Please wait... loading

バンガード三脚レポート2

現在表示しているページ
ホーム > 戸塚 学さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2013年10月 > バンガード三脚レポート2

投稿日:2013/10/10

レビューした機材・用品 キヤノン EOS 5D Mark III キヤノン EOS 5D Mark III
今回が本番です。ちなみに今回もレビュー用品に無かったのでとりあえずカメラで書いております。

三脚 Alta Pro 254CT  自由雲台 TBH-250
セットではなくセパレートの組み合わせで風景とマクロを主眼に置いた三脚選びです。これは以前から「山に持って行く軽くて信頼できる良い三脚がが欲しいなぁ」と思っていたところ、別件の話の途中でバンガードさんから「それならうちの商品で選んでください」と言っていただいたので、ずうずうしく会社にまで行って担当者の方といろいろと話し合ってこのセット決めました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/2500秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto
まず三脚ですが、Alta Pro 254CT カーボン製で縮めると53Cm 伸ばすと155Cm 重さは1570g 耐荷重7Kg 
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto
変わっているのはエレベーター部分。普通にも伸びるが、全部伸ばした後、横にすることができその際長さ調整も可能。一見へんてこだが、マクロのローアングルには使える。なんか見た目「キリン」のようだが(笑) *モデル:水船梓

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 7D
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto
次に雲台。TBH-250 自由雲台(ボールヘッド)タイプで実は以前国産の物を2つ、大きいものと小さいものを使っていたがどちらも使いづらく結局お蔵入り。確かにアルカスイス製は抜群に良いのだが抜群に値段が高い。そんなわけで自由雲台は使えないというイメージでした。今回も3Wayか自由雲台か悩んだ末、収納時に邪魔にならずすっきりしている自由雲台を選びました。重量390g 長さ15.5Cm ちょっと重い感じがするが耐荷重が 10Kgとあるが大丈夫かなぁと思った。テストでEos7DとEF70-200mmF2.8ISを乗せてみるが大丈夫な感じ。

さて実践です!予定では立山で活躍予定でしたが、たまたま取材中に中秋の名月に当たったので、夜間撮影でデビューです。ボール部分の調整をするレバーのロックはしっかりしていて一度止めると動かない。以前の物はしっかり締めても動くことが多かったのに・・・感心!またこの部分の可動を緩くしたり重くするダイヤルもついているので予め自分好みに調整が必要。またロックした状態で左右の移動は別レバーで行うのでファインダーをのぞきながら各部分の調整はかなり慣れが必要だが、身につけば撮影がずいぶん変わるだろう。
夜間撮影時ライトを持って行ったが・・・大問題発生!それは老眼でカメラの設定がわからず、車に戻り老眼鏡を持って来なくてはいけなくなったことだ。それはさておき、カメラをセットしてもしっかりととまるし、三脚側のブレも無く極めて良好。個人的にシューはスライド脱着に慣れているので上からのセットには戸惑った。しかし緩んでいても脱落防止が付いているのでこれは安心だ。実はこれがないことで以前2度ほどカメラとレンズが脱落し壊している。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 7D
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto
立山実践編。今回はEos1DC(1DXのシネマ撮影用)とEF100-400mm結構な重さの組み合わせでどうだろうかと思ったが、以前の使用感から感じたフィーリング通りとても良かった!特にスチル撮影では不安は感じなかった。動画撮影時はボウル部分の可動部に手を添えrて操作をする。左右の動きを少しきつめにしておくとものすごく滑らかに撮影しながらライチョウを追うことができてビックリした!!(緩すぎるとガタが出る!)いつも500mmをつけているビデオ用のマンフロットの503よりずっといい感じ。まぁレンズのでかさと被写体をフレームに入れる大きさの違いもあるが自由雲台がこんなにも滑らかな動きができるとは!!きっとアルカスイスもこんな感じなんだろうなと唸ってしまった。そしてマクロ撮影時のオヤジ流「キリン撮影」これをやりすぎるとバランスを崩すが、こういう機能があるということは撮影の自由度が上がるので良いと感じた。ここでまた雲台に対しての愚痴だが、私はどうしてもカメラのグリップを握りフレーミングをするので調整レバーが左にあるとありがたいが正規の使用では右側になっている。裏技ではないが私は使いやすいように左側向けて使用にしている。最後にシュープレートは立山などでの撮影ではメイン、サブのカメラに各1つづつ、望遠の三脚座が付いたものにもつけておくと撮影がかなりスムーズになる。(私もシューをカメラ分買おうと思ってます。)




コメント(1,000文字以内)

12件中 1〜10件目

戸塚 学
RANnakanoさん
日本での知名度はイマイチですが、使ってみるとどの商品も結構コスパが高いのと
痒いところに手が届く設計はいいですよね。

2013年10月14日 17:48

RANnakano
こんにちは
自分も、バンガード
使用しています
他社の同クラスより
耐荷重に余裕があるのと
フェンスなどある場所でも
エレベータを横にして
ギリギリまで寄せられるので
重宝しております

2013年10月14日 17:36

みちお
電話でヨドバシカメラに確認をとったところ、取り寄せできるという連絡が入りましたので即、注文を入れました。

2013年10月11日 15:02

戸塚 学
みちおさん
結構種類が多いので探してみてください。

ヘルメットさん
私も国産メーカーを使ってみましたがどれも・・・でした。結局ジッツオやマンフロになっちゃうんですよね。台湾メーカーですが、今一番気に入ってます。

よしのりさん
いろんな方が、いろんなスタイルで、ジャンルで撮影をされてます。今回は山に持って行く軽くて信用のできる三脚のレポートですので満足のゆかないこともあると思いますがお許しください。私も通常は500mmですのでこの三脚では役不足になります。

2013年10月11日 13:22

みちお
本日夕方にヨドバシカメラに行く予定がありますので、その際確認しますね。

2013年10月11日 07:41

戸塚 学
*もしお買い上げを考えていましたらご連絡ください。
 お役に立てるかも?
おくちゃんさん
バンガードはまだ知名度が低いですが、結構イケてますよ。

京都の怪人さん
いい娘でしょ!(笑)会ってみるときっと大好きになりますよ。

Westie.Mさん
かなり気に入ってます。

みちおさん
実物はヨドバシかビックならあるかなぁ?基本まだ通販なんですよね。

2013年10月11日 07:29

みちお
風景や花を撮る私にとっては魅力的な商品です。
本日、実物を見に行きたくなりました。

2013年10月11日 07:00

Westie.M
便利そうですね♪

2013年10月10日 23:17

京都の怪人
一枚目はさておいて・・・笑

欲しくなるなぁ・・(>_<)

2013年10月10日 23:06

おくちゃん
先生こんばんは、
花撮りの私には三脚は必須なので興味深く拝見いたしました、
自由雲台で締めたときに微妙にずれるのが気になっていましたので
ピタッと止まる物をと思っていたところでした^
軽量コンパクトでポールが被写体に寄れるのもいいですね!
あ~どうしょう^^

2013年10月10日 23:03

12件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

戸塚 学

メインカメラ
EOS 7D Mark II

プロフィール

野鳥中心に環境をふくめた撮影をしている。 作品は雑誌・CM・カレンダ...

↑ページの先頭へ