デジタルカメラマガジン 本誌2008年5月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2008年5月号選考

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N  レンズ: EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM  レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、トーンカーブ調整、スマートシャープ  撮影地: 沖縄県 竹富島 C-PLフィルター

優秀賞

「南国の花」


作者:
久野清人
都道府県:
東京都
年齢:
49歳

石垣に咲く花をメインに南の島の印象をみごとにまとめています。主題を明確にするレンズワークとともに構図にも無駄がありません。内容的にもよく考えた構成で、とくに周囲に見え隠れする沖縄ならではの脇役の扱いが上手です。密な内容ですが色彩的に落ち着きがあり、南国情緒が静かに伝わってきます。珊瑚の石組みや少しだけ見せた屋根の存在など、細かな箇所の処理のうまさが光ります。見るものに安らぎを感じさせる秀作です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D  レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM  レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像  撮影地: 東京都千代田区 千鳥ヶ淵

準優秀

「輝き」


作者:
竹田 享
都道府県:
神奈川県
年齢:
57歳

左右から伸びる満開の桜と、その奥にある水面に輝く光。のぞき込むアングルからフレーミングされたこの作品は、桜風景の美しさと優雅さにあふれています。とくに水面がカーブしており渓流にも見えます。そして対岸にある桜の存在も広角的な遠近感があり、とても皇居のお堀で撮影されたものとは思えません。絵作りの優れた作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D50  レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: トリミング

準優秀

「snow time」


作者:
よりこ
都道府県:
愛知県
年齢:
30歳

降り積もる雪に駆けだすひとりの少女。服装もさることながら手の位置や足の運び、さらに視線の先には真っ白い雪。この作品は撮れそうで撮れない絶妙なシャッターチャンスを的確な構図でまとめています。作者の瞬発的な判断力が活かされた作品です。少女の背中を見るだけでうれしそうな表情が伝わってきます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop Elements 3.0にてレベル補正 撮影地: 神奈川県横浜市

入選

「異空間」


作者:
石毛一徳
都道府県:
千葉県
年齢:
38歳

野菜や果物の絵柄の陶器をアップで見せながら、左奥に小さくカップル(?)をとらえています。絵作りのコンセプトがしっかりしており、見るものを作品に引きずり込もうとする魅力があります。レンズの特性を発揮した、なんとも不思議な光景です。着眼点と発想力から生まれる独自の視点に独創性を強く感じました。日常にはきっと広角を操る者だけが見える異空間があふれているのでしょう。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO  レタッチ:   撮影地: 岩手県一関市

入選

「Into your heart」


作者:
玉置利津子
都道府県:
岩手県
年齢:
44歳

シクラメンについたしずくをクローズアップしたこの作品は単にしずくをねらっただけでなく、花びらのラインや陰影にも注意しながら構図全体を通してしずくへの思いを表現しています。クローズアップ作品はほんのわずかに視点がぶれるだけでバランスがくずれます。とても美しく完成度の高い作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: EF70-200mm F2.8L USM Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop CSにてレベル補正、トリミング 撮影地: 神奈川県磯子区

入選

「不夜城のごとく」


作者:
犬飼誠人
都道府県:
東京都
年齢:
40歳

石油コンビナートの夜の表情を切り取ったこの作品は、暗い背景に浮かび上がる不気味さと美しさが同居しています。煙突からの煙はコンビナートの吐息やため息のようにも見えます。夜の工場の作品は最近人気ですが全体像が多く、活性化する部分に着目した作者の視点がよく表れています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-3  レンズ: ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にて色温度調整、明るさ調整、トーンカーブ使用、RAW現像  撮影地: 埼玉県行田市

入選

「空からの贈り物」


作者:
小林和浩
都道府県:
埼玉県
年齢:
40歳

降ってくる雪をテーマにしたこの作品は、ストロボ2灯を上手に使い、降る雪のイメージをしっかりと写し止めています。また背景の民家と立木との組み合わせも押しつけのないよい演出です。そしてストロボが枝先を照らしアクセントにもなっています。大伸ばしにすると見応えも倍増する作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D  レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS Digital Photo Professionalにてトーンカーブを微調整 撮影地: 栃木県 渡良瀬遊水地 

入選

「道」


作者:
中村将男
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

青空の下に朝もやが漂い、濡れた路面には立木が映り込んでいます。少し明るめの露出設定と傾けた構図。ちょっとした目のつけどころとひと工夫により、なんでもない風景を特異な光景として一変させて、見るものに新鮮さを醸し出しています。道というテーマをうまく活かした作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF180mm F3.5L マクロ USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、ピクチャースタイルを変更 撮影地: 東京都小金井市

佳作

「朝露浴びて」


作者:
岩永哲久
都道府県:
東京都
年齢:
41歳

朝露に羽を乾かすトンボをイメージ表現しています。前後のぼけを使い分け朝露に輝く光も反映しています。しかし縦位置にしたため、羽の左右の間がせまく窮屈さも否めません。トンボの存在感が強く見えて、朝の清々しさが不足している感じも抱きます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-1 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 レタッチ: Photoshop LightroomにてRAW現像。Photoshop CS2にてぼかし加工、カラー調整 撮影地: 愛知県

佳作

「春の思い出」


作者:
ふあ
都道府県:
愛知県
年齢:
50歳

一面のナノハナと満開の桜。そのなかで記念写真に興じるふたり。レタッチでソフト処理を加えていますが、とても効果的な使い方です。春爛漫をイメージさせる絵作りのうまさが光ります。また周辺に人影が見当たりません。とてもよいタイミングで撮影されています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix F30 レンズ: Photoshopにてトーンカーブ、彩度補正 撮影地: 東京都渋谷区 原宿

佳作

「原宿の春」


作者:
石田雪風
都道府県:
神奈川県
年齢:
50歳

白壁の建物を見上げていくと快晴の空に梅が飛び込んできます。原宿で撮影された光景ですが、建物がデザイン的に収められ、さらに紅梅よりもインパクトが強いため和風というよりも異国の風景にも見えます。タイトルに地名を使わなければ意外性がよりアップしたと思います。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅡ レンズ: EF85mm F1.2L USM トリミング  撮影地: 京都府 鴨川

佳作

「のどかな一瞬」


作者:
直田裕行
都道府県:
大阪府
年齢:
55歳

岸辺に咲くナノハナのなか水辺で魚とりに夢中の親子。なんとものどかな光景です。この作品のおもしろさは親子のポーズです。4人の足の運びがすべて同じ、全員が右に傾いているところです。子どもより真剣にのぞき込むお父さんと嫌々ついていくようなお嬢さんの姿など親子の触れ合いまでも見てとれます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC 撮影地: 東京都練馬区

佳作

「夜桜」


作者:
小林宏昭
都道府県:
東京都
年齢:
34歳

近くの公園で撮影された夜桜ですが、桜よりも夜の公園のミステリアスなイメージが強い作品です。背後の桜はライトアップに華やいでいますが、ぽつんと佇むような黄色い遊具の存在はとくに印象的です。デジタルだからこそ表現できた不思議な光景です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop CSにて平均化を適用 撮影地: 山口県美祢市

佳作

「印」


作者:
吉正幸司
都道府県:
山口県
年齢:
39歳

ひび割れた大地に残る足跡。作者は「印」と名づけました。なんの印でしょう。この足跡をたどると少し行ってまた戻ってきているようです。色をなくし、影を活かした足跡の見せ方がうまい作品です。惜しいのはそれらを中央を横切る対角線状に配置した点です。この構成にしたことで平凡な作品になってしまいました。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅡ レンズ: EF85mm F1.2LⅡUSM レタッチ: PhotoshopにてRAW現像、トーンカーブ調整 撮影地: 大阪府

佳作

「Venus」


作者:
雨崎淳史
都道府県:
大阪府
年齢:
34歳

友人の子どもを意図どおりに撮れるまで通いつめたとのことですが、それだけに子どもの自然な表情としぐさをみごとにキャッチしています。また、肌の再現がとてもやわらかくライティングのうまさが光ります。むずかしいポジションから背景のラインも揺るぎなく完成度の高い作品になりました。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像後、LCHエディター、アンシャープマスク調整 撮影地: 埼玉県川島町

佳作

「威嚇」


作者:
桑名良和
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

白鳥がケンカしています。白鳥の集まる場所では頻繁に見られるシーンですが、なかなか思うように撮れません。この作品は背景に目立つものがなくすっきりしています。そのため鳥たちの野生味あふれる一瞬の表情をストレートにとらえています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) Capture NXにてカラーコントロールポイント、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 千葉県印西市松崎

佳作

「山畑へ」


作者:
吉田多津雄
都道府県:
千葉県
年齢:
70歳

おばあさんが大きなしょいこを背負い野良仕事に向かう姿は日本の原風景に欠かせないワンシーンです。こうした姿も時代の流れとともに間もなくなくなってしまうのでしょう。背を丸め一歩ずつ踏みしめる足袋の運び。左に開けた道の存在がおばあさんの日々を表しているようです。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: EF300mm F2.8L IS USM+EXTENDER EF1.4×Ⅱ レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、レベル補正、トリミング 撮影地: 山梨県笛吹市 一宮桃の里グランド

佳作

「ディフェンダー」


作者:
竹内謙治
都道府県:
長野県
年齢:
45歳

どろんこのボールを取り合うそのつばぜり合い。子どもたちの真剣な表情と懸命さがよく表れています。その要因は背景にあります。そこにはふたりの人影が部分的に写っている程度です。余計な人の存在感がないだけに緊張感がリアルに伝わってきます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅢ レンズ: シグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL/HSM レタッチ: SILKYPIX Marine Photographyにて露出違いを2枚現像、ともに覆い焼き使用

佳作

「波紋」


作者:
宮本 長
都道府県:
香川県
年齢:
40歳

引き潮が見せる砂浜の表情です。日の入りに合わせて撮影された、とても美しく意外性のある風景です。砂に残された模様は幾重にも重なり寄せる波のようです。絶妙なタイミングで風景をとらえていますが、肝心の波模様がアンダーです。シャドウ部がわかる再現が欲しかったです。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-3  レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD+テレコンバーター EC-20  レタッチ: SILKYPIXにてRAW現像後、レベル補正、トーンカーブ調整、トリミング  撮影地: 群馬県高崎市 染料植物園

佳作

「木陰で一休み」


作者:
黒澤一章
都道府県:
群馬県
年齢:
59歳

ルリビタキの美しい羽色が印象的です。少し明るめに再現されていますが、それが効果的です。背景のイメージが強調されて図鑑写真とは一線を画しています。枝の位置や鳥のポーズもばっちり決まりました。トリミングされていますが、せっかくの美しい背景をもう少し見せてもよかったのではないでしょうか。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF70-200mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、シャープネス、彩度、トーンカーブ調整、トリミング 撮影地: 東京都 多摩川

佳作

「多摩西部劇」


作者:
橋本恭明
都道府県:
東京都
年齢:
56歳

朝焼けに染まる水辺で馬に乗った人影とそのあとをついていくイヌ。たしかに西部劇のワンシーン、あるいはモンゴルで撮影された作品かと思いました。とても美しい光景です。もう少しアップでねらいたかったと思いますがレンズの限界。それをトリミングして上手にカバーしています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF90-300mm F4.5-5.6 USM  撮影地: 北海道 釧路湿原

佳作

「寒い朝」


作者:
日下部陽一
都道府県:
北海道
年齢:
59歳 

雪浅い森にエゾジカの家族。突然の来訪者にびっくりして振り向いています。そのタイミングが作品に結びつきました。どのシカも驚いているのですが、逃げるタイミングを探っているのです。構図もシカだけでなく木立を上手に選びバランスよくまとめています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ調整、トリミング  

佳作

「二人」


作者:
鎌田 紘
都道府県:
東京都
年齢:
67歳

足並みと手をかざすしぐさ。そろいのポーズでさっそうと歩く姿は軽やかでいてリズミカルです。それはどこかの化粧品会社のコマーシャルのようです。しかし、よく見るとふたりの服装の違いに、どことなくコミカルな面も併せ持っています。ほどよい距離間ですばやく撮影した粋な作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D  レンズ: EF300mm F2.8L USM 撮影地: 静岡県浜松市 舘山寺

佳作

「パワー」


作者:
岩附康則
都道府県:
愛知県
年齢:
50歳

パワーと題するだけあり、人・波・マシンと素材ひとつひとつに力がみなぎります。腕のある作者です。アクロバティックなシーンをとらえる技術は抜群ですが、そこから見えてくるドライバーの心理やスポーツにかける生きざまのようなイメージか伝わってくる表現が盛り込めないでしょうか。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、露出補正、シャープネス、調子、カラーなどを調整 撮影地: 京都府京都市 嵐山

佳作

「冬の猿山」


作者:
梶原龍尚
都道府県:
兵庫県
年齢:
50歳

おサルさんが震えています。そんな解説をしたくなるような作品です。画面上部を開けたことで大粒の降る雪がとても印象的に再現されています。さらに、その奥から助けを求めるように視線を送るサルの表情にも引きつけられるものがあります。自然の厳しさに身をおく野生の姿がみごとにとらえられています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF70-200mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、WB、ピクチャースタイル調整 撮影地: 島根県 日御碕

佳作

「荒海に舞う」


作者:
宇佐見早絵
都道府県:
広島県
年齢:
35歳

荒波が岩礁を砕き、白波が渦のようにうねっています。そんな荒れ模様のなかを飛ぶ一羽のカモメ。この存在が単なる風景にストーリー性を与え、よいチャンスをものにしています。それだけにもう少しハイライトを立てて、明るさとコントラストを効かせれば完成度は飛躍的に向上したでしょう。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: 京セラ プラナーT*50mm F1.4 SILKYPIX Developer Studio 2.0にてコントラスト、ガンマ調整 撮影地: 福岡県久留米市 六角堂

佳作

「冬の午後」


作者:
蒲池利昭
都道府県:
福岡県
年齢:
45歳

モノトーンで描く冬の日だまり。温々としたイメージと冬の寂しさがコラボレーションするようなコントラストが印象的です。構図全体に無駄がなく、それでいて周辺の空気感までも感じ取ることができます。テーブルの奥には通り過ぎる3人の親子連れの姿もあります。表現のうまさを感じさせる作品です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-1 レンズ: ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 レタッチ: OLYMPUS StudioにてカラーモードをCM1に変更 撮影地: 奈良県吉野郡下市町貝原

佳作

「雨の朝」


作者:
東 雅也
都道府県:
奈良県
年齢:
34歳

静かに忍び寄る山霧。満開の桜がしとしと降る雨に映えています。天候と桜の姿がとてもよくマッチしています。ここは民家の桜なのでしょうか。白壁の蔵がよいアクセントを醸し出しています。ただし、入り口のトタン小屋が気になります。ポジションを選ぶことで回避できなかったのでしょうか。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+AI AF-S Teleconverter TC-17EⅡ レタッチ: Capture NXにてトーンカーブ調整、アンシャープマスク、トリミング、ノイズリダクション 撮影地: 埼玉県 安行植物振興センター

佳作

「幸せ色」


作者:
masa_ara
都道府県:
埼玉県
年齢:
48歳

背丈の低いフクジュソウを、前後のぼけを活かしてイメージたっぷりに見せています。色再現を忠実にしたためか、色合いから受ける印象はやや重い雰囲気が漂います。中間トーンを持ち上げて明るい雰囲気にすれば、春の暖かいイメージがより強調され、幸せ色も膨らみます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 レタッチ: Photoshop LightroomにてRAW現像後、水平を微調整、トリミング 撮影地: タイ プーケット

佳作

「ある日の昼下がり」


作者:
筒井 功
都道府県:
大阪府
年齢:
41歳

水浴びをする水牛とその奥に広がる岸辺の風景。なんでもない光景を水牛のしぐさや空にせり出す枝と組み合わせてまとめています。ただメインである水牛の存在感が弱いことが悔やまれます。もう一歩踏み込むか、ズームアップできなかったでしょうか。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S9000 レタッチ: Photoshopにて彩度調整、レベル補正、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 広島県廿日市市 大野地区

佳作

「釣り人」


作者:
原本行雄
都道府県:
広島県
年齢:
71歳

ハンティング帽の釣り人と有刺鉄線の絡まるフェンス。そしてバックに輝く波間。釣り人らしくないスタイルの人影がとても魅力的ですが、どこかノスタルジックでセンチメンタルな作品です。画面下のシルエットの厚みは少し重いため薄くして、空を多めにしたほうがこの絵には似合います。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO レタッチ: Photoshop Elementsにてレベル補正、アンシャープマスク、トリミング

佳作

「サイケ模様」


作者:
服部克己
都道府県:
滋賀県
年齢:
64歳

シャボン玉の干渉をとらえた美しい作品です。干渉写真は科学写真の領域でひと昔前にも流行しました。本格的な撮影にはライティングや干渉が持続する泡を作る工夫も必要です。黒バックに浮かぶ妖しげな色模様はぐるぐる移動します。色配分のよい瞬間をとらえています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン IXY DIGITAL 910 IS 撮影地: 新潟県新発田市

佳作

「窓際の日常」


作者:
志乃
都道府県:
新潟県
年齢:
40歳

窓際に置いた腕時計。ぼかした背景は見下ろすビルでしょうか。時計のコマーシャルのようなシチュエーションです。構図とモノトーン処理がうまく、技術と完成度の高さを感じます。ただし、全体に沈みがちの描写なのでもの足りなさも感じます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Capture NXにてRAW現像後、カラーコントロール、レベル補正、トーンカーブ調整、アンシャープマスク 撮影地: 大阪府大阪市 梅田

佳作

「光線の交差」


作者:
平康 厚
都道府県:
大阪府
年齢:
36歳

ふた股に分かれる道路を行き交う光跡と明るい街並み。オリジナリティを感じる露出設定により描かれた夜景です。画面には煩雑な看板もたくさんあるはずですが、部分的なオーバー露出が幸いして看板やネオンサインは白飛びしています。目移りしないため美しさが際立ちました。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di ⅡLD ASPHERICAL[IF]Macro レタッチ: Photoshop Elements 5にてレベル補正、トリミング 撮影地: 新潟県新潟市

佳作

「道」


作者:
鈴木万平
都道府県:
新潟県
年齢:
73歳

枯れた葦原に延びる道。老夫婦が寄り添い歩いていきます。空には綿雲が浮かぶ早春のひと幕です。人の存在がなければなんでもない風景ですが、ふたりを見つけたことですばらしい風景になりました。さらに水彩画のような色浅い描写はこの絵柄によくマッチしています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: DA★16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDM レタッチ: SILKYPIX DeveloperにてRAW現像 撮影地: 徳島県名西郡 不動の滝 フィルター: PLフィルター 

佳作

「流彩」


作者:
飯間裕司
都道府県:
香川県
年齢:
35歳

小さな滝をあしらい滝壺に渦巻く落ち葉をスローシャッターでとらえています。前景の岩の配置も変化があり完成度の高い構図です。シャドウ部のコントラストの不足とスローシャッターのため滝の白さは目立ちますが、主役である落ち葉の渦に冴えがないことが残念です。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: シグマ 170-500mm F5-6.3 APO ASPHERICAL RF レタッチ: SILKYPIXにてコントラスト、カラー、露出調整 撮影地: 埼玉県 浦和競馬場

佳作

「闘志」


作者:
はんべぇ
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

前方から飛んでくる泥の数々。まだ余裕を見せる馬の表情。歯を食いしばり仕かけるタイミングを待つジョッキー。それぞれの気持ちがひしひしと伝わってくる、力強く見応えのある作品です。闘志というタイトルどおり人馬一体となって駆けています。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Photoshop 6にて合成。極座標、レベル補正 撮影地: 徳島県板野町

佳作

「菜の花」


作者:
花月
都道府県:
徳島県
年齢:
51歳

河川敷に咲くナノハナのじゅうたん。空を見上げる少女の先には空飛ぶナノハナのボール。夢のある作品は作者の思い描いた風景です。すべてが合成で作られた夢の風景なのです。テクニックのうまさもさることながら、よく計算された構成力もみごとです。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF28-90mm F4-5.6 Ⅲ レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、明るさ、コントラスト調整 撮影地: 大阪府 大阪国際空港RWY32Lエンド千里川土手

佳作

「舞い降りた巨鳥」


作者:
NH215
都道府県:
兵庫県
年齢:
39歳

太陽を背に画面をはみ出すほどの機体。着陸直前の旅客機の姿を広角でとらえています。限られた画面をフルに活かし、シンプルにそして力強く、機体からは動感すら感じられます。このねらいは日ごろから撮り慣れていなければ機体を追うことすらできません。作者のたしかな腕前を感じます。

 

2008年5月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM   撮影地: 東京都豊島区 池袋サンシャインビル

佳作

「二人の展望」


作者:
平川克則
都道府県:
神奈川県
年齢:
43歳

窓枠から街をのぞくふたりの影。そして壁のシルエットは額のマットのようです。傾けたフレーミングが不安定になるどころか不思議と安定感を生んでいます。それはふたりの背丈の違いを補った角度にあるのでしょう。露出とフレーミングをよく考えた作品です。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AI AF VR Zoom Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D レタッチ: Capture NXにてRAW現像後、Photoshop CSにてレベル補正、色相・彩度調整、アンシャープマスク 撮影地: 中国雲南省 元陽 プリント: エプソン PM-3500 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

優秀賞

「朝景」


作者:
山田忠男
都道府県:
愛知県
年齢:
74歳

中国西南端の雲南省元陽は棚田の名所で、棚田面積10,000haを超え、さまざまな曲線を描き、幾何学模様を作りだす千枚田が撮影の名所としても知られています。とくに朝夕は水面に空の色を映し、並外れたスケール感とともに多くの優れた作品が発表されている場所で、日本からも撮影ツアーが企画されています。それだけに見慣れたシーンになりがちですが、この作品は元陽ならではの広大な棚田がイメージできないものの、荷物を背負った現地のふたりの人物が効果的に入ることにより、単なる風景写真ではない生活感のあるスナップ作品となりました。多少、類型的な印象は否めませんが、自分なりのしっかりした視点を感じます。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D1X レンズ: AI AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF) 撮影地: 北海道札幌市月寒 プリント: DPEショップにてプリント

準優秀

「羊群」


作者:
北郷太郎
都道府県:
北海道
年齢:
67歳

吹雪がやみ、木々とともに雪化粧したヒツジの群れがぎっしりとひしめき合って道路をこちらへ向かってきます。先導するクルマからの撮影でしょうか? 冬らしいモノトーン調にまとめられた画面から、はみ出さんばかりに迫ってくるヒツジの群れをまさに正面から撮影し、迫力ある作品に仕上がりました。これはお産後の運動らしいのですが、画面の上部を切り詰めたことによりいっそう迫力を増し、極寒のなかでヒツジの息遣いも聞こえてきそうです。ところでこの作品に限らず審査には格段の考慮はしないのですが、それでももう少し気の利いた題名にしてほしいと思いますが、いかがでしょうか。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: シグマ APO TELE MACRO 300mm F4 レタッチ: Photoshopにてレベル補正、トーンカーブ、アンシャープマスク、ぼかし処理 滋賀県草津市 水生植物公園みずの森 プリント: キヤノン PIXUS iP7500  用紙: キヤノン マットフォトペーパー

入選

「妖艶」


作者:
前田康隆
都道府県:
奈良県
年齢:
58歳

ふだん何気なく使っている「妖艶」という言葉を辞書で引くと、あでやかで美しいこと、男性を惑わすような妖しい美しさのあるさま、とあります。この作品はスイレンのしべ部分をアップで撮影し、自分のイメージのもとにぼかしツールを使ってレタッチしたもので、プリントもしっとりしたマット紙を使って仕上げるなど、妖しい魅力を存分に引き出しています。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM   撮影地: 東京都墨田区 錦糸町 プリント: キヤノン PIXUS 9900i 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

入選

「寒中水行」


作者:
鈴木弥太郎
都道府県:
埼玉県
年齢:
72歳

修行僧でしょうか? 白いふんどし姿の男性が数人、手桶で頭から樽の水をかぶっています。画面構成はシンプルで、辺りに飛び散る水滴や主役となる中央付近にいる男性の背中を流れる水が、高速シャッターで迫力いっぱいにとらえられています。ただ題名の「寒中水行」というにしては、立ち上る湯気や冬の寒さを印象づけるものがなにも写っていないため、それほど荒行とも思えないのが少し残念です。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ レタッチ: Photoshop CS3にてレベル補正、トーンカーブ調整 撮影地: 京都府東山区祇園町 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

入選

「雨の花街」


作者:
福井幸男
都道府県:
京都府
年齢:
60歳

地元京都の花街風景を撮り続ける福井さんの好作品。映画のワンシーンのように雨のなか、傘を差して仕事に向かう芸妓と傘をたたんで屋形に入ろうとする舞妓が、写真に撮られていることなど微塵も感じさせないほど自然なしぐさで描かれています。花街らしい雰囲気を見せる屋形と石畳のなか、若い舞妓の目が覚めるような朱色の傘と、大人の雰囲気を醸し出す芸妓の淡いピンクの傘が、それぞれこの世界のキャリアの違いにも思えてくるから不思議です。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D3  レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CS3にてレベル補正 ニコン スカイライト  プリント: エプソン PX-5800  用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro 

入選

「クラスの人気者」


作者:
小野 哲
都道府県:
香川県
年齢:
61歳

卒業式後の高校生男女をストレートに撮ったスナップ作品です。「クラスの人気者」という題名ですが、本当にそうなのでしょうか? いまどきの高校生ならばごく当たり前の服装で、作者は女子の短いスカートが気にかかり、男子の下がったズボンにだらしなさを感じ、ついつい昔の自分たちの時代と比べてしまったようです。でも安心してください。後ろのグラウンドでは、いまも部活で一生懸命汗を流している若者もいっぱいいますから。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM レタッチ: Photoshop Elements 2.0にてレベル補正、トーンカーブ調整、彩度調整、アンシャープマスク 撮影地: 長野県 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

入選

「雪降る日」


作者:
増田晋一
都道府県:
東京都 44歳

撮影地は長野県とありますが、地獄谷温泉でしょうか? 子ザルを抱えた母ザルが降り積もる雪を振り払う瞬間をうまくとらえています。偶然か、それとも計算したのかシャッタースピードが絶妙で、顔はぶれないまま、首を振って振り払った雪が飛び散り、その首の回転に合わせて頭の毛が渦を巻いています。冬の寒さのなか、我が子を守ろうとする親の愛情は人間も動物も変わらないことを改めて実感させられる作品でもあります。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: タムロン AF18-250mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ LD Aspherical[IF]Macro マイクロソフト フォトエディターにてコントラスト、シャープネス調整 撮影地: 大阪府枚方市 山田池公園 プリント: DPEショップにてプリント

佳作

「見上げれば雨」


作者:
磯崎輝彦
都道府県:
大阪府
年齢:
38歳

作者によればこの日は朝から一日雨が降っていたそうです。雨宿りした場所から顔を出す憂うつそうなネコの表情はどことなく人間と似ていますね。見方によっては「僕つまんない。遊んでよ~」ってご主人に迫っているようにも思えます。選者はなぜか動物と女性には弱いので、選んだあと、少し動物作品が多いのではと入れ替えを検討しましたが、遠くを見つめる、このネコの表情がそれを許しませんでした。完敗です。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop 6.0にてトリミング、レベル補正 埼玉県川越市 伊佐沼 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「光輝な翼」


作者:
市川達夫
都道府県:
埼玉県
年齢:
56歳

太陽をバックに光り輝く翼。まさにシャッターチャンスを的確にものにしましたね。ただこのチャンスは偶然訪れたというよりは、自分がイメージしてねらったというチャンス。それだけに何枚もシャッターボタンを押してやっと成功したというコメントもうなずけます。ただし、フレーミング的には青空を多くとっていますが、あまり活きていません。さらなる完成度を目指してください。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてトリミング、レベル補正 撮影地: 神奈川県 プリント: エプソン PX-5500 用紙: コニカミノルタ PhotolikeQP

佳作

「只今うがい中」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

八景島シーパラダイス水族館で見つけたイルカのかわいいスナップです。大きく口を開けて、まるで「只今うがい中」というイメージもよくわかります。実際どうなのかはわかりませんが、スナップはイメージが大切ですので、そういうチャンスをかぎ取る力を十分に感じさせてくれます。ほかの応募作品の傾向からも力量は申し分ないのですが、さらに上位入賞となるには、もう少しのブレイクスルー(なにかを感じさせるインパクト)が必要になりますので、そこは今後に期待します。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM レタッチ: Capture NXにてRAW現像 撮影地: 山梨県 西沢渓谷 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「晩秋の西沢渓谷」


作者:
金森正巳
都道府県:
三重県
年齢:
65歳

晩秋の西沢渓谷を水の流れが蛇行しながら大きくカーブするポイントでしっかり撮影しています。水の流れとともに渓谷沿いに歩くハイカーも入れて、スケール感が実感できるように配慮していますが、それといって見どころのない上部が少し多いぶん、手前の岩の入り方が中途半端になっています。水飛沫に濡れて黒光りする岩とそこに貼り付く落ち葉を大きく写し込むことで、さらに晩秋をイメージした印象深い作品になったことでしょう。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot S5 IS 撮影地: 埼玉県川越市 プリント: キヤノン PIXUS MP9500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「かた車」


作者:
万里 功
都道府県:
東京都
年齢:
92歳

埼玉県川越市でのスナップです。背中越しに見る若い? お父さんが力強く肩車した少女の赤い服と、こちらを向いたアニメキャラのお面が印象的です。ただ背景の電線が少しうるさいですね。作者は92歳という人生の大先輩ですが、デジタルカメラを使いこなし、ご自身でプリントされるとは頭が下がる思いです。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM レタッチ: Photoshop 6.0にてトーンカーブ調整、色調補正 撮影地: 東京都内 プリント: エプソン PX-G900 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「your memory」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
45歳

目をつぶり、横たわる若い女性を薄黄色く枯れた雑草を前ぼけとして利用して、ハイキーに仕上げています。いつも雰囲気のある女性ポートレートを見せてくれるアズマさんですが、少し作りすぎの面もありますので、ときには小細工なしでストレートに撮った作品も見せてほしいと思います。

 

2008年5月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてRAW現像後レベル補正 撮影地: 兵庫県たつの市 フィルター: ケンコー C-PLフィルター プリント: エプソン PX-G5000 用紙: ピクトリコ プロ・セミグロスペーパー

佳作

「夜明けの潟」


作者:
坂本忠俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
71歳

おもしろい形をした、水たまりにオレンジ色の空と蒼い空が映り込んでいます。場所は兵庫県たつの市の干潟。すごくインパクトのある作品で上位入賞もねらえたはずなのですが、類型作品が多いことや今号の優秀賞が棚田ということもあり、かなり損をしています。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)  レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正、モノクロ化など  撮影地: 千葉県いすみ市 大原はだか祭り プリント: エプソン PX-5500  用紙: コニカミノルタ PhotolikeQP〈絹目調厚手〉

優秀賞

「電話ボックス」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

お祭りの写真といえばにぎやかで勇壮なシーンを思い浮かべますが、それはそれで迫力のある写真が撮れるでしょう。しかし、ちょっと裏に回ってみると思いがけない光景や出来事に遭遇することがあります。しかし、その状況を写真的に見せられるかは、撮る側の力量が試されるところです。四方さんは同一の場所で2枚の写真を応募されました。1枚は、いちばん右の腰掛けている人物が入っていない狭いフレーミングのものでした。透明な電話ボックスにいる祭りの少年と外国人という組み合わせ自体はおもしろいのですが、祭りを感じさせる要素に欠けています。しかし、こちらの作品では右端にいる、いかにも祭り好きというおじさんや、電話ボックスの背景に写っているトラックの上に乗る腹巻き姿の少年たちなど、登場人物のユニークな状況が祭りのおもしろさをよりいっそう感じさせるものにしています。ちょっとしたフレーミングの差が、作品性を大きく変えるわけです。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D3 レンズ: AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED レタッチ: Capture NXにてRAW現像、モノクロ化、トリミング、シャープネス調整 撮影地: 北海道上川郡美瑛町 フィルター: ケンコー サーキュラーPL プリント: エプソン PX-G5100 用紙: ピクトリコ GEKKO ブルー・ラベル

準優秀

「雪丘に埋葬 じゃなくて埋蔵です」


作者:
ちまき
都道府県:
北海道
年齢:
47歳

雪のなかになにかを埋葬しているような、はたまた家が埋まっている?かのような、不思議な風景です。じつはジャガイモを雪の下に貯蔵して越冬させるものだそうで、煙突のように見えるものはガス抜きとのこと。それにしても、美瑛ならではの雄大な風景とのコラボレーションが美しく、ワイルドなとらえ方が大胆でおもしろいです。冬の美瑛というと固定観念で思い出される風景がありますが、切り口を変えた北の大地ならではのとらえ方が爽快です。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ LD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshop CS2にてトリミング後、プリンター付属のEasy-PhotoPrint Proにてモノクロ化 撮影地: 埼玉県川越市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・プレミアムマット

入選

「陽だまり」


作者:
小江戸ジロウ
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

日だまりの暖かな日射しがふくよかな階調で表現されており、とにかくプリントが美しい。ベンチに腰掛けた少女の靴は少しつま先立ちになっており、子ネコは甘えるように顔を見上げています。やさしい光につつまれたネコと少女の心のふれあいを感じます。これまで、ウマ、イヌ、ネコと子どもで応募されてきましたが、さて、次はどのような展開になるのか楽しみです。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ調整、レベル補正、モノクロ化 撮影地: 大阪府 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン フォトマット紙

入選

「机と椅子」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府 30代

前回までは惜しくも次点に甘んじていましたが、今回は堂々の入選です。全体は少し軟調ぎみに仕上げられていますが、そこがけだるい空気感を引きだしています。壁際に寄せられた机と椅子の姿が、擬人化されて見え、なにかを訴えかけているようです。また、画面上部の空間を多くとり、右下がりになった机のラインもどこかもの悲しい雰囲気を出しています。納さんの作品には詩的な情緒がありますので、これからも期待しています。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF17-40mm F4L USM  レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、モノクロ化、コントラスト調整  撮影地: 愛知県名古屋市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・フォトラグ 

入選

「影絵」


作者:
高木博規
都道府県:
愛知県
年齢:
54歳

単なる落書きかなと思ったら、針金で作られた洗濯物のオブジェがクリエイターが集まるアパートの壁面にかけられているのだそうです。この遊び心がモルタルの壁に落とされた木の影と相まって、ほのぼのとした安らぎを与えてくれます。街中をつらつら散歩しながら撮った高木さんの肩ひじ張らない撮影スタンスも、作品に活かされています。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop CSにてモノクロ化、トーンカーブ調整、焼き込み、覆い焼き、アンシャープマスク 撮影地: 千葉県市川市 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン 写真用紙〈絹目調〉

入選

「沈黙」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
47歳

一見、ヒツジに見えないところがこの作品の魅力ではないでしょうか。思いにふけっているダンディな横顔と、語ることのないヒツジの表情から、「黙して語らぬ」ことの強さが感じられます。また、正確なピント合わせと質感描写によって、モノクロならではの実存感が出ました。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ: Photoshop CS3にてモノクロ化、HSL/グレースケール、明るさ、コントラスト、トーンカーブなどを調整、アンシャープマスク、ノイズ軽減 撮影地: 埼玉県所沢市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9500  用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げ Pro

入選

「武蔵野の面影」


作者:
清岡広之
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

単純な風景のなかにユーモラスな形を見つけ出す視点のおもしろさがあります。まるで一本の木から電信柱が生えているかのような構成です。さらに、全体をシルエット的に簡素化させることで、より強い印象として残りました。また、電柱の位置も空間構成上、見逃せません。よく見るとカラスも写っていて、絶妙なシャッターチャンスでした。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: タムロン SP AF14mm F/2.8 Aspherical [IF] レタッチ: デジカメde!!フォト工房にてモノクロ化 撮影地: 広島県 プリント: エプソン PM-G800 用紙: コクヨ デジタル写真用紙

佳作

「どろんこ」


作者:
ムラカミ イズミ
都道府県:
広島県
年齢:
53歳

どろんこバレーでの記念ショットですが、楽しそうな表情というか、お面のような顔がじつにおもしろい。とても陽気な娘さんなのでしょう。大地と存分に戯れた喜びが写されています。また、真ん中の女性だけがどろんこ顔ではなかったところもなにか思わせぶりで、状況を想像させます。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Photoshop CS3にてモノクロ化、明るさとコントラストを調整 撮影地: 長野県木曽郡南木曽町 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「出番前」


作者:
新海ゆうこう
都道府県:
愛知県
年齢:
59歳

植田正治の作品を彷彿させるような写真ですね。現実の世界が背景のグラウンドとして写し出され、過去の世界が点在する人物によって垣間見られる不思議な作品になりました。また、それぞれの人の配置や格好が絵になっているところがおもしろい。単にイベントとしてとらえるのではなく、ユーモラスな雰囲気でまとめたのがよいと思います。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてモノクロ化、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 香川県観音寺市 プリント: DPEショップ

佳作

「お勝手の窓」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

土壁がところどころ朽ちており、かなりの年月を経た民家であることが想像できます。ガラス越しの台所には小鉢や調味料などがあり、山村の質素な生活が見受けられます。このように家の一部を切り取ることで作品は象徴化され、生活感を表現することができるのです。また、質感描写も優れておりリアルです。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: SP AF17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical[IF] レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてモノクロ化、DxO Film Packにてフィルム粒子化 撮影地: 愛知県豊橋市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: ピクトリコ GEKKO グリーン・ラベル

佳作

「祝日」


作者:
鈴木由雄
都道府県:
静岡県
年齢:
56歳

世の中にはとっても気になることが目に飛び込んでくる瞬間があります。ただそれを撮っただけでは状況写真でしかありません。ところが、この作品のように白手袋、お酒、国旗、黒い背広などの象徴的な部分のみを抽出することで、顔の見えないその存在に不気味ささえ感じさせられるのです。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop 7.0にてモノクロ化、レベル補正、トーンカーブ調整 撮影地: 愛知県豊川市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: ピクトリコ GEKKO ブルー・ラベル

佳作

「軒下」


作者:
鈴木 元
都道府県:
静岡県
年齢:
52歳

無造作に袋詰めされた物体はいったいなんであろうかと、しばし考えてしまいましたが、“おから”とは驚きでした。その光景が屋根瓦の影と相まって見えるところが鈴木さんの写真センスだと思います。また、日陰と日なたといった輝度差がありながら、質感を美しく再現できているのもいいです。この状況で窓ガラスの向こうに人影が見えたら、また一段と印象強い写真になったでしょう。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mm F2.8G レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、モノクロ化 撮影地: 富山県 プリント: エプソン PX-5500  用紙: ピクトリコ GEKKO

佳作

「祭りの後で」


作者:
細川君だよ
都道府県:
富山県
年齢:
33歳

前回は祭りの踊り子の作品でしたが、惜しくも次点でした。今回は目先を変えた作品で、堂々の佳作入りです。祭りのあとのお店での打ち上げシーンとのことですが、魚眼レンズを使うことで背景まで丸ごととらえることができました。このレンズはとてもくせがあって扱いはむずかしいのですが、記念写真に使うという大胆な試みが成功しました。集まった方々の表情にも祭りの楽しさが出ています。

 

2008年5月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot S2 IS レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてモノクロバリエーション、レベル補正、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 岡山県 国分寺付近 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エレコム 最上級の写真用紙〈超特厚〉

佳作

「若いお母さん」


作者:
求磨川貞喜
都道府県:
岡山県
年齢:
54歳

家庭菜園のひとコマでしょうか。ゴム手袋とスニーカー姿から「農家の嫁」ではないことがうかがえます。赤ちゃんを抱きながらおぼつかない手で土いじりをする姿がほのぼのとしていますね。背景のビニールハウスの質感もよく出ていますが、手袋とスニーカーは白飛びを起こしているようです。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 5.0にてトーンカーブ、アンシャープマスク 撮影地: 長野県渋温泉 プリンター: キヤノン PIXUS Pro9000プリント 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

優秀賞

「いい湯だなァー」


作者:
田村 武
都道府県:
東京都
年齢:
66歳

長野県渋温泉のサルが温泉につかっているところを撮ったそうです。気持ちよさそうというより、僕は思わずこの写真を見て笑ってしまいました。なぜかというと、サルがシンクロナイズドスイミングをしているように見えたから。なにより最初の、真剣なサルの視線と手、そして2枚目の表情と指先が、シンクロそのもの。最後の写真は湯から出たところですが、正直、もっとその演技を見たいと思いました。2枚目と、3枚目の間に違う表情があれば、完璧だったでしょう。望遠レンズで背景をぼかしているのも成功といえます。一枚一枚もしっかりとした写真ですが、こうやって組写真にすることで、いっそうその楽しさが生まれています。写真は発見する道具です。この作品のようにサルが温泉で気持ちよさそうにしているという記録だけではなく、そこからいろいろ想像できる広がりが醍醐味でもあります。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: 1枚目 2枚目 3枚目 ペンタックス *ist DS、4枚目 ペンタックス *ist D レンズ: タムロン SP AF 14mm F/2.8 Aspherical[IF]  レタッチ: デジカメde!!フォト工房にて調整

準優秀

「1丁目・2丁目・3丁目・4丁目」


作者:
ムラカミイズミ  
年齢:
53歳

なんの祭りだろう。顔に丁目の文字が書いてあります。作者はなかなかのテクニシャンですね。距離感をさほど変えずに超ワイドレンズを使いこなしています。それでも導入の縦位置写真は引きぎみで押さえてあって、なにかがありそうな予感がします。2枚目はノーファインダーぽく、展開として最初の子とは違いますが、似ている子が寝ています。3枚目がこの組写真のキモで、男の子ひとりが画面の左端で横を向いています。最後は向かい合ったちょっといかついふたりのクローズアップ。さして距離感を変えていないのに展開のしかたは完璧。参考にしたいですね。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: リコー GR DIGITAL Ⅱ  レタッチ:SILKYPIX 3.0にてRAW現像、シャープネス   撮影地:北海道札幌市 プリンター: エプソン PX-G5100 プリント 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

入選

「寝る男」


作者:
ちまき
都道府県:
北海道

3日連続で飲んだ友人の寝顔。3枚目の顔のアップが最後の日のこと。組写真の並べ方としては、この写真を最初にもってきたほうがインパクトがあるでしょう。彼の実際の姿を知らない人間にとって、ここにある写真こそがすべてなのですから。3枚目のアップの写真が俯瞰して撮ったことは、説明されてはじめてわかります。横位置の写真は、眠りに入った瞬間らしいのですが、写真としては終わりの雰囲気がありますね。3日間にわたる、酔っ払いの寝姿3態。それだけに終わらない、男の哀愁が感じられます。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX S5    撮影地:北海道函館市    

入選

「週末の校舎」


作者:
野乃有葉
都道府県:
北海道
年齢:
40歳

函館のだれもいない、古い小学校。コンパクトカメラでたんたんと撮影しています。天気がよいわけではなく、北国の冷たい光を感じます。撮影の距離感はあまり変わらず、展開しているわけではない。4枚の組み合わせに、素直にこの場所を感じられます。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6GⅡ  レタッチ: Photoshop Elements 5.0にて レベル補正、アンシャープマスク、色相・彩度補正 撮影地:熊本県球磨村 球磨川 フィルター: SKYLIGHTフィルター    

入選

「魚が釣れた日に…」


作者:
求磨川貞喜
都道府県:
岡山県
年齢:
54歳

熊本県の球磨川で、初めて華ちゃんはお父さんの釣ったコイを見る。そんな「華ちゃんの冒険」のスナップショット。華ちゃんを右の端に配した1枚目は「さあこれから冒険だ」と、これからの未来がいっぱいあることを、左の空間が予感させています。そして2枚目、華ちゃんは釣れたコイにかぶりつきながらちょっと躊躇もしていますね。最後の写真は、人間としてひと皮向けた(?) 華ちゃんの成長したすがすがしい表情でまとめました。組写真の見本のような作品です。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CS3 にてRAW現像、 レベル補正、トーンカーブ調整、コントラスト調整、アンシャープマスク 撮影地: 千葉県流山市 理窓会記念林自然公園    

佳作

「蓮沼冬景」


作者:
松尾次郎
都道府県:
千葉県
年齢:
57歳

冬のハスの沼は夏とは様変わりしていて、死さえ連想させられます。こうしてみると一枚一枚の写真の構成力がとてもいい。3枚目にいくにしたがって、だんだんズームアップしていき、しだいにクローズアップになっていきます。見せ方は単調ですが、モノクロ写真の力強さが印象的な作品です。

 

2008年5月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: カシオ A5406CA(携帯電話)  レタッチ: Photoshop 7.0にて切り抜き 撮影地:山口県熊毛郡平生町    

佳作

「子ダルマの冒険」


作者:
吉野 葵
都道府県:
山口県
年齢:
10歳

ミニ雪だるまの4態。アイデアはおもしろい。ほぼスクエアにトリミングしたことで、小さな世界が生まれています。3枚目の愛犬と、4枚目の木の上にいる雪だるまの写真がいいですね。ひとついうならば、4枚で構成するときはすべて背景を違う世界にするとよいでしょう。1枚目と2枚目のクルマの重複が惜しい。アイデアをもっと、もっと!

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてRAW現像 撮影地: 東京都世田谷区 野川

優秀賞

「お見合い」


作者:
都道府県:
東京都
年齢:
30歳

シロサギのフォルムと水面の描写の美しさに惹かれ、ひと目見て今月はきっとこの作品が優秀賞かなと思いました。すべての作品を見終わって再度見直し、最終選考でも群を抜く存在感で堂々の優秀賞となりました。深く心に残るすばらしい作品です。シロサギが水面をのぞき込み、もの想う姿と、水面の模様はゆらゆらとまるで音楽を奏でているようで、メロディが静かに伝わってくるようです。RAWで撮影し、調整されているようですが、シロサギの羽が少し青みがかっています。調整が強すぎるため不自然になり、少しバランスをくずしているようです。じっくり作品を見ていると気になってデータを確認しました。画像処理は、はまるとやりすぎになる傾向がありますので、ほどほどで抑えましょう。この作品はぜひ写真プリントで大伸ばしして、お部屋に飾って眺めましょう。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Paint Shop Proにて明るさ・コントラスト・カラーバランス調整、トリミング 撮影地: 東京都 お台場

準優秀

「Under the Bridge」


作者:
Juns
都道府県:
神奈川県
年齢:
36歳

撮影時間を選んで、ホワイトバランスを手動で[タングステン]に合わせたこと、露出補正によって的確な露出を追求したことで、ストレートなねらいで都会の夜景をしっかりまとめています。澄んだ空気感と人工光の描写が成功へとつながりました。撮影データを見るとJunsさんは、デジタルカメラをかなり使いこなされていますね。現場重視で撮影後の画像処理に頼らない、しっかりした撮影姿勢が見えます。レインボーブリッジは街路灯でグリーンに染まって、橋脚の間には都会のビル群が多数立ち並び、たいへんシャープに仕上がりました。休日だとオフィスの窓明かりが消され、街も元気がなくなりますが、この作品は窓明かりが多数見えるので、きっと平日の夕方に撮影されたかと思います。ホワイトバランスを調整して独自の世界を作り出すことができました。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: シグマ 18-50mm F3.5-5.6 DC/HSM 撮影地: 愛知県名古屋市

入選

「お勉強」


作者:
高井マスター
都道府県:
愛知県
年齢:
52歳

日常をスナップすることは楽しいものです。好きなアイドルグループのポスターを部屋中に貼り、夢中どころか熱中時代のお嬢さんの青春の一ページをとらえています。この写真を見ると、どなたも青春を振り返り、アイドルに夢中になった時代があったことを懐かしく思い出すことでしょう。思春期のお子さんはなかなか撮影に協力してくれないものですが、高井さんのお嬢さんのお部屋は整理整頓され、勉強もしっかりされているようで感心、感心!! 子育ても大成功、写真も大成功、いい親子関係を感じます。私の娘は決してこのような光景を写真に撮らせてはくれませんでしたから……うらやましいです。ただお嬢さんにピントはきているのですが、ピント位置をやや手前に置いたためか、背景のポスターなどがシャープさに欠けた点が惜しいところです。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D  レンズ: シグマ 18-50mm F3.5-5.6 DC/HSM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio3.0にてRAW現像後、Photoshop Elements 3.0にてレベル補正、明るさ・コントラストを調整、リサイズ 撮影地: 東京都 ららぽーと豊洲

入選

「残照」


作者:
八島雅之
都道府県:
東京都
年齢:
47歳

夕陽が沈んだ直後の自然現象で光芒が空一面に広がり、広い空にはライトアップされたクレーンとブリッジが開いており、美しい色彩とベイエリアの風景がおしゃれにまとめられています。たくさんの作品のなかで、鮮やかな色調が美しく一段と輝いていました。自然の現象は足繁く通うことで出合うのでしょうが、澄んだ空気と適切な露出を確保できたことがよかったです。豊洲のららぽーとは何度も行ったことがありますが、このような状況には出合えませんでした。インパクトのある色調と、瞬間の強さを魅せる仕上がり、撮影後の画像処理テクニックはなかなかのものかと思います。しかし鮮やかさを強調した美しい色づくりも、度を超すと落ち着きが失われ、飽きのくる写真となってしまいますので、ほどほどに抑えましょう。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、明るさ・色合い・シャープネス調整  撮影地: 岐阜県白川村 白川郷

入選

「月明かりに輝く集落」


作者:
生田隆雄
都道府県:
愛知県
年齢:
32歳

飛騨高山の集落は世界遺産にもなっている日本の原風景です。家々の窓から灯火がこぼれ暖かさを感じます。たくさんある民家のひとつをポイントにして画面構成をされている点で、作者の意図を強く感じ、高く評価します。ライトアップで照らし出された家々と降り積もった雪が飛騨高山らしい雰囲気を増し、情緒を出してくれました。長時間露光でしっかり撮影され、シャープな描写が際立ちます。しかし、撮影時間が少し遅かったので、暗くつぶれた部分の存在がやや重くなりました。この作品は入賞できる高レベルの作品ですが、この場所で撮った写真はよく目にしますので、なおいっそうの努力と工夫が要求されます。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D  レンズ: EF300mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてホワイトバランス調整、露出補正 撮影地: 埼玉県深谷市

入選

「TAKE OFF」


作者:
kuma
都道府県:
埼玉県
年齢:
45歳

朝の光線と情景を考えて撮影ポジションを決め、湖面を勢いよく羽を広げて飛び立つ瞬間を流し撮りした傑作です。羽の動きと水しぶきを上げて湖面を勢いよく走る姿がよくとらえられています。感度はISO 100と低感度で抑え、撮影モードはシャッター優先で1/50秒、露出補正は-0.7EVとアンダーに決め、動きを表現するために決めた適切なシャッター値が入賞の決め手となりました。動きのある作品は難易度が高く、作品評価も高くなります。フォトコンテスト入賞に満足せずに、変化のある情景を追い求めてさらに作品を撮りためていってください。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: タムロン SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1 撮影地: 東京都江戸川区

入選

「思いっきり飛び出そう~♪」


作者:
岩崎美佐子
都道府県:
東京都
年齢:
57歳

お庭で咲かせたというブルーデイジーはとても可憐なお花ですね。ご自分で育てるという陰の努力があるからこそ、咲きはじめの傷がない旬なときに撮影できるのです。普通ならお花そのものをストレートにねらうところですが、視点を変えて花びらがクルリと反ってできた部分を見せたい主役と決めたところに、岩崎さんのオリジナリティな世界を感じさせます。ちょうどその部分にキラリと光が当たりよいアクセントとなりました。背景に同色の花をぼかして配置し、全体のトーンをそろえてまとめているところやフレーミングにも、作者の意図をしっかり取り込んでいて、画面を有効に使っています。さりげなくおしゃれでイメージを大切に仕上げていて、やさしさとセンスのよさが光ります。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM 撮影地: 新潟県新潟市

佳作

「兄弟」


作者:
陽子しゃん
都道府県:
新潟県
年齢:
47歳

潮風がかなり強く吹いているようで、地肌が見えるほどネコの毛並みが揺れています。たくましそうな野良ネコの兄弟、鋭い目つきから強く生きるエネルギーを感じます。広角レンズを使い、ネコたちにも意識されずによくそばまで迫って撮影できました。作者はかなりのネコ好きのようですね。また積極的な性格が写真からもよく感じられます。広角レンズを使って、遠近感ある構図で画面を構成し、ペロリと舌を出した表情の瞬間をうまくとらえています。ただ、しっぽが切れるなど、フレーミングの甘さが気になりました。ほんの少しカメラを振るだけでしっぽまできちんとフレームに収まるはず。撮影に夢中になるあまり、見逃した小さなミスかと思います。ファインダーの四隅をよく見て、視野に入ったものをすばやく確認できるよう訓練することです。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF) ViewNXにてRAW現像。Photoshop 5.5にて、カラーをモノクロに変換。Photomatix Proにて、HDR加工

佳作

「時の流れ」


作者:
rail
都道府県:
愛知県
年齢:
37歳

雲間からひび割れのように薄日がのぞき、これからなにかが起こりそうな不思議な予感がします。モノクロで見せているのでより心象的なイメージとなり、1:9とバランスを考えて決めた画面比は、より広がりを感じさせるワイドな空間になっています。雲の動きを勢いよく流れるように表現されているので、じっと見ているとタイトルのように時が流れているように感じました。別な見方をすると静寂と動揺、ふたつの世界を同時に存在させています。露出は、段階露光でアンダー方向に少しずつ変えるだけでも、イメージが大きく変わってくるでしょう。肩に力を入れずに静かに眺めていたい写真です。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: コニカミノルタ αSweet DIGITAL レンズ: AF50mm F1.7  撮影地: 大阪府 服部緑地公園

佳作

「不安」


作者:
ケイタンパパ
都道府県:
大阪府
年齢:
42歳

すべり台を、少しずつ振り返りながら、たったひとりですべっていきます。トンネルの柵までついており、ずいぶん高そうなすべり台です。不安そうな目つきで振り向き、なにかを訴える視線がたいへんかわいいですね。きっと小さな胸は不安でいっぱいなのでしょう。黄色い柵と空色のすべり台、そして同じ空色のシャツがマッチしています。画面に無駄なものを入れずに、不安な心の様子をシンプルにしっかりした視点で撮影できました。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS D30 レンズ: EF70-200mm F2.8L USM ZoomBrowser EXにてトリミング 撮影地: 埼玉県 熊谷ラグビー場Cグラウンド

佳作

「頼むぞ」


作者:
えんちゃん
都道府県:
埼玉県
年齢:
47歳

作者は毎週のようにラグビーの試合に出かけているそうですね。夢中でボールを追ってタックルする瞬間の動きを、1/2,500秒という高速シャッターによってしっかりとらえています。しかし、後ろから宙を舞うようにタックルして飛びかかる選手はまだ経験が浅いのか、お尻が出てへっぴり腰ぎみです。タックルというよりかは、へばりついているようなおもしろおかしい光景となりました。ボールを抱えて必死に走る選手を目指して、後ろからそして横から飛びかかる場面をカメラの機能をしっかり使い、ゆとりをもって追いかけることができています。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z55 撮影地: 宮城県三本木町

佳作

「ひまわりむすめのひまわりえがお」


作者:
nagomi
都道府県:
宮城県
年齢:
29歳

天真爛漫、おおらかで明るい笑顔が気に入りました。まるでひまわりのように明るいですね。日に焼けた小麦色のお顔を画面にはちきれんばかりに配置し、はっきりしたねらいでまとめています。口元からのぞく大人の歯がやっと生えそろっているということは、まだ小学校に入ったばかりくらいのお嬢さんのようです。お子さんをはじめ、ご家族は最高の被写体・モデルです。写真技術の向上と成長の記録も兼ねて、記念の行事や日常のできごとにカメラを向けてどんどんスナップしましょう。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 レタッチ: Photoshop CS3でトーンカーブ・スマートシャープ調整、トリミング、リサイズ 撮影地: 東京都足立区 都市農業公園

佳作

「仲良しこよし」


作者:
植西重之
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

小さなメジロにとっては春風がまだ冷たいのでしょうか? 2羽のメジロが身体を丸く膨らませて寄り添い、寒桜の枝に仲よく止まっています。すばやく飛び回るメジロはよく目にしますが、このような状況のメジロは非常に珍しいのではと思います。寒くてしかたないのか、まるで「おしくらまんじゅう」でもしているかのようです。望遠レンズで2羽のメジロをクローズアップして、バックには青空と桜の花がソフトに並び春を演出しています。「今日はなんだかちょっと寒いね」と2羽のメジロの会話が聞こえてくるようです。きっと夫婦か兄弟でしょうね。今月は優秀な鳥の写真が多かったので、上位にたくさん入賞しています。

 

2008年5月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF Nikkor 35mm F2D 撮影地: 大阪府豊中市

佳作

「ウチに帰ろう」


作者:
かやくご飯
都道府県:
大阪府
年齢:
33歳

光を自分のものにすること、光をコントロールすることは写真表現において永遠のテーマです。この写真は、不思議な光の世界が存在する異色の作品で、妙に惹かれるなにかがあり入賞を果たしました。架線の橋脚越しに見えるビルの谷間から沈みかけた太陽がギラギラと輝く、太陽が放つ光彩が四方に広がり、光のなかで道行く人物がシルエットで浮かび、ドラマチックな作品となりました。黒い部分の面積が全体的に多く重く感じます。周りをもう少しカットしてもよかったでしょう。伸びた影を画面に活かすことも考えてみたいです。人物の存在が活かされると思います。少しのトリミングで主題がはっきりしてくるでしょう。

 


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻