デジタルカメラマガジン 本誌2008年4月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2008年4月号選考

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、危険区域表示用のコーンの写り込みをPhotoshop Elements 4にて削除、トリミング 撮影地: 岡山県美作市

優秀賞

「最後の華」


作者:
池田一政
都道府県:
岡山県
年齢:
58歳

天筒花火の迫力が画面いっぱいに余すことなく展開されています。花火師の大きさを見るととても小さく、花火のスケールがよくわかります。音がして火柱が立ち上る時間は1秒もありません。この瞬間をみごとにとらえた判断力、そして火柱が広がることを計算してのフレーミングのうまさには驚きです。さらに、じゃまな箇所のレタッチも丁寧に処理されており、撮影プラス画像処理のトータルな腕前が発揮された作品といえます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像、階調補正、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 北海道音更町駒場

準優秀

「マケテたまるか!!」


作者:
八巻康男
都道府県:
北海道
年齢:
69歳

ドドドッと地響きが聞こえてくるようです。競走馬のトレーニング中をねらったものですが、とても迫力ある作品です。競走馬本来の闘争心でしょうか、我先にと雪原を蹴飛ばしながら白い息を吐き、全力疾走する馬の表情にも見応えがあります。高感度とトリミングによる影響なのか、画像が少し荒れたことが残念です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds レンズ: EF85mm F1.2L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、シャープネス、コントラスト、色温度調整 撮影地: 東京都文京区本郷 六義園

準優秀

「枯れ紫陽花」


作者:
丸山秀雄
都道府県:
東京都
年齢:
53歳

枯れたアジサイは、こんなにも美しいものかと驚かされました。光の回り込みや、にじむようなぼけ味がほどよいコントラストとやわらかい階調を生み出し、とても立体感のある描写を得ています。構図も落ち着きがあり、アジサイをポートレートのようにやさしく見つめています。まるでスタジオ撮影されたようなクオリティの高い作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 宮崎県児湯郡 新田原基地

入選

「Blue&Blue」


作者:
岩川勝政
都道府県:
三重県
年齢:
33歳

ブルーインパルスの曲芸飛行がとても美しくとらえられています。下降して再び上昇に移るタイミングでしょうか。煙幕の曲線と編隊が絶妙に重なり、奥行き感も表れています。ノートリミングでここまで決められるフレーミングのうまさはみごとです。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 撮影地: 北海道空知郡上富良野町

入選

「光る風」


作者:
庭山博行
都道府県:
千葉県
年齢:
49歳

麦の穂が風にそよぎ輝いています。広角でねらったこの作品は麦に対して背景のあしらい方が控えめで意図が明快です。巧みなレンズワークと絵作りがうまく、美しくスケールのある作品に仕上がっています。輝く麦を意識したためか、背景の雲のディテールが白飛びしている点が悔やまれます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AI AF Nikkor 20mm F2.8D 撮影地: 徳島県鳴門市

入選

「二十歳の階段」


作者:
花月
都道府県:
徳島県
年齢:
51歳

成人式に撮影されたこの作品は、階段を上る若者の様子を動感表現で見せています。このぶれ描写は成人を迎えた若者たちの複雑な心の葛藤を描いているようにも見えます。つまり抽象的な描写がイメージをかき立てます。しかし、よく見るとゆっくりと足元を確かめて上る人や、急ぐ者の動きの違いがわかります。二十歳の心模様を見るようです。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: AI AF Zoom Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D レタッチ: PictureProjectにて明るさ、D-Lighting、輪郭調整、モノクロ化 撮影地: 東京都新宿区 新宿御苑

入選

「静かな公園」


作者:
澤井善彦
都道府県:
東京都
年齢:
63歳

降る雪のなか、ぽつんと置いてきぼりにされたようなベンチ。その横には大木が構えています。深々と降る雪のなか、ベンチの上に伸びた枝は、寂しそうなベンチに手を差し伸べているようにも見えます。そんな物語性を感じます。作者の意図がよく反映された作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにてカラー補正、コントラスト調整 撮影地: 神奈川県藤沢市 鵠沼海岸付近

入選

「Surf Sunset」


作者:
福村雅史
都道府県:
神奈川県
年齢:
37歳

夕日を隠すように横切るサーファー。大きなボードを抱えて歩く姿はなかなかカッコいいシルエットです。背景に目を移すと夕景がしっかりとした構図でとらえられています。人物をねらうと背景がおろそかになりがちですが、この作品はどちらも安定感があります。完成度の高い構図が魅力です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ、トーンマッピング調整

佳作

「自衛隊見学」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

校外学習のひとコマだそうですが、装甲車に群がる子どもたちと指をさして注意する(?)先生。非現実的な光景だけにとても印象的でした。直立する自衛官や順番を待つ子どもたちの列。隅々に見どころがあり、画面からユーモラスさが伝わってきます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: シグマ 18-50mm F3.5-5.6 DC レタッチ: Photoshop Elementsにてトリミング、色を白黒に変更

佳作

「odekake」


作者:
nezuo
都道府県:
兵庫県
年齢:
39歳

少しはにかんだ横顔とおでこに当てた小さな手。お出かけ前の照れなのでしょうか。あるいはレンズを向けられてはにかんだのかもしれません。モノクロで色を消したことにより、この子の気持ちが伝わる作品に仕上げています。やさしさに包まれるようなポートレートです。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: SILKYPIXにてトリミング、色調、コントラスト調整 撮影地: 東京都港区 お台場

佳作

「おれの砂浜」


作者:
MoonPAPA
都道府県:
東京都
年齢:
51歳

砂浜で自分の影をねらっていますが、いかにも撮影しているようには見えません。左手を伸ばし右手で撮影することで影を演出しています。この影絵でここは俺の砂浜だと主張しているわけです。主題が明確で背景の添え方も上手です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM 撮影地: 北海道 美幌峠

佳作

「屈斜路湖の朝」


作者:
凧tako
都道府県:
北海道
年齢:
39歳

高台から湖を見据え夜明けをとらえています。前景には積雪もあり、厳しい撮影条件を物語っています。構図も安定感があり丁寧に仕上げてあります。しかし、全体にアンダーになった点が残念です。とくに前景のシャドウ部はもう少し明るくしたかった。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス CAMEDIA μ40  撮影地: 沖縄県 慶良間諸島

佳作

「空とぶカメ」


作者:
秋元智道
都道府県:
沖縄県
年齢:
31歳

コンパクトカメラで撮影された水中写真です。悠然と泳ぐカメを下からアップでねらった珍しいアングルもさることながら、カメの前方や背後にボンベからの泡も入り、作品としての完成度が増しています。すばやい判断力が活かされ、絶妙なチャンスをものにしています。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: シグマ 24-70mm F2.8 EX DG MACRO レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、コントラスト、シャープネス、色の濃さ、明るさ調整 撮影地: 静岡県 南アルプス南端シャウゾ山

佳作

「冬好日」


作者:
和尚
都道府県:
愛知県
年齢:
58歳

青空をバックに美しい霧氷を見上げています。隅々まで気を配った無駄のない構図で霧氷の質感もよく再現されています。しかしポイントにした左右の幹に力強さが足りません。もう一歩踏み込んで幹の太さを強調すると力強さも増したでしょう。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED レタッチ: Capture NXにてRAW現像、トーンカーブ調整 撮影地: 北海道上川郡美瑛町 フィルター: PLフィルター 

佳作

「三段重ね」


作者:
岸本和哲
都道府県:
北海道
年齢:
32歳

岸辺を部分撮りしたこの作品は、雪の対岸とそれを映す水面の絵柄の変化をとらえています。3層に分かれた色や絵柄の違いを3段重ねと見たようです。また対岸には目玉のように見える部分があり、投影するカラマツとともによいアクセントになっています。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO レタッチ: PHOTO Laboratory3にてRAW現像時にトーンカーブ、およびWBの調整 撮影地: 静岡県浜松市

佳作

「飛沫」


作者:
加藤康弘
都道府県:
静岡県
年齢:
44歳

右から差す光を受けて炸裂する波。テトラポットを前景にして、いままさにくだける絶妙の瞬間をとらえています。迫力もスピード感もありますが、波しぶき全体をとらえたことで観望イメージが優先して緊迫感が不足しました。腕が確かなだけにさらなる迫力の作品を期待します。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像時にトーンカーブ、色温度、シャープネス調整 撮影地: 沖縄県 阿嘉島 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「空中散歩」


作者:
菊池英龍
都道府県:
埼玉県
年齢:
35歳

シロオビアゲハが青空を楽しそうに飛んでいます。シャッター速度とアングル、そして背景の割合がうまくマッチして空を舞うチョウの様子が開放感に満ちています。見ためには簡単にねらえるように見えますが、いざ撮影しようとするとむずかしいシーンです。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像後、LCHエディター、アンシャープマスク調整 撮影地: 新潟県南魚沼市塩沢 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「霧の朝」


作者:
桑名良和
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

雪原の奥に濃霧があり林が見え隠れしています。差し込んだ光を効果的に反映させたことで厳しい冬景色なのにどこか温もりを感じます。さらに全体にハイキーな色調がとても美しい風景を見せています。画面配分の上手さに確かな腕前を感じます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D2H レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像、グラデーション効果で左半分をモノクロ化、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 福島県喜多方市

佳作

「力走」


作者:
三ッ寺俊行
都道府県:
東京都
年齢:
40歳

雪の残る林の間を駆け抜ける機関車。立ち上る煙が地味な背景にとてもリアルに目立ちます。左右に配置したスギと柿の対比も考えた構成ですが、スギが目立つため柿の色添え効果が減少したことが悔やまれます。柿と機関車だけの構成でもよかったのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D2Hs レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro レタッチ: Capture NXにてRAW現像、露出補正、WB調整、トリミング、縦横変換

佳作

「微笑」


作者:
松下 仁
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

一枚の葉っぱを唇に見立て、背景に肌色を盛り込み、人の表情のように見せています。技巧的であたかも口紅のコマーシャルを見るような意表をついた作品です。拡大すると背景があいまいになり、顔のイメージが薄れますが、計算された完成度の高い作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ レンズ: EF16-35mm F2.8L USM レタッチ: Photoshop CSにてトーンカーブ調整、レベル補正、トリミング 撮影地: 千葉県館山市 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「WAVE」


作者:
山本喜久夫
都道府県:
千葉県
年齢:
55歳

低いアングルからねらった波打ち際。ふつうの目線では寄せる波ですが、ここまで低いポジションからだと迫力のある押し寄せる波に見えます。シャッターチャンスも絶妙で、このあとカメラが濡れなかったか心配になりました。奇抜な意図が成功しました。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、レベル補正 撮影地: 静岡県 南伊豆妻良港

佳作

「銀河地質年代紀」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
39歳

浸食された崖の上空に天の川が見えています。悠久の歴史を感じさせるロマンに満ちた作品です。高感度設定で撮影されていますが、地層の様子から星空までを再現した腕前がみごとです。こうした夜の風景はねらう人も少なく、独創的な視点が光ります。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CS2にてトリミング、トーンカーブ調整 撮影地: 富山県射水市

佳作

「雪のベンチ」


作者:
山本哲志
都道府県:
富山県
年齢:
31歳

真っ白な雪原に青い影が美しい彩りを描いています。その奥に残されたベンチには、どこか寂しげで夏を待つような表情を感じます。全体にシンプルで、しゃれた作品にまとめられていますが、左上部の角が気になります。ここをカットすれば美しさが際立ったのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G 撮影地: 神奈川県川崎市 夢見ヶ崎動物公園

佳作

「ホロホロ鳥」


作者:
山田益夫
都道府県:
神奈川県
年齢:
65歳

生々しい表情と美しい羽毛。このギャップがこの鳥の魅力です。とてもインパクトのある作品です。また背景にもう1羽写っていますが、これが鏡に映った同じ鳥にも見えます。単なる鳥のクローズアップではなく、空間を活かし背景を演出しています。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: タムロン AF28-300mm F3.5-6.3 Di VC LD Aspherical[IF]Macro レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、コントラスト、色相、彩度、シャープネス調整、トリミング 撮影地: ベトナム ハノイ市内

佳作

「スタート5秒前、4、3、……」


作者:
山下 治
都道府県:
大阪府
年齢:
56歳

ハノイの信号待ちの様子をとらえた作品です。スタートラインに並んだランナーのようにひしめき合う様子が見どころです。また、オートバイの後方には傾いたバスがよい味つけをしています。そんな折、進入するバイクを動感よくコミカルにキャッチしています。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF100mm F2.8 マクロ USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ、WB、シャープネスほかを調整、トリミング 撮影地: 香川県高松市香川町

佳作

「寒メジロ」


作者:
田岡直樹
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

怒ったようなメジロの表情がなんともコミカルです。背景は明るく飛ばしながら前後する枝をうまくぼかしています。構図も無駄なくまとめていますが、枝や葉の込み合う様子はカバーしきれなかったようです。とくにメジロと重なる葉が気になります。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: トキナー AT-X124PRO DX レタッチ: SILKYPIXにて現像後、Photoshopでリサイズ 撮影地: バリ島 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「楽園の休日」


作者:
makoto
都道府県:
静岡県
年齢:
43歳

バリ島のプールサイドで撮影された作品です。手前の花にピントを合わせアウトフォーカスに背景を見せています。このぼけのなかに主題が秘められており、まさに「楽園の休日」を伝えています。パラソルの下でくつろぐカップルが効果的なアクセントになっています。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: タムロン AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 撮影地: 静岡県浜松市 佐鳴湖

佳作

「SLOW-LIFE」


作者:
田辺有未
都道府県:
静岡県
年齢:
29歳

タイトルと絵柄がとてもマッチしており撮影者の意図が反映された作品です。静かな池に糸を垂れる釣り人を通して、のんびり過ごす人生のひとコマが描かれています。釣り人に対して光る湖面の位置関係もよく、静かに揺らぐ湖面の様子が自然に伝わってきます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ AF 15-30mm F3.5-4.5 EX DG レタッチ: Digital Photo Professionalにて現像。Photoshop Elementsにて自動補正 撮影地: 山形県東根市

佳作

「埋もれる」


作者:
すんぴた
都道府県:
山形県
年齢:
49歳

放置されたワーゲンが雪に埋もれています。もうどのくらいここにいるのでしょう。低いポジションから見上げるアングルは、このクルマの元気だったころを思い浮かべさせてくれます。しかし、タイヤもなく枯れ草も伸び放題。切なさの漂う作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO レタッチ: Photoshop Elements 4.0にてレベル調整 撮影地: 静岡県浜松市 龍潭寺

佳作

「男の背中」


作者:
藤原裕士
都道府県:
静岡県
年齢:
31歳

低いポジションから撮られたこのモデルは息子さんだそうですが、たしかに男の背中を感じさせてくれます。境内に目線を向ける立ち姿は、厳しい現実に立ち向かうかのような勇ましさも感じます。愛くるしい子ども写真とは対照的な渋い作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM レタッチ: Capture NXにてトーンカーブ、カラーコントロールポイント、彩度調整 撮影地: 静岡県周智郡森町

佳作

「秋色ステンドグラス」


作者:
山梨真司
都道府県:
静岡県
年齢:
43歳

見上げた紅葉は光に透けて、カラフルなステンドグラスの美しさに見えたのでしょう。ライトアップされたような色彩を放っています。前後する幹の強弱の対比もメリハリがあり、絵作りのうまさを感じます。ただ、ステンドグラスに見立てるのなら青空は必要なかったかもしれません。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にて色調補正、トーンカーブ調整、トリミング 撮影地: 北海道札幌市

佳作

「誘惑」


作者:
板崎 進
都道府県:
北海道
年齢:
37歳

ルイ・ヴィトンのショーウィンドウに横たわる外国の女性のポスター。手にもつバッグよりも彼女に目が向くのは男性なら、みな同じかもしれません。放心状態のまなざしにおじいさんも引きつけられたようです。足の運びをとらえたタイミングもよく、見せ方のうまい作品です。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF-S17-55mm F2.8 IS USM レタッチ: Photoshop CS2にてレベル補正、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 沖縄県 伊良部島

佳作

「さとうきびと朝焼け雲」


作者:
urumaneo
都道府県:
沖縄県
年齢:
34歳

朝焼けに染まるヒツジ雲がサトウキビ畑の上空で群れています。なかなか見ることのできない美しい空です。また、サトウキビの穂を見ると右から左へ遠のいていく距離感が上手に表現されています。ただ、このシルエットをもう少し大胆に見せてもよかったのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AI AF Nikkor 50mm F1.4D レタッチ: Capture NXにてRAW現像。コントラスト、彩度、トーンカーブ補正 撮影地: 神奈川県藤沢市

佳作

「野良であるがゆえ」


作者:
渡部 斉
都道府県:
神奈川県
年齢:
36歳

エメラルドグリーンの目でにらみつけるまなざしがとても印象的です。野良ネコのワイルドな表情がコントラストのある独特の描写に活かされています。一見荒削りに見えますが、構図の見せ方や背景にある目立ちやすい箇所の処理にも注意が注がれており、トータル表現のうまさを感じます。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Capture NX にてRAW現像後、ピクチャーコントロール、トリミング 撮影地: スペイン タラゴナ

佳作

「家路」


作者:
蓮見浩明
都道府県:
埼玉県
年齢:
47歳

タラゴナの裏通りにある家並みと、S字にカーブする日陰の小道。この狭い路地を家路に向かう人影をとらえています。光と影に浮かぶ道と建物をうまく配列して、レンズワークとフレーミングの的確さが光ります。悔やまれることは主役の人物が点景になったことです。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX 5700 レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ、シャープネス、180度回転調整後、トリミング 撮影地: 神奈川県川崎市幸区

佳作

「裏世界」


作者:
photo1974
都道府県:
神奈川県
年齢:
33歳

水たまりに映る風景をねらった作品ですが、見れば見るほどアングルや画角など、無駄なく考えて画面構成しています。映り込みにはビルがあり街路樹があり、空には彩雲が発生しています。水たまりという単純なモチーフですが、引きつけられる魅力があります。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 撮影地: 鳥取県 鳥取砂丘

佳作

「砂塵」


作者:
北野和夫
都道府県:
兵庫県
年齢:
61歳

強風に舞う砂塵は目や口のなかにまで入ってきます。目も開けられないカップルの様子を見ると、避けようにも避けきれないこの場のすさまじさが伝わってきます。背後にいる男性がカメラ目線になった点が悔やまれますが、このなかで撮影していれば注目されてもしかたありません。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Photoshop Elements 5にてレベル補正、彩度調整、トリミング 撮影地: 新潟県新潟市白根

佳作

「夏雲の詩」


作者:
鈴木万平
都道府県:
新潟県
年齢:
73歳

入道雲を背景に土手を歩く人の姿をとらえています。沸き立つ雲を重ねることで夏のイメージが強烈に表れました。また男性は暑さによる疲れか、悩んでいるのかわかりませんが、肩を落とす姿が印象的です。作者にとっては、この雲と人の対比が詩なのでしょう。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Paint Shop Pro 7 にて、コントラスト、アンシャープマスク調整 撮影地: 滋賀県草津市

佳作

「冬の蓮池」


作者:
望月一彦
都道府県:
大阪府
年齢:
51歳

枯れたハスの残骸が降る雪に洗われているようです。降雪のなかを飛び去るサギの姿もこの風景によくマッチして、チャンスを的確にとらえた作品です。また、アンダーぎみのモノトーン描写は、冬の厳しさや寂しい気配をよく表しています。しかし、もう少し明るさがあってもよいのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ソニー HANDYCAM HDR-UX1 レタッチ: Photoshop Elements 6にてレベル補正、トリミング 撮影地: 京都府 加茂川

佳作

「地球にKiss」


作者:
かなもな
都道府県:
京都府
年齢:
44歳

水に突入するカモメの美しい瞬間をとらえた作品です。水面の美しい様子と、カモメのフォルムは、どちらも写真でなければ味わえない一瞬です。しかし、パンフォーカスぎみで水面に目が奪われてしまい、カモメの印象が同化しがちな点が残念です。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CS3にてトーンカーブ調整、シャドウ・ハイライト調整、トリミング 撮影地: 千葉県館山市 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

優秀賞

「落月の磯」


作者:
吉田フミオ
都道府県:
埼玉県
年齢:
58歳

今月はネイチャー系の作品がトップを飾りました。しかし、ネイチャー系の応募が少ないからとあえてレベルの低い作品を選んだわけではありません。この作品はむずかしい夜の風景をよく計算して写しています。夜景撮影は構図はもちろん、ピント、露出など、どれをとっても簡単ではありません。残念なのは少し露出がオーバーなことと月の位置。夜の世界を演出するにしては空の締まりがないのが不満です。それでも月を太陽と思われないようにしっかり星を写していることや、また本人いわく、計算外だった岩礁を照らす月光の効果も効いています。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 撮影地: 東京都渋谷区 代々木公園 プリント: エプソン PX-G900 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

準優秀

「秋の光」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

横顔の女性ポートレートですが、とても光の美しい作品。ポートレートではお決まりの半逆光で女性の横顔や指の輪郭を浮かび上がらせ、露出不足となる顔にレフを当てて全体的にハイキーぎみに仕上げています。もちろん望遠レンズの絞りを開けて、バックをぼかすなどの処理も定石どおりですが、モデルのしぐさからやわらかいシャープネスのかけ方など、ねらいがしっかりしているだけにイメージがぶれません。写真は光しだいでどうにでもなるものであり、カメラマンはそれを思いのまま操る光の魔術師なのだ、という証のような作品です。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正、色相・彩度調整、アンシャープマスク 撮影地: 岐阜県鳴津市 プリント: エプソン PM-3500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

入選

「おいらが大将」


作者:
山田忠男
都道府県:
愛知県
年齢:
74歳

竹笹で作った山車の上にどっしりと座り、まるで祭りの主役は自分だといわんばかりに見得を切る若者。まさに「おいらが大将」。しかし、こちらを見据えるような若者と正面に向き合いながらも臆することなく、お前さんとは年季が違うよと落ち着いてフレーミングする山田さんに拍手。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF50mm F1.8 Ⅱ レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてトリミング、コントラスト調整 プリント: エプソン PM-G720 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

入選

「静粛な時間」


作者:
岩附政典
都道府県:
栃木県
年齢:
47歳

作品の審査は40枚程度を机に並べて、目についたものをセレクトする作業を繰り返し、選考を行う1次審査と、さらに同じことを繰り返して40枚程度まで絞り込む2次審査によって予選を終了します。この段階ではまだ順位を決めず、1週間ほど作品を寝かしてから改めて最終選考を実施しています。そんななか、光と影、ほとんど直線でのみ構成された本作品は、最初のインパクトがすべて。いっしょに並べたほかの作品と比べるとかなり異色ですが、一瞬、形而上絵画の創始者でイタリアの画家、ジョルジョ・デ・キリコの絵を思わせる計算されつくしたシンプルな構成は、見れば見るほど不思議な魅力を感じます。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: タムロン AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO レタッチ: Photoshop 6.0にて現像後、レベル補正、アンシャープマスク フィルター: マルミ PLフィルター プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

入選

「夏の終り」


作者:
札辻幸伸
都道府県:
滋賀県
年齢:
33歳

まるで生きているかのような、ゆっくりとしたスピードで木を降りてくるセミの抜け殻。望遠側でうまく白い空部分に抜け殻の位置を合わせたため、透過光で浮かびあがる抜け殻の輪郭や、金属を思わせる黄金色が印象的です。題名は「夏の終り」とありますが、実際に撮影したのは11月下旬とのこと。そのため、抜け殻は長い時間風雨をしのぎ、透明度が増したそうです。それが冒頭の印象につながっているのでしょう。全体に少しコントラストが強すぎるような気がするので、もう少し自然に仕上げたらいいと思います。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE レタッチ: SILKYPIXにて現像後、Photoshop CS3にてレベル補正 撮影地: 長野県 北八ヶ岳横岳 プリント: エプソン PX-5500 用紙: ピクトリコ プロ・フォトペーパー

入選

「染まる樹氷」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
40歳

快晴の青空の下、まるで凍りつくような雪をつけた木が朝焼けに染まっています。場所は北八ヶ岳の横岳。ここは山のかなり上部までロープウェイがかかり、山頂直下の山小屋が冬も営業しているため、比較的撮影は容易。天候も北アルプスや上越国境の山などの脊梁山脈に比べればはるかによいです。しかし、寒さは一級品で樹氷の名所でもあります。この作品は厳しい風雪を物語るように青空をバックに、バランスよく配した枝の部分がポイント。強いていえば横位置より縦位置にしたほうが厳しい環境のなかで木が伸びていく感じがイメージできて、さらによいでしょう。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D1X レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) 撮影地: 北海道 支笏湖 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

入選

「湖畔」


作者:
北郷太郎
都道府県:
北海道
年齢:
67歳

北海道・支笏湖で仲間と開いたヌード撮影会での作品。撮影日時が7月15日となっているので北海道といえどもさすがに寒くはないのでしょうが、それでも夏の開放感とはほど遠い。どんよりとした寒々しい空の下で惜しげもなくさらされた若い女性のヌードは、ある意味での開放感と「私、体張ってます」的な印象をもたせ、モデルもたいへんなんだなあと、変な同情を感じてしまいました。ややピントが甘い感じがしますが、全体に乗ったノイズのような粗さが、逆にやわらかさを演出しています。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正、トリミング プリント: エプソン PX-5500 用紙: コニカミノルタ PhotolikeQP

佳作

「視線」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

撮影会にて女性の顔をストレートにアップで写した作品。プリントは半光沢の四切サイズで、枠を黒くしたなかにノーカットで仕上げています。このペーパーには四切がないので、ひと回り大きなペーパーから夜なべしてカッティングしたそうです。ある意味たいへんな労力ですが、その甲斐あってか、たしかに全体的に白が主体の作品なので、そのぶん、黒の縁が画面を引き締めています。私の作品選びでは本質的に紙しろのつけ方については、ほとんど選考の対象とはなりませんが、魅せ方にまでこだわる姿勢には拍手。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix F31fd レンズ: プリンター:キヤノン PIXUS iP7500 撮影地: 長野県 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

佳作

「雨あがり」


作者:
くらりっぱ
都道府県:
東京都
年齢:
35歳

雨上がりに水滴のついた花びらを下からのアングルでとらえ、ピンク色の花をあえてハイキーに表現し、バックの白に溶け込ませたという作品。まさに花曇りの白い空をバックに透過光でとらえた花びらのピンクが淡く、透かした感じがとても美しい。対角に配置したつぼみとそこから伸びる茎がパラレルとなって画面のバランスをとっています。残念なのは題名となっている雨上がり感があまりないこと。もう少し花びらや茎に水滴がついていないと「雨上がり」という印象は薄くなってしまいます。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: シグマ APO TELE MACRO 300mm F4 レタッチ: Photoshopにてレベル補正、トーンカーブ調整、アンシャープマスク 撮影地: 滋賀県草津市 鳥丸半島周辺 プリント: キヤノン PIXUS iP7500 用紙: キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド

佳作

「静寂」


作者:
前田康隆
都道府県:
奈良県
年齢:
58歳

琵琶湖にあるハスの自生地での作品。しかしすでにハスは枯れ、茎の部分だけが不思議な模様を作り出す。画面の大部分を占める空を映す湖面に小波がたち、単純な水模様に変化を与えています。作品は心像風景として絞り開放で撮影したとありますが、この作品のおもしろさは、枯れたハスの茎が織りなす幾何学的模様にあるので、手前の部分など被写界深度はもっとあったほうがよいと思います。たしかに小波を止めるにはある程度シャッタースピードも必要ですが、もう少し絞り込んだほうがさらにおもしろくなるのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS D60 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 レタッチ: Digital Photo Professionalにてトーンカーブ調整 プリント: キヤノン PIXUS iP7500 用紙: マクセル 高画質フォト用紙光沢 超厚手

佳作

「ヤカン」


作者:
中村将男
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

お湯を沸かしてお茶を入れるのでしょうか。湾曲するヤカンの表面にデフォルメされて映った大きな手と女性の顔。作者はとっさにおもしろいと感じ、マクロレンズを使ってアップにねらったそうです。ヤカンの取っ手をしっかり握る拳を中心に据えた構成がシンプルなだけにインパクトがあります。「ひと休みしてお茶にでもしましょうか?」「そうだなあ……」そんな会話が聞こえてきそう。別に遠くに行かなくても日常のなかにカメラがあり、写真があることを感じさせてくれる作品です。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF 24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 兵庫県たつの市 フィルター: ケンコー C-PLフィルター プリント: エプソン PX-G5000 用紙: ピクトリコ プロ・フォトペーパー

佳作

「夜明け」


作者:
坂本忠俊
都道府県:
兵庫県

街のあかりが灯る夜明け前に朝焼けをバックにした干潟の作品。ここは御津町黒崎(たつの市)の有名な干潟らしい。らしいというのは私自身、よく知らないためですが、ネットで調べてみると似たような作品が公開されていました。作品が絵になるにはロケーションが大事なのはいわずもとも知れたことですが、まだそのよさを活かしきれていないところが残念です。こういう広く見せる作品では手前にしっかりしたポイント、この場合であれば「水たまり」ですが、わずかに光芒があるものの、空を映す色がない。構図も手前5分の1ほどをカットするとよいでしょう。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ APO 170-500mm F5-6.3 DG レタッチ: SILKYPIXにて現像 撮影地: 大阪府岸和田市包近町 牛滝川 プリント: DPEショップにて現像 用紙: フジフイルム クリスタルプリント

佳作

「白鷺舞う」


作者:
九十九伸之
都道府県:
大阪府
年齢:
39歳

カワセミの観察中に偶然近くに舞い降りたシラサギ。即座にレンズを広角側へとシフトし、画面いっぱいに写し込んだそうです。光線状態が理想的で黒く落ちたバックに白い羽を大きく広げた姿は、まるで1枚の絵を観るようで自然が作りあげたとは思えない美しさでです。しかし、ややバックの黒を強調しすぎなのか、ポイントとなるサギの羽が少し露出アンダーでくすんで見えます。ここは白の調子が飛ばないように注意しながら、もう少し明るめにレタッチして仕上げましょう。

 

2008年4月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF18-55mm F3.5-5.6 USM レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正 撮影地: 栃木県真岡市 プリント: エプソン PM-G860 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア <高光沢>

佳作

「にんじん」


作者:
ぐんじゆうじ
都道府県:
栃木県
年齢:
46歳

写真の女の子は小学校の低学年くらいでしょうか。作者の娘さんがウサギ小屋でウサギにニンジンをあげています。アングルを下げたことで半逆光の光がウサギを見つめる女の子のやさしい眼差しを浮かびあがらせる。親子ならではの作られていない自然なシーンです。とくにニンジンに光が当たったオレンジ色が印象的。ただしポイントとなるニンジンのオレンジ色ですが、少し彩度が高すぎるような気がするので、レタッチでわずかに暖色系の彩度を下げて仕上げるとよいでしょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-L10 レンズ: LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. レタッチ: デジカメde!!フォト工房 PREMIUMにてモノクロ化 撮影地: 水上バス「東京水辺ライン」の展望ブリッジより フィルター: ケンコー サーキュラーPL プリント: エプソン PX-G5000 用紙: コクヨ デジカメ写真用紙〈光沢・厚手〉

優秀賞

「レインボーブリッジ」


作者:
浜中義孝
都道府県:
東京都
年齢:
73歳

レインボーブリッジの真下からの撮影ということですが、疑似赤外線撮影のような高コントラストで橋の力強さを引き立たせています。まさにコンクリートと鉄しかない世界。空と海は限りなく黒となって重々しく、垂れ込める雲は触手が伸びるかのような姿で都市を覆っています。なぜか飛行船の姿だけが自由なものの象徴のように見える、不思議な作品です。決してカメラの解像感が高いわけではなく、雲の階調も荒れており、一見すると完成度の甘さを感じてしまいますが、都市風景をわしづかみにしたような大胆な構成と視点がしっかりとしたメッセージを放っていて、テクニックを凌駕した作品力を感じます。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: トキナー ATX-107 DX レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、モノクロ化、濃度とコントラストを調整 撮影地: 長野県 上高地 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

準優秀

「待つ」


作者:
ふじき大作
都道府県:
茨城県
年齢:
57歳

「どんど焼き」のひとコマということですが、空はどんよりと垂れ込み、まるで竹槍を持った人々が集結しているかのようにも見えます。さらには、その光景をイヌがおそるおそる見ているという擬人的なおもしろさもありますね。全体をダークトーンに抑えて焼き込みを施し、イヌの白さが際だつように整えた画像処理は撮影意図を明確にしています。右に見える白い洋服の少女がこちらを向いていますが、その部分も覆い焼きするとさらに印象深くなったでしょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像、トリミング、アンシャープマスク、モノクロ化、ノイズ追加 撮影地: 静岡県熱海市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: ピクトリコ GEKKO ブルー・ラベル

入選

「枯れる」


作者:
NAO
都道府県:
静岡県
年齢:
34歳

ツタが壁中に絡みつき、家をがんじがらめに縛りつけているかのようです。おそらく、長い間、人が住んでいないのでしょうが、真新しいバイクが横付けされており、その光景が不思議な家の存在に妙な現実味を与えています。この家にまつわるさまざまなことを想像してしまいますね。画像処理でノイズを加えることにより、素粒子っぽい荒々しい描写となりました。作品の雰囲気をさらに盛り上げる効果を得ていると思います。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF20-35mm F3.5-4.5 USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshopにてモノクロ化、トーンカーブ調整、焼き込み、覆い焼き、アンシャープマスク 撮影地: 東京都葛飾区 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア

入選

「冬木立」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
47歳

冬枯れの季節は「華がない」ともいえますが、どうしてどうして、見方によっては冬ならではのモノクロの風景があるものです。この作品では、葉を落とした木立を見上げて撮影することで、一直線に天に伸びる樹影の美しさを引き出しています。斜光線を受けているため木に立体感が与えられ、作品に力が出ました。通常であればこれだけのアンシャープマスクはかけすぎとなるのですが、撮影意図からすると効果的だと思います。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF85mm F1.8 USM レタッチ: Photoshop CSにてモノクロ化、レベル補正 撮影地: 小学校の桜の前 プリント: エプソン PM-G860 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア

入選

「心弾む朝」


作者:
ぐんじゆうじ
都道府県:
栃木県
年齢:
46歳

やはり入学式には桜が似合いますね。新1年生の無邪気な姿が、散る花びらとともに写し出されています。子どもが宙に舞った一瞬をとらえることで、子どものうれしさがとてもよく伝わってきます。スカートが黒くつぶれていますが、作品を蛍光灯にすかしてみると階調があるのがわかります。その部分を覆い焼きするともっとよかったでしょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshop CSにてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整、アンシャープマスクなど プリント: プリント:DPEショップ 用紙: フジフイルム EVER-BEAUTY PAPER for LASER

入選

「幻想」


作者:
時津伸一
都道府県:
愛知県)

舞踏などのパフォーマンスのワンシーンだと思いますが、青年の目は混沌とした世情をはかなむかのように天を仰ぎ見ています。その緊張感とともに肌の質感もみごとにとらえていますね。また、望遠レンズを使ったことで背景が単純になったことも効果的でした。惜しむらくは、顔の右半分の階調が飽和しており、べたっとした感じになっていることです。チャンネルミキサーの使い方に問題があったのかもしれません。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop 7.0にてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整など 撮影地: 愛知県豊川市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

入選

「木漏れ日」


作者:
鈴木 元
都道府県:
静岡県
年齢:
52歳

狐塚というだけあっておびただしい数のキツネが並んでいます。木漏れ日が差していますが、まるで鳥が羽を広げたような形になっており、信仰の地にふさわしい状況となりました。肉眼で見たときよりも、写真では明暗差が強く写し出されるので印象はさらに強まり、まさにシャッターチャンスであったと思います。ただし、点景で入っている人物に緊張感が少々ありません。老婆を写すか、もしくは誰もいないほうがインパクトが出たのではないでしょうか。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、モノクロ化 撮影地: 栃木県那須塩原市 スッカン沢 フィルター: ケンコー サーキュラーPL プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン フォトマット紙

佳作

「岩間の響き」


作者:
石井隆輝
都道府県:
東京都
年齢:
35歳

スローシャッターにより滝の流れがしなやかに写し出され、幽玄なまでの美しさが引き出されました。画面の下部の岩が流れに変化をもたらし、全体の構成が引き締まってみえます。また、マット系のペーパーを使ったことでやわらかな調子が再現できていますね。先月の作品では、硬質な被写体を光沢紙でプリントされていましたが、作品によって用紙の使い分けがうまいと思いました。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: Nikon Capture 4にてRAW現像、モノクロ化、アンシャープマスク 撮影地: 京都府上京区 西陣 プリント: エプソン PM-950C 用紙: エプソン フォトマット紙

佳作

「露地」


作者:
鍋島尊道
都道府県:
大阪府
年齢:
60歳

西陣らしい古いたたずまいの玄関に朝日が差し込んで、作品に変化を与えています。また、建物とは対照的に真新しい自転車が無造作に置かれており、ここで生活している人の世代などが推測できます。被写界深度を深くとり、質感描写をとことん追求した作品で、非常にリアルですね。プリントは少しグリーン方向に転んでいますので、プリンタードライバなどで微調整するといいでしょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整 撮影地: 千葉県香取市 側高神社 プリント: キヤノン PIXUS 9900i 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

佳作

「お供え」


作者:
大津英治
都道府県:
千葉県
年齢:
72歳

率直な驚きが写し出されていると思います。本当にみごとなタイですが、ウロコの一枚一枚や顔の描写など、すぐそこに本物があるかのようなリアリティです。近年のデジカメの画質は、フィルムの中判に勝るとも劣らぬものになり、これほどの描写が可能となりました。ただ、背景を見てみると少し煩雑ですので、カメラポジションを工夫して整理してみましょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: EOS 30D レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshopにてモノクロ化、トーンカーブ調整 撮影地: 東京都内 プリント: エプソン PX-G900 用紙: ピクトリコ ベルベッティ・ペーパー

佳作

「空白時間」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

携帯電話を片手に電車を待つ姿をシルエットで写されています。おそらく白いTシャツ姿でしょうが、質感がぎりぎり残っており、リアリティを感じます。また、背景も単純であったことがこの作品を印象深くしました。前回の少女の作品と同様に、アズマさんは象徴化するのがたいへんうまいと思います。象徴化は写真の基本ともいえますね。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4 レタッチ: Photoshop 7.0にてモノクロ化、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 香川県仲多度郡琴平町 プリント: DPEショップ

佳作

「参道」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

参道でのお土産屋さんの無料貸し出しの傘とのことですが、傘立てに並べるのではなく、石段にこのように並べてあるところがユニークでおもしろいです。広角レンズで近景を強調しつつ、背景の状況も取り入れた王道的な撮り方で、造形的なおもしろさも感じさせています。この傘をひょいと持っていく瞬間だとよりリアルになったでしょう。前回の作品もそうでしたが、横山さんは造形感覚とユーモラスな感性がたいへん優れていらっしゃいます。次回の作品も楽しみです。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop CS2にてモノクロ化、トーンカーブ補正、トリミングなど 撮影地: 埼玉県日高市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・フォトラグ

佳作

「道」


作者:
小江戸ジロウ
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

早春の小路を少女とイヌが小気味よく走っている姿に、心躍る季節を感じます。二股に分かれる道のどちらに行くのだろうかと思わせるところがいいですね。前回はウマと少女でしたが、このように動物と少女というテーマで撮っていくのもおもしろそうです。ピントが少し後ピンになったためにアンシャープマスクを強めにかけたのかもしれませんが、少々エッジが立ちすぎているのが残念です。もう少し春のやわらかさがあってもよいでしょう。

 

2008年4月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてモノクロ化、DxO Film Packにてフィルム粒子化 撮影地: 静岡県掛川市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

佳作

「寂煙」


作者:
鈴木由雄
都道府県:
静岡県
年齢:
56歳

最近では喫煙者の肩身が狭くなり、喫煙者はなにかと気を使うようになりました。そんな心情が逆光の光と影、建物の裏手といった状況に表れています。しんみりとたばこを吸う姿に哀愁すら感じてしまいます。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: シグマ APO 50-500mm F4-6.3 APO EX DG/HSM レタッチ: Capture NXにてD-ライティング調整、アンシャープマスク 撮影地: 千葉県

優秀賞

「集う鳥」


作者:
たなかなつお
都道府県:
千葉県松戸市
年齢:
47歳

まるで日本画のような、シンプルに構成された画面。公園の植樹されたばかりの梅の木でしょうか。そこに咲く紅梅。同じアングルで次から次にやってくる小鳥を高倍率ズームでとらえています。たぶん三脚に固定しているのでしょう。フレーミングが微妙にずれ、地面が傾いていることが、臨場感を演出しています。写真は時間を止めるメディアですが、それぞれ違う鳥でしょうか、3枚の微妙に違っている写真を並列的に見せることによって、時間までをも表現しています。きっとビデオでだらだらと見せるより、写真だからこそ印象的に表現できるのです。この見せ方は鳥ばかりか、人物を撮るときにも応用できます。こんなふうに舞台になる気に入った場所を見つけたら、じっと待つのです。この撮り方はストリートスナップにも有効です。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫









SPEC

カメラ: ニコン D300 4枚目のみ ニコン D200 レンズ: AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G 4枚目のみ シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO レタッチ: Photoshop 5.0にてトーンカーブ調整、アンシャープマスク 1枚目、3枚目トリミング 撮影地: 東京都 プリンター: キヤノン PIXUS Pro9000 プリント 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

準優秀

「バンザイ新星人」


作者:
田村 武
年齢:
66歳

かつて、成人式といえば、初々しいものでしたが、いまの現実とはこんなふうなのでしょう。でも皆、屈託のない表情で写っています。カメラを持っていなければ、ただ驚くばかりでも、カメラでとらえるにはかっこうの被写体です。同じようなフレーミングの写真を展開せずに見せています。1枚だけ横位置になっていますが、これはこれで必然的なのでよしとしましょう。できればもう1枚ぐらい横位置があると完璧でした。写真を組むためにも、撮影するときは縦横を瞬時に判断して撮るクセをつけておくとよいと思います。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ LD Aspherical [IF] 撮影地: 徳島県

入選

「登る! 滑る! 転ぶ!」


作者:
小倉太郎
都道府県:
徳島県阿南市
年齢:
29歳

この見せ方も展開させず、映画のワンシーンのような撮り方です。滑り台で遊ぶ幼児の気分を表現しています。ビデオで撮ったらだらだらしてしまいますが、写真はエッセンスだけで表現できるのが最大のメリットです。2枚目と3枚目が同じような距離感ですが、違っていたらもっとスピード感が出たでしょう。僕だったら、むずかしいとは思いますが、最後にもう1枚、滑り終わった子どもを正面から撮ると思います。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX S10 撮影地: 群馬県

入選

「子守りは大変」


作者:
丹羽倫子
都道府県:
群馬県前橋市
年齢:
49歳

子守りをしている(?)ネコのファミリーを軽快なスナップで追いかけています。動きのあるこの写真は並列的に見せるのではなく、どんどん展開するようにするとよいでしょう。そのためには、撮影中、つねに距離感を変えて撮ってください。子ネコが主役なので親ネコとからんだ、もっとクローズアップがあるとよかったですね。それに全部順光で撮っていますが、逆光からもねらうと、全体がもっと立体的になります。スナップの基本は、シャッターチャンスとアングルです。興奮しつつも、冷静に距離とアングルを工夫しましょう。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF) 撮影地: 福井県

佳作

「喜怒哀楽」


作者:
一峰法和
都道府県:
福井県越前市不老町
年齢:
33歳

よく見ると、顔の傾き以外にも、前足が微妙に芸をしています。じっと見ているとかなりおかしい。ほとんど変わらない写真ですが、変わらないことでこの微妙な違いが発見できます。ちょっと天が開きすぎで、地のほうが窮屈。できればもっとアップにすると明快でした。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫









SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: ロシア製フィッシュアイ16mm レタッチ: デジカメde!!フォト工房にて補正 撮影地: 広島県

佳作

「祭りが町にやって来た」


作者:
ムラカミイズミ
年齢:
52歳

夜のパレードをストロボ1灯でスナップしています。このテーマは躍動感です。アングルがどれも同じ目の高さ。動きを表現するならば、もっと上下させたり、寄ったり引いたりするとよいでしょう。2枚目の写真がほかと比べると説明的なので不要です。

 

2008年4月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 ⅡUSM レタッチ: Photoshop CSでレベル補正、トリミングあり 撮影地: 栃木県

佳作

「真岡鉄道」


作者:
ぐんじゆうじ
都道府県:
栃木県真岡市東郷
年齢:
46歳

蒸気機関車と、レトロな帽子はお母さんのお手製だそうです。アングルを動かさず、これも並列的です。娘さんの表情がどれも違っていればよかった。それに僕だったら、瞬時に彼女の後ろに回って汽車を見送る姿を撮ります。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF300mm F2.8L IS USM レタッチ: Paint Shop Pro 7 にてトリミング、コントラスト調整、アンシャープマスク 撮影地: 東大阪市 近鉄花園ラグビー場

優秀賞

「サインプレー」


作者:
望月一彦
都道府県:
大阪府
年齢:
51歳

ナイスタックル!! 動きの速いスポーツを適切な露出で動きをつかみ、チャンスをねばり強く追い求めた傑作です。ボールを抱えて必死に走る選手を目指して、うしろ、そして横からふたりの選手が飛びかかり激突する場面は、まことに凄まじい瞬間です。選手の必死な表情、腕や足の緊張した筋肉の描写などを適切なシャッタースピードで射止めています。全国大学ラグビーフットボール選手権大会というだけに選手のレベルも高く、フォームも決まっています。カメラ機材を自在に使いこなし、ゆとりすら感じさせるカメラワークはたいへんみごと、迫力満点です。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D40X レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G レタッチ: ZoomBrowser EX5.5で明るさ、コントラス調整、トリミング 撮影地: 兵庫県宝塚市の自宅より

準優秀

「暗雲」


作者:
岡本 隆
都道府県:
兵庫県
年齢:
48歳

工場地帯の煙突からまっすぐに立ち上る噴煙の様子から、厚い雲の下は無風状態のようです。光と影を活かすために、露出補正を-3EVとアンダーに切り詰めたことで、街の風景は昼間なのに黒くつぶれ、重々しい不思議な空気感を表現できました。斜光線に浮かび上がる雲と沸き立つ噴煙が上空にたまり、重く淀んで厚い層を作っていて、どちらが煙か雲かわかりませんが、見ているだけで重くなにかが迫ってくる感じです。1枚の写真としてはモノトーン調でまとめ、シックで美しいのですが、じっくり見ていると恐怖感が湧いてきました。地球温暖化防止のために環境問題を訴えるポスターとしても役に立ちそうな作品です。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Digital Photo Professionalにてトーンカーブ調整 撮影地: 北海道函館市

入選

「キャンドル」


作者:
野乃有葉
都道府県:
北海道
年齢:
39歳

部屋の片隅に何気なく置かれたおしゃれなキャンドルが並び、壁や柱の配色のカラフルさが無駄のないフレーミングで、バランスのとれた画面構成に惹かれました。見過ごしてしまいがちな空間から女性らしい感性で被写体を発見しています。窓辺からやわらかい光がキャンドルに当たり、独特のリズムでまとめられています。露出の決め方も的確、質感描写も抜群で、作者のセンスが光ります。感性を磨くには小さな感動を見つけることから始まります。小さな感動をコツコツ積み上げることで感性が育つのです。私は、写真はアートだと思っています。アートはオリジナリティを磨く自己表現です。感性を磨き写真表現を追求してください。この調子で色彩表現とセンスを活かしたおしゃれな作画を今後も心がけてください。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 撮影地: 福岡県春日市 春日公園球技場

入選

「試合前の雄叫び」


作者:
ラグビーママ
都道府県:
福岡県
年齢:
46歳

ラグビーの試合前に円陣を組んで、大声で叫ぶ選手たちの声が、こちらにも響いてくるようです。ハイアングルから選手それぞれの表情をうまくとらえています。顔をクシャクシャにして必死に叫ぶ顔が真剣そのもの、精神力で敵を倒せとばかり一心不乱で叫ぶ姿はまるで泣き叫んでいるかのようで、まことにユニークです。こうやって叫ぶと、気合いと集中力が増すのでしょうか? スポーツ根性物語のようなひとコマです。ひとりひとりの表情だけを追っても被写体としておもしろいこと受け合いです。ファイト!! ラグビーママさん!! 我が子を応援しながら撮影チャンスをしっかり自分のものにしましょう。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF-S55-250mm F4-5.6 IS レタッチ: Digital Photo Professionalにてトーンカーブ調整、トリミング 撮影地: 愛知県津島市 天王川公園

入選

「カーテンコール」


作者:
吉原 徹
都道府県:
愛知県
年齢:
38歳

カモメが浅瀬にお行儀よく等間隔に一直線に並んでいます。「杭でも打ってあるのか」とパソコンで拡大して確かめたほどです。偶然とはいえこんなこともあるのですね。この写真にはドラマを感じます。「カーテンコール」とつけたタイトルも発想が豊かでよかったです。水面を舞台に、カモメを役者にたとえているのですね。役者さんが演技を終え、右に左に顔を向け、まるで舞台の上から客席を見回しているようです。演技を終えて得意気に胸をふくらませているようにも見えます。カモメのシルエットが水面に映りにぎわいを出してくれています。内容のおもしろさで見せる写真なのでこれでよいと思いますが、フラットでシアンがかった色調が少し気になりました。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF24-70mm F2.8L USM レタッチ: Digital Photo Professionalで色温度調整、Photoshop CS2でレベル補正 撮影地: 自宅

入選

「冬の女神」


作者:
さとっち
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

お嬢さんの横顔をねらい、ハイキーな露出で決めたすてきな作品です。なにかを見つめる視線がポイントとなって、長く伸びたまつ毛と前髪が効果を上げています。本を読んでいるのでしょうか? 瞳に白いものが反射して奥行きと広がりを感じます。F値の明るいレンズをお使いなので、ぼけ味もソフトです。また、1/40秒というスローシャッターで撮影しているので、少しカメラがぶれているのですが、それが逆にソフト効果をさらに上げています。部分を大きく切り取ることで、周辺状況が見えず、見る側の興味をそそらせるうまい表現となりました。しかし、半分切れた口元のあいまいなフレーミングが気になります。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: タムロン AF28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical-IF Super レタッチ: デジタルフォト三昧でトリミング 撮影地: 静岡県 御殿場市内の公園

入選

「ペコちゃん」


作者:
ひろき
都道府県:
静岡県
年齢:
41歳

ペコちゃんのようにペロッと舌を出し、クルクル丸い瞳のお嬢さん。笑顔としぐさがとてもかわいいです。赤い帽子に黄色いジャケット、そして黄色いボールがカラフルで、色彩のバランスがとてもすばらしいです。赤・青・黄色は、信号機に使われるように見る側の目を引く強い色です。主役をカラフルな色彩が盛り立ててくれました。望遠効果を考えた露出は、背景のソフトなぼけ味の表現に加え、秋の雰囲気をやさしく演出してくれました。高倍率ズームレンズは機動性と軽快感満点で、スナップや人物撮影には欠かせない存在です。我が子がモデルになってくれる限り、がんばって撮り続けてください。親バカ万歳!!

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: コニカミノルタ αSweet DIGITAL レンズ: シグマ APO 170-500mm F5-6.3 DG 撮影地: 大阪府 吹田市の公園

佳作

「捕まえた!」


作者:
ケイタンぱぱ
都道府県:
大阪府
年齢:
42歳

機敏なカワセミが水しぶきを上げて、小魚を捕まえる瞬間をたいへんうまくとらえました。「100枚撮ってやっと写った」とコメントされていますが、写ったときの喜び、そして入賞の喜びはさぞや大きいことと思います。動く被写体はどうしてもショット数が増えますが、デジタル一眼レフはフィルム交換の必要もないし、最近は大容量のメモリーカードが安価で入手できるため大助かりです。露出を意識して-0.7EVとアンダーに抑えてはいるのですが、撮影の時点でもう半段アンダーにするか、このままの露出データでも十分なので、画像処理ソフトを使って明るさを抑え、コントラストを微調整して階調を引き締めると、数段よくなることでしょう。デジタルでは、画像処理でもっとすばらしい作品にグレードアップできるのが魅力です。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF50mm F1.4 USM レタッチ: Jtrimにてリサイズ 撮影地: 自宅

佳作

「stillness」


作者:
liz
都道府県:
東京都
年齢:
28歳

宝石のように輝く瞳、逆光で光る毛並み、おすましぎみの横顔が印象的です。窓辺の採光を利用したことでねらいが際立ちました。視線の先を広くとった空間作りがよかったです。光を強調するあまり、アンダーになって暗くつぶれた部分が画面全体を重くしています。ピンと立った耳や背中のラインを、イメージを壊さない程度に活かしてもよかったのではと思います。画像処理ソフトのレベル補正やトーンカーブ、または覆い焼きツールを使い、ほんの少し暗部のディテールを引き出してあげるだけで存在がはっきりするでしょう。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF55-200mm F4.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Paint Shop Pro7 にてトリミング、彩度調整 撮影地: 大分県大分市 七瀬公園

佳作

「めじろん」


作者:
白川京子
都道府県:
大分県
年齢:
52歳

満開の白梅はよかったのですが、空に向けて撮影したために陰になったメジロの顔が少しアンダーになってしまいました。花を見上げる目線が愛くるしく、もう少しクローズアップしてもよかったでしょう。画面構成を考えて上部に空間をつけたことで、安定感ができ、枝にちょこんと存在するメジロのかわいさが引き立つように感じます。ふっくら丸めた身体と横顔がとてもかわいいです。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Photoshop Lightroomでトリミング、トーンカーブ調整 撮影地: 中国・チベット

佳作

「見物客」


作者:
flyfish
都道府県:
東京都
年齢:
29歳

チベット・デプン寺のショトゥン祭は一年に一度しかみられない巨大仏画(タンカ)を一目見ようと、数万人が殺到するすごいお祭りだそうです。大勢の人が集まり、なかなか壮観です。巨大な岩も画面に配置よく並び、その岩の上にも見物人が並んでいます。皆ひとつの方向を向いていて、おもしろい光景で興味をそそられました。信仰心が厚いチベットの人々の気持ちもよく伝わってきます。画面全体のバランスとしては、空がやや多すぎて存在が強くなりました。空よりも人々を画面に多く入れて、もっとパワーを出すべきでしょう。トリミングを大きくされているのか、画質の荒れが気になりました。また、望遠レンズであるせいか、手ぶれしているようです。内容の濃さで入賞しましたが、いかにきれいな画質で表現するかを今後は勉強していきましょう。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ レンズ: EF70-200mm F4L IS USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてRAW現像後、Photoshop CS2にてレベル調整、トリミング、リサイズ 撮影地: 自宅

佳作

「びっくり!」


作者:
宮本 潔
都道府県:
大阪府
年齢:
46歳

なんともいえない愛くるしい表情の瞬間を、よく観察して写すことができました。やはり表情をつかむことが人間でも動物でもいちばんのフォトテクニックです。あまりのかわいさに視線が釘づけになりました。小さなお耳にクルリとした瞳、なんとかわいい子ネコちゃんでしょう。それとももう大人なのかしら……。カメラのレンズに驚いて目を丸くしているのでしょうか? 耳が普通のネコと少し違い、珍しい形をしていますね。つややかな毛並みやモデルとしての表現力など、天性の才能がありそうな、被写体価値がたいへん高いネコちゃんのようです。まだまだいいチャンスがあると思いますので、入賞をきっかけにテーマのひとつに加えて、しっかり追い続けましょう。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: タムロン AF75-300mm F/4-5.6 LD MACRO (1:3.9) レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、ピクチャースタイル変更、コントラスト、シャープネス調整 撮影地: 高知県高知市

佳作

「すけてみて」


作者:
都司博直
都道府県:
高知県
年齢:
36歳

秋色に輝く風になびく葉をリズミカルに並べ、黄色から赤に変化しつつある紅葉を画面に流れを作って効果的な位置に配置してまとめています。逆光で光を活かし、葉脈の描写などが繊細、そしてたいへん美しく、目を引きました。背景のぼけぐあいを考えて適切な露出に設定し、傷の少ないきれいな葉を選んでいるため、重なり合う葉のラインライトが太陽に鮮やかに映え、くっきりとシャープで気持ちのよい写真です。葉の隙間から見える白い空の量が少し多かったですね。こまめに動いて撮影ポジションを選ぶことです。またタイトルの「すけてみて」ですが、意味はわかるのですが、写真のような繊細さをもってひとめ見れば伝わるわかりやすい作品なので、イメージ的な言葉でつけるほうがいいでしょう。

 

2008年4月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD ASPHERICAL [IF] MACRO レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop Elements にてコントラスト調整、トリミング 撮影地: 静岡県静岡市 日本平

佳作

「黎明」


作者:
谷田一郎
都道府県:
愛知県
年齢:
45歳

清水港の街灯りと富士山を日本平より望んで撮影されています。曇り模様のようですが、澄んだ空気感と日没前後の時間を考えて現地へ到着したということで、青みがかった黄昏感と静けさがよく出ています。コメントによるとご自分でトリミングをされているということですが、もう少し空の明るい部分をカットしてもよかったでしょう。いちばん見せたいところは風景だと思うのですが、風景よりも明るい空が強い存在となっています。夜景の写真は撮影時間を選ぶことがなにより大切です。あと20~30分たってもう少し暗くなってから、空と風景の明るさが同じ状態で撮影するのが美しい夜景写真を撮るコツです。

 
フォトコンテスト パートナー募集


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻