Please wait... loading

志賀直哉旧居訪問&NASの導入

現在表示しているページ
ホーム > Mislinさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年6月 > 志賀直哉旧居訪問&NASの導入

投稿日:2019/06/29

撮影期間 2019年06月27日 ~ 2019年06月29日
使用した機材 ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
ニコン D750
 
志賀直哉(1883-1971)、明治から昭和時代の作家。代表作に「暗夜行路」など。あちこちに移り住んだ彼が、1925-1937年にかけて住んだのが奈良の高畑町。直哉の住宅が残っており、直哉の転居後、企業の施設として使用された後、復元されて「志賀直哉旧居」として一般公開され、今に至っています。この辺りは飛火野の南側に面し、由緒のありそうな格調高い住宅が並んでいます。直哉も、奈良公園に面したこの場所を気に入って京都の大工に依頼して、ここに家を建てたのだそうです。

実は鹿を撮りに行く際に必ずこの前を通っており、いつか行ってみたいと思っていたので、平日の午前中、休みを頂いて妻と行きました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D750
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual

鹿の折り紙をみつけました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D750
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual

ダイニング。12脚の椅子がありました。凄く大きくて贅沢なつくり。ダイニングに面したサロン(サンルーム)は、椅子とテーブルがあちこちに配されてとても居心地がよく(座れます)、名だたる文化人たちが集っていた当時に思いを馳せることが出来ます。


■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・と、ここから話がガラっと変わります。

ドスパラのraytrek ZQ(クリエイター向けパソコン)のレビューが始まりましたね。実はこのレビュー、私も応募しようかと悩みました。というのは、今の写真編集の環境に問題があり、早急に何か手を打たねばならない事態になっていたからです。

私の写真編集の環境は、
 ノートパソコン dynabook EX87/TG PTEX-87TBWG
   17.3インチTFT液晶
   CPU Core i7-6500U 2.50GHz, 2コア/4スレッド, 4MBキャッシュ
   メモリ 16GB、HDD 2TB
というスペックで、これを無線LANルータ NEC aterm WR9500N経由でネットに接続していました。作業場所は、ダイニングテーブル…(子供たち優先で自身の部屋がない)とはいえ、ダイニングで妻や子供たちとお喋りしながらパソコン触るのが楽しいので、我慢している感じはないです。

奈良公園に行くと、少ない時で100枚、多いと600~800枚ほど撮影します。家に帰ってから1枚ずつ確認し、多くても400枚以内を目標に選別するのですが、パソコン内蔵のHDDをどんどん消費していきます。データのバックアップはI-O DATAのUSBポータブルHDD(1TB~2TB)複数に保存したうえで、古い撮影日時のRAWのうち、現像する機会がなさそうなものをパソコンのHDDから削除していくのですが、データの増え方に削除が追い付かず、最近ではHDDの空き容量が常時150GB前後という状況に。撮影に行くとデータが増えるから、まずデータを消さないといけないのですが、その作業がとても面倒で、撮影への意欲にも影響が出つつありました。

そんな折にドスパラのレビューワ募集を目にし、そのスペックをドスパラのページで確認すると、SSDだけで1TB、HDDも複数搭載でき、クリエータ向けグラボQuadro搭載の素晴らしいスペック。これならストレージに当面困ることはないなぁ…と羨望の眼差しです。しかしレビューパソコンは返却が必要。夢は一カ月の期間限定です。

それから、環境をどうアップデートするのが自分にとって正しいのか、四六時中考えました。

A)高性能で拡張性のあるデスクトップへの移行
 ダイニングテーブルで作業する身。ディスプレイも必要なので置く場所がありません。空き部屋を工夫すれば出来ないでもないですが、空をみながら作業できるダイニングがベストなので、デスクトップは今はないなぁ…と諦めました。

B)最新ノートパソコンへのリプレース
 dynabookのTFT液晶の品質の悪さとSSDなしによるWindows/アプリ起動の遅さに辟易していることもあり、DellなどSSD搭載かつIPS 17.3インチ液晶の最新ノートに惹かれました。グラボはGTX1050 Tiや1060で目的外れではありますが、グラボなしの我がdynabookよりは良さそう…。しかし、ストレージ不足という最重要課題は全く解消しません。ノートパソコンは解決策ではない、と諦めました。

C)外付けHDDの設置
 これが一番手っ取り早い解決策ですが、ダイニングテーブルで作業する身では、ちょくちょくノートを片付ける必要があり、その都度HDDを動かすことを想像すると、かなり億劫というか使い勝手が悪そうだしトラブりそう…とこのプランは却下しました。

D)NAS(Network Attached Storage)の導入
 デスクトップを諦めた頃から、これしかないと予想はしていましたが、NASの導入は専門的で難しそう、セットアップでギブアップしたらどうしよう…という不安があり、避けていました。しかし、A,B,Cと没になってしまうと、NASに真剣に向き合わざるを得ません。そこで、また色々と下調べを行い、価格コムやAmazon等のレビューで最も評価の高い、Synologyという聞いたこともないメーカーのNASを買うことに決めました。

DS918+というHDDを4台搭載可能で個人使用としては相当ハイスペックなNAS、そしてHDDを4台購入しました。

 NAS Synology DS918+ 4GBメモリ、SSDなし
 HDD WesternDigital WD40EZRZ-RT2 Blue 4TB
    ※NAS用のREDでないのですが、予算が…

これらが届いたのが6月27日。早速セットアップを始めます。説明書はとても簡易なものしかなく、ネットの情報を頼りに進めるしかないのですが、まぁハマりました。RAIDの設定、共有フォルダの作成、ユーザとグループの作成、アクセス権の設定、PCからNASを見えるようにする(マウントする)設定、スマホからも写真を見れるようにするための設定…、全ての過程でトラブル続出。一度経験してしまえば大体掴めて来るのですが、ハマってる間は、自分には到底手に余るものを買ってしまった…と焦りと後悔。少しずつ仕組みが分かってくることへの楽しさもありましたが、本当に大変でした。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D750
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual

ダイニングのカウンターに設置したNAS(奥の黒い箱)。手前は、NASの購入に合わせて無線LANの環境も改善しようと購入した、Synology RT2600acというルータです。こちらは6月29日、つまり本日届きました。これで、無線LANの最新規格802.11acにも対応できます(aterm WR9500Nは非対応でした)。

アップロード画像

写真を拡大する

フラッシュ:
No flash function

PCとNAS間のデータ転送の速度です。左側がaterm WR9500N(802.11a接続)で、転送速度は10~15MB/s。中央がRT2600ac(802.11ac)で、30~35MB/sと、3倍近く改善しました。PCとルータをLANケーブルで接続したらもっと高速になるんじゃないかと、無印品のLANケーブル(多分、Category 5)で接続したところ、10MB/sに落ちてしまいました。そこで、Johshinでギガビット対応のケーブル(Category 6A)を買ってつないだところ、70~80MB/sの転送速度を得ることが出来ました。過去データのバックアップはこれで行い、今後増えていく分は無線LANでやろうかと考えています。

ちなみに、ポータブルHDDをUSB 2.0ポートに挿すと、40MB/s前後にまで転送速度が低下します(実験済)。LANケーブルやUSBポートの選択は大事なんですね。

アップロード画像

写真を拡大する

フラッシュ:
No flash function

パソコンからNASが見えるようになりました。これも苦労しました。「Synology Assistantを使うと簡単」というデジカメウォッチの記事がなければ、諦めてるところでした。本当にNASは難しいです。

今回、4台のHDD(各4TB)でRAID 5という総容量的には3/4になる設定でNASを運用しています。フォーマットすると10.47TBになります。過去の写真データの全容量を計算したら約2.11TBだったので、今のところ十分余裕があります。これまでカメラの画素数は24Mピクセル程度まで…と自主規制していましたが、Z 7やD850などの高画素カメラも視野に入れられるようになったのは、とても有難いです。

カメラをアップデートしたいと思いつつ踏み切れなかった理由には、ストレージの容量不足への懸念がありました。やっと、カメラを好きなように選べる環境になったことが嬉しいです。今回12万円くらい出費してしまったので、当面カメラは買えないですが…^^;
 

コメント(1,000文字以内)

29件中 1〜10件目

sinzi
私も職場と自宅のPC環境で2TのHDを共用で使用してるため外したり付けたり面倒です。NASも名前は知ってましたが、いかんせんそっちの方面は疎く、設置記を拝見しても今一歩踏み出せませんが・・・。参考になります。

2019年07月03日 16:35

Mislin
> 春の深谷2さん

いえいえ、とても興味深く拝見しています。GANREFは写真とカメラばかりが話題としても取り上げられる印象ですが、デジタルカメラとパソコンやバックアップなどの周辺機器は切っても切れない関係で、皆ここへの関心は高いし、悩みも切実だと思うんですよね。

私も2TBのHDDをそのまんまSSDにコピーするなんてことはしないよな、と思いつつ書いていたので、ご指摘されてしまい恐縮です。データを消してしまえば、1TB未満、多分512MBで足りるのだろうと思います。NASに写真データはコピーしたので、ノートPCのHDDから少しずつ削除をしかけているところです。512MB SSDなら普通にありますもんね。まだ直ぐには換装には手が回りませんが、ノートPCを買い替えるよりは断然安いから、おいおい考えたいと思います。ありがとうございます^^

2019年07月02日 22:52

春の深谷2
CドライブのSSDは2TBも必要ないですよね。クローニングする準備として、データはすべてNASに移動しておくのが良いと思います。私が今使っているデスクトップのHDDは500GBでしたが、SSDについてきたソフトを使って、すんなり240GBのSSDにクローニング出来ました。私はオフィスソフトや写真ソフトを沢山載せていますが、それでも、スカスカです。一番大事なのは自分が作ったデータなので、もしもの場合に備えて、Cドライブにはアプリケーションだけを載せるようにしています。アプリケーションはインストールディスクやアクティベーションに必要なIDを持っていれば、もしものことが起こっても復元できますけど、データは本当に気を使いたいですよね。

SSDも当たりはずれはあると思いますが、一般的には寿命を心配する必要はないようですね(https://pasokon110.com/special/2019031810/?utm_source=google_adwords&utm_medium=cpc&utm_campaign=&gclid=Cj0KCQjwgezoBRDNARIsAGzEfe582k06GlOY1luumdkJ8OzBCQJLMPlqi0jhLVzznnuuGtMAWEsAmdQaAvq1EALw_wcB)。私は、デスクトップで3年間ほぼ毎日数時間使っていますが、診断ソフト(CrystalDiskInfo)を使っても未だ異常は検出されません。

バックアップに私も一時期BDを使いました。でも、HDDの低価格化により、無理して低容量で時間のかかるBDを利用することには意味がなくなったと思い止めました。それよりは、HDDを2台用意してデュアルバックアップをした方がずっと楽です。私がバックアップを取るのは半年か1年に一回くらいです。Dドライブに溜めたデータが一杯になったら、バックアップ用のディスクに移動させます。1台のHDDで1時間前後はかかっています。2台で2~3時間。それをBDでやるとなると・・・いや、やる気にはなれません。BDでやるのなら、こまめに日常的にやるということになるでしょうね。ただ、枚数は相当増えますよね。

以上、読み返すと、押しつけがましい文章で申し訳ないのですが、何かの参考になれば幸いです。

2019年07月02日 22:38

Mislin
> 鬼太鼓さん

SDカードをカメラからPCに差し替えたことで撮影データが消えてしまったことがありますが、幸いHDDのトラブルは未経験です。でも、いつ起こっても不思議ではないことなので、結構頻繁にデータのバックアップはとってます。

2019年07月02日 20:27

Mislin
> 春の深谷2さん

詳しいご助言、ありがとうございます。

メモリ16MBは、Photoshop/Lightroomを使うため、標準8MBから増設して購入しました。

今のdynabookはそれまで使っていたfujitsuのノートPCの液晶が映らなくなってきた(緑っぽくなった)ので急遽買い換えました。fujitsuのノートPCはIPS液晶、SSD 512MBのスペックで、高速起動で快適、液晶も見やすかったのですが、キーボードやディスプレイなどが弱すぎて1年ちょっとしか使えない代物でした。SSDへの換装は是非、やりたいですね。HDDであるため、起動が遅いのが大きな不満です。イメージで複製することが出来るなんて技があるんですね。ちょっと怖いですが、やってみようか…しかし2TBのSSDなんて? あと、SSDは放置してると消えてしまうのも怖いです。fujitsuのPCはもう起動しません。

バックアップは、BDがいいという話も聞いたのですが、100枚くらいになる勢いなのでちょっと躊躇しています。

2019年07月02日 20:24

Mislin
> 亀GGYさん

そうそう、宮城県の出身だから、亀GGYさんの地元ですね^^
ノートの買い替え、いいですね。
その際は、IPS液晶、SSD(最低でも256MB)、メモリ 16MB。これを押さえておけば大丈夫です、きっと^^

2019年07月02日 20:16

Mislin
> めぎさん

私もNASなんかもうとんでもない…と思いつつ、でもやってみたい(克服してみたい)と思って、今回飛び込んでみました。

ご自身の部屋があるのは羨ましいです。でも、オープンスペース(ダイニング)が居心地いいんですよね。デスクトップ入れる日まではここで頑張ります。

写真の断捨離、したいのですが選別する時間が勿体ないんですよね。

2019年07月02日 20:14

Mislin
> kobebizさん

ありがとうございます。

2019年07月02日 20:11

鬼太鼓
データ消失があったのですね
私も一時NASも考えたのですが、自作デスクトップ二台(人に作って貰った)並べて互いに写真データをやりとりし、定期的に外部HDD二台にデータを保存していますのでNASを諦めました。又長期旅行の時は、ノートPCを(SSDに換装)持参し撮影地でデータ保存をして、消失防止に努めています。

2019年07月02日 16:08

春の深谷2
NAS導入おめでとうございます。

私は、幸いにしてデスクトップパソコンで、27インチの格安モニターを使っています。でも、昨年まで10年前に組み立てた自作機を使っていました。それが壊れてしまって仕方なく、使っていなかったパソコンをセットアップしましたが、これは、5年前に買ったメーカー製の入門機。でも、能力的に不満を感じることはあまりありません。理由は、HDDからSSDへの換装とメモリ増設にあると思います。

Mislinさんのノートパソコンはメモリは十分のようですが、SSDへの換装をされた方が良いように思います。まったく別機種になったように高速化しますよ。私は2年前に入院した際、必要に迫られてHPの安物ノートパソコンを購入しました。でも、信じられない低速ぶりに呆れて、退院後換装しました。ネジをいくつか外して、クルマの内装はがし(1000円以下でアマゾン等で買えます)を使うと筐体を簡単に2つに分けられます。あとはHDDを外して、SSD(今なら5000円~10000円位で買えます)にクローニング(用の器具-「裸族」等-は数千円で買えます)して据え付ければOKです。どのネジを外せばよいか分からないようなら、ネットを検索すると教えてくれるブログがきっとありますよ。クローニングはHDDとSSDを一緒にして少しパソコンの分かる人に頼むという手もありますね。これが割安で一番良いかもしれません。

あと、写真の保管は、バックアップ用のHDDを用意してそこにコピーしています。昔は、筐体を開けて何某その他のマニアックなことをやっていましたが、今は安価なUSB機器(「裸族」等)を使って簡単にできますよね。念のために、同じファイルを別のHDDに二重にバックアップしています。もう10年ほど前からそうしていますが、たまに昔のHDDをつなげてみると、こんな写真もあったかという発見になったりして、それはそれでちょっと楽しいですね。

2019年07月02日 12:38

29件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

Mislin

目利きAWARD DOUBLE目利きAWARD DOUBLE
GANREF Point
8640590
メインカメラ
D750

プロフィール

朝は奈良公園、夕は若草山で鹿を撮っています。鹿を恰好よく美しく撮りたいです...