Please wait... loading

FOVEONに野鳥を刻む

現在表示しているページ
ホーム > Inaba Makotoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年8月 > FOVEONに野鳥を刻む

投稿日:2019/08/12

動き物は不向きと言われるシグマのカメラではあるけれど、それでもベイヤー配列にはない唯一無二のFOVEONセンサーから生み出される立体感、質感、空気感が、野鳥達のひた向きな姿を、その生命力を記録できないなんてことがあるのだろうか? そんなふとした疑問から手にしたSD Quattro Hで、野鳥撮影に挑んでみました。
いろいろ苦労はありますが、意外と撮るだけなら撮れるものです。そこから立体感、質感、空気感を出すには、いろいろなことをかなり計算しないといけないとは思いましたが…。まだ道半ば、その域には達しておりませんが、ご興味ありましたら、この無謀とも思える挑戦をご覧ください。

今回は、本年5月下旬より撮り始めた約2ヶ月半の撮影記録です。


初回撮影日に撮れた「ツバメ」です。置きピンで、その距離にくるタイミングを計っています。これが撮れたおかげで、何となくいけるのではないかと思った1枚です。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/3200秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
200


飛び出しの「チョウゲンボウ」。あまりに近かったので、フレームに入るか?ピンがくるか?と不安でした(結局甘いですが)。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2500秒
絞り数値:
F2.5
ISO感度:
100


滑空する「イワツバメ」。これも置きピンです。ピン置きの距離を縮めているので、フレームに入れるのがひと苦労でした。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
200


海水を飲みに来た「アオバト」。やはり野鳥撮影には超望遠が必要に思いました。これ以降135/1.8と平行して使用しています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
シグマ sd Quattro H
焦点距離:
403.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
200


「スズメ」、お弁当付(笑)。基本すべてマニュアルフォーカスなので、シャッターチャンスを逃すことが多いです。その中にあって合わせられたカット。ラッキーでした。135/1.8の解像は半端ないです。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F3.5
ISO感度:
200


神社の鳥居前にいた「カルガモ」。こういう物語が撮れると、あまりセンサーの違いとか関係なく感じてしまいます(笑)。
お参りに来たのですが、何か?

写真を拡大する

カメラ:
シグマ sd Quattro H
レンズ:
シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


まとめ:やはり静物向きだと思うところなど多々あるSD Quattro Hですが、自分なりに手応えを感じるところもあり、また、撮った画像を現像するたびに、その絵に惹かれ、これからもFOVEONでも野鳥を追って行きたいと思っています。
機会があれば、第2、3弾とレビューも書きたいと思いますので、よろしければまたお付き合いください。

最後に私事なのですが、横浜の中区吉田町にあるphotobar「sa:yo」(サヨウ)さんで開催のシグマ縛りのグループ展「だからSIGMAを愛してる。」に出展いたします。

https://photo-bar-sayou.amebaownd.com

期間中お近くにお寄りの際は、ぜひ足をお運びください。(時間はまちまちですが)ほぼ毎日在廊予定にしておりますので、シグマ(FOVEON)について、写真について、撮影について、カメラについて熱く語りましょう。私以外の出展者4名は、FOVEONならではの美しい写真を披露してくれているはずです。私は、このレビューのように「動」に重点をおいた野鳥写真になります。

8/14〜25(月曜定休日)16:30〜23:00(日曜のみ15:00〜21:30)
キャッシュオンデリバリー(前払い)。店内禁煙。 BARですので、ワンドリンク以上のオーダーをお願いいたします。

コメント(1,000文字以内)

12件中 1〜10件目

Inaba Makoto
alpha.330さま、「シグマ」に反応、ありがとうござます(笑)。撮るほどに惹かれるFoveon画像です。まだまだ撮り始めたばかりなので、これからも野鳥でドンドン攻めて行きたいと思います。
シグマ機をお持ちでないとのことですが、alpha.330さんの作品を見る限り、Foveon向きのテーマが多く、勿体ない気もします(私は昔6Dユーザーでしたので、その良さもわかります)。ここぞという時のためにdp2merrillなどをカバンに忍ばせて置くなどどうでしょうか?(*^^*)
LマウントFoveonは大いに期待しています。今春出ていれば手にしていたはずですので(*^^*)

2019年08月17日 00:18

alpha.330
シグマに反応して訪問しました。初めましてm(__)m
FOVEONセンサー大好きです。持ってませんが。。。シグマカメラで鳥ってのがまた(笑)
次のフルサイズはご購入ですか??

2019年08月15日 20:17

Inaba Makoto
ひろくん様、ご訪問いただきありがとうございます。貴殿の投稿作品をいくつか見させていただきましたが、あれだけ撮れる方が、どうして無理なことがありましょうか。挑戦されれば、意外と簡単に撮れること(撮り方)を理解されるだろうと推察します。でも、労力に見合った対価になるかは別なので、よろしければしばらくの間、温かく見守っていてください(笑)。

2019年08月12日 21:47

ひろくん
勉強になりました、私には無理のようですが。

2019年08月12日 20:32

Inaba Makoto
ニコポンさま、ご訪問、またコメントありがとうございます。Foveonでの野鳥撮影に135/1.8を最初に選んだのは、撮り始めて直ぐにベストな選択だと感じました。間違いなくFoveonを活かすレンズです。そのあと150-600Cを追加していますが、これも写りは良いです(MFでは使いづらい)。カメラの操作感は褒められませんが、その写りに!SIGMAの写真に向き合う姿勢に!惚れました。が、そこには間違いなく「根性」が必要なので、万人にオススメは決してできないですね。特に野鳥撮影の多くの人には、こんな変態撮影者もいるんだと白い目で見ながら、秒間十数コマの撮影を楽しまれた方が有益だとは思います。かく言う私もベイヤー機を手放す気はありませんので(笑)。ニコポンさんもくれぐれも道を間違えませんように、それでも手にされる時は、お覚悟を(笑)!

2019年08月12日 11:22

Inaba Makoto
にゃあ 猛暑夏眠中^^;さま、ご訪問ありがとうございます。Canon→M4/3(op)→Nikon→SIGMAときているので、あとはFuji,PKとSonyは使わないといけないですかね(笑)。現在C以外は所有し、状況に応じて使い分けています。ベイヤー機は記録はできますが(故に枚数は増える)、作品となる一枚が撮れる確率は、Foveonのそれとあまり変わらない気がしています。そもそもSIGMA機は枚数が撮れないので、スナップ的記録的撮影が苦手です。でも「作品」のためには良いセンサーだと思っています。今はLマウントFoveonの登場が、機材として1番待ち遠しいですね(笑)。

2019年08月12日 10:55

Inaba Makoto
INPUTエチゼンさま、いつも拙作をご覧いただきありがとうございます。この撮影記で、少しでも、Foveonを感じていただけたのでしたら、幸いです。更にこのセンサーの特性を理解して、苦行の撮影を楽しみたいと思っています(笑)。ご訪問ありがとうございました。

2019年08月12日 10:36

Inaba Makoto
フィールド健康法さま、早速のコメントありがとうございます。撮り始めてから、Foveonは「作品」を作るセンサーだと感じていましたので、そう言われると嬉しいです。ただそれ故に、写真の沼にどんどん引き込まれ、さらなる欲求に駆られます。底なし沼に入ったのかも知れません(笑)。

2019年08月12日 10:28

ニコポン
どれも素晴らしい描写ですね。シグマのカメラは以前DP2メリルを使用しました。写りはいいのですが、ファインダーがないのが私にはだめでした。Quattro H(135ミリも)シグマ本社のイベントで借りて使いましたが、その画質には驚かされ購入も検討しました。しかし、結局私が無精者であること、持っているレンズをそのまま使えることからZにしました。気に入って使用していますが、今もHが欲しくなることがよくあります。

2019年08月12日 09:03

にゃあ 猛暑夏眠中^^;
試行錯誤して、最適の機材を見つけて下さい^^

2019年08月12日 09:03

12件中 1〜10件目

GOLD 2

Inaba Makoto

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
192145
Next Point
57855
メインカメラ
D500

プロフィール

カワセミを中心に、野鳥の「はっ」、「ひっ」、「ふぅ」、「へっ」、「ほっ」を...