Please wait... loading

お気楽、格安、冬の北海道一泊二日

現在表示しているページ
ホーム > Fallen-Rosesさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年12月 > お気楽、格安、冬の北海道一泊二日

投稿日:2017/12/20

撮影期間 2017年12月16日 ~ 2017年12月17日
カムイの空

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
レンズ:
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
焦点距離:
300.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/8000秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


去年に続き、今年も連れの誕生祝いついでにタンチョウを撮影しに北海道へ…!

「北海道で一泊旅行ってどうよ?」 

しがないサラリーマン、この時期に二泊以上の旅程はまず不可能です(笑) 去年、今年と自分の場合の費用やルートなど、迷っている方の参考になればと撮影記にまとめてみます。


まず、北海道へ個人で行くとなると、自由度が高い代わりに航空券や宿の手配、何より費用の負担が大きく二の足を踏んでしまいますよね? LCCという手もありますが、便の時間や人気などで意外と狙った時期には難しい… おまけにシートピッチも狭く、短時間とはいえ私には苦痛です(苦笑) で、狙うのは往復航空券と宿泊がセットになったパックツアーですが、通常はそれでも費用は高め… しかし夏や冬のスキーシーズンなど、ハイシーズン以外で各航空会社においてセールやバーゲンが行われていますので、そこを狙います(笑)

去年も今年も選んだのは日本航空が10月に行っていた「スーパーバーゲン」、土日の一泊二日、朝一初便の羽田-釧路、帰路は最終便の釧路-羽田という往復航空券+宿泊+レンタカーがセットになって一人@23,800(便は選択可、便によって値段の上下はあります。また予約時にシートのランクアップ、座席位置の選択が可能) まぁ値段が値段なので「おもてなし」などには縁のない話ですが、いくつかの宿の中から私達が選んだのは川湯温泉のホテル、ちゃんと朝夕の食事も付いて温泉は最高♪ すっかりお気に入りです(笑) 

ちなみにレンタカーはオリックス、去年も今年も車種はフィットでした。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
焦点距離:
21.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2500秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


今年の釧路は荒れ模様の天候で、出発前に雪の状況によっては羽田に引き返す事もあるとの事でしたが、雪による空港閉鎖も30分ほどのホールドで解除され無事着陸! 到着した釧路はすっかり雪国の空港らしい光景でした〜!

まずは釧路空港からほど近い釧路市丹頂自然公園へ! 一年を通して自然環境に近い環境で飼育されたタンチョウが見ることが出来ます。 去年は若いタンチョウがすぐ目の前に降り立って来てビックリ! 触れるほどでしたが、触ってはいけないそうですのでダメですよ (^^ゞ

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1
焦点距離:
258.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


早朝出発なので、頃合いを見て朝というか昼というかの食事の為に一旦釧路市内へ移動… 釧路ラーメンもよし♪ザンギ定食もよし♪ ご当地グルメでお腹を満たした後、いよいよ鶴居村のタンチョウまで移動開始! 

冬の北海道、関東平野部の人間としてはやはり道が気になりますが、急な操作をしない、絶対的制動距離が伸びるので車間は必ず開けるなど、ごく当たり前の事に注意して運転すれば問題ないです。 ただ、今年は訪れる直前に一度暖かくなった上に雨が降って融雪、それが再凍結してガチガチの路面に積雪という一番厄介なシチュエーション… 正直、肩が凝る運転でした(汗)


鶴居村へ向かうには釧路湿原の脇を通るので、時間に余裕があれば、冬の釧路湿原を撮影するも良し!望遠でエゾシカやキタキツネを探すも良し!

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
焦点距離:
420.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2000秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


タンチョウ撮影メインであれば鶴居伊藤サンクチュアリへ直行がベストですが、昼過ぎのマッタリとした時間でもタンチョウの姿は沢山見られます♪ 活動自体はタンチョウ任せ、どう動くかニワカには全く分かりませんけど(笑)

今回はオリンパスのレンズレンタルサービスにて300mmF4をレンタルして使ってみましたが、初心者にはやはりズームの方が便利ですね~? どう動くか?どっちに飛ぶのか分からないので、素人には追うだけで精一杯… フレーミングは単なる偶然でしかありません(苦笑)

今回はどうもあまり動いてくれない様なので、一旦戻って背景が写真向きでは無いという鶴居村の鶴見台へ… 確かに電線があったりしてあまりフォトジェニックではありませんが、こちらにもタンチョウは沢山いました♪

また基本風景写真がメインの私… 道中には魅力的な光景が沢山ありますが、路面状況が状況なのでおいそれと車を停めてカメラを構えることは出来ません。 積雪路では雪の轍を乗り越える時に事故が起こりやすいので、無用な路駐で他車を危険な状況にする事は厳禁です!


辺りが暗くなった頃、宿にチェックインして温泉三昧で就寝…

翌日はまず摩周湖へと向かいます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
焦点距離:
7.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2500秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


社員旅行やツアーで訪れた時は、霧の摩周湖どころか真っ白な世界しか見えなかった摩周湖… 2年連続で快晴の摩周湖が見られました! 風があってめっちゃ寒いですけど(笑) もっと寒さが厳しくなる1月以降になると凍結した摩周湖が見られるそうで、そんな光景も見て見たい所ですが12月ではまだそこまで冷え込みは無いそうです。

次のタンチョウポイントは阿寒国際鶴センター、弟子屈から阿寒湖へと向かう峠も凍結が厳しいので、運転は慎重に! 鶴センターに向かうには峠を上ったどんつきの交差点を左折ですが、ここは右折して阿寒湖にも寄り道(笑) 阿寒アイヌコタンも良し♪ フロストフラワーの阿寒湖も良し♪(っても、やはりこちらも1月~2月だそうですが)

阿寒湖から峠を下れば、ふと見上げる空にタンチョウが舞う光景も見られます!

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
焦点距離:
300.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/6400秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


阿寒国際鶴センター、餌付けは鳥インフルの影響で朝のみとなっていますが、運が良ければオジロワシの姿も…! 去年は遠くで旋回する姿が見え、今回もそれを期待して300mmF4をレンタルしたのですが、残念ながらタンチョウも少なめで、ワシはおろかエゾシカもおらず。。。 こればかりは運になるのかな~

ちなみに道を挟んだ向かいが道の駅、お土産を買うも良し♪別棟で日帰り入浴もでき、レストランもありますので腹ごしらえも良し♪

去年は阿寒国際つるセンターを最後に釧路市内へ移動して夕食、和商市場を覗いたりして空港へ向かいましたが、今回は夕日の湿原を狙いにグルっと湿原の反対側にある細岡展望台へ…!

しかし、ナビで誘導されたルートが通行止! 迂回した釧路市内は夕方の渋滞。。。 それでも一応行ってみようと向かいましたが、当然誰も居ないし、真っ暗だし… なんだか人間が入ってはいけない様な雰囲気(苦笑)

真っ暗な中で何枚か撮影しましたが、当然、なんだか分からない写真になりました (^^ゞ

で、今回はこの戻りでキタキツネの飛び出しが… 車のライトにポケーっと後ろ向きに座っている姿が見えたので、難は逃れましたが、去年は屈斜路湖畔でエゾシカの大群に遭遇… しかも4度も(汗) 4度目はマジでもうダメかと思いましたが、対向車線に逃げて回避、関東圏では考えられない動物との遭遇もありますので、必ずスピードは控えめに!

その後はガソリンを入れて、レンタカーの返却まで日本最東端のスタバでお茶でもしようかと思ったら、なんとオープンは20日という…(笑) 仕方ないのでそのまま空港へ向かい、釧路空港20時発のJALにて無事に帰宅…!

今回の総走行距離はおよそ400km、食事やお土産、ガソリン代を含めて旅費以外の持ち出しは2万程度… 一泊二日、二人で総計7万弱の費用でこれだけのスポットが回れました♪


タンチョウオンリーで狙うのであれば宿は釧路市内のホテル、私たちの様に観光しながらならば川湯や阿寒、選択によって一泊二日でも十分に楽しめ、これで利益があるのだろうか?と、人ごとながら心配になるコスパです(笑)

後半は随分と端折ってしまいましたが、旅行や撮影行の参考になれば幸いです。


あ、決して日航の回し者では無いので念のため(笑)

コメント(1,000文字以内)

24件中 1〜10件目

Fallen-Roses
>マニアサン

冬の北海道は去年から行き始めたんですが、ビックリする価格設定ですよね! これを知らずに今まで損したなと(笑)

なるほど、マイルも使えば更にお徳に行けますね♪

2017年12月27日 08:22

マニア
冬の北海道は意外に安いんですよね~!
私も重宝しています。
さらに格安で回数をかせぐためにJALマイルをせっせと貯めています。
3年程前から始めましたが、3回ほどマイルで行っています。

2017年12月26日 21:54

Fallen-Roses
>seininサン

初日と翌日の昼もコンビニで済ませば、もっと格安に行けます(笑)

タンチョウに絞り込んで専念すれば時間ももっと使えますし、旭川着発にすれば富良野〜美瑛も射程範囲ですからね〜!

2017年12月25日 13:49

Fallen-Roses
>@花秋翆サン

一ヶ所にジックリノンビリというより、アッチもコッチもと欲張るのという所がやはり貧乏性で… (^▽^;)

去年は硫黄山とオンネトー(の手前、冬期封鎖地点)も行きました(笑)

2017年12月25日 13:47

seinin
1泊で北海道という選択!
文章を拝読すると2食もついて・・・アリですね~♪

それにしても1枚1枚ステキです。
1・4・6枚目が特に(^.^)

2017年12月25日 12:25

@花秋翆
なる程 1泊2日でも充分に楽しめたようですね

私はマイカーで冬に行きたいのですが荒れる日本海が心配です
フェリー欠航なんて事になったら予約してある宿代が...

2017年12月22日 22:15

Fallen-Roses
>ららまる本舗サン

昔、一人で行った時は往復航空券だけで6万越えてた記憶が…

微妙に閑散期ではあると思うんですが、宿も何処に利益があるのだろうかと心配になります (^▽^;)

2017年12月21日 14:14

ららまる本舗
安い!夏前に所用で日帰りで道東へ行きましたが、もっと高かったですね。宿とセットのほうが安いのかな?

2017年12月21日 13:55

Fallen-Roses
>BlitzGeraeteサン

可能であればジックリと腰を据えて撮影したいですが、年末年始〜年度末は仕事も最盛期ですし、何よりそんな費用も無いので… (^_^;A

自身の運転より、現地の人達の飛ばしっぷりにビックリします(苦笑)

2017年12月21日 13:19

BlitzGeraete
めちゃめちゃ参考になりました!

3枚目、すっかり観光客の皆さんと同化しながら歩いているタンチョウさんの写真は笑えますね。(^^;) ピーチが関空~釧路線を開設するそうなので、道東にはまた行きたいなぁと思っています。ただ、雪道ドライブは絶対に無理...。(笑)

2017年12月21日 13:06

24件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

Fallen-Roses

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
2264537
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

プロフィール

カメラ好きの怪社員

↑ページの先頭へ