Please wait... loading

【注目製品レビュー ~ニコン D810編~】 episode 3 手になじんできたD810

現在表示しているページ
ホーム > ましゅまろさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年4月 > 【注目製品レビュー ~ニコン D810編~】 episode 3 手になじんできたD810

投稿日:2015/04/20

撮影期間 2015年04月19日 ~ 2015年04月20日
使用した機材 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
ニコン D810
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
As Shot

今回は、D810+24-70mmの軽装(?)で津久井の方に散策に行ってきました。
綺麗に整備された有名どころの神社も当然好きなのですが、その土地の神様を祭っている古い神社や祠も大好きで
時間を見つけては適当に場所を決めて出かけていってますが、正直需要が無いのか、腕が悪いのか評価は今ひとつですorz

やっぱり好きなものを好きなように撮るのが一番楽しいって事で超!超!じみ~ですが、私自身も暗い性格なので
一人楽しく撮影してきました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
As Shot


ターゲットの選定は基本googleマップで良さげな神社を見つけて、そこからは徒歩で・・・

私の写真は基本的に、構図を決めながら先に絞りを決めます。
決定する上での判断は当然被写界深度で何処までをどれぐらい見せるかを絞値を変えながらプレビューボタンで何度も確認しながら取り合えず写します。

次に明るさ。神社撮り以外のときはISO連動になっていますが、そのまま撮ると私の感じる神社の雰囲気も何もありません。
なので、先ずは1枚撮った写真のプロパティを基準にISOとシャッタースピードを調整しながら何度もシャッターを切ります。

それでも、カメラのモニターと自宅のモニターの明るさは合っていないので、自宅での現像処理は必須というのが私のフローになっています。
裏山の社

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:
26.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto


記憶に残る色合いと、多分一番大切なのは雰囲気。空気感が再現できるか?ってところが私が一番注力しているところです。

高画素でブレに弱く、データも大きいというD810は正直、最初のうちは大きなダンプカーを運転している気分でした。
さすがに長期間触っていると手になじんできます。

先ずブレですが、私的には全く気にならないです。
前回まで何度か登場している55mmF2.8microは当然MFのレンズなので、このレンズ同様VRはついていませんが、気を入れて撮った写真にブレでNGとなった写真はD700と比べてD810だから多発したということはなかったです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot


マニュアル露出では切るに設定していますが、通常時の撮影の際に設定しているISO感度設定をAUTOにしているからかもしれません。

【ISO感度設定をAUTO】
これD700にも付いているんですが
ISO感度
感度自動制御
制御上限感度
低速限界設定
の四項目で構成されているのですが、そのどれもがやはり超進化を遂げていました。

感度自動制御はこれらの機能の使用の有無を制御するソフトスイッチになっており、独立してこれだけを一撃で呼び出せるようにコマンド化もされているのでマイメニューの一番上に設定して使うようにしています。
理由はD810のfnハードスイッチにマイメニューの一番上を表示するように設定することが出来るので私のようにチョイチョイ設定を変える人にはかなり便利な機能になっています。

制御上限感度とISO感度
トップとボトムのISOの使用範囲の設定項目になっておりボトムは64、トップは12800を設定しています。
なかなかISO12800を使うシーンは無いですねw

低速限界速度
これがD700と比較して相当進化したと思える箇所の一つで、この進化のお陰で高画素なのにブレ写真が少ないのかな?って思っています。
どう進化しているかというと、先ずAUTOが実装されているのでD700では1/焦点距離で低速限界速度として設定していましたが、D810はカメラ側で装着されているレンズの焦点距離から算出してくれるというものです。ズームレンズのときは本当に重宝するし、、このAUTO設定、さらに細かく低速に振ったり高速に振っておくことが出来るので高速側に設定しておくことにより手振れは軽減されているのかな?って思っています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot


-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.☆
注目製品レビュー ~ニコン D810編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/review.html
☆-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

ましゅまろ
greenさん
コメント有難うございます。
カスタマイズできると愛着もわいちゃいますね!

2015年04月23日 00:03

ましゅまろ
ま~くんさん

コメント有難うございます。
『低速限界速度のAUTO設定』かなり便利です!
これによって手振れに関してはかなり救われています。

駄馬さん
こんにちわ
D810はやはり、と言うか本当に懐が深い気がしてます。

闇さん
コメント有難うございます。
闇さんに『勉強になります』とか言われると困っちゃいますw

siraさん
コメント有難うございます。
まだまだ初心者で、こう撮りたい!って言うのはイメージにあるのですが、なかなか・・・

2015年04月21日 23:14

sira
しっとりとした写真の数々、じっくりと被写体に向き合って撮ってるからなんですね!たしかに雰囲気が伝わってくるようです。

2015年04月21日 05:00

闇夜の流離人
なるほど♪ これは、勉強になります♪

2015年04月21日 01:02

駄馬なんです
ISO感動の設定ですか。
D700はもう、神経質すぎるかもしれませんがISO400くらいから出てる気がしていて、ISO200固定でした。
D810はそこそこ余裕あるので、こういう設定もいいですよね。
先日、バスケの室内撮影でそう思っていたところです!

2015年04月21日 00:41

ま~くん
低速限界速度のAUTO設定、便利そうですね。

2015年04月21日 00:35

6件中 1〜6件目

GOLD 1

ましゅまろ

GANREF Point
67545
Next Point
52455
メインカメラ
D700

プロフィール

はじめまして。 ましゅまろです。 観て下さって本当にありがとうござ...

↑ページの先頭へ