Please wait... loading

ニコン D850編 Vol.9 ~タッチ液晶~

現在表示しているページ
ホーム > くにさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年11月 > ニコン D850編 Vol.9 ~タッチ液晶~

投稿日:2017/11/12

撮影期間 2017年11月10日 ~ 2017年11月10日
使用した機材 ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
ニコン D850
D850にはタッチパネル液晶を搭載しています。
ニコンの現在のラインナップでタッチ液晶を採用している機種は、D5、D850、D500、D7500、D5600です。
エントリー機やコンパクト機のみと思っていたのに上級機にも採用される時代になったんですね。
フラッグシップのD5にもタッチパネルを搭載していることに、今回の調べで初めて知りました。
でも、触れたところにフォーカスを合わせてシャッターを切る「タッチシャッター」まで実装しているのはD5以外ですね(タブン)。

デジイチの中では新しい操作系であるタッチパネルですが、まだ使い方が定まっていないような感触を持っています。
身近なタッチパネル搭載デバイスといえばスマートフォンですが、スマートフォンがほぼタッチパネルだけに操作系を絞り徹底的に直感的な使いやすさを追求して携帯電話の世界を変えましたが、カメラの場合はベースがボタンとダイヤルとレバーであり、この操作系を大きく変えると混乱するので、どうしてもタッチパネルは補助的な位置づけになっているように思います。

タッチパネルの優位性は2次元のランダムアクセスにあります。
ダイヤルとマルチコントローラでは同じ二次元でもシーケンシャルにしか対象を移動できません。
AFポイントが増えると、ボタンやレバーを長押ししたりカチカチと何度も操作しないと目的のポイントに移動できませんが、タッチパネルだと文字通りワンタッチで所定のポイント(もしくはその近傍)に移動できます。
AFポイントだけでなく、撮影時の各種パラメータである、撮影モードやISO・ホワイトバランスなどなどを一瞬で変更できるエントリー機の操作性にはワクワクしました。
なのに、上級機であるD850はInfoボタンで各種設定情報を液晶画面に出力しても、ただ見るだけでした。
これにはちょっとがっかりしています。
各種パラメータ類は、設定に要する時間を極力短くして、すぐに撮影に戻りたいのが本音です。
いくらマイメニューをカスタマイズしても、Info→項目タッチ→ダイヤルで内容変更、の流れのほうが断然速い(手数が少ない)と思うのですがいかがでしょう。

今回はこのタッチ液晶の中での「タッチAF+シャッター」動作について疑問があって、ネガティブな方向から話が入っています。

事の起こりは、会社帰りに阿波座の交差点に行き、超広角で複雑なジャンクションを撮っていた時のことです。
14㎜という超広角のため気づきにくかったのですが、横断歩道をくるくる回りながら数か所でテーブル三脚を用いて撮影しているうちに、どうも画像が甘いなあと感じてきたのです。
強烈はナトリウム灯や車のヘッドライトによるフレアのせいか、大型車の走行による振動をひらったためなのか、などと悩み、アングルを変えたりISOを上げてSSを速めたりしたのですが効果がなく、タッチから撮影までの動きを詳細に見ていますと、AF枠が赤いままなのに気づきました。

タッチAF&シャッターの場合。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D850
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
25秒
絞り数値:
F14.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Incandescent

タッチAF→通常シャッタボタン操作の場合。
阿波座

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D850
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
8秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
100

拡大するとその差は顕著です。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D850
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
25秒
絞り数値:
F14.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual


AF-S設定でフォーカス優先の場合、タッチAF&シャッターでも同様の動作をすると考えていたのですが、ピンボケ写真を量産することになってしまいました。

ちなみに、ファインダーの場合では「AF-S設定+フォーカス優先」で最短撮影距離より短い位置に被写体を置き、シャッターボタンを押しっぱなしで距離を開いていくと、ピントが合った時点でシャッターが切れます。
マクロでの最大倍率撮影時に使う手なのですが、この設定でライブビュー時にピントが合わなくても撮影してしまうとは意外でした。

マニュアルを追っても対策がわからなくて、ほかにも知りたいことがあったので、素直にニコンプラザに行って聞いてみました。

その結果、「D500でも同じ動作になることを確認した。対策がわからない。調べるので時間が欲しい」ということになりました。
当面、タッチAF&シャッターは封印し、タッチAF+シャッターボタンで行くことにします。

あと、MENUでのタッチ操作ですが、ダブルタップでの「決定」に気づくのに2週間かかりました。
「なぜ最後にOKボタンを押さないといけないのかなぁ」と悩んでいたのですが、指の移動無しでも設定を確定できることがわかりました。

もうひとつ、マルチコントローラのロックを行うと、タッチAFが無効になってタッチシャッターだけが動作します。で、なぜAF枠が動かないのか悩みつつ何度もタッチしてしまいピンボケ写真を見てへこむことになります。
これも「なんだかなぁ」です。
ロックレバーでタッチパネルの機能を「部分的」に抑制するのはやめたほうが良いと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
注目製品レビュー ~ニコン D850編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d850/

コメント(1,000文字以内)

7件中 1〜7件目

くに
本日ニコンプラザから回答がありました。
1.回避方法はありません。
2.市場クレーム(ニコンプラザの担当も不思議に思う仕様)として開発へ申し入れをしているが、対策時期は未定。
残念ながら上記のような次第でした。

実は、ファインダーでのAF-S+フォーカス優先でも、シャッターを押し続けていると、AFサーチ駆動後にピンボケでもシャッターが下ります。
ただ、ファインダー撮影ではピンボケの状態ではシャッターボタンから大抵の人が指を離すのでシャッターが下りるまでにいたらない。
でも、タッチシャッターはそのシーケンスを止めれる手立てがないので、ピンボケでもどんどん撮ってしまう。(試しにレンズキャプしたままでシャッターを押し続けてみてください)
そういうことでした。
つまり根本原因は、AF-S+シャッター優先でも闇雲にピンボケでも撮影してしまう仕様があるためです。
いったいどういう意味がこの仕様にあるのか、頭をひねってます。

2017年11月21日 22:29

NEONEO
このタッチシャッターについては同感です!

2017年11月16日 23:06

hide-photo
タッチシャッターにそんな罠があったとは。。。
便利な機能なので、ファームで改善されると良いですね。

2017年11月15日 21:37

くに
◾️まほろば1123さん
コメントありがとうございます。
タッチシャッターは、レンズ駆動後に露光するので、ディレイ動作と兼ねれていいかと思っていたのですが、残念な結果になってしまいました。
ロジックの問題ですので、ファームでの改善を待ちたいと思います、

◾️onchanさん
コメントありがとうございます。
フォーカス動作をした上でピンボケなので、原因を特定するまで無駄玉をかなり打ってしまいました。
そのうち対策ファームが出ると思います。
それまではレリーズケーブルなどで撮影は支障なく出来ますから、ガンガンと使い込んでいきたいと思います。

◾️tagochanさん
コメントありがとうございます。
ご近所さんでしたか。
中之島や靱公園なんかもカメラをぶら下げ、ポケモンGoをやってるオヤジがいたら声をかけてみてください。
かなりの確率で私だと思います。^_^

2017年11月14日 21:52

まほろば1123
フォーカス優先にしていたのですが、さらに、設定にもよれるのかわかりませんが、タッチシャッターだと、ピンが合っていなくても、シャッターがきれていたので、大丈夫かとは思っていました。
参考になりました。

2017年11月13日 20:33

onchan
事前勉強が出来て、助かりました^^

2017年11月13日 07:12

tagochan
詳細な御報告どうもありがとうございます。
全然、関係ない話ですが、此方の出ています「阿波座ジャンクション」は、自分の勤務先からすぐ近くなので、見た瞬間分かりました。
意外とくにさんとすれ違っているかもしれません~(^-^;

2017年11月12日 23:14

7件中 1〜7件目

TOP OF GOLD

くに

GANREF Point
1932956
メインカメラ
EOS 7D Mark II

プロフィール

最近体力低下を実感中。 レスポンスが遅れ気味ですがご容赦ください。

↑ページの先頭へ