Please wait... loading

ヒメホタルを撮ってみる①

現在表示しているページ
ホーム > KENZOさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年6月 > ヒメホタルを撮ってみる①

投稿日:2018/06/06

撮影期間 2018年05月20日 ~ 2018年06月05日
使用した機材 ニコン D850
ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
森のイルミネーション

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
焦点距離:
58.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
25秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto


ヒメホタルを追いかけて今年で4年目になります。
ゲンジホタルも好きですがヒメホタルには不思議な魅力がありますね

さてホタルを撮影するにあたって大事なのがホタルの明るさと背景の明るさのバランスだと思います。
もう一つは焦点距離ですね
カメラの高さも大事ですね!

ホタルの明るさは肉眼ですと暗い場所の方が明るく見えますが実際には同じ光量なんです。
孵化直後はまだ元気なので明るめです寿命が近くなると少し元気が無くなりますね
その違いは今回は置いといてホタルの明るさは露光時間ではなく絞りとiso感度とぼかし加減で決まってきます。
程よい明るさは光の中に背景が少し透けるくらいが私は好きです。
58㎜/f1.4のレンズで開放で撮った場合私はiso1250にしています。
24㎜/f1.4の場合iso1000でもいいかなと

焦点位置は無限に近く1番奥に飛んでいるホタルに合わせることが多いです。
あくまで好みだとは思うのですが奥行きを出したいなと思っています。

露光時間は背景の明るさで決めています。
森の中や暗い場所では30秒にすることもありますが月明りが強い場合は撮影自体諦めることもあります。
草原の拾い明るい場所では5秒で撮ることもあります。
背景の明るさもやはり好みだとは思いますが。

カメラの高さは玉ボケを大きく撮りたいなら望遠気味でローアングルがボケが大きくなります。
ただし画角が狭いとホタルをとらえる確率が下がります。
それとホタルの光跡が重なりすぎることになりますね
高い位置から地を這う広い光跡も私は好きですが
カメラの高さもやはり好みですよね

今年は花とヒメホタルの明るいイメージの絵も撮れたらいいなと思っています。

参考になるか不明ですがちょっと書いてみました。

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

早起き夫婦
とりあえずヒメボタルと星景写真目的でこのレンズをポチっとしてしまいました。この記事は大変参考になりました。ありがとうございます。

2019年05月15日 21:32

KENZO
hisashiさんコメントありがとうございます。
今年からですか?夜の撮影は楽しいですよね^^
撮影方法もですがマナーとかトラブルも多いので少しずつ覚えていければいいですね。

マニアさんコメントありがとうございます。
さくらから始まって全体に前倒しの1年ですね

インディゴブルーさんコメントありがとうございます。
明るいレンズいいですよね
ホタルや星はマニュアルで撮れるのでオールドレンズが安くていいかもです。

ドンドンさんコメントありがとうございます。
ヒメは深夜の撮影なので意欲が無いとなかなか腰が上がらないです。

芥川 千景さんコメントありがとうございます。
ヒメの玉ボケは美しいですよね^^

2018年07月09日 13:27

ドンドン
大変参考になり有難く思います。今後も、ひめホタルの撮影記
お願いします。

2018年07月09日 10:48

芥川 千景
美しい世界が広がっていますね。

2018年07月09日 09:46

ドンドン
「ヒメホタルを撮ってみる②」から、①にたどり着きました。
再び、チャレンジ意欲がわいてきました。
貴重な体験談をありがとうございます。

2018年06月15日 10:27

インディゴブルー
大変参考になりました。
挑戦したいのですが、まずは明るいレンズの調達が必要ですね..汗)

2018年06月10日 12:25

マニア
今年は昼間暑いのに夜冷えるのでホタルの遠征に難儀しています・・・。

2018年06月07日 00:05

hisashi
今年から蛍はじめました(^_^)ゲンジボタルから修行中です!

2018年06月06日 22:51

8件中 1〜8件目

TOP OF GOLD

KENZO

GANREF Point
1825090
メインカメラ
D5

プロフィール

写真はカメラで撮る 作品は心で撮る だから僕は心を磨きたい

↑ページの先頭へ