2019年8月21日(水)から9月3日(火)まで、システム移行作業中のため、会員登録やログインができません。
【詳しくはこちら】

Please wait... loading

寒中に春の香りを拾う!

現在表示しているページ
ホーム > Hideaki Kさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年1月 > 寒中に春の香りを拾う!

投稿日:2018/01/20

撮影期間 2018年01月18日 ~  
使用した機材 ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
ニコン D700
寒中に春の甘い香り漂う!

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D700
レンズ:
ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2500秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Manual
週(3-4)回、プールへ出掛け、体調管理を行っている。プールへは約1km。歩いて約15分である。今日は久しぶりに暖かく、気持ちがよい。いつもの通り道ではあるが、いつもと違っていることに気付く。甘い、芳香の香りが漂っていた。愛知環状線の土手の脇で、ここは無風地帯である。いつも午後3時ころ通るときには、この時期は西日が差して、特別に暖かく感じるところである。ここに建っている家の庭には、季節を通じて、色々な多くの草花が咲き誇っている。他の他の場所よりも早く、花が咲いているような気がする。今に時期には、山茶花は勿論、水仙の黄色い花が既に満開を迎えていた。そして今回は、周囲に甘い香りを漂わせていた、黄色の「蠟梅」の花が咲いていたのである。寒中であるにもかかわらず!
 ここ数日は、穏やかで、暖かな日が続いており、「蠟梅」も季節を間違えてしまったのであろうか。今日は「大寒」である。今週末には、第一級の寒波が襲来するそうである。寒さは、これからまだまだ続くと思われるが、この「蠟梅の黄色の花」は、これからの寒波にどう立ち向かうのであろうか?狼狽するに違いない!!

コメント(1,000文字以内)

GOLD 1

Hideaki K

GANREF Point
113455
Next Point
6545
メインカメラ
D700

プロフィール

 「四季」が織り成す山川草木の変化を求めて、自然の中を歩くように努めている...