Please wait... loading

星の色をデジタルで出すための試行 〜序章〜

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2014年1月 > 星の色をデジタルで出すための試行 〜序章〜

投稿日:2014/01/03

撮影期間 2013年12月29日 ~ 2013年12月30日
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、星空を撮影し始めてから早6年になり、7年目を迎えたことになります。
最近では星の色まで気にするようになってます(笑)
他の方のデジタルカメラで撮影した星景写真を細かく見てみると、星の色が白飛びして彩りがまったくない作品が多いです。まぁ、私も始めた頃はそういう写真ばかりで人のことを悪くは言えません(^^;

私が星の色を気にし出したのは1年ほど前に、親戚のおじさんから譲り受けたNikon F2 フォトミックで初めてポジフィルムで星空を撮影した時のこと。
星ってこんなにいろんな色を持ってるんだと。。。
[portfolio]
このことがきっかけで、デジタルカメラで撮影する時も、星の色を気にするようになったんですよね。
ただ、口で星の色をデジタルで出すんだ!!と言うのは簡単ですが、実際やってみると星の色を出すのは難しいことに気づかされます。
テストしてみた画像をお見せします。

焦点距離24mmでISO感度を100にしてオリオン座をF8に絞った状態で30秒の露光して撮影すると、ベテルギウスはぎりぎり白飛びしていない状況となりました。
焦点距離が24mmの場合、ISO100でF8以上に絞った状態でようやくベテルギウスが白飛びしないという感じになるようです。
星の露出だけを考えれば良いというお話であれば簡単なのですが、実はそう簡単でもないようです。
同一条件(ISO100 24mm F8.0)で倍の露出(60秒露光)するとベテルギウスは黄色っぽくなり本来のオレンジっぽい色が再現できなくなっているのがわかります。
星は日周運動で動くため、30秒の露出で星の色が再現できれば露出をのばしても星の明るさは変わらないのではないかと錯覚していたのですが、当たり前ですが空の明るさの分だけ星部分も明るくなってしまうのです。
更に風景を絡めた星景写真においては、風景の露出も合わせる必要があり、三つの露出の良いところを探す必要が出てきてさらに困難を極めそうです。
ここは色々撮影して、最適値の経験を積んでいく必要がありそうです。

で、とりあえず露出のバランスが撮れていそうな撮影条件(ISO100 24mm F11 60s)で比較明合成をしてみますと、以下のとおり。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Unknown (9)
シャッタースピード:
60秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

星々に色が出て来て、夜空がにぎやかになってますね。そうそう私がイメージしている星景写真はこれです。
しかし、流れていく雲がとぎれてますし、何より星の軌跡も拡大すると途切れています。
う〜ん。この途切れも違和感があるんで何とかせねばならないですねぇ〜。

それじゃあ、もっと絞って長く露出すれば良いんじゃね?と思い、ISO100 24mm F22 480sの条件で撮影してみました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Unknown (9)
シャッタースピード:
480秒
絞り数値:
F22.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
As Shot

この設定で撮影すると星の輝きが薄くなってしまいました。
絞り込むと景色は止まっていてくれるので露出は計算で最適値を出せるので良いのですが、星は日周運動で動くため、星の光は充分にセンサーに当たらないまま次の素子へと移動していってしまうため、夜空と星の輝度差がなくなってしまうようです。
これについても考えなければならないのか。。。orz

ということで解決すべき課題が山積み。。。
まぁ、でも課題があればあるほど、乗り越えた時の感動が大きいというもの。
がんばっぺ!!

コメント(1,000文字以内)

19件中 1〜10件目

pasha
ポジのオリオン座、見事ですね。

デジカメで銀鉛みたいな色のりの長秒写真、私も目指しています。比較明合成は色が出ないので、最近はやらなくなりました。

デジカメは銀鉛よりシャープに写るのと、相反則不軌が無いので露出オーバーになるからと聞いたことがあります。
私の感覚ではそれに加えて、赤の感度もデジカメは弱い気がします。それには赤外改造機で対応すると良い結果が得られました。
http://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/diary/7178

2014年12月07日 11:54

hide-photo
>だいとしぃさん
いろいろな作例および情報を頂きましてありがとうございます。
星の色を出すにはある程度の長秒露光が必要で、つなぎ目を目立たなくするには加算+比較(明)合成が今の所良いのかな?と思ってます。
ハーフソフトについては、いつかアクリル板にクリアラッカーを吹き付けて作ってみたいですね〜。作ったらまたご紹介したいと思います。

>センベイさん
様々な方向からのアドバイスを頂き、大変感謝しております。
ありがとうございます!!
確かにデジタルはダイナミックレンジが狭いというか、フィルムならではの味がなくなっている感じですよね。
フィルムでの撮影は相関則不軌でダイナミックレンジが広がるとか、赤い星雲が再現できる点から星の日周運動はフィルムで撮影するのが一番良いかな〜と思ってます(笑)
光害カットフィルターは欲しいな〜とは思ってますがなんせ値段が。。。
DeepSktStackerの使い方までご紹介頂きまして本当にありがとうございます。
ちょいと古いiMacを使っているので、Windowsを動かすと動作が重くて。
そういう意味でステライメージもきっとイライラする動作環境になりそうなので躊躇している感じです。
でも、せっかくご紹介頂いたので、いろいろ試してみたいと思います。
ありがとうございました。

>raccoさん
私の思いに共感頂きましてありがとうございます。
星が写っていればいいやではなくて、星も様々な色があって色彩豊かなんだよということを伝えたかったのもあるので、正直嬉しいです。
コメントありがとうございました。

2014年01月11日 10:42

センベイ
私は比較明合成の日周運動を撮る時はraw保存して、DeepSkyStackerで合成することもあります。32ビットで処理するので星の色は出やすいですね。

DeepSktStackerの使い方はこちらに。

http://ganref.jp/m/senbei-77/reviews_and_diaries/diary/5212

比較明合成では、星に合わせて位置合わせをする必要は無いので、Register SettingsのメニューでAdvancedの星の検出レベルを最大の98%にします。こうすることで計算時間が大幅に短縮できます。

Stacking ParameterをMaximunに、AlignmentをNo Alignmentにしてやれば固定の比較明合成になります。

生成されるAutosave.tiffをPhotshopLightroom5で現像すればOK。

DSSの最新版のベータはこのページの上のほうのリンクから持ってこれます。

http://deepskystacker.wikispaces.com/Where+do+I+get+the+beta?

最新機種のrawに対応していない場合には、LR5などで16ビットのDNGやTIFFしてやれば良いでしょう。

LR5でraw画像を現像してKikuchiMagicで比較明合成でも星の色はまあまあ出ますね。これなどはその方法を使って合成したものです。

http://ganref.jp/m/senbei-77/portfolios/photo_detail/fdba28c1f994fe183cc379e9d9825d66

2014年01月09日 11:58

racco
同じことを考えている人が居るのに驚きました^^
私は星は撮らないのですが、花火の延長上で、何で星撮りには
色が無いんだとうと思ってました・・・
撮影時のハード的対応と現像段階でのソフト的対応で十分に
対処できそうな気がします^^

2014年01月09日 08:14

センベイ
デジカメはダイナミックレンジが狭いので、ここはあきらめてフィルムを使いましょう(笑)

キヤノンなら、光害カットフィルターを使うと良いでしょうね。AstronomikのCLSフィルターを使うとオリオン大星雲の赤も良く出ます。

http://www.kasai-trading.jp/astronomikfilters.htm

これをつけて、長時間露出が一番簡単かな?

ニコン用にも出してくださーい!

2014年01月09日 01:02

だいとしぃ
そうそう、夏場でも案ずるより産むがやすしで、長秒ノイズリダクションを行えば、意外とちゃんと写りますよ。
http://fotopus.com/index.html/module/Library/action/ContributeImageDetail/cont_cd/1393349
まぁ、ノイズは増えてますけどね~(^^;
多分ISO100で、35mm判なら1時間か2時間でも条件によればいけるんじゃないでしょうか?

 都会の空は、比較明合成で頑張るしかないですけどね~ ハーフNDを使っても、1時間とかだと破たんしますからね。場所にもよりますが4分ぐらいが限界かも?
http://ganref.jp/m/daitoshii/portfolios/photo_detail/e644c71d77f1b3469fb92e4d71c521ad

 ハーフソフトフィルターは、LEEのフィルムタイプで作るのが良いと思いますが、端面の反射処理をうまくやる必要がありますので頑張ってくださ~い(^^;

2014年01月07日 23:17

だいとしぃ
hide-photoさん
星が途切れず星の色が出る比較明合成としては、GR4が有名かと思います。(GRも同様?) GR4ではカメラ内でRAWの状態で比較明合成してから、JPEGに現像しているのでJPEG現像時のシャープネス処理の影響が出ないため星の色が出るそうです。
mosschさんの、こちらのレビューも参考になるかと
http://ganref.jp/m/mossch/reviews_and_diaries/diary/5742
 そういえば以前、実験的にRAWの状態で合成してから現像するってのを試したことがあったのですが、苦労の割には色が出ず星の跡切れもなくならず、長秒露光のほうが楽で仕上がりも良いと思ったことを思い出しました(^^;

2014年01月07日 23:06

hide-photo
>PEC-TSさん
やはりデジタルでは星の色を出すのは難しいんでしょうか。。。
ピントをあえてずらして撮影したものと、ジャスピンのものを合成しておられるかたもいますよね。
貴重なご意見を頂き、ありがとうございました。

>マニアさん
貴重なご意見、そしてレビューのご紹介ありがとうございました。
ソフトフィルターを使って星の色を出すというのもありかと思いますが、地上の風景はシャープに撮りたいのですよね。
ハーフソフトフィルターを自作してみようかな〜。。。

>Quiet Earthさん
丁寧な作品づくりをするための変なこだわりですよね。
参考になってようで良かったです。

>だいとしぃさん
やはり長秒露光でしか星の色を出すことはできないのですかね?
この方法だと冬場は問題ないかと思うのですが、夏場は熱ノイズの処理が難しくなりそうな気がしてます。
フィルムの質感には敵わないとは思いますが、都会の星空はフィルムでは難しいので是非とも解決したいと思ってます。
貴重なご意見、作品のご提供ありがとうございました。

2014年01月07日 22:39

だいとしぃ
私も、akoさんの言われるようにデジタルで星の色を出す際に、一番可能性が高いのは長秒露光かと思います。参考までに私も星の色だけ強調して30分一発撮りをアップしてみました。
http://ganref.jp/m/daitoshii/portfolios/photo_detail/e07a03f823531ad1dd45044def164292
ちなみに1枚撮りの絵としての完成度としては、飯島裕先生のこちらのほうが参考になるかと思います(^^;
http://ganref.jp/m/y_iijima/portfolios/photo_detail/de1a2b5c2998ccd9b163e2340fef77ec
フィルムの場合は、デジタルだと白飛びしそうな部分が相反則不軌の影響か、うまく白飛びしない状態になるので、星の色が出ると感じてます。
 比較明合成の場合は、オリンパスのカメラだとISO200 F8/F11あたりが星の色も狙えて良さげに思います。また星の跡切れはRAW現像のアルゴリズムの問題(自動的にシャープネスがかかっている)もあるので、ステライメージなどのデジタル現像や、比較明合成(加算オプション)を併用するいいかもしれません。
http://www.astroarts.co.jp/news/2011/07/05stlimg60h/index-j.shtml

ちなみに、30分1発撮りで歩留まりが落ちるのはカメラを複数台用意すればいいかも? オリンパスのE-PM2とかだと新品でもボディが2万円ぐらいですし、カメラもレンズも三脚も小さいから複数台あっても楽ですよ(^^) バッテリーも星撮りならかなり持ちますよ。私はすでに常時複数台運用してます(^^)/

2014年01月07日 22:13

Quiet Earth
知らなかったことばかりです。こんなことがあったんですね。教えていただいてありがとうございます。

2014年01月05日 11:17

19件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

hide-photo

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
626750
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...

↑ページの先頭へ