デジタルカメラマガジン 本誌2008年6月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2008年6月号選考

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: DA16-45mmF4 ED AL レタッチ: Photoshop Elements 4.0にてレベル補正で明るさを調整 撮影地: カナダ・ユーコン準州 ユーコン川

優秀賞

「夜光静踊」


作者:
Toshi
都道府県:
東京都
年齢:
33歳

すばらしいオーロラの風景です。オーロラだけに着目せず、眼前に広がる景色を考慮したうえで背景に現れたオーロラをとらえています。とくにカヌーをあしらった前景処理がうまく、広角特有の奥行き感も活かされています。オーロラは肉眼で見た印象と写真に写したものでは色の印象が異なります。よく緑系が誇張された写真を見ますが、実際は濃淡のある淡い広がりです。ユーコン川に霧が立ち込め、そこにオーロラが映り込んでいます。光の神秘性が景色とともによく再現されています。きわめて完成度の高い作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ レンズ: EF16-35mm F2.8L Ⅱ USM 撮影地: バリ島 ウルワツ寺院

準優秀

「目チカラ」


作者:
赤堀哲也
都道府県:
埼玉県
年齢:
32歳

目力とは最近流行の言葉ですが、なんともすさまじいまなざしです。民族衣装を身にまとい力の入った演舞の最中でしょうか。右端に少し入った指先が彼女の視線の先へと導きます。踊り子はもちろんインパクトがありますが、こんな一瞬を迷わず切り取った作者の腕はもっとすごいと思います。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF75-300mm F4-5.6 Ⅱ レタッチ: Digital Photo Professionalにて明暗、彩度を調整 撮影地: 徳島県海部郡 フィルター: PLフィルター

準優秀

「幻の渓谷」


作者:
シモムラ
都道府県:
徳島県
年齢:
57歳

滝の飛沫に差し込む光が描くレインボーカラー。険しく狭い岩場に現れた美しい現象をV字に切り立った隙間にのぞかせました。前景を暗く落として虹を鮮やかに見せるコントラストの導きが効果的でした。構図も無駄なくインパクトをもたせた絵作りはみごとです。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ソニー α100 レンズ: DT 11-18mm F4.5-5.6 レタッチ: Photoshop CS3にてレベル補正、トーンカーブ修正

入選

「カメラは見た!」


作者:
三宅孝秀
都道府県:
岐阜県
年齢:
47歳

カメラはいったいなにを見たのでしょうか? この作品のタイトルから抱くミステリアスなイメージは、シルエット化した影絵にあります。とくに少女のおどおどしたポーズと上空を通過する飛行機雲。そして辺りは怪しげな丘にも見えます。未知との遭遇のワンシーンのようです。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: EF17-40mm F4L USM レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像後、レベル補正 撮影地: 長野県辰野町 松尾峡 フィルター: フォギーA

入選

「蛍鉄道の星夜」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
40歳

草原にホタルが舞い、空には満天の星。横一線に並んだ遠くの赤い光。「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせるファンタジックな作品です。イメージはできても実際に撮影し、作品化するには相当な努力や工夫も必要です。作者の撮影意欲とこだわりに脱帽です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Photoshop CSにてグレースケール化したあとにトーンカーブでコントラストを調整、トリミング

入選

「撮られるということ」


作者:
SHO
都道府県:
栃木県
年齢:
24歳

脱ぎかけたコートの下は下着姿。撮影を拒むかのようにうつむきがちで投げやりに壁にもたれています。顔や足を黒くつぶしたハイコントラストの作品です。色気よりも現実的な一面が主張されて一種ドキュメント的です。ポーズも処理も決まり、この場で抱いた作者の感情が表れています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF28mm F1.8 USM レタッチ: GNU Image Manipulation Programにてレイヤー合成、Digital Photo Professionalにてトーン調整、トリミング 撮影地: 岡山県真庭市 備中鐘乳穴

入選

「森の妖精たち」


作者:
はじめ
都道府県:
広島県
年齢:
46歳

薄暗い森に揺らめくホタルの光を点光源でとらえています。画面にはバランスよく幹を配置して斜面を下るように群れる光を幻想的に見せています。フィルムでは光跡になってしまうホタルの光も、デジタルの利点を活かして肉眼で眺めたイメージに近づけています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF70-200mm F4L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像。Photoshop 7.0にて彩度を微調整、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 東京都千代田区 千鳥ヶ淵

入選

「春色 満開!!」


作者:
石川 順
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

イメージと現実を融合させた独特のタッチで描く美しい作品です。前ぼけはさりげなく、後ぼけに色彩を強調。ねらったサクラはシャープで的確に描写されています。花の間合いや対比の構成もみごとです。サクラのもつ魅力と、この季節の華やかさを独自の表現で絵画のように描いた秀作です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてトリミング、トーンカーブ調整 撮影地: 福井県福井市 鷹巣海岸

佳作

「真冬の日本海」


作者:
岡田慶一
都道府県:
福井県
年齢:
35歳

荒れる波に吹雪く雪。昼でも薄暗い殺伐とした冬の日本海です。その言葉どおりの風景がここに展開されています。岩交じりの前景と波が炸裂するテトラポットとの対比や、シャッターチャンスの選択もみごとです。さらに極めつけは吹雪く雪の描写により厳しい現実の風景を演出しています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM レタッチ: lightenソフトにて32枚を比較合成後、Photoshop Elements 5.0にてトリミング 撮影地: 北海道岩内郡共和町

佳作

「春、そこまで…」


作者:
凧tako
都道府県:
北海道
年齢:
39歳

星の光跡が水田に映っています。これはこの地の空気がとても澄んでいることを物語っています。背景に目を移せば雪の残る丘陵にサイトのある家屋が見えます。北の地にまもなく春がやってくる。そんな風情を感じさせる作品です。さりげない風景ですが、星の光跡を描くため32枚を合成した力作です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 10D レンズ: EF100mm F2.8 マクロ USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にて、超軟調、記憶色1に変更 撮影地: 東京都世田谷区 馬事公苑 フィルター: PLフィルター

佳作

「白く咲く」


作者:
ここあ
都道府県:
東京都
年齢:
37歳

満開のウメをすっきりとした背景にクローズアップで構成しています。一般的には全体像としてとらえやすい花の作品ですが、上下の2輪は部分的にカットしています。主役はあくまで1輪というこの判断が的確で、花のもつ魅力をシンプルに、そして力強く表現しています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ、トーンマッピング調整、トリミング 撮影地: 香川県観音寺市

佳作

「青い扉」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

レトロな雰囲気を醸し出しながらシャープで色彩的にも美しい。荒廃した扉一枚が引きつける被写体としての魅力にあふれています。レンズを向けた素材の着眼点、レタッチと画面構成には人を引きつける魅力があり、作者のまなざしには目を見張るものがあります。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ 55-200mm F4-5.6 DC レタッチ: PHOTO Laboratory 3にて現像、色温度調整、トーンカーブ調整 撮影地: インドネシア・ジャカルタ

佳作

「墓地」


作者:
秋津安芸人
都道府県:
広島県
年齢:
51歳

整然と十字架の並ぶ墓地に住宅を添えて、デザイン的に構成しています。見下ろすアングルも斬新で一見墓地に見えません。家屋も独特の造りで添え役として主題を食うほどです。この家屋をポイントとするならば、ねらえるものなら墓地をより広範囲に見せてもよかったのではないでしょうか。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D レタッチ: Capture NXにてRAW現像、カラーコントロールポイント、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 北海道上川郡美瑛町 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「厳秋の黄彩」


作者:
岸本和哲
都道府県:
北海道
年齢:
32歳

丘の木立をアクセントに太陽を覆うような雲。刻々と変化する空模様にとても緊張感の走るシーンです。実際はもっと明るい場面でしょうが、望遠レンズとアンダー露出の組み合わせで重々しい風景を演出しています。作者の意図がよく伝わってきます。ただタイトルがむずかしく一考を要します。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

佳作

「恋人達のトワイライト」


作者:
横田富美夫
都道府県:
岡山県
年齢:
59歳

薄暮のダークブルーに広がる水と光のコラボレーションを背景として、美しい瞬間をとらえています。そして、それを楽しそうに眺めるカップル。ふたりのシルエットはいたって平凡ですが、どこか幸せなひとときを感じます。また、ふたりの間の赤い物体が気になります。これは外したかった。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF50mm F1.2L USM レタッチ: トリミング 撮影地: 兵庫県丹波市氷上町清住

佳作

「森の風」


作者:
花房弘史
都道府県:
兵庫県
年齢:
61歳

清楚で可憐なカタクリのイメージを水彩画のような淡い色調で描いています。透明感のあるハイライト寄りの描写がとてもマッチしており魅力的です。メインの花の位置が中央寄りなことが気になりますが、背景に重なる花やぼける彩りなどは配慮されており、リカバリーしています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: シグマ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 東京都小金井市

佳作

「いい気持ち」


作者:
岩永哲久
都道府県:
東京都
年齢:
41歳

天真爛漫なこの子の表情がなんともいえない魅力を放っています。目をつぶり、ほほ笑む表情を超広角でさらにデフォルメし、アニメのようなユーモラスな顔つきに見せています。笑いがこみ上げる演出に被写体と超広角のみごとなマッチングを感じます。背景の子どももよいアクセントです。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF28mm F1.8 USM レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正、トリミング 撮影地: 東京都江東区

佳作

「永代橋」


作者:
岩佐智行
都道府県:
千葉県
年齢:
46歳

投げやりでけだるそうなポーズと目線。もう帰りたいなと思っているのでしょうか。そんななか、街灯をバックライトにして輝く髪。辺りには自然光と人工光のミックス光が夕暮れのシチュエーションを演出しています。背景選びと間合いを活かしたフレーミングがとてもよい雰囲気を伝える作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF17-40mm F4L USM 撮影地: 愛知県蒲郡市

佳作

「疾風」


作者:
岩附康則
都道府県:
愛知県
年齢:
50歳

トライアスロンの選手が室内を通過するひとコマです。流し撮りとスローシンクロの組み合わせがうまく、背景とメインの被写体をぶれのなかに重ねることで半透明に仕上げています。ストレートな描写でないところにキャリアを感じます。そのためスピード感よりもアスリートの息づかいが聞こえてきそうな作品になりました。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro レタッチ: PictureProjectにてRAW現像 撮影地: 東京都大田区 洗足池

佳作

「スキトオルサクラ」


作者:
吉田郁夫
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

ヤエザクラが寄り添い、その明暗が生み出すコントラスト。そして、それを透過する光の演出に透ける花びら。コントラストのある透明感がステキです。光と影が見せる美しい作品ですが、よく見ると光の割合は左上に集中し、意外に少ないことがわかります。ここに表現の技があるのでしょう。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF28mm F1.8 USM レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正 撮影地: 栃木県 国分尼寺跡

佳作

「夜桜と少女」


作者:
ぐんじゆうじ
都道府県:
栃木県
年齢:
45歳

サクラのライトアップのなかに少女が座っています。この子の座り方がどこか堂々としており、指差すしぐさはまるでサクラに指示を与えているようです。画面左に配置されたライトは彼女のためにあるようです。映画のワンシーンを眺めているような、そんな気分にさせられます。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてレベル補正、トーンカーブ調整後、RAW現像 撮影地: 埼玉県行田市 さきたま古墳公園 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「擬似太陽」


作者:
熊埜御堂弦一
都道府県:
埼玉県
年齢:
41歳

丘に咲く一本のサクラ。空には弧を描く光の帯が輝いています。じつはこの帯、環天頂アークという珍しい現象です。青空だけでは寂しいところにすばらしい光の演出に恵まれました。丘のラインとサクラの位置、そして光の配分など、それぞれの位置関係がバランスよくまとまっています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD ASPHERICAL[IF]Macro レタッチ: SILKYPIX JPEG Photographyにて色温度、色偏差変換

佳作

「一凛の桜」


作者:
きら
都道府県:
福岡県
年齢:
50歳

白熱ランプに浮かび上がるひと枝のサクラ。紫色に染まるサクラの発色が妖しい色香を漂わせています。電球とサクラをクローズアップで見せる独特の構図は黒バックに浮かび上がる不思議な光景として印象的です。作者の独自の感性がおおいに発揮された異色作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: リコー Caplio R5

佳作

「春一番の大あくび」


作者:
Wally
都道府県:
青森県
年齢:
65歳

この場面を待っていたのでしょうか。葉っぱの前での大あくびを絶妙なタイミングでキャッチしました。真横からねらったことがシンプルかつ大きな口の開きを強調しています。バックに目を移せば、窓辺とよしずがこのネコに似合った押しつけのない背景を演出しています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D2H レンズ: AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像。モノクロ変換、アンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 山口県阿東町 フィルター: NDフィルター

佳作

「幻夢」


作者:
三ッ寺俊行
都道府県:
東京都
年齢:
40歳

ピント位置が先頭にあり、後方に向かうほど流れた美しいぶれを描いています。その判断が的確で、とてもスピード感があります。また暗く焼き込んだモノクロ再現もこの絵柄にマッチしています。機関車そのものの存在をアピールし、スピード感に特化した優れた作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro レタッチ: Capture NXにてトーンカーブ、カラーコントロールポイント調整 撮影地: 静岡県牧ノ原市 フィルター: ソフトフィルター

佳作

「白の気品」


作者:
山梨真司
都道府県:
静岡県
年齢:
43歳

タイトルどおり気品ある白いイメージが広がっています。前後のぼけをふんだんに活かして1輪のサクラをのぞかせています。晴天時の撮影はコントラストが高く、とてもむずかしい条件ですが、花びらに当たる光の加減を計算して、それを上手に活かしたテクニックに感心します。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot S80 レンズ: レタッチ:Photoshop 7.0にてトーンカーブ調整 撮影地: 沖縄県 慶良間諸島

佳作

「睨み」


作者:
秋元智道
都道府県:
沖縄県
年齢:
31歳

サメの目にはこんな複雑な模様が入っているとは初めて知りました。それにしてもすごい顔つきです。水中ライトで顔を照らして怖い形相を演出したそうですが、撮影するには潜ることと魚の習性を知っていること、そして撮り慣れていることが必須条件です。単なる被写体ねらいではなく、独創的なイメージをもっている作者だからこそ得られた興味深い作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-200mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてカラー調整 撮影地: アメリカ・オレゴン州バンドン

佳作

「バンドンの夕焼け」


作者:
フォトキッド
都道府県:
東京都
年齢:
62歳

オレゴン州バンドンで見る夕景です。高さのある奇岩のため、構図作りがたいへんだったのではないでしょうか。そのため静かに寄せる波の様子が不釣り合いに見えてしまいます。考えるとすれば寄せる波のタイミングをもう少し引きつければ変化がついたでしょう。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF100mm F2.8 マクロ USM レタッチ: ZoomBrowser EXにて色調整、トリミング 撮影地: 愛知県 東山植物園

佳作

「風に震えて…」


作者:
山内由美
都道府県:
愛知県
年齢:
51歳

色違いの2輪が寄り添うように咲いています。メインは八分咲き、もう1輪は六分咲きでしょうか。風に震えて、おどおどした花の表情がとてもナイーブです。しっとりとした階調がややアンダーな露出加減に浮かびます。背景の光も役割十分でほどよいコントラストを与えています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Capture NXにてトーンカーブ調整、アンシャープマスク、トリミング、ノイズリダクション 撮影地: 埼玉県川口市 花と緑の振興センター

佳作

「春の光景」


作者:
masa_ara
都道府県:
埼玉県
年齢:
48歳

背伸びしたポーズが決まっています。メジロの作品は数多く応募されていますが、そのなかでもキリッとした姿が目立ちました。大きな鳥と違い、ねらいすましてもなかなか思うように撮れないのが小鳥をあしらった絵柄です。美しくシャープにサクラとの絡みをまとめています。粘ってものにした秀作です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: AI AF VR Zoom-NIKKOR ED 80-400mm 4.5-5.6D レタッチ: Photoshop Elements 4にて画質自動調整 撮影地: アメリカ・カリフォルニア州

佳作

「鳥人」


作者:
山本正巳
都道府県:
アメリカ
年齢:
72歳

モトクロスレースのワンシーンですが、背景の選択が抜群です。バイクがなくても迫力のある様相の樹景。そこに現れたバイクの存在はまさに鳥人です。大きなギャップと視覚効果を生んでいます。この意外な組み合わせが個性的な作品を生み、それを的確に撮影した作者の腕前にも感心します。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop Elementsにて後処理 撮影地: 神奈川県

佳作

「霞む海岸線」


作者:
BOBO
都道府県:
神奈川県
年齢:
30歳

夕日が辺りを染めてドラマチックに霞む海岸。不釣り合いな格好をした人の存在。そして難破船に見える遠くの景色。強い砂塵と細かいしずく。強風が吹き荒れる浜辺は撮影者泣かせです。そんな悪条件にもめげず、しっかりとした構図で見せ場をとらえています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ: ニコン AI AF Nikkor 50mm F1.8D レタッチ: Photoshopにてレベル補正、彩度調整 撮影地: 栃木県下都賀郡藤岡町 渡良瀬遊水地

佳作

「冬華」


作者:
光吉正憲
都道府県:
埼玉県
年齢:
38歳

岸辺に春を待つ木々。色彩の乏しい背景にはベージュ色したアシの群れが見てとれます。そこに深々と降る雪は、まだまだ春が遠いことを物語っています。岸辺までの距離感や変化のある木々の並び。画面構成の完成度が高く、しみじみ味わうことのできる風景作品にまとまっています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: DA18-55mmF3.5-5.6AL レタッチ: トリミング 撮影地: 兵庫県 昆陽南公園

佳作

「スカイスライダー」


作者:
川上和俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
36歳

白い空をバックにスロープをすべり下りてくる兄弟。笑顔がとてもうれしそうです。ほどよい残りのスロープと空のコントラストが異次元への入り口にも見えてきます。ふたり以外をシンプルにまとめたことで視点が子どもの表情に向きます。撮影者の意図もわかりやすいです。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO レタッチ: Photoshopにてレベル補正、カラーバランス調整

佳作

「many Clovers」


作者:
小野 真
都道府県:
埼玉県
年齢:
50歳

クローバーをねらったクローズアップですが、背景の光とぼけのなかにクローバーの影が映り込んでいます。ちょうどリングぼけと同じ現象です。ひとつひとつの光のなかに位置のずれた影がリズミカルで、光の彩りもカラフルです。レタッチでなく撮影時に見つけた現象をうまく活かした作品です。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてナノハナの明るさを調整 撮影地: 埼玉県吉見町

佳作

「菜の花ロード」


作者:
鈴木温史
都道府県:
埼玉県
年齢:
49歳

ナノハナが咲くなかを疾走する自転車。背景が流し撮りの見本のように美しく流れています。花と背景の画面配分もよく構図力の確かな腕前を感じます。また自転車の位置が後方にありますが、レースではないのでこれで正解。季節を楽しむアスリートの気持ちが伝わってきます。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: ニコン D3 レンズ: AF-S NIKKOR 400mm F2.8G ED VR+AI AF-S Teleconverter TC-14E Ⅱ レタッチ: Capture NXにて露出調整

佳作

「寒緋桜とメジロ」


作者:
中野惠司
都道府県:
愛知県
年齢:
51歳

細く伸びた枝先の花をついばむメジロ。逆立ちしたポーズがコミカルです。サクラもメジロも小さくとらえていますが、画面にはじゃまな要素がありません。ぼけ味が美しい背景を十分活かした極端なレイアウトは、逆にメジロを目立たせ個性的なイメージに仕上がりました。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO レタッチ: Digital Photo Professionalにて調整 撮影地: 栃木県 渡良瀬遊水地

佳作

「炎恐」


作者:
おおくぼまさし
都道府県:
栃木県
年齢:
17歳

野焼きでしょうか。燃え盛る炎を正面にとらえています。見ているこちらが熱くなってきます。そんな作品を見すえると炎のなかに細いシルエットが何本も見えてきます。燃える草の茎です。それをアクセントにしてみれば、恐ろしいほどに勢いのある炎も美しく見えてきます。ストレートにねらったフレーミングに炎がみごとに反映しました。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、明るさ、彩度、コントラスト調整、コピースタンプツールにて前方を下るお遍路さんの頭を消去、トリミング 撮影地: 徳島県三好市

佳作

「遍路道」


作者:
池田一政
都道府県:
岡山県
年齢:
58歳

四国八十八霊場の66番札所、雲辺寺でのひとコマだそうです。バックにストライプの屋根をねらい、現れたお遍路さんを望遠でとらえました。シンプルに圧縮された画面にお遍路さんが際立ちます。右を向いた視線の先にはなにがあるのでしょうか。場面に相応しいさりげないしぐさを押さえています。

 

2008年6月号選考 一般投稿部門 選者:田中達也

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF24-70mm F2.8L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 埼玉県行田市 さきたま古墳公園 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「春の風」


作者:
高波 学
都道府県:
埼玉県
年齢:
42歳

偶然にも熊埜御堂さんと同じサクラで同じ構図ですが、6日間撮影日が異なります。こちらは光を浴びる満開のサクラに筋雲が引き立て役になっています。そのため空模様も見る側の印象も違います。丘に咲く花々も豊富となり春爛漫の風景です。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: シグマ APO 170-500mm F5-6.3 DG レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にて明度補正、彩度補正、トリミング、RAW現像 撮影地: 大阪府岸和田市 牛滝川 プリント: DPEショップにてプリント

優秀賞

「コバルトの煌き」


作者:
九十九伸之
都道府県:
大阪府
年齢:
39歳

今回も冬のタンチョウやハクチョウ、メジロなど鳥を対象とした作品が多く寄せられました。そのなかでレンブラント光に照らされ、黒をバックに浮き出るように羽ばたくカワセミをアップで撮影したこの作品の迫力、美しさは他を圧倒しており、結果として全体でも優秀賞になりました。ほかの鳥作品もなかなかよかったのですが、その影響で入賞できませんでした。作者のコメントを読むと年末年始の連休をほとんど連日、カワセミを観察、撮影して過ごしたとのこと。まさに粘り勝ちといえる作品です。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CS3にてレベル補正、カラーバランス調整 撮影地: 京都府京都市東山区 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

準優秀

「舞妓」


作者:
福井幸男
都道府県:
京都府
年齢:
60歳

毎回、京都祇園の作品で楽しませてくれる福井さん。たださすがにこちらの目も慣れてきて少し厳しくなるところですが、今回もはっとさせられるすばらしい作品です。それにしてもどうしたらこんな印象的なシーンに立ち会えるのか不思議です。これは舞妓さんの出勤風景だそうですが、後ろに貼られた「京おどり」のポスターの朱色が強く、その前を通る舞妓さんとともにタクシーの黒いトランクに映り込んでにぎやかな作品となりました。プリントの仕上げも美しく、自然な描写が活きています。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正、トリミング プリント: エプソン PX-5500 用紙: コニカミノルタ 絹目調厚手

入選

「式典の日」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

晴れ着姿の女性が5人、縁側のようなところに座り込んでなにやら楽しそうに話しています。超広角レンズにより、きれいにそろえられた草履と人物との間に空間ができて、上には鮮やかな幕が垂れ下がりとても印象的です。これは今年の成人式に京都の三十三間堂で催された通し矢行事にて撮影された作品。レベル的には今回のベスト3に入るものでしたが、惜しくも同じ和服を対象とした準優秀賞・福井さんの作品に一歩及ばず、入選となりました。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Photoshop Elements 5.0にてコントラスト、シャープ調整、トリミング 撮影地: 東京都 日本武道館 プリント: エプソン PX-G5300 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

入選

「卒業を祝って」


作者:
浅津美治
都道府県:
千葉県
年齢:
66歳

東京・武道館で行われた大学の卒業式でのワンシーンです。はかま姿の女性が両手を広げ、満面の笑みを浮かべながら胴上げされています。かなり近づいて撮影しているため、まるで私たちもその輪のなかに入り込んで胴上げしているような錯覚を覚えます。周りを取り囲む女性たちはおそろいのユニフォーム姿で、たぶんクラブの後輩たちなのでしょうね。残念なのはプリントが少し雑で、天候がよかっただけにコントラストが強すぎるように感じます。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM レタッチ: Photoshop CS3にてレベル補正、色補正、シャープネス補正 撮影地: 愛知県 名古屋港水族館 プリント: キヤノン PIXUS Pro9500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア

入選

「ガラスの空間」


作者:
花嶋 強
都道府県:
愛知県
年齢:
72歳

一見、ガラスの質感を思わせる不思議な作品です。これは水族館でクラゲをモノクロ撮影したものだそうですが、登場するクラゲの数や向きなど画面構成もよく、レタッチによりさらに透明感を演出しています。逆光で浮かび上がるクラゲたちはもはや写真の概念を超え、アート作品とも呼べる雰囲気があります。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop CS3にてレベル補正、トーンカーブ調整、シャープネス処理 撮影地: 長野県 美ヶ原 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

入選

「夜の美ヶ原」


作者:
吉田フミオ
都道府県:
埼玉県
年齢:
58歳

11月下旬、まだ本格的な雪が降る前の美ヶ原で撮影された美しい星空の作品。満点の星感を引き出すためにISO感度を800に上げ、露光も2分と切り詰めて星を止めるように撮影しています。伸びた木立がうまいぐあいに重ならず印象的ですが、下の黒い部分は見ためが重たくなるので必要なかったでしょう。そのぶん、空を大きく入れるか、レンズの焦点距離を少し長くすればよいと思います。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF180mm F3.5Lマクロ USM+EXTENDER EF1.4× レタッチ: Photoshopにてレベル補正、トーンカーブ、アンシャープマスク 撮影地: 大阪府河内長野市 プリント: キヤノン PIXUS iP7500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

入選

「ホトケノザ」


作者:
前田康隆
都道府県:
奈良県
年齢:
58歳

ホトケノザとは花の下の茎を取り巻く葉の形が仏の蓮華座に似ていることから名づけられた名前ですが、この作品では露の玉を背負い、頭巾をかぶった女性が手を合わせているように見えます。ローアングルによる背景の整理が抜群でホトケノザのピンクと補色の関係にあるライトグリーンをバックにしたことで、よりいっそう印象的な作品になりました。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにてRAW現像、Photoshopにてコントラスト、彩度調整 撮影地: 長野県長野市 プリント: エプソン PM-A890 用紙: キラットオリジナル インクジェットペーパー光沢紙(写真用)

佳作

「灯篭と共に」


作者:
増田 恵
都道府県:
長野県
年齢:
37歳

古い建物と明かりがマッチした美しい町の夜景です。まるでなにかの祭りを思わせるようですが、これは長野市の中央通りで昔ながらの建物と灯篭が印象的でシャッターボタンを押したとあります。フラッシュをたいてわずかに降る雪を写しとめていますが、この作品ではマイナス効果です。パラパラと少ないためか、汚れやシミのように見えてしまっています。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ調整、トリミング 撮影地: 徳島県徳島市 プリント: エプソン PM-A890 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「平和連の踊り込み」


作者:
髙橋弘義
都道府県:
兵庫県
年齢:
64歳

隊列を組み、演舞場へと進む踊り子たちをスローシャッターでシンクロして撮影しています。スローシャッターのため、周りの建物や観客なども写り込み、適当に被写体がぶれておもしろい作品になりました。ちなみに平和連は戦災で焼け野原となった徳島市の復興と世界平和を願い、戦後間もない1951年に結成されました。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: シグマ APO 170-500mm F5-6.3 DG レタッチ: Capture NXにてRAW現像、コントラスト、彩度調整 撮影地: 北海道江別市 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>

佳作

「安全第一」


作者:
久保田昭義
都道府県:
北海道
年齢:
73歳

とてもおもしろい群像写真ですね。鉄塔の新設工事だそうですが、細い送電線の上で作業する人たちが、なぜかメリーゴーラウンドにつながれているように思えるから不思議です。題名は画面のなかにある黄色の旗からとったのでしょうか? ただし横位置で高度感がわかないためか、やや迫力に欠けているのが惜しいところです。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 10D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Photoshop Elements 2.0にてレベル補正、アンシャープマスク 撮影地: 長野県 地獄谷野猿公苑 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

佳作

「雪ん子」


作者:
増田恵美子
都道府県:
東京都
年齢:
38歳

先月号でも登場した長野県地獄谷野猿公苑での作品です。ここは温泉に入るニホンザルで世界的に有名になった場所ですが、作者は雪が降り積もるなか、雪だまを握り締めてじっと佇むコザルに釘づけになったようです。残念なのはややピントが浅く、いちばん大事な目よりも頭に積もった雪に合ってしまっています。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 レタッチ: Capture NXにてPicture Controlを適用し、RAW現像 撮影地: 神奈川県 城山かたくりの里 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

佳作

「春の妖精」


作者:
鞍掛 忠
都道府県:
神奈川県
年齢:
62歳

春を告げるカタクリの花ですが、撮影するとなるとなかなかむずかしい花でもあります。この作品はカメラアングルを下げ、バックにぼけたカタクリのピンク色が複数入ることにより群落を思わせながらもポートレートのように浮き立たせています。難をいえばやや上にピンク色が集中していることと少し画面中央に寄りすぎていることでしょうか。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノンEOS-1D Mark Ⅱ N レンズ: EF14mm F2.8L Ⅱ USM レタッチ: SILKYPIXにてトーンカーブ、彩度調整 撮影地: 東京都 御蔵島 プリント: キヤノン PIXUS iP7500 用紙: キヤノン プロフェッショナルフォトペーパー

佳作

「海の宝石」


作者:
くらりっぱ
都道府県:
東京都
年齢:
35歳

毎回、イルカの美しい作品を送ってくれる(イルカだけではないですが……)くらりっぱさんの作品です。今回も海上からの美しいダウンライトに照らされ、気持ちよさそうに浮いているイルカが美しいですね。ただ、中央にイルカの全身という構図がいまひとつで記念写真的になってしまっています。

 

2008年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:菊池哲男

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM レタッチ: Photoshop CS2にてレベル補正、カラーバランス調整、彩度調整、リサイズ、アンシャープマスク 撮影地: 愛知県 プリント: エプソン PX-G920 用紙: エプソン 写真用紙<光沢>

佳作

「Morning light」


作者:
清水一郎
都道府県:
愛知県
年齢:
49歳

題名と作品が一致しませんが、美しい女性のポートレートです。できればイメージを狭めないためにも左手薬指のリングは外してほしかったですね。コメントではモデルさんは第2子を出産されたばかりとか。作者はこのモデルさんで何枚も応募されてきましたが、写真のレベルアップをはかるには自分で作品を選ぶ姿勢も大事です。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshop CSにてモノクロ化、トーンカーブ、焼き込み、覆い焼き、アンシャープマスク 撮影地: 千葉県市川市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

優秀賞

「水の底」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
47歳

橋本さんは今回も実力を発揮してくれました。川に不法にゴミを捨てる方がまだまだ多くいるのは悲しいことです。川底に横たわるミニバイクや掃除機の一部など、所有者のいなくなった「物」たちの悲しさが伝わってくるようです。とくにモノクロのトーンに置き換えることで、質感だけが水の揺らめきのなかでリアルに引き出されています。全体をダークトーンにしながら、ノイズを加えることで粒状感を出し、作品に腰の強さを与えました。被写体の発見とプリントワークとが一体となって優れた表現になったと思います。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D100 レンズ: AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF) レタッチ: Nikon Capture4にてモノクロ化、色調補正、アンシャープマスク、コントラスト調整。Photoshop Elements 2.0にてゴミ除去、覆い焼き フィルター: UVフィルター プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

準優秀

「はぁ~い撮りまぁ~す」


作者:
松井浩美
都道府県:
京都府
年齢:
46歳

松井さんは佳作、次点を経て今月号では準優秀賞という結果になりました。こうした光景は修学旅行での記念撮影シーンでよく見かけますが、斜めから撮るのではなく、真後ろから撮ったことがこの作品のおもしろさです。なにも中腰にかがまなくてもいいのに、写真を撮るとなるとこのポーズになってしまうのはおじさんの性でしょうか。おそらく学校の先生だと思いますが、生徒さんたちとの距離がきっと近い、親しみやすい先生なのでしょう。周辺の焼き込みも効果的で、広角レンズを使ったデフォルメもよい味わいを出しています。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D100 レンズ: AI AF Nikkor 20mm F2.8D レタッチ: Photoshop CS3にてモノクロ化、トリミング 撮影地: 愛知県知多郡美浜町 小野浦海岸 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

入選

「じいちゃんの背中」


作者:
新海ゆうこう
都道府県:
愛知県
年齢:
59歳

新海さんはこれまでの作品もすべて広角レンズを使っており、スナップの極意を知っていますね。今回もユーモラスな作品です。いまどきの子はこの年齢になると恥ずかしがって裸にはならないものですが、すっぽんぽんの少年がおじいちゃんに抱きついている姿が微笑ましく、おおらかで大胆な子育てが見えてきます。もう少しローアングルにして、背景の海や周囲の人が入るとさらにリアルになったと思います。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM レタッチ: Photoshop Elements 4.0にてモノクロ化、トリミング、コントラスト調整 撮影地: 埼玉県狭山市 市民会館 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

入選

「二十歳」


作者:
kazu
都道府県:
埼玉県
年齢:
52歳

成人っていったいなんだろうと考えたくなるような近年の成人式ですが、今年は少しおとなしかったとのこと。それでもいかにも派手な「衣装」を身につけたお嬢さんが写っており、その目が印象的です。さらにその目をフレーミングぎりぎりのところで構成することで、ようやく20歳になった危なげな雰囲気を出すことができました。プリントの調子では明部が飛んでいて、暗部がつぶれぎみなのが惜しまれます。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてレベル補正、モノクロ化、トリミング 撮影地: 石川県 能登半島 能登鉄道廃線駅 プリント: エプソン PX-5500 用紙: コニカミノルタ 絹目調厚手

入選

「廃駅」


作者:
四方伸季
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

地方のローカル線は、国鉄からJRに変わったことを契機に廃線が相次いでいます。経済的に成立しなければ存続できない民営ではいたしかたないことかもしれません。ただ、そこには生活のなくなった空虚な空間が広がっています。そのことを割れたガラス越しに撮るという映像効果で見せたのがこの作品でしょう。地方が切り捨てられていく、その現実を如実に表しています。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: デジカメ de!! フォト工房にてモノクロ化 撮影地: 東京都新宿区 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

入選

「雨のお花見」


作者:
大滝俊隆
都道府県:
千葉県
年齢:
67歳

3月号の花火の作品はおもしろい発見でしたが、今回もひけをとらない出合いでした。こんもりとした姿の満開のサクラを取り巻くように、サクラと同じような形の傘を開き、花の解説に聞き入っているのでしょう。ここまで整然と並ぶというのはじつにおもしろい光景であり、日本人のサクラ好きを物語っているように見えます。また、空の部分を少し焼き込んでいるのも全体の調子を出すうえで成功しています。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: ニコン AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 7.0にてアンシャープマスク、トーンカーブ調整 撮影地: 香川県高松市 プリント: DPEショップ

入選

「街角」


作者:
横山昭人
都道府県:
香川県
年齢:
45歳

モルタル造りの古いアパートが息をこらえながら肩身を狭くして生きながらえているような作品ですが、背景のビルはソープランドだそうです。空調の屋外機が所狭しと並んだ幾何学的な姿とは対照的な古びた姿をモノトーンの階調に置き換えることで、どこか温もりが伝わってくる気がします。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: シグマ 18-50mm F3.5-5.6 DC レタッチ: SILKYPIX 3にてRAW現像、モノクロ化、Photoshop 4.0にて焼き込み、枠付け、トリミング 撮影地: 大阪府守口市 プリント: DPEショップ

佳作

「入学式を終えて」


作者:
後藤文夫
都道府県:
大阪府
年齢:
41歳

入学時期を欧米と同じく秋にもってこようという話もありますが、やはりサクラの季節がしっくりくると思うのは日本人的な感傷でしょうか。この写真でおもしろいのは裏庭であることです。表は記念写真をする人で混んでいたため裏に回ってきたということですが、この裏技を使ったことで「並」の入学記念写真にならなかったわけわけです。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF85mm F1.8 USM レタッチ: SILKYPIXにてモノクロ化、トリミング プリント: DPEショップ

佳作

「狙い」


作者:
川上和俊
都道府県:
兵庫県
年齢:
37歳

お父さんのまねをして盛んにファインダーをのぞこうとしているのでしょうか。一途なまなざしがすべてを物語っているようで、ほんわかとする作品です。将来、スナップの名手に成長するかもしれませんね。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: Nikon Capture 4にてRAW現像、モノクロ化、アンシャープマスク 撮影地: 和歌山県有田郡湯浅町 フィルター: ケンコー SUPER SL-39 プリント: エプソン PM-950C 用紙: エプソン フォトマット紙

佳作

「自慢のふるさと」


作者:
鍋島尊道
都道府県:
大阪府
年齢:
60歳

昭和初期ぐらいに建てられた家屋でしょうか。現在も人が住んでいるのかどうかはわかりませんが、どこか生活感が漂う気がします。そして、おばあさんの存在がこの作品に息吹を与えているといってよいでしょう。何気ない風景ですが、時の重さがじんわりとにじみ出てくる作品です。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF16-35mm F2.8L ⅡUSM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、モノクロ化 撮影地: 千葉県市原市 梅ケ瀬渓谷 フィルター: ケンコー C-PLフィルター プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「落水」


作者:
石井隆輝
都道府県:
東京都
年齢:
35歳

渓流など足場の悪いところで広角レンズを使うのは苦労をともないますが、前景をデフォルメするレンズ特性を活かしながら、奥行き感を引き出すことができます。望遠系レンズで岸から引き寄せるのとは、ひと味違った味わいを楽しむことができますね。この作品ではそのよさが感じられ、スローシャッターによるしなやかな水の質感が魅惑的です。もっともっと変化のおもしろい流れを見つけ出してください。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 40D レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical [IF] レタッチ: デジカメ de!! フォト工房 PREMIUMにてモノクロ化、トーン調整、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 和歌山県紀の川市 プリント: キヤノン PIXUS iP8600 用紙: キヤノン 写真用紙・絹目調

佳作

「猫との暮らし」


作者:
木村元繁
都道府県:
和歌山県
年齢:
44歳

ネコが一年で16匹増えて、いまでは20匹の大所帯というからビックリ。リビングに群がるネコたちの悠然としたしぐさが、この家の主であるかのように見えます。本来の主は隣の部屋に追いやられるようにして写真を撮ったわけですが、そのありようが作品からひしひしと伝わってくるのが微笑ましく思えます。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF24-85mm F3.5-4.5 USM レタッチ: Photoshop 6.0にてモノクロ化、レベル補正 撮影地: 神奈川県横浜市 大さん橋 フィルター: ケンコー UVフィルター プリント: キヤノン PIXUS Pro9500 用紙: キヤノン 写真用紙・絹目調

佳作

「西日」


作者:
山田益夫
都道府県:
神奈川県
年齢:
66歳

西日をうけ、写生をする若者をシルエットでとらえました。木目のパターン的な美しさとともに造形感覚にあふれる作品です。無心に絵筆に集中する姿をシンプルな形で見せることで、空間のもつ安らぎが引き出せたと思います。

 

2008年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:入江 進

SPEC

カメラ: ニコン D3 レンズ: AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED レタッチ: Photoshop CS3にてRAW現像、モノクロ化 撮影地: 新潟県上越市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: 三菱製紙 GEKKO ブルー・ラベル 〈微粒面光沢〉

佳作

「オフシーズン」


作者:
細川君だよ
都道府県:
富山県
年齢:
33歳

本来は夏が過ぎればたたまれてしまう海の家が、柱を残してぽつりと建っています。この家の主が、もの思いにふけるかのようにたたずんでいます。背景の冬の海は、夏の喧噪から解き放たれたような静けさを取り戻しており穏やかです。そっと向けた少しワイドなレンズが風景を温かく包み込んでいるようです。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: 1枚目 2枚目 3枚目 EF24-70mm F2.8L USM、4枚目 EF17-40mm F4L USM レタッチ: Photoshop CS2にてRAW現像後、トーンカーブ、レベル補正 撮影地: 長野県諏訪市 高島城 フィルター: フォギーフィルター

優秀賞

「花の一生」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
40歳

毎年同じように繰り返される、満開のサクラが散っていくといったありふれた光景を、時系列に並べただけの写真ですが、一枚一枚の写真の完成度が高く、とても印象的です。なにより、2枚目の前面ピンク色の背景に、クモに捕らえられた2枚の花びらが無常観をさそいます。この写真があることで、組写真全体がきりりと締まっています。花びらもクモも地上のはかない生命、サクラの花は散り、きっとこのクモもじきお堀に落ちてくいくのでしょう。水面に落下した花びらは、あざやかなピンク色がしだいに腐ってゆき、やがて夜が更け、暗い水面を花びらはちりちりになって流れて行きます。4枚目はスローシャッターを使ったことで、花びらが流れるように写り、効果的でした。ブルーの水面に映り込んだ4つの光が魂を象徴しているようです。なんて思うのは僕の勝手ですが、そんなことを想像させる余韻のある作品です。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1Ds MarkⅡ レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Photoshop 7.0にてトリミング、明るさ調整 撮影地: 大阪府大阪市 大和川河川敷

準優秀

「たそがれ時」


作者:
直田裕行
都道府県:
大阪府
年齢:
57歳

夕暮れの堤防。僕も夕方の川べりは大好きです。大きな川があるかぎりこんな情景は、日本中どこにでもあるのでしょう。普遍的な情感あふれる写真です。僕も江戸川の堤防を思い出しました。低いアングルから見上げると空が広く写り、背景がシンプルになり主題が浮かび上がります。どのカットにも人物が写り、それがアクセントのための点景ではなく、そのひとりひとりの気持ちを想像できるほどです。組写真は、こんなふうに一枚一枚余韻がある写真が向いているのでしょう。組写真にすることで広がりのあるイメージになり、露出を切り詰めて、ローキー調にしたことで、記憶のなかの情景になりました。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫







SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S9000 レタッチ: Photoshopにてレベル補正、彩度補正、アンシャープマスク

入選

「超常者の居場所」


作者:
原本行雄
都道府県:
広島県
年齢:
71歳

タイトルが思わせぶりですが、もう少し選者には「超常者の居場所」の薀蓄を説明してくれると撮影意図が伝わります。ただ意味は伝わらなくても、4枚の写真は、なにか起こりそうな不気味な雰囲気です。4枚とも距離感やアングルが違っていながら、同じ世界観をもっていて、一枚一枚の写真は完成しています。このぐらいの技量があるのなら、思わせぶりなタイトルではなく、もっと見る側が想像力のわきたつ、タイトルをつけてほしいと思います。小さなことですが、2枚目の写真はパンフォーカスですね。もっとピントが浅いほうが雰囲気が出ると思います。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫



SPEC

カメラ: ニコン COOLPIX S10 レタッチ: 1枚目はトリミング 撮影地: 群馬県前橋市

入選

「時は流れて」


作者:
丹羽倫子
都道府県:
群馬県
年齢:
49歳

どのくらいの時間が流れているのでしょう。タイトルから想像すると、同じネコなのでしょう。定点写真、ネコのポートレートですね。きっとこの塀の上がお気に入りの場所なのですね。青い空を背景に、冬の光を浴びて、なにかをねらっているのでしょうか、その目がまるで未来を見つめているようです。そんな若くりりしい姿、毛並みもしゃきっとしていたのが、いまやすっかりくたびれて、どっかりと塀に腰を下ろし、黄昏ています。曇り空の下、背景のモモの花が華やかなので、かえって侘しい気分です。でもこんなステキなポートレートを撮ってもらったこのネコ君は幸せです。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop 5.0にてカラー補正 撮影地: 神奈川県藤沢市 鵠沼海岸付近

佳作

「また、あした。」


作者:
福村雅史
都道府県:
神奈川県
年齢:
37歳

銀塩ポジフィルムだったら、カメラにフィルターをつけて、色調をコントロールしました。デジタルは、Photoshopで、自分の思いどおりの色調にすることも可能です。やりすぎないように、洗練に努めてください。1枚目がすばらしい。それに続く2枚はもっとドラマチックな展開になってほしい。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫



SPEC

カメラ: コニカミノルタ DiMAGE A1 撮影地: 東京都

佳作

「雨の東京」


作者:
角 祥太郎
都道府県:
大阪府
年齢:
44歳

雨の都会の光景。2枚の写真で組んでいますが、3点とか4点で組むと角さんの世界が見る側にもっと伝わるでしょう。2枚とも力強い写真です。こういう視点で、何十枚も撮れれば、現代の都会を表現することも可能になります。

 

2008年6月号選考 組写真投稿部門 選者:横木安良夫





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、レベル補正

佳作

「桜の木の下」


作者:
富岡満隆
都道府県:
長崎県
年齢:
40歳

満開のサクラの下で娘さんのポートレート。どの写真も魅力的です。でも3枚組むとなると、娘さんの表情が変わりばえしません。アングルだけではなく、もっといろんな表情が見たい。後ろ姿、クローズアップ、やり方はいろいろあります。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF Nikkor 50mm F1.4D レタッチ: Photoshop Elements4.0にてRAW現像、彩度・コントラスト調整

優秀賞

「駆け抜ける」


作者:
とんちゃん
都道府県:
広島県
年齢:
44歳

どうやって撮影しているのかと一瞬驚かされた作品です。カメラマンの撮影状況を思わず想像しました。補助輪をつけて元気に自転車を走らせるお子さんの成長を喜びつつ、いっしょに自転車を走らせている時間は親子だけのステキな時間です。必死にペダルをこぐ子どもの一生懸命なシルエットがなんともいえず、道路の小石が流れ、適切なシャッター値でスピード感をうまく出すことができました。ハイライトが飛びぎみな点が惜しいところですが、しっかりと意図が伝わってくる内容の濃い作品になっています。いまの瞬間を収めた一枚ですが、補助輪が取れ、ひとりで自転車に乗れるときを願う親心、未来への希望や夢が大きくふくらむハッピーな写真です。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 レタッチ: OLYMPUS Masterにて明るさ・コントラスト、彩度・カラーバランス、シャープネス調整 撮影地: 静岡県浜松市

準優秀

「白き尾をもつ鳥達」


作者:
井美雄紀
都道府県:
静岡県
年齢:
30歳

豪快に青空を舞う飛行機が迫力満点で、とてもさわやかで力強い作品です。編隊を組んで飛ぶエアフェスタのアクロバット飛行、時速何㎞で飛んでいるのでしょう。空間を安定した画面構成でまとめ、適切な露出で写すことができました。シンプルでその描写の美しさに惹かれます。14-42mmのレンズで撮って、トリミングをせずにこんなに大きく写っているということは、かなり近くで撮影できたのですね。もっと長い望遠レンズで撮られているのかと思いました。アクロバット飛行は猛スピードの華麗なショーですが、瞬間の判断でフレーム画面を有効に活かしてまとめた点はたいへんみごとです。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM 撮影地: 東京都 靖国神社

入選

「チャーミングなおしり」


作者:
甕直樹
都道府県:
千葉県
年齢:
44歳

にくい視点でまとめ、人生の重みなどが集約された世界観を感じさせます。露出・レンズワークを自分の意志で決め、主役をしっかり浮き出させています。おしりをプリッとつき出して短足ぎみ??に写ったカメラマンのフォームもたいへんユーモラスです。絞りを開いて観光客の顔をソフトにぼかすことで、カメラマンの存在がグッと浮き上がってきます。一生懸命仕事をしている後ろ姿ってほんとうにステキです。最近人物の顔を大きく写すと肖像権の問題が起こってしまい、むずかしくなってきていますが、この作品はそんな問題もまったくない、みごとなスナップショットとなりました。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、色合い・シャープネス調整 撮影地: 長野県駒ヶ根市 千畳敷 フィルター: PLフィルター

入選

「烈風が創り上げたシュカブラ」


作者:
生田隆雄
都道府県:
愛知県
年齢:
32歳

冬山の厳しさと澄んだ空気感、色彩の美しさと雪面の描写、魅力のある作品となりました。極寒のなかでの撮影、その努力には敬意を表します。ただ青い空と遠景のアルプスの山並み、そして雪紋が仲よく共存しすぎてしまったところが気になります。タイトルにシュカブラ(雪紋)と入れているくらいですから、この場合、いちばん見せたい部分は雪紋であったと思います。撮影ポジションを少し左に移動し、フレーミングを工夫することで、より雪紋を強調することができたかと思います。画面の右下のスペースが広くなりすぎたことにより、美しい雪紋の存在よりも山並みが強い存在となってしまいました。追求する気持ちを大切に努力を惜しまず頑張ってください。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: トキナー AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさ調整

入選

「みちとのそうぐう」


作者:
川太郎
都道府県:
静岡県
年齢:
31歳

うるさくなりがちな背景を雪がうまく隠してくれたので、統一感のある空間になりました。女の子とイヌ、ふたつの世界をいいフレーミングで構成しています。シンプルになりがちな雪景色の写真ですが、女の子が着ているピンクのジャケットの色合いが、画面のなかで映える存在となっています。壁の向こうに存在するお互いの世界をどんな風に感じているのでしょうか。伸ばした女の子の手の先に広がる世界、女の子から見えないそんな視界の先の世界をのぞき見しているワクワク感が楽しい一枚です。超広角レンズは、目で見る実際の世界をデフォルメして異世界空間を作り出してくれます。レンズの効果をうまく活かすことができました。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 埼玉県 秩父鉄道浦山口駅

入選

「鉄道員」


作者:
azure
都道府県:
東京都
年齢:
32歳

ほのぼのとして温かさを心に感じさせる一枚です。背景のポスターや看板などもうまく主役を盛り立ててくれています。素直にまとめている点が好感度を上げています。やさしい光に包まれた駅員さんの表情からはお人柄もうかがえ、カメラマンとのフォトコミュニケーションも成功していい表情を引き出せました。私はこの作品に関してはこれで十分かと思いますが、さらに上を目指すにはより時間をかけて表情を追ってみることでしょう。真正面から被写体に取り組んでいる点、雑然とした背景の中心に駅員さんを置き、カメラ目線で正面からねらったその素直さを高く評価します。瞬間を引き出すその気迫を大切に持ち続けていきましょう。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: シグマ 105mm F2.8 EX DG MACRO レタッチ: Photoshop CS3にてトーンカーブ・スマートシャープ調整、トリミング 撮影地: 東京都足立区 舎人公園

入選

「春の共同作業」


作者:
植西重之
都道府県:
埼玉県
年齢:
66歳

春色が画面に広がり、蜜を集めるハチたちを主役にまとめています。植西さんはマクロレンズを使った写真をたくさん応募してくださいました。一本のレンズを駆使して熱心にマクロ表現を追求されていることが、強く伝わってきました。私も新しいレンズを入手すると、そのレンズ1本だけで撮影に出かけます。レンズの画角をマスターするにはそれがいちばんの近道なのです。黄色いナノハナにミツバチの配色がよく、ソフトな効果で背景を淡くぼかしたやさしさあふれる作品です。一生懸命蜜を集めて働くミツバチを効果的なポジションに配置し、うまくまとめています。画面に無駄なものがなくねらいをはっきり集約した点、色彩で見せる世界が完成度を上げています。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: タムロン AF18-250mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ LD Aspherical [IF] Macro レタッチ: Google Picasaにてトリミング 撮影地: 新潟県村上市

佳作

「幼馴染」


作者:
大矢弥之介
都道府県:
新潟県
年齢:
57歳

お彼岸の墓参りで幼なじみのふたりが何十年ぶりに再会し、手を取り合ってお互いの元気を讃え合っています。同じ時代を歩み、久しぶりの再会を喜ぶ……そんな田舎町での素朴な光景です。長い時間離れていたものの、重ねた年月も忘れ、一瞬で昔に戻ったというその様子から、仲よしだったふたりの関係に温かいものを感じます。背景にお彼岸という空気感を入れたかった気持ちはわかりますが、青いテントや足場がチラチラと見えており、周囲の取り入れ方が少し雑な気がします。昔話に盛り上がるふたりの様子は十分伝わってきますが、もう少し背景を考えてカメラマンが動いてほしかったです。おもしろい被写体に出合ったら、1ショットで満足せずに角度を変えてどんどん追いかけることが大切です。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: オリンパス E-510 レンズ: ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 撮影地: 大阪府

佳作

「工場夜煙」


作者:
まあいパパ
都道府県:
大阪府
年齢:
34歳

暗闇を強く照らして活動を続ける工場地帯は、昼夜を問わず24時間動き続けています。照明に浮かぶ石油工場は、陽が沈んでも妖しく煙を噴き出していて不気味です。スローシャッターで、噴き出す蒸気と噴煙、炎を幻想的に表現できました。いろいろな光源が混じり合い、恐ろしいようで美しい不思議な空間を作り出しています。この日は星も光る穏やかな日だったようで、引き締まった露出とシャープな画面作り、撮影テクニックがみごとです。この場所をテーマに、変化のある視点で被写体を見つけ作品を積み上げていけば、ステキな写真展や写真集ができる日がいつかきっと来ることでしょう。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D Super レンズ: タムロン AF28-200mm F/3.8-5.6 XR Di Aspherical [IF] Macro 撮影地: 愛知県

佳作

「春の雪」


作者:
平蔵
都道府県:
愛知県
年齢:
39歳

ウメがほころぶころ、大雪が降り積もりました。よくこんな細い枝にたくさんの雪が積もったものです。紅梅の花たちは雪の衣を身にまとい、寒々しいはずですが、その力強く咲き誇る様子にパワーを感じます。細い枝に積もる雪が重そうに見えますが、しっかりまっすぐ上に伸びた枝は私たちに生命力の強さを教えてくれています。こういうとき、カメラ好きの写真人間は「待ってました」とカメラを抱えて、春と冬の同居した珍しい光景に被写体を求め走り回るのです。ワクワクした気持ちで撮影に励む平蔵さんの姿が目に見えるようです。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D40 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) 撮影地: アメリカ サンフランシスコ

佳作

「花曇りのサンフランシスコ」


作者:
ゆう
都道府県:
神奈川県
年齢:
41歳

画面の手前から奥に広がる雲々の層と手前の半島や海岸線がアンダーになり、その間に挟まれたはるか彼方に見えるサンフランシスコの街並みが夕陽に染まる、そんな美しい光景を写し出すことができました。建物の間に、斜めから差し込む雲間からの採光がとてもきれいです。露出の決め方と美しい光をとらえたことが成功の決め手です。微妙な光の陰影をつかんでいる点や、流れる雲と波の表情も作品の効果を上げています。写真は光の芸術です。光を読むこと、光をいい露出で強調して作り上げることが大切です。旅で出合った光景をうまく自分の瞬間にしました。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: ニコン D300 レンズ: コシナ ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

佳作

「鏡視線」


作者:
はたぼー
都道府県:
大分県
年齢:
46歳

小麦色に日焼けをした肌、キリリとしたまゆと鋭い視線は野性的です。一方、ナイスなヘアファッションは水着のコスチュームとおそろいのカラーでおしゃれで個性的。ミラーを利用してふたつの世界を切り取りまとめています。鏡の向こうに映る姿と視線はこちらを静かに見つめてなにかを主張してくるようで、輝く瞳にパワーがあります。しかし、フレーミングがあいまいなため、水着やおなかの部分がなんだかスマートではありません。体のラインをもっとよく観察して画面に活かしてほしかったです。セクシーさに欠けるのはそのせいかと思います。フォトコミュニケーションで表情を引き出し、モデルの心を燃えさせるのもカメラマンの仕事です。

 

2008年6月号選考 入門投稿部門 選者:佐藤仁重

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-TZ1 レンズ: レタッチ:Photoshp CSにて色調補正、トリミング 撮影地: 北海道上川郡 美瑛

佳作

「あしあと」


作者:
なかむらひろゆき
都道府県:
兵庫県
年齢:
36歳

広がる雪原に動物の足跡がひと筋に続きます。足跡の主はウサギか? シカか? オオカミか? 都会育ちの私にはよくわかりませんが、その光景から「厳しい冬を乗り越え強く生きる」という感動が伝わってきます。青空には雲が流れ、雪原には雲の陰影が映ります。やや明るすぎる露出のため、雪面の描写力に欠けます。レタッチソフトを利用して、もう少し明るさを抑えたほうが雪面や足跡がはっきりしてくることでしょう。またせっかくいい雲が浮かんでいるのですから、時間をかけて雲の形や流れをもっと観察し、画面に活かしましょう。タイトルはそのまますぎるので、もっと広がりのあるタイトルを考えましょう。

 
フォトコンテスト パートナー募集


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻