Please wait... loading

山鉾夜景

現在表示しているページ
ホーム > 駅長さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2013年7月 > 山鉾夜景

投稿日:2013/07/23

撮影期間 2013年07月13日 ~ 2013年07月14日
使用した機材 キヤノン EOS 6D
キヤノン EF24-105mm F4L IS USM
関連する用品 アドビシステムズ Adobe Photoshop Lightroom 4
私の勝手な思い込みで、駒形提灯に灯がともるのは宵山からかと思っていました。
しかし、ご覧の通り13日の晩も提灯には灯がともり、
各販売所も商売を始めており、町はすっかり祇園祭の風情に染まっていました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Custom

宵山に入ると日中でも四条にある長刀鉾の前を通るのは大変です。
ほんの10mほどの道を抜けるのに5分、10分とかかります。
販売所でちまきやグッズを買うことで、鉾に上がるチケットがもらえるからです。
もちろん、13日もこのサービスは行われていました。
山鉾に上がりたい人も宵山の前がやっぱりおすすめですね。

街と山鉾

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF24-105mm F4L IS USM
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual

夕暮れの町に浮かび上がる山鉾の姿。
京都と言っても、四条の町は大都会。
ビルに負けずに鉾を伸ばす。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

13日でも町の賑わいはこのとおり。
私は祭りの写真をよく撮ります。
祭りは町の人々のものだと思う。
だから、私は祭りを作る人、祭りに集う人の様子を絡めて撮りたい。
でも、人が写る写真に、世の中は厳しくなっている。残念だ。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
47.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
As Shot

町々には浴衣や着物を着た女性の姿もちらほら。
夏祭りには一番似合いますね。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

狭い通りに並ぶ山鉾の駒形提灯にも灯が入り、
京の路地を照らします。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
80.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot

夜は雨も上がってくれて、
こうして無事歩くことができました。
駒形提灯の間からのぞく鉾の先。
祇園祭を象徴する2つを重ねて。


のんびりと行く祇園祭
http://ganref.jp/m/gatagoto/reviews_and_diaries/diary/6307
雨と山鉾の風景
http://ganref.jp/m/gatagoto/reviews_and_diaries/diary/6326
祇園祭の人々
http://ganref.jp/m/gatagoto/reviews_and_diaries/diary/6353

コメント(1,000文字以内)

TOP OF GOLD

駅長

GANREF Point
667026
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

みなさまのおかげで「TOP OF GOLD」にたどり着くことができました。...

↑ページの先頭へ