Please wait... loading

ボディ内手振れ補正はありませんが、リアルタイムトラッキングが補ってくれます

現在表示しているページ
ホーム > katoyan_shunさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年3月 > ボディ内手振れ補正はありませんが、リアルタイムトラッキングが補ってくれます

投稿日:2019/03/23

レビューした機材・用品 ソニー α6400 ソニー α6400
α6400を買いました。
そもそも、以前α6500を持っていて、フルサイズが欲しくなり。それを売ってα7M3を買ったのですが。
野鳥撮影にはやはり、APS-Cが有利だなと思って、APS-C上級機種の導入を待っていました。 待てど暮らせど出てこないので、春・夏の野鳥シーズンに不安を感じ、6400を購入。 ボディ内手振れ補正がないことは不安でしたけど、杞憂でした。

レンズに手振れ補正があれば、問題は少ないことに加え、リアルタイムトラッキングの秀逸さに救われます。

AF-Cとリアルタイムトラッキングがあれば、かなり自由度が高い撮影ができるなと思います。 被写体をつかんで、その後構図を決める際にもつかんだ被写体をほぼ外さずにカメラを振れます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6400
レンズ:
ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


花の撮影にも便利です。 AF-Cでつかんだ被写体をかなりがっちりと追っかけてくれるので。マクロレンズでもかなり楽に撮影できそうな気がします。
マクロ撮影は、MFが基本だとは思いますが、これはもしかしたら、マクロ撮影の常識を変えてくれるのかも。 もちろん、僕レベルのアマチュア、マクロ初心者に対してであり、プロの追い込みには向かないとは理解した上での発言です。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6400
レンズ:
ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto


桃色の春

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6400
レンズ:
ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto



ここまではマクロレンズの撮影ではないので、以下にマクロレンズで撮影したものを載せておきます。 が核は合わせるため、一枚目はα7M3のAPS-Cモード。二枚目が6400の撮影です。 同じ条件にできる限りなるようにしてみました。手持ちなので少々難しかったです。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7 III
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6400
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

SILVER 3

katoyan_shun

GANREF Point
42365
Next Point
17635
メインカメラ
α7 III

プロフィール

愛犬をよりかわいく、よりクールに撮影するために、α100を購入したのが最初...
同じ機材で撮影された写真