ……。子どもたちがどこまでも続く線路を地面に描き続けています。描いている子どもたちも、列車に乗ってどんどん遠くへと行きます。よく見ると、自分たちの姿を描いた絵もあるようです。3人の子どもたちの頭のなかでは、それぞれの夢の旅がすでにはじまっているのでしょう。そんな写真を見ている私も、いつの間にか子どもたちといっしょに旅をしはじめています。子どもたちがくるくると回りながら夢中で線路を描いている「命の一瞬」をみごとにとらえた作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF24mm F1.4L USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてモノクロ現像、Photoshopにてレベル補正、トーンカーブ調整 撮影地: 三重県 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙

入選

「古道」


作者:
山童賢洛
都道府県:
愛知県
年齢:
44歳

草木が生い茂った山道を日傘をさしながら歩いている女性。生のままの自然と、小さく表現された現代的な女性の対比に興味がひかれる作品です。作者のコメントから、和歌山県の熊野古道で撮影した作品であることがわかりました。時間のトンネルのなかを通過していく生命の感覚が、どことなく感じられる作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N  レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ調整、レベル補正、モノクロ化  撮影地: 大阪府 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙

入選

「ガラスの向こうの誰か」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府
年齢:
30代

これはどのような状況でとらえられた影なのか……。一瞬、レタッチで合成された画像かと思いましたが、作者のコメントによるとガラスに映った作者自身の影を撮影したものとのことです。撮影時に作者が創造した合成画像ですね。見ていると、半透明の足が動き出して、メルヘンの世界に入っていってしまいそうに思える空想的でユニークな作品です。さて、この物語の展開は?

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshopにてモノクロ化 撮影地: 神奈川県横須賀市 猿島 プリント: エプソン PX-G900 用紙: ピクトリコ ベルベッティ・ペーパー

佳作

「HAND」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

フラメンコを踊るような手のしぐさを、影とともにとらえた作品です。背景の光の調子がおもしろいので、作者の心の動きを表面化して訴求ポイントを明確にすると、さらに印象的な作品になるように感じます。近代写真の父と呼ばれるアルフレッド・スティーグリッツは、妻ジョージア・オキーフの手の作品を何枚も残しています。ストレートで官能的な彼の作品の表現は、一見の価値があると思います。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Photoshop Elementsにてレベル補正、モノクロ化など  撮影地: 埼玉県川越市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・プレミアムマット

佳作

「利き手」


作者:
小江戸ジロウ
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

野球の練習中、ネット裏に干してあるTシャツ。利き手の袖が乾くように並べてあるところをとらえたようですが、この写真の魅力はそのシャツの形がネットの模様と重なって表現されているおもしろさと、シャツのイヌの絵柄が階段状のネットの糸とパンツに重なっているところを、作者によって「デザイン」されたところだと思いました。ユーモアのある楽しい作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ補正、モノクロ化 撮影地: 香川県 プリント: DPEショップ

佳作

「白い樹」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
44歳

作者は民家の壁に立てかけられたミツマタの木に、異様な存在感を感じたとコメントしています。暗い民家の壁を背景に浮き上がる白い木からは、切り取られたあとでもそれ自体が力強く美しい生命力を放出し続けているように感じます。プリントの階調やコントラストも自然で美しく、ダイナミックレンジを目いっぱい使った仕上がりになっている質の高いものです。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ソニー α700  レンズ: DT 18-250mm F3.5-6.3 レタッチ: デジカメde!! フォト工房PREMIUMにてモノクロ化 撮影地: 神奈川県横浜市 プリント: エプソン PX-5800 用紙: コクヨ プロフェッショナル写真用紙

佳作

「朝の光」


作者:
飛田 茂
都道府県:
神奈川県
年齢:
57歳

斜光線が描き出したテーブルと床。そのテクスチャと影を、作者の創造的なビジョンで抽象的にとらえて表現した魅力的な作品です。影は複雑に入り組んでいながらも、全体としての調和が存在していて、現代的な新鮮さが感じられる味わいのある作品です。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop Elementsにてレベル補正、モノクロ化 撮影地: 大阪府 万博公園 自然文化園 プリント: エプソン PX-G920  用紙: エレコム 絹目の最上級写真用紙 特厚

佳作

「秋の一片」


作者:
内藤壽恭
都道府県:
大阪府
年齢:
70歳

逆光でとらえたススキの穂。そのゆらゆらと揺れ動く姿は、誰でも作品にしたくなります。が、あまりにも見慣れた対象ですので、典型表現から抜け出すのがたいへんむずかしいものです。この作品は、黒く締まった背景に逆光に浮かび上がる穂が美しく、また、ひとつだけ穂が開いて輝いているのがアクセントになっています。光り輝くたくさんの穂の表現をもう少し工夫すると、作者が目指す「幽玄の世界」がさらに印象づけられるように思います。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: デジカメde!! フォト工房PREMIUMにてモノクロ化 撮影地: 千葉県習志野市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリピア<高光沢>

佳作

「ドール」


作者:
大滝俊隆
都道府県:
千葉県
年齢:
67歳

現代の日本社会には幼児性と猥雑な世俗性が交錯していますが、この作品はそのような一面を作者の鋭い目でとらえて表現しているようにみえます。くしゃくしゃになって捨てられているドールの無邪気な表情と、その汚れた姿をとらえたこの写真から強いメッセージが伝わってくるように思えるのは私だけでしょうか。

 

2008年2月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: 京セラ プラナーT*85mm F1.4 レタッチ: Digital Photo Professionalにてモノクロ化、レベル補正 撮影地: 滋賀県大津市 プリント: キヤノン PIXUS9900i 用紙: サンワサプライ つやなしマット紙

佳作

「雨の日」


作者:
シュウ・山田
都道府県:
滋賀県
年齢:
54歳

雨の日にふと発見した路上のモミジの葉が、道路のテクスチャとともに表現されたシンプルで美しい作品です。いま散って落ちたばかりの葉と、ちぎれて朽ちていく葉が、デザインされたように抽象化されて配置されており、ユニークで新鮮に感じます。トーンを前面に押し出さず、抑えぎみにしているところにこの作品の味わい深さがあります。和紙などを使って表現してみるのもおもしろいかもしれません。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一



SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF50mm F2.5 コンパクトマクロ レタッチ: Digital Photo Professionalにて修正、トリミング、RAW現像。1枚目のみモノクロ化 撮影地: 東京都世田谷区 砧公園 プリンター: キヤノン PIXUS Pro9500  用紙: キヤノン ファインアートペーパー・フォトラグ

優秀賞

「心眼」


作者:
鈴木明久
都道府県:
東京都
年齢:
55歳

いままでの応募作品にはなかった組み方なので、非常に新鮮で、迷いなく優秀賞に選びました。組み方、構図、ライティングなど、すべてにおもしろさを感じます。片目を隠しているところや、おもちゃっぽくない妙に機能的なおしゃぶり、左下部分のディテールも、写真を魅力的に見せるうえでの効果を発揮しています。2枚の構図はまったく同じなのですが、目を閉じている写真からはやさしさややすらぎ、目を開けている写真からは力という、静と動のふたつの相反するイメージが伝わってきます。赤ちゃんを被写体にしたときに陥りがちな、かわいいだけの記念写真にならず、ふたつのイメージを表現するためのアートになっているのです。顔だけを浮かび上がらせるような処理や、プリント用紙の選択、プリント技術なども完璧といえるでしょう。ここまでできて、コンテストに応募するのはこれが初めてというのだから驚きです。もっとほかの作品も見てみたいと思わせる作品ですね。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO レタッチ: Photoshop Elementsにて背景を落とす

準優秀

「瞬間の輝き」


作者:
川上和俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
37歳

こちらも優秀賞と同じく、新鮮さを感じました。人物の写真を撮る場合、どうしても型にはまったような撮り方になってしまいがちななかで、このシャドウを落とすという手法は、非常におもしろい表現方法で、パッと見たときのインパクトがあります。写真は、描き込んでいく絵画と違って、自分がなにを見て、それをどのようにして表現するのかを考え、いろいろなものを省略していく作業が必要です。その点でこの作品は成功している好例で、おもしろさを感じながら撮っていて、そのおもしろさが写真から伝わってきます。被写体をどのように表現すれば、作品の意図を見る者に伝えることができるかを考えながら撮っているからこそ、こういった作品を撮ることができるのでしょう。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop CSにてトーンカーブ調整、アンシャープマスク 撮影地: 1枚目 千葉県市川市 2枚目 東京都渋谷区恵比寿 3枚目 千葉県船橋市

入選

「夢」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
46歳

なんていうことない被写体を絵画的に撮ることができている作品です。橋本さんの作品は1年間毎月見てきましたが、どれもテイストが同じながら、題材はまったく違うものであるため異なった印象を与えられるというところに実力を感じます。それだけものを見る力に優れていて、同時に光の使い方、切り取り方がうまいということでしょう。とくに光の使い方に関しては、時間を選ばなければならないものを、いちばんいい時間に撮っているのがすごいです。もともとうまさを感じさせましたが、回を重ねるごとにどんどん上達しているので、今後がさらに楽しみです。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 岡山県瀬戸内市牛窓町

入選

「窓」


作者:
松本研一
都道府県:
岡山県
年齢:
56歳

よくこんなところを探し出しましたね。窓にこんなにいろいろなものを貼っている家は見たことがありません。これは住んでいる人のセンスと、これらの写真を選んで組写真にした人のセンスがうまくかみ合った作品といえます。このような写真が100枚集まったらどうなるんだろうとか、カラーだったらどんな感じなんだろうとか、いろいろと興味をそそられ、もっと見てみたいと思わせるところがいいですね。こういった窓を撮ることをライフワークにして、時間や季節を変えながら色や光の異なる写真を撮り集め、写真集や個展などでまとめて発表してもおもしろいと思います。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一







SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: デジカメde!!フォト工房 PREMIUMにてコントラスト調整、アンシャープマスク 撮影地: 和歌山県紀の川市

佳作

「静寂の朝」


作者:
木村元繁
都道府県:
和歌山県
年齢:
43歳

工事現場というのは、こんなに色があってキレイなものだったんですね。朝の光も含めて配色がみごとで、パッと見、着物の柄のようにも見えます。フレーミングもうまく、気持ちのいい配置になっています。誰もが見過ごしてしまうような場所に目を向けて、朝方の人がいない時間帯に撮ればキレイに撮れるということに気づいて撮影したことが、勝利の要因といえるでしょう。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: 1枚目 AI AF Nikkor 50mm F1.4D 2枚目、3枚目 タムロン 75-250mmF/3.8-4.5 CF Tele-Macro Zoom レタッチ: SILKYPIXにてRAW現像、色調・明るさ・コントラスト調整、3枚目のみCapture NXにてD-ライティング 撮影地: 神奈川県 秦野戸川公園

佳作

「戸川公園逆像」


作者:
国吉 徹
都道府県:
東京都
年齢:
39歳

映り込みの写真だけで組み合わせることで統一感をもたせた、組写真の利点を活かした作品です。なかでも1枚目の橋の写真が効果的で、こういった大きいものの映り込みを撮ることで目を引きますし、ほかの2枚の写真も引き立ってきます。もし1枚目の写真がなかったら、これほどキレイな印象を与える作品にはならなかったでしょう。大きいものから徐々に小さいものになっていくという順番もよかったと思います。

 

2008年2月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Photoshop7にてトーンカーブ・レベル調整 撮影地: 大阪府、三重県 プリンター: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙

佳作

「光と影と三日月と。」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府

旅行に行ったときのスナップとのことですが、本当にいい風景を焼き付けてきましたね。特別なものが写っているわけではないのですが、写真のなかからいいイメージが湧き上がってきます。とくに2枚目の光と影のバランス、3枚目のアングルや構図に秀逸さを感じます。また、まったく異なる被写体ながら、写真のトーンが共通しているので、3枚がバラバラになることなく、気持ちよく見ることができます。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン AF18-250mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ LD Aspherical [IF] Macro レタッチ: Microsoft Office Picture Managerにてコントラスト、中間トーンを調整 撮影地: 山梨県南都留郡富士河口湖町 河口湖畔

優秀賞

「逆さ富士が撮りたくて」


作者:
谷口昌平
都道府県:
東京都
年齢:
38歳

なんてことはない富士山の写真なのですが(失礼!)、作者は画面の隅々にまで気を配り、撮影されていますね。じっくりと時間をかけて撮影されたようですが、待った甲斐がありました。じつに雄大でスケール感のある作品に仕上がっていると思います。作者はこの作品以外にも富士山を撮られていましたが、富士山という被写体に向ける作者の情熱がこの一枚に凝縮されている気がします。無駄のないフレーミングにくわえて、この色彩感覚がすばらしいと思いました。右端に浮かぶボートもとてもよいアクセントになっています。ひとつの被写体を一生懸命に撮り続けた、作者の根気が生んだ傑作ではないでしょうか。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ、コントラスト、色の濃さ、シャープネスを調整、トリミング 撮影地: 大阪府豊中市 大阪国際空港

準優秀

「皆見上げる」


作者:
おいなり
都道府県:
大阪府
年齢:
30歳

飛行機の迫力もさることながら、それを見上げる人々の配置が絶妙ですね。偶然とはいえ、すごい! のひとことです。飛行機という動く被写体と、それを見上げる人間をこういったかたちでうまく画面内に収めるのは、至難のワザだと思います。「ここで撮ればこんな写真ができあがる」と頭のなかに思い描いてから撮影されたのであれば、作者のセンスに敬服します。とてもインパクトの強い作品ですね。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、シャープネス調整、トリミング 撮影地: 青森県十和田市

入選

「人馬一体」


作者:
佐々木 伸司
都道府県:
青森県
年齢:
42歳

疾走する馬と矢を放つ人との呼吸がみごとに一致した、すばらしい瞬間を押さえましたね。流鏑馬の迫力がひしひしと伝わってきます。左端に観客を入れたことで、緊張感ある現場の空気感もよく表現できています。ただ、むずかしいことを承知でいわせてもらえば、背景の白いクルマが、せっかくの作品を台なしにしている気がします。いっそのこと、背景に観客がくるようなアングルで撮られたほうが、よりいっそう緊張感の伝わる作品になったのではないでしょうか。その点だけが残念でした。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D80  レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにて明るさ調整  撮影地: 岡山県玉野市

入選

「残照の中で」


作者:
ほの
都道府県:
岡山県
年齢:
43歳

撮り方ひとつで被写体がこんなにも変わるのか……といった感じですね。造船所の大型クレーンを夕日が沈む残照のなかで撮影したことで、とても雰囲気のある作品になりました。作者のセンスのよさを感じます。この作品以外にも、作者は独特のカメラアイで、光をうまく読んだ作品を多く撮られていました。これからもこの調子でたくさんシャッターを切っていってください。期待しています。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ソニー α100 レンズ: DT 18-70mm F3.5-5.6 撮影地: 東京都渋谷区

入選

「出ちゃうんだよね」


作者:
林 泰孝
都道府県:
東京都
年齢:
33歳

フレンチブルドッグの独特の顔をおもしろく見せている点に魅かれました。この作品はアングルのよさがすべてですね。背景に余計なものが入っていないうえ、黒い背景ですので、この白い顔がいっそう引き立ちました。ただ、いつも舌を出しているフレンチブルドッグのかわいさを表現するのであれば、舌先まできちんと入っていたほうがよかったと思います。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF300mm F2.8L IS USM レタッチ: Paint Shop Pro7にてコントラスト、アンシャープマスク調整 撮影地: 兵庫県宝塚市 阪神競馬場

入選

「先行争い」


作者:
望月一彦
都道府県:
大阪府
年齢:
51歳

競馬のスタート直後の作品ですが、動きのある被写体をいい構図でとらえていますね。観客席から撮ったようですが、プロ並みに撮れているんじゃないでしょうか? 背景を見てもきちんと平行で撮れていることがわかりますし、馬の入れ方もじつに絶妙です。ここまでいくと、競馬雑誌に掲載されてもいいのでは?(笑)。いつもよく行かれる競馬場のようですので、今度は競馬のいちばんの醍醐味である、ゴールの瞬間をねらってみてください。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 栃木県日光市 竜頭の滝

入選

「初雪の滝」


作者:
谷田一郎
都道府県:
愛知県
年齢:
44歳

現場の空気感がとてもよく伝わってきます。雪の舞い散る竜頭の滝の静けさを表現するためにモノクロ化されたそうですが、それが非常によかったと思います。冬の滝の寒々しさを上手に表現されていますね。余計なものを入れずに大胆に切り取ることで、竜頭の滝の迫力が増し、幻想的なすばらしい作品になりました。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: オリンパス E-500  レンズ: ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6 レタッチ: Paint Shop Proにて彩度調節  撮影地: 自宅

佳作

「sexy night」


作者:
間瀬庵
都道府県:
大阪府
年齢:
40歳

ユリの花をとても艶っぽく撮りましたね。花びらに水滴がつくことによって、印象度がかなりアップしています。背景もシンプルでいいですね。ユリの花がとてもお好きなようですが、どのように見せればユリの花を魅力的に表現できるのか、そこをよくわかって撮影されている気がします。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF Nikkor 50mm F1.4D レタッチ: Capture NXにてノイズリダクション、アンシャープマスク、トリミングなど 撮影地: 神奈川県横浜市 横浜・八景島シーパラダイス

佳作

「見惚れるほど」


作者:
あちまろ
都道府県:
東京都
年齢:
34歳

この視線の先にはなにがあるのかな? と想像力がかきたてられる点がいいですね。視線の先にあるなにかに夢中なのが手にとるようにわかるというところが、この作品の最大の魅力だと思います。シンプルな構図も、よりいっそう作品のよさを引き出しました。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン IXY DIGITAL 900 IS 撮影地: 静岡県静岡市葵区

佳作

「時空の狭間で」


作者:
三浦泰伸
都道府県:
静岡県
年齢:
37歳

お子さんの何気ないショットですが、カメラアングルがとてもいいですね。遊び疲れてしまったのでしょうか……。お子さんの自然な表情と構図のよさに惹かれました。コンパクトカメラは身軽に持ち運べるのが最大の魅力です。これからもお子さんの成長を独自の目線で追い続けてみてください。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、トリミング 撮影地: 東京都日野市 万願寺グラウンド

佳作

「We are No.1!!」


作者:
水 正聖
都道府県:
東京都
年齢:
46歳

胴上げの瞬間をいいアングルでとらえていますね。私も胴上げはよく撮影しますが、胴上げの瞬間をうまく押さえるのはかなりむずかしいので、この写真は本当にうまく撮れていると思います。表情もいいですし、指を高く上げているところもいいです。ただ、手前に写っている子どもたちの帽子はトリミングしたほうがよかったかもしれません。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1 レタッチ: Photoshop Elements 2.0にてレベル補正、アンシャープマスク 撮影地: 愛知県豊田市

佳作

「light purpleな食卓」


作者:
畔柳満久
都道府県:
愛知県
年齢:
39歳

構図や色構成など、すべてをきちんと考えて撮影されていることがよくわかります。背景も花も紫色で統一することで、とてもやわらかい感じのするステキな作品になりました。上に空間をもたせたこともよかったと思います。こういった作品は、空間の使い方ひとつで作品の印象が変わるので、その点も評価しました。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: タムロン AF55-200mm F/4-6.3 Di Ⅱ LD Macro レタッチ: Photoshop Lightroomにて彩度、色温度を補正、トリミング  撮影地: 兵庫県豊岡市日高町 フィルター: PLフィルター

佳作

「思慮の道」


作者:
竹元章二
都道府県:
兵庫県
年齢:
50歳

この作品を見ていると、思わずシャッターを切りたくなる気持ちがよくわかります。整然と並んだ木々がここまできれいに色づいていると、どうしてもカメラを向けたくなりますよね。画面の隅々まできちんと気を使って撮影されている点もいいです。ここに鳥が1羽でもいると、もう少し味が出ておもしろかったかも?と思いました。

 

2008年2月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF50mm F1.4 USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CS2にてレベル調整、トリミング 撮影地: 香川県さぬき市 亀鶴公園

佳作

「白く咲く」


作者:
さとっち
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

ツバキの花の魅力を存分に見せている画面構成ですね。ツバキの花ってこんなにステキだったかな? と思ってしまいました。空間と色構成が絶妙で、見ていてとても落ち着く作品です。今回は1枚だけの応募でしたが、もっといろいろな作品を見てみたい作者ですね。

 
フォトコンテスト パートナー募集


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻