Please wait... loading

グループ写真展 ノウハウ健忘録 * 搬出と売上管理

現在表示しているページ
ホーム > alpha.330さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年5月 > グループ写真展 ノウハウ健忘録 * 搬出と売上管理

投稿日:2019/05/14

撮影期間 2019年03月19日 ~ 2019年03月24日
使用した機材 キヤノン EOS 6D Mark II
グループ写真展 ノウハウ健忘録 9
搬出と売上管理

第1回 ノウハウ健忘録もくじ
第2回 コンセプトの重要性
第3回 会場の選定
第4回 フライヤーの作成と広告
第5回 作品の現像とプリント
第6回 予算と支出
第7回 展示方法と搬入
第8回 会場管理と物販
第9回 搬出と売上管理(今回)
第10回 編集後記☆書き忘れたこと

写真展、お疲れ様でした。
写真展にはどれだけの方に感動をお分けできたでしょうか。
写真展の成功は来客数ではないと思っています。
来客数が少ないからと言って、落胆しないでください。
開催することにこそ、意味があると思います。

搬出には今まで展示した作品をおろすだけではありません。
賃貸住宅ではないですが、現状復帰作業が残っています。
現状復帰まで求めないギャラリーもあります。
壁はパテを塗るべきなのか、そのパテをこちらで用意すべきなのか、ギャラリー側で用意していただけるの確認が必要です。
パテはホームセンターで安価で購入可能です。
パテを必要とする場合はパテ代も予算に含めましょう。
搬出する際も全員が参加できるとは限らず、不参加者の作品搬出については搬出日までに確認しておく必要があります。
宅配業者に集荷をお願いするにしても、着払いの伝票を前もって記入してもらうなどの処理をしましょう。
搬出の時間が遅いと集荷して貰えない業者もあります。搬出日までに手配し、万全にしましょう。
その他、配送については搬入の回で書いたことに準じます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
15.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Manual


展示作品を下ろす
→作品の梱包
→配送または引き取り搬出
→壁の復旧作業
→設置備品の後片付け
→忘れ物がないかの確認

が流れとなります。

搬出の際はたとえギャラリー側がごみ捨てをしてくれるとしても、ゴミはもちかえりましょう。
気持ちよく後片付けをすることで、のちのちの評価にも繋がります。
撮影現場だと思って後片付けは抜かりなく行うことをオススメします。

搬出後、ギャラリーの方に会期中のお礼の挨拶を怠らず行いましょう。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
300.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
15秒
絞り数値:
F9.0
ISO感度:
100


物販の売上管理は搬出と並行して行います。
この時点でマイナス計上か、プラス計上かの大まかな算出をします。
また、マージンがある場合はギャラリー側と売上について情報交換する必要性があります。
マージンの扱いはギャラリーにより異なります。この段階でマージン支払いなどの確認を必ずしてください。
また、マイナスかプラスかの判断をして終了時ミーティングで報告します。
プラスマイナスの扱いを今後どうするのか、大まかな指標を報告してください。
プラスの場合は次に開催する写真展があるならばその資産ベースとなります。
マイナスならばその負担額が誰かが負っていることになり、のちのちに負債額を分配して支払いをお願いするのか会計担当者と運営担当者などで判断しましょう。
アバウトで構わないならばここまで厳密にする必要はないのですが、グループですから全員がアバウトでいいのか否か、意見を聞くべきではないでしょうか。
1部の意見だけを押し通すことに異を唱えたいと思います。

写真展終了後に厳密な会計報告を参加者全員にしましょう。
私は、今回の会計報告を聞いていませんが……
( ・ - ・ )



また、ギャラリー側には2、3日ほど置いて会期中お世話になりましたと1報入れることをオススメします。
思わぬ忘れ物があったり、確認しなければならないことがあったりする可能性があります。また、次にそのギャラリーを再使用するための足がかりになったりもするでしょう。

そのギャラリーをまた使う使わないに限らず、グループの評価を下げないために後の印象は大事になってきます。
開催前よりも開催後には十分に気を付けましょう。

今回のシリーズはある種の健忘録です。
写真の表現方法に正解や不正解が無いように写真展の取り組みに正解や不正解はありません。
やってよかったと思える写真展を開催できることを願いまして、第9回締めといたします。

長文、最後まで読んで頂きましてありがとうございます。



-----------------------------------
-----


第1回 ノウハウ健忘録もくじ
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18104
第2回 コンセプトの重要性
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18105
第3回 会場の選定
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18120
第4回 フライヤーの作成と広告
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18127
第5回 作品の現像とプリント
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18176
第6回 予算と支出
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18186
第7回 展示方法と搬入
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18193
第8回 会場管理と物販
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18192
第9回 搬出と売上管理
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18200
第10回 編集後記☆書き忘れたこと
https://ganref.jp/m/alpha_330/reviews_and_diaries/diary/18203

コメント(1,000文字以内)

SILVER 3

alpha.330

GANREF Point
39975
Next Point
20025
メインカメラ
EOS 6D Mark II

プロフィール

re-start(期間限定)