D3X:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ニコン > D3X

D3Xのレビュー・撮影記

もっと見る

D3XのGANREFマガジン最新記事

ニコン D3X実写レポート

現時点でのデジタル一眼レフカメラ最多画素を誇るソニー製・約2,450万画素のCMOSイメージセンサーを搭載する「D3X」。その描写力を実写レポートでお届けする。

公開日: 2009年03月10日

D3Xの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 85
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 66

D3Xの新着写真

D3Xのマガジン記事

ニコン D3X実写レポート

公開日: 2009年03月10日

 ニコンからフラグシップ機「D3」の高画素バージョンとなる「D3X」が発売された。最大の特徴は、やはり「D3」の約2倍の画素数となるソニー製・約2,450万画素のCMOSイメージセンサーを搭載していることであり、ソニー「α900」に続き、現時点でのデジタル一眼レフカメラ最多画素を誇ることだ。それではさっそくその描写力を見てみることにしよう。

 「D3X」を手にした第一印象は、コマ速以外の撮影機能と外観デザインは「D3」とほぼ同じで、まったく違和感がないことだ。新機種としては新鮮味に乏しい気もするが、プロの撮影現場では、カメラを持ち換えた際の操作感の違いを嫌うので、プロの道具として操作性を統一するのはむしろ当然の選択であるともいえる。また画素数が約2倍になっている分、コマ速はFXフォーマットで最大約5コマ/秒となるが、多画素機としては十分なパフォーマンスであると言えるだろう。さらなる高速連写や高感度が必要な場合は「D3」、高画質を優先する場合は「D3X」と役割分担もできる。

 さて、肝心の画質のほうは「D3」の絵をそのまま2枚貼り合わせたような感覚で、多画素になりながらも画素単位のクオリティーの低下がまったく感じられず、極めて優秀な描写が得られている。作例の撮影は高性能レンズを中心に使用したが、画素数が増加した分の解像感がそのまま得られていることがわかる。

 また、35mmフルサイズのカメラで問題になりがちな画面周辺部の画質についても、画面の隅々まで中央部と変わりない極めてシャープな像が得られているのには驚かされた。この点では他社の2,000万画素オーバー機を大きくリードしたといえるだろう。約32年ぶりに新規に設計された「AF-S 50mm F1.4G」でも解放絞りからシャープでありながらボケ味にも優れた優秀な描写が得られており、「D3X」の高画質を十分に引き出すことのできるレンズシステムが着々と構築されていることがわかる。

 また「D3X」では基準感度がISO 100となり、どちらかといえば低感度・高画質優先の設定であるが、通常設定のISO 1600まではまったく問題なく常用可能であるし、拡張設定のHI1のISO 3200、HI2のISO 6400でも筋ノイズやムラなどの気になるノイズは見られず、十分使用できる優秀な高感度特性が得られていた。究極の高感度画質では「D3」に一歩譲るものの、画素数でカバーできる面もあるので、実用的にはかなり使える高感度特性であると感じられた。

 ただ、シャープネスの輪郭が「D3」と同様にやや太めである点が唯一残念な点である。JPEGデータではシャープネスの輪郭が太いと被写体の細かなディテールをスポイルしてしまうばかりか、いったん太めのシャープネスがかかってしまうと、その後のレタッチで細かなディテールを復元することができなくなってしまう。「D3」のような高感度優先のカメラでは太めの輪郭も容認できるが、デリケートなディテール再現の重要な高画質優先のカメラで「D3」と同様のシャープネスを採用するのはあまり適切ではないと思う。そのため「D3X」の究極の高画質を引き出したい場合は、RAWデータ撮影を行い「Capture NX2」などのRAW現像ソフトでデフォルトのシャープネスをOFFにし、シャープネスを再設定する必要がある。
 とはいえレンズ性能を含めた総合的な画質で、現時点でデジタル一眼レフカメラ最高峰の画質を手に入れることができるカメラといえそうだ。

「Nicon D3X」実写画像

「Nicon D3X」実写画像:1/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F4/シャッタースピード:1/400秒/ISO感度:1600/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:3/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED(45mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/1000秒/露出補正:+0.3EV/ISO感度:100/WB:晴天/ピクチャーコントロール:ビビッド/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:2/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F2/シャッタースピード:1/800秒/ISO感度:1600/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:4/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED(24mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/1600秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:400/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:5/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED(48mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/1000秒/ISO感度:400/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:6/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/100秒/ISO感度:100/WB:晴天/ピクチャーコントロール:モノクローム/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:10/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED(24mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/4秒/ISO感度:400/WB:オート/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:8/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8/シャッタースピード:1/100秒/露出補正:-1.3EV/ISO感度:800/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:9/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F1.4/シャッタースピード:1/2500秒/露出補正:-1.3EV/ISO感度:400/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

「Nicon D3X」実写画像:7/10

カメラ:D3X/レンズ:AF-S NIKKOR 50mm F1.4G/露出モード:絞り優先オート/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/100秒/露出補正:-1.0EV/ISO感度:1600/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

撮影/レポート:杉本利彦

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 55

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/nikon/324#imp_16

D3Xのマガジン記事

ニコン D3X実写レポート:ISO感度別実写速報

公開日: 2008年12月03日

 ニコンから12月1日に発表されたFXフォーマット2,450万画素CMOSを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D3X」で撮影したISO感度別の実写速報をお届けする。

撮影:上田晃司

ISO感度別実写画像

「D3X」では通常設定の感度ISO 100~1600と、ISO 100に対して1段減感となるLo 1(ISO 50相当)、ISO 1600に対して2段増感のHi 2(ISO 6400相当)までの拡張設定ができる。高感度ノイズ低減は[強め][標準][弱め][しない]の4つから選択でき、ISO 800以上に設定した場合のみ機能が有効になる。ただし、高感度ノイズ低減を[しない]に設定していても増感時は常時[弱め]のノイズ低減が働く。

ISO感度 高感度ノイズ低減
強め
高感度ノイズ低減
標準
高感度ノイズ低減
弱め
高感度ノイズ低減
しない
Lo 1(ISO 50) Lo 1(ISO 50):高感度ノイズ低減 しない
ISO 100 ISO 100:高感度ノイズ低減 しない
ISO 200 ISO 200:高感度ノイズ低減 しない
ISO 400 ISO 400:高感度ノイズ低減 しない
ISO 800 ISO 800:高感度ノイズ低減 強め ISO 800:高感度ノイズ低減 標準 ISO 800:高感度ノイズ低減 弱め ISO 800:高感度ノイズ低減 しない
ISO 1600 ISO 1600:高感度ノイズ低減 強め ISO 1600:高感度ノイズ低減 標準 ISO 1600:高感度ノイズ低減 弱め ISO 1600:高感度ノイズ低減 しない
Hi 1(ISO 3200) Hi 1(ISO 3200):高感度ノイズ低減 強め Hi 1(ISO 3200):高感度ノイズ低減 標準 Hi 1(ISO 3200):高感度ノイズ低減 弱め
Hi 2(ISO 6400) Hi 2(ISO 6400):高感度ノイズ低減 強め Hi 2(ISO 6400):高感度ノイズ低減 標準 Hi 2(ISO 6400):高感度ノイズ低減 弱め

カメラ:D3X/レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED/露出モード:マニュアル/絞り:F5.6/露出補正:-0.7EV/WB:オート/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(FXフォーマット サイズL/画質 FINE)

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 11

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/nikon/324#imp_7

D3Xのマガジン記事

ソニー、35mmフルサイズで有効2,481万画素CMOSイメージセンサーの開発を発表

公開日: 2008年01月30日

2008年中に量産

 ソニー株式会社は、1月30日、デジタル一眼レフカメラ向けとして35mmフルサイズで有効2,481万画素CMOSイメージセンサーを開発したと発表した。

CMOSイメージセンサー35mmフルサイズで有効2,481万画素のCMOSイメージセンサー  今回開発されたCMOSイメージセンサーは、A/D変換器を画素の垂直列ごとに並列配置した独自の「列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)」を採用することで、イメージセンサーの大型化に伴って生じるノイズの混入や動作の低速化に対応し、高画質・高速動作を実現した。高性能なデジタル一眼レフカメラ開発の要求に応える、としている。12ビットADコンバータを内蔵し、全画素読み出しで毎秒6.3フレームの読み出しに対応。2008年中の量産を予定している。

レポート:GANREF編集部

■[Sony Japan|プレスリリース | 35mmフルサイズで有効2481万画素と高速読み出しを実現 デジタル一眼レフカメラ向けCMOSイメージセンサー 開発]のページ
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200801/08-010/

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 2

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/nikon/324#imp_95

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ