Please wait... loading

三条にいかなくちゃ、と歌われた店に行った。

現在表示しているページ
ホーム > じゅけんさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年10月 > 三条にいかなくちゃ、と歌われた店に行った。

投稿日:2017/10/23

撮影期間 2017年10月21日 ~ 2017年10月21日
使用した機材 リコー GR II
●残るものと消えるもの

週末は台風と選挙、あわただしい日曜日でした。
選挙では、去る人と残る人が出てきます。
無事残ることができた先生方には、日本の未来に期待しています。

1940

写真を拡大する

カメラ:
リコー GR II
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+2EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Incandescent 1


-丸型テーブル、礼儀正しい店員。そして最高の味-

残るといえば、上の写真には「1940」と書いてあるのを見ることができると思います。
京都の人にとっては、なじみのある喫茶店の食器です。

調べてみると創業が1940年、ということは70年以上の歴史があるんですね。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー GR II
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F3.2
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


-公式HPでは、今も掲示板が稼働している!-

京都文化として「おもてなし」を大切にするこの企業は、今後も地元民や観光客に愛され残っていくと思います。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー GR II
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F5.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


-変わっていく街並み-

京都を歩くと、なじみの店が消えていたり、新しい旅館が多くできていたりと驚くことがあります。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー GR II
焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


-京都の台所-

日ごろから「おや、この店は昔からあるな」と気づけるよう、じっくりゆっくり歩くよう心がけています。そこに本当のいいもの、が残っている気がするんですよね。

撮影機材

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

ほりい しげる
イノダ珈琲の本店、良い店ですよね。

2017年10月28日 11:20

teru
なかなか渋くて良い所ですね。

2017年10月24日 14:51

2件中 1〜2件目

BRONZE 3

じゅけん

GANREF Point
2220
Next Point
3780
メインカメラ
PENTAX KP

プロフィール

目指せ、年度内シルバーランク。 なるべく、ありのままを写したい と...

↑ページの先頭へ