Please wait... loading

「冬の北海道撮影ワークショップ2017」を開催いたします。

現在表示しているページ
ホーム > 礒村浩一さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年11月 > 「冬の北海道撮影ワークショップ2017」を開催いたします。

投稿日:2016/11/28

冬の北海道にて有志のみなさんにお集まりいただき撮影ワークショップを開催いたします。

毎年1月に冬の北海道を舞台に開催する撮影ワークショップも今回で5回目となります。このワークショップでは普段の撮影ではなかなか行うことが難しい、白銀の世界のなかでの女性ポートレート撮影と、厳しい寒さの北海道ならではの風景撮影を体験することができます。
冬の夕刻に

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
レンズ:
シグマ 24-35mm F2 DG HSM Art
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F2.0
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual



ワークショップが開催される1月中旬の気温はマイナス15〜20℃という極寒となります。撮影地は真っ白な雪に覆われた富良野、美瑛周辺です。雪と氷により辺り一面白という、色の限られた情景は構成力を養うには最適な被写体です。宿泊地となる南富良野には冬期に完全氷結する湖もあり、天候に恵まれれば湖上で星景の撮影を行うこともできます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
レンズ:
シグマ 24mm F1.4 DG HSM | Art
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual


さらに旭川にあるヴィザンチン建築様式を取り入れた中世ヨーロッパの城をイメージさせる「雪の美術館」(http://yukibi.marryblossom.com)にて、特別に撮影許可をいただき撮影実習を行います。通常は撮影許可の下りにくい美術館内にて建物の空間撮影と人物のライティング撮影を行える貴重な機会です。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
レンズ:
シグマ 24-35mm F2 DG HSM Art
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


今回はゲスト講師として、GANREFプロメンバーでもあり星空ウエディング撮影で人気のフォトグラファー 関 一也氏を迎えての星空ポートレート実習も行う予定です。またドローン投入による飛行可能区域においての空撮にもチャレンジいたします。


モデルにはポートレートモデルとしてGANREFでも人気の夏弥さんが出演。夏弥さんには三日間の全行程に同行していただけます。冬の北海道の白銀の神秘的な風景を背景に魅力的なポートレート撮影を楽しみましょう。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
8秒
絞り数値:
F16.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


集合解散は新千歳空港もしくは宿泊するホテルとなります。参加者はロケ車に同乗して撮影に向かいます。なおこのワークショップは有志が集まり開催するものですので一般的な撮影ツアーではありません。開催時の運営は参加者全員で協力して進めます。また、かかる費用は参加人数で分担していただく方式となります。予めご了承ください。
(自宅から集合解散場所間の交通機関手配、交通費は各自で負担していただきます。ワークショップ参加中は個人が用意したクルマでの移動も可能。詳しくは参加者確定の後に調整いたします)

宿泊およびセミナー会場となる「かなやま湖ログホテルラーチ」(http://www.larch.jp)は人里離れた自然溢れるリゾートホテルです。今回もホテルの協力により特別なプランをご用意いただくことができました。ホテルではカラマツ林に囲まれた自然のなかのログハウスに宿泊し豊かな時間を過ごすことができるでしょう。


日時:2017年1月20(金)〜22日(日)
場所:富良野、南富良野、美瑛周辺、旭川 雪の美術館
撮影内容:白銀の世界となる冬の北海道の魅力溢れる風景とそれを背景にしたポートレート撮影実習。雪の美術館でのライティング撮影実習。
講師:礒村浩一、関 一也(http://ganref.jp/m/cp-king/portfolios)、
モデル:夏弥(http://ameblo.jp/beautiful-summer12/
集合場所:新千歳空港または会場ホテル
参加料金:6名参加の場合 おひとり税込108,000円。*参加人数により変動します。
内訳:講習費 83,000円(講師2名、モデル1名、レンタカー、ガソリン、高速道路料金、スタッフ交通費、雑費)
   宿泊費、美術館撮許可料 あわせて25,000円
参加料金のうち講習費のみ指定期日までのご入金をお願いいたします。宿泊費(夕食二回朝食二回込み)、交通費、美術館撮許可料分はワークショップ当日現地にて集金いたします。(旅行業法で定める旅行ツアーではないためです。国土交通省に確認済み) 

参加者募集第一締め切り:2016年12月5日正午、第二締め切り:2016年12月12日正午(募集期間中でも満席になり次第に締め切ります)

*2017.1.3追記 欠員が出たため追加募集を行います。席が埋まり次第に募集終了とさせていただきます。

参加希望の方、ご質問のある方は私宛のメッセージもしくは以下メールアドレス「contact@isopy.jp」までご連絡ください。ただし募集期間中でも定員となった時点で締め切りとさせていただきます。参加希望人数が最少催行人数に至らない場合は催行を中止させていただく場合もございます。あらかじめご承知ください。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark III
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Bulb
シャッタースピード:
60秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual


ワークショップ内ではニッシンデジタルのワイヤレスストロボAirシステムを使用してライティング実習を行います。雪降る中でのワイヤレスライティングポートレート体験も予定しております。さらに参加者の方には、シグマよりレンズの無料貸出をいただけることとなりました。申し込み時に使用したいレンズのご要望を伺います。なお、ご希望されたレンズがご用意できない場合もあります。さらにセコニックの露出計を参加者のみなさんにご使用いただけることとなりました。単体露出計の使い方とその効果について体験できます。

参加者の方には、極寒の北海道での撮影にむけて機材の準備から防寒具準備のアドバイスまで、ワークショップ開催前から参加者専用Facebookグループ等にてサポートさせていただきます。この特別な季節にしか体験できないワークショップに、ぜひともご参加ください。尚、このワークショップは礒村写真事務所主催となります。インプレスおよびGANREFは一切関係ございません。また事前および当日の天候状況等によって、日程の変更もしくは催行中止となる場合もございます。安全な催行が何よりも優先されるためご理解のほどお願い申し上げます。


2016.11.29追記 
株式会社セコニック様のご協力で参加者に単体露出計の貸し出しがなされることとなりました。
参加料金の内訳を記載いたしました。現時点で算出した金額を記載いたしております。参加人数の増減により金額は変更されることがあります。

協力:
ニッシンジャパン株式会社 http://www.nissin-japan.com/top.html 
株式会社シグマ http://www.sigma-photo.co.jp/index.html
株式会社セコニックhttp://www.sekonic.co.jp/product/meter/index.html
雪の美術館 http://yukibi.marryblossom.com
かなやま湖ログホテルラーチ http://www.larch.jp

コメント(1,000文字以内)

礒村浩一

メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

プロフィール

http://isopy.jp Twitter ID k_isopy 女...

↑ページの先頭へ