EOS Kiss Digital X:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS Kiss Digital X

EOS Kiss Digital Xのレビュー・撮影記

もっと見る

EOS Kiss Digital XのGANREFマガジン最新記事

キヤノンEOS Kiss Digital Xの実写画像を緊急公開!!

9月8日にキヤノンから発売予定の「EOS Kiss Digital X」のISO感度別実写画像を特別に緊急公開します。

公開日: 2006年08月27日

EOS Kiss Digital Xの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 1
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 705

EOS Kiss Digital Xの新着写真

EOS Kiss Digital Xのマガジン記事

キヤノンEOS Kiss Digital Xの実写画像を緊急公開!!

公開日: 2006年08月27日

 9月8日にキヤノンから発売予定の「EOS Kiss Digital X」のISO感度別実写画像を特別に緊急公開します。
 9月20日発売のデジタルカメラマガジン10月号では、競合他機種との実力をさらに多角的に検証する予定です。どうぞご期待ください。

■キヤノン:ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2006-08/pr-eoskissdx.html?jp=pr-eoskissdx

■キヤノン:EOS KissデジタルX
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissdx/

【撮影:高橋良輔】

ISO 100

ISO 200

ISO 400

ISO 800

ISO 1600

*……キヤノンEOS Kiss Digital Xの撮影にはすべて試作機を使用しており、製品版とは異なる可能性があります。

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/canon/5#imp_24

EOS Kiss Digital Xのマガジン記事

キヤノン、EOS Kiss Digital Xを9月8日に発売

公開日: 2006年08月22日

EKDX_MAIN.jpg
 
キヤノン
EOS Kiss Digital X ボディ
◎発売日 : 2006年9月8日
◎標準価格 : オープン
◎想定市場価格 :9万円前後

EOS Kiss Digital X レンズキット
◎発売日 : 2006年9月8日
◎標準価格 : オープン
◎想定市場価格 :11万円前後

EOS Kiss Digital X Wズームレンズキット
◎発売日 : 2006年9月8日
◎標準価格 : オープン
◎想定市場価格 :13万円強

 

シリーズ10作目のKissは1,000万画素とゴミ対策を実現

CAMETAKA.gif

高橋良輔

広告写真スタジオ、出版社勤務を経て'87年よりフリーカメラマンに。雑誌などを中心に、広告、舞台、料理など、分野は問わないが、“ためにならない仕事”は受けない主義。市井の写真職人として、現場主義に徹する。

 ついにエントリー一眼レフの本命ともいうべき大ブランド、EOS Kissシリーズに新製品が登場する。その名は「EOS Kiss Digital X」。全世界でベストセラーとなった従来機種のイメージをそのままに、新開発の1,010万画素CMOSセンサーを搭載。先行する他社に遅れはしたが、混戦が続く低価格10メガ戦線に大きな一石を投じることになった。
 ボディとデザインコンセプトは基本的にEOS Kiss Digital Nのイメージを色濃く残す。大きさでは旧機種とほぼ同一であり、真正面からのスタイルでは大きな差は見出せない。しかし背面に目をやると、そこには待望の2.5型液晶モニターが装備されており、旧型との違いをここぞとばかりアピールしている。重量的には旧型の約485gに対して約510gと、(ともに本体のみ)若干の増加とはなってはいるが、あの軽快さは依然として健在だ。
 基本性能面ではAFシステムを大幅に刷新。EOS 30Dと同等の性能をもつ9点測距式に変更された。また同社の定番となったピクチャースタイルにも対応を果たしている。しかし、これだけでは「たんなる画素アップ版」と取られてしまうだろうが、今回の新製品投入にはさらに大きなサプライズが隠されていた。その機能が「EOS Integrated Cleanig System」というもので、同社初となる本格的なダスト対策機構だ。
 具体的には、センサーの前面の保護部に振動を加え付着したゴミを振るい落とす方式だが、オリンパスのような防塵専用のフィルターを用いず、なんとローパスフィルターの1枚を圧電素子で直接振動させている。そしてこのメカ「Self Cleaning Senser Unit」に加えて、同梱のアプリケーションソフトDigital Photo Professional(DPP)にも「Dust Delete機能」を搭載。画像処理でもゴミの写り込みが低減できるシステムをもつ。これまで個別での対応は各メーカーでも見られたものの、メカとソフトの両面からの対応は世界初の試みといえるだろう。まだまだ気になる点は数多いが、続編は9月20日発売のデジタルカメラマガジン10月号をご期待いただきたい。

■キヤノン:ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2006-08/pr-eoskissdx.html?jp=pr-eoskissdx

■キヤノン:EOS KissデジタルX
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissdx/

EOS Kiss Digital X 【コメント:編集部】

2.5型の液晶を採用し、競合製品にようやく並んだ背面モニター。ファインダー接眼部下にアイセンサーを搭載して、撮影時にモニターが消灯する

従来と同様に、ブラックとシルバーのカラーバリエーションが用意されている。シルバーの色はEOS Kiss Digital Nよりも明るめになった

縦位置撮影用のシャッターボタンを装備するバッテリーグリップも装着できる。EOS Kiss Digital Nと同時発売された「BG-E3」が利用可能だ

大幅な改良が加えられたローパスフィルター部分。最前面のローパスフィルターを圧電素子で振動させて、能動的にゴミをふるい落とす機構を搭載する

有効1,010万画素のCMOSイメージセンサー。これが左の図の一番奥のユニットに相当する

CMOSイメージセンサーのユニット前に配置される、ローパスフィルターや赤外吸収フィルターを組み合わせたフィルターユニット。これでゴミをふるい落とす

CMOSセンサーユニットとフィルターユニットの前には、このシャッターユニットが配置される。APS-Cサイズに最適化されたコンパクトな構造だ

2006年9月から4カ月間で、単機種シェア45%を目指すという

テレビCMでは、“KISS”のメイクでおなじみの4人組がゴジラとコラボレーションする

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/canon/5#imp_23


↑ページの先頭へ