Please wait... loading

桜狂想曲 その2

現在表示しているページ
ホーム > 安堵さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年4月 > 桜狂想曲 その2

投稿日:2019/04/15

撮影期間 2019年04月02日 ~ 2019年04月11日
使用した機材 富士フイルム XF10-24mmF4 R OIS
富士フイルム FUJIFILM X-T2
ネット検索で見つけた真覚寺のソメイヨシノ。
樹齢100年程の古木は、大きく枝を伸ばした樹形が見事でした。
満開時期から少し遅れてしまいましたが、十分に見応えのある貫録でした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
焦点距離:
13.8 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/45秒
絞り数値:
F14.0
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual


同じ境内の池には花筏。
緩やかな流れに沿って移動する花筏を手持ちで追いかけながら撮影し、一番密度が良い一枚を選択しました。
X-T2に換えてから三脚を持たずに撮影に出掛ける事が多くなりました。
腕を伸ばしての撮影になりましたが、システム全体が軽量なので苦にはなりません。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
焦点距離:
12.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/56秒
絞り数値:
F16.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual


広園寺の山桜。真覚寺から20分程歩きました。
開花情報が皆無で、ソメイヨシノや枝垂れ桜と開花時期がずれる山桜の満開を予想するのは難しいです。
満開の状態と散った状態をイメージしながら撮影に向かいましたが、今回は後者でした。
風に舞う桜吹雪を撮れた事に感謝しました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F13.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual


満開時期は沢山の観光客で混雑する小田原城址公園。
少し時期をずらしてお堀の花筏を狙って撮影に行きました。
昨年、テレビ番組の企画でお堀の水抜きをして清掃したそうで綺麗でした。
お堀の大きさに対して桜並木が少ないので、弘前城の様な桜の絨毯にはなりませんが
風情は感じられます。
桜を愛でるとは派手さばかり追い求めては駄目なのでしょう。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
焦点距離:
15.9 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/42秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual


城址公園内の枝垂れ桜。
枝垂れ桜らしい色合いで綺麗に纏めました。
ファインダーを覗きながら露出調整し好みのイメージに近づけるのが楽しいです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/210秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual


街を歩いているとあちらこちらに桜が咲いているのに気づきました。
「名もなき桜たち」に足を止め、カメラを向けている人たちが沢山いる事にも気付かされました。
その桜に引き寄せられ、自然と言葉を交わし、笑顔になる事にも気付いた春になりました。

コメント(1,000文字以内)

SILVER 2

安堵

GANREF Point
17150
Next Point
7850
メインカメラ
FUJIFILM X-T2

プロフィール

-

↑ページの先頭へ