Please wait... loading

Ogaki Mini Maker Faire 見学へ

現在表示しているページ
ホーム > konitan400さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年12月 > Ogaki Mini Maker Faire 見学へ

投稿日:2018/12/03

撮影期間 2018年12月01日 ~ 2018年12月01日
使用した機材 シグマ SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
キヤノン EOS 6D Mark II
友人と岐阜県大垣市で開催されたOgaki Mini Maker Faireに行ってきました。

行く前のイメージは、それぞれのブースで固くやっていることを説明して、自分たちのような男性ばかりなのだと思っていました…。

大垣市に行くのは初めてで、駅で友人と待ち合わせをしていると、個人的に普段からよく閲覧しているデイリーポータルZ(https://dailyportalz.jp/)の人たちが友人と同時に改札から出てきて驚きました。

昼食を食べて会場となるソフトピアジャパン・センタービルへ。
予想していたよりも大きなビルで、入ってすぐの1階と2階が会場でした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF85mm F1.8 USM
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

12時半から15時までの2時間半で会場を2週して、満喫することができました。

印象に残った出展者の方々をいくつか紹介します。

SRSIVさんのヒューズに電飾を組み込んだ作品は(http://dominotech.blogspot.com/)は入ってすぐに綺麗なヒューズが目に飛び込んできて、真っ先に足が向かいました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
53.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
Auto

単純に綺麗ということもありますが、ヒューズの中に電飾を仕込むという発想と細かく色や光り方を考えていて見ていて飽きませんでした。

Robot Bandさん(http://www.asahi-net.or.jp/~HB9T-KTD/music/Japan/Research/Robot/robot_band.html)は占いロボとバンドロボを展示していました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto

いかにもロボットという親しみのある見た目と、一生懸命に動いている様子は可愛らしかったです。

いしかわきょーすけさん(https://twitter.com/qx5k_iskw)のペンプロッタは手のひらサイズの小型なのはもちろん、実際にスペースシャトルや名刺をどんどん紙に書いている様子は思わず顔を近づけて見ずにはいっれませんでした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
2000
ホワイトバランス:
Auto

ペンプロッタについての説明や、実際に手動で座標をどのように決めているか体験できて興味をそそられました。

MATHRAXさん(http://mathrax.com/)の大垣で有名な枡を使用した展示は、枡が並んでいて一瞬美術館に来たのかと勘違いさせられました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
31.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto


石華工匠さん(https://www.cyclicblue.com/)はビスマスの結晶を始め、石英やシリコンウェハを展示、販売していました。
未来都市

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
Auto

私自身、学生時代に結晶の勉強をしていたので行く前から是非見たいと思っていました。
実際にビスマスの結晶作りを実演で見ることもでき、変える前に我慢できずに1つ購入してしまいました。

他にもローリングシャッター現象をわざと発生させるカメラを自作しているTakahashi Toshioさん(http://takahashi1041.wixsite.com/tsoops)や、光るメガネのゆるつくさん(https://twitter.com/yurutsuku)、ユツキャラ的なキャラがボタンを押すと仕分けをしてしばらくするとサボるというゲーム(?)のヒョロ・ちび・wifeさん、人造人間や顔が大きくなるかぶりものやクリックすると屏風から虎が飛び出してくるデイリーポータルZさん等、全然飽きませんでした。

実際に行って、思っていた以上に家族連れの方が多くおり、何より出展者の方たちが熱く自分たちのやっていることを語ってくださり刺激を受けました。

コメント(1,000文字以内)

SILVER 1

konitan400

GANREF Point
11520
Next Point
480
メインカメラ
EOS 6D Mark II

プロフィール

前々からカメラに興味があったので、2012年の12月にKiss x6iを購...

↑ページの先頭へ