Please wait... loading

Gitzo GT5563GS カーボン三脚 5型6段ジャイアント 開封インプレッション ‪(^-^)

現在表示しているページ
ホーム > ひろさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年10月 > Gitzo GT5563GS カーボン三脚 5型6段ジャイアント 開封インプレッション ‪(^-^)

投稿日:2018/10/23

GITZO GT5563GS 5型6段カーボン三脚

本日、品物が届きましたので開封インプレです。

この度、千里川堤防撮影用に大型三脚を導入しました。

最近、対岸(滑走路側)で脚立に登って撮影するカメラマンが急増しておりますので
その対策と撮影の自由度を向上させるのが目的です。

何時も対岸で撮影している人の後姿が画角に入って不快な
思いをしながら撮影しております。(>_<)

この三脚を選んだ理由は、耐荷重が大きい(40kg)事と
最伸長が長い(2.7m)事にあります。

雲台の種類にもよりますが脚をフルエクステンドした場合は
地上高約3mの確保が可能です。


今まで使用していた三脚は、耐荷重が25kgで特に不満は無かったのですが
最伸長が1.5mと比較的低いものでしたので不便を感じ
センターポールを装備した三脚も所有しているのですが
センターポールを上げた状態での超望遠撮影はブレを誘発し機材重心位置が高くなり
航空機の風圧に煽られて三脚が転倒するリスクも向上する為、今回 導入に至りました。

撮影現場が混雑している場合でもカメラマンの背後から撮影する
事も可能になり撮影の自由度向上に期待!(o^^o)

脚立に登ってフェンスを背もたれがわりに利用すれば
飛行機の風圧を気にせずにかなりの高さが確保出来そうです。(^^)

新旧比較

写真左 新規購入品 GT5563GS
写真右 現在使用中 GT5541LS

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 7D
焦点距離:
17.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/10秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto


見た感じは、カーボンの編み込み方が変更されていて
雲台の取り付け作業も工具無しで行える仕様になり
脚ロック部のデザインが一新されています。

後日、撮影現場での使用インプレッションを報告予定です。(^-^)

コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

retina blue
猪名川土手側にも良さそうですね〜、滑走路を正面にすると左下より樹木が伸びて来ており通常の三脚では厳しくなって来ています。
脚立から落下しないように気をつけてくださいね〜

2018年10月27日 08:06

おやじライダー69
初めて夕刻~日没後の撮影をするべく先日16時頃に千里川土手に行った時、滑走路側、反対側、どちらも多くのカメラマンさんがいらっしゃいました。

滑走路側で脚立を立ててしまうと反対側の方は困るでしょうね(^^;

伊丹には行き始めたばかりで無知ゆえに知らない事ばかり。
ローカルルールがあれば知りたい所です(^^;
なのでひろさんの撮影記やアップされた写真のキャプションはいつもとても参考になっています(^^)

僕は三脚は持って行きましたが、脚立は持ってすらいないので、基本は手持ち撮影してました。
三脚使用の際は1番高くしてもフェンスにちょっと被るので苦労しました。

ジャイアントタイプの三脚は某所へ自然風景を昔取りに行った時見た事がありますが、ものすごい大きさに驚いた記憶があります。
ジャイアントタイプなら後ろからでも使えるので、写り込み等気にする事無く撮影が楽しめそうですね(^^)

ジッツオ三脚、自分もいつか購入したいです(^^)

2018年10月24日 20:41

masaak
すごいですね~。ますますひろさんの作品が楽しみになります!

2018年10月23日 22:38

3件中 1〜3件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

ひろ

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
7225120
メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

皆様の素晴らしい作品を拝見 させて頂きながら撮影活動をしています。 よ...
同じ機材で撮影された写真

↑ページの先頭へ