Please wait... loading

【キヤノン EOS M5 レビュー】#03 ファーストインプレッション

現在表示しているページ
ホーム > あひるさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年10月 > 【キヤノン EOS M5 レビュー】#03 ファーストインプレッション

投稿日:2016/10/22

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
【キヤノン EOS M5 レビュー】 伏魔殿・都庁

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
焦点距離:
11.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F22.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto

レビューがはじまって1週間、土日と平日の夜の簡単な撮影を済ませてきました。
まずは現時点でのファーストインプレッションをお伝えしたいと思います。





アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
45.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual

■高速・快適なAF

EOS M5になり、カメラの心臓部である撮像センサーは大きく進化しました。
APS-Cサイズの「デュアルピクセル CMOS AF 対応」の2420万画素となり、全画素で位相差AFによるピントあわせが可能に。
そのおかげで従来(EOS M3)では、コントラストAFを併用する「ハイブリッド CMOS AF Ⅲ」でしたが、EOS M5では明らかにピントあわせが快適になったように感じます。

また、コントラストの低いシーンでもピントあわせが正確になるように改良されているほか、AFフレーム「小サイズ」も選べるようになったことで、目的の場所へのピントあわせの精度が増しています。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
17.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
20秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual

■常用感度ISO25600を可能とした映像エンジンDIGIC 7
撮像センサーと共に画作りの要となる映像エンジンには、最新のDIGIC 7が採用されています。
これによりノイズ処理が向上し、ISO感度の上限が常用でISO25600となりました。

さすがにノイズリダクションをオンにしてもややノイズ感は残るものの、あまり大きくしないWEB用などに限れば充分に使えるのではないかと思います。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
28.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual

■快適な撮影が可能な内蔵EVF

撮像センサーと併せてもうひとつの特徴が、内蔵EVFです。
EOS M3でも外付けでEVFを使うことができましたが、やはりとって付けた感が否めず・・。
EOS M5では、EVFを光軸上に配置し、ボディと一体型デザインとなったため、より一眼レフらしいスタイルになりました。
また内蔵のポップアップストロボもEVFと一体化する形で配置されています。

そのおかげで、内蔵EVFの上方向へのチルト機構はなくなりましたが、特に日中の撮影においてEVFがあるかどうかは快適な撮影に欠かせないポイントかと思います。

1つだけ気になったのは、内蔵EVFの彩度・コントラストが背面液晶と明らかに違いすぎることです。
内蔵EVFの印象で撮影すると、背面液晶を見たときに違和感を覚えます。ちなみに出力されたデータは背面液晶のほうが近いようです。


■写真撮影に没頭できる操作系

EOS M5の上面には、左側にモードダイヤル、右側にはメイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤル、露出補正ダイヤルを配置、前面にはタッチ&ドラッグAF機能切り換えボタン、上面にはマルチファンクションボタン、サブ電子ダイヤルと併用して使用するダイヤルファンクションボタン、背面にもAEロックボタン、AFフレーム選択ボタン、動画撮影ボタン、再生ボタンなどが独立して配置されています。
特にダイヤル類は、右手の指で操作しやすいように配置されており、すぐに指のみでダイヤル操作が可能になるくらいの快適さです。

電源ボタンやモードダイヤル系をあえて左側に配置することで、不用意な操作を防止するほか、慣れてくると右手だけでほとんどの操作ができるようになります。

特にEVFを覗きながら、背面の液晶を使用して行う「タッチ&ドラッグAF機能」は、とても便利です。時折、誤動作はありますがご愛嬌ということで。

背面液晶は上下方向にチルトするので、ハイアングル・ローアングルでも腰が痛くなりません^^

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
45.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Not Defined
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto

■多彩な撮影モード
画作りについては、ピクチャースタイルを使用可能なほか、簡単なキーワードで思い通りの写真を撮るクリエイティブアシスト機能があります。
また長秒・高感度撮影時におけるノイズ低減機能のほか、画像の明るさの自動補正、対応レンズの光学補正機能もあります。

クリエイティブフィルタ機能を使うことで、撮影した写真をアート作品のように加工したり、カメラ内RAW現像も可能になりました。
動画撮影では、タイムラプス撮影機能がつきました。撮影するインターバルとコマ数を指定するだけで、簡単にタイムラプス動画が作れます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS PEN mini E-PM2
焦点距離:
42.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire Red-eye reduction
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
6秒
絞り数値:
F18.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto

■とがった機能はないものの、ミラーレスカメラの上位機種として順当な進化を遂げている

今までEOS Mシリーズの弱点であったAFの遅さなどを解消する「デュアルピクセル COMS AF対応」撮像センサーを採用するなど、同シリーズの上位機種として順当な進化を遂げているという印象です。
AF性能も確実に進化しており、(ライバルメーカーと比較して爆速かと言われたら微妙ではありますが)目的とするところにピタッと止まる正確性も向上しているように思います。

ボディデザインについては、EVFを単純にとって付けただけでなく、光軸上に配置することで撮影の快適性を確保するとともに新たにEVFを覗いたままピント位置の変更ができる「タッチ&ドラッグAF」機能を設けるなど、それぞれを生かして快適な撮影ができるようになっています。
グリップの握りやすさ、ダイヤルの操作のしやすさと合わせてカメラとしての使い勝手は、かなり良くなったように感じました。

EOS M5のスペシャルサイトにアクセスすると「いままでのミラーレスに、満足しているか?」と煽られるわけですが(笑)、AFについては確かに向上が見られるものの、前述のとおりライバルメーカーと比較して爆速というほどではなく、ようやく追いついたというのが第一印象でした。
とはいえ操作性や画質などを考慮すると、キヤノンならではのこだわりや撮影者の満足感を高めるために良く考えられていて、快適な撮影が可能になっているのではないかと思います。




キヤノン EOS M5のレビュー記事のインデックスを下記に作成いたしました。
【キヤノン EOS M5 レビュー】#00 インデックス
http://ganref.jp/m/gagaga/reviews_and_diaries/review/10277

レビュー期間中に撮影したキヤノン EOS M5に関連する写真は
こちらのアルバムにまとめていきますので、どうぞご覧ください。
http://ganref.jp/m/gagaga/portfolios/album/17865
---------------------------------------------------
GANREF注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5編~レビューワー参加中!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/










コメント(1,000文字以内)

11件中 1〜10件目

あひる
YOKOHAMAさん
ありがとうございます。

だいとしぃさん
EVFの調整はできないようです。
セミナーの際にCMJさんにはEVFの違和感を伝えておきました。。

イチローさん
ありがとうございます。
やはりEVFの違和感は初見でも感じてしまいますね。

ウェザー・リポートさん
ありがとうございます。


富田 泉さん
ミラーレスの領域はキヤノンさんも放ってはおけないのでしょうね。
プロ領域や失敗できないシーンを除くとミラーレスのほうが便利ですし。

かずひさん
せっかくEVFついたのに、残念ですよね。
次機種に期待か、それともソフトウェアで対応できるのか。。気になるところです。

kazuleoさん
まだまだ、これからです。
最近パワポで資料をつくらなければいけなくなっているので
その延長線上でEOS M5用も作りまくってます。

mtmtさん
一眼レフユーザーはやはり内蔵EVFが外せませんね。
ただそれが、いろいろと残念なのが。。(笑)

kazuさん
ありがとうございます。
仕事サボって撮り歩いてます。

☆ケン☆さん
他社のことをいうのはアレなのですが、Mシリーズの中では爆速です(笑)
ただまぁ他機種とくらべると、やっと、、というところですね。
M5いいですよ♪

2016年11月08日 19:45

☆ケン☆
爆遅のMから比べると相当速くなっているかとは思いますが、ようやく他社に追い付いた位のレベルでしょうか?
でもようやく念願の内蔵EVFが付いたので、考え中です(汗)

2016年11月05日 18:31

Kazu
簡単な撮影と言いながら、バリエーションに富んだ作例ですね!

2016年11月03日 19:35

mtmt
一眼レフを使っているとEVFがほしいですが、
見え方や明るさについて参考になるレビューです!

2016年10月28日 16:23

kazuleo
あひるさんは、もうレビューまとめ??

このスライド、明日のセミナーでCMJさんがママ使ってそう(笑)

EVFの明るさの調整機能が欲しかった〜!

2016年10月22日 19:08

かずひ
的を射た的確はレビュー、とても参考になりました。
EVFはおっしゃる通り、ちょっと色が濃くてコントラスト高めですよね。
調整機構が欲しいです。

2016年10月22日 13:12

富田 泉
仰る通りですね^ ^
少し荒削りなところは残るものの、キヤノンが本気を出したらこうなりましたというのを実感しました。
ミラーレスはサブ機と思い込んでましたが、メイン機として充分な力を持っているように感じました。

明日はよろしくお願いします^ ^

2016年10月22日 11:13

ウェザー・リポート
現時点で私も感じていることが網羅されていて見事なレビューで、読まれる方は、とても参考になると思います!

2016年10月22日 11:05

イチロー
今回、レビューワーに参加できなかったので、アサヒカメラのイベントで実機に触れてきました。

あひるさんも感じられた通り、EVFの彩度・コントラストが強すぎるのが気になりました。
M3で不満だったAFポイントの移動が「タッチ&ドラッグAF」になったことは◎です。

レビュー頑張ってください。

2016年10月22日 10:10

だいとしぃ
EVF内の色味などは調整できるのでしょうか?
オリンパスなどだと、ある程度の色温度、明るさ、派手さ加減を調整できます。

2016年10月22日 10:00

11件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

あひる

GANREF Point
658430
メインカメラ
FinePix S5 Pro

プロフィール

-

↑ページの先頭へ