Please wait... loading

機材を上手に活用する

現在表示しているページ
ホーム > nikutenさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年5月 > 機材を上手に活用する

投稿日:2015/05/16

撮影期間 2015年05月09日 ~ 2015年05月10日
使用した機材 ニコン D4
ニコン D5200
タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
シグマ APO 300mm F2.8 EX DG /HSM
写真撮影中に別のカメラマンさんから「超望遠ズームと単焦点+テレコンの場合どちらが綺麗なんですか」と質問を受けた際、迷わず「単焦点+テレコンです」と答えた。
今回適当ではあるが、比較画像を撮影出来たので結果を自分なりにまとめます。

使用カメラ D5200
 APS-C:2400万画素 ファインダー:ペンタミラー 画像エンジン:EXPEED3
使用実感
 粒状性はD7100と同様、ファインダー倍率はフルサイズでDXクロップを見ているのと同じ、唯一の欠点はファインダースクリーンの透過率が高く、アウトフォーカス時のボケ量が少ないため、とっさの場合慣れないと精密なピント合わせがしにくい。
 後、AF微調整が無いので、ピントずれがある場合は癖を理解して撮影するしか無い。
 
使用レンズ
 タムロンSP 150-600mm F5-6.3 VC USD
 シグマ APO 300mm F2.8 EX DG HSM+APO テレコンバータ☓1.4,☓2


タムロンの写真


カワセミ飛び出し(35mオーバー)
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

使用感度限界と思われるISO1600にて撮影したがSSが上がらなかった為、被写体ブレを止めることが出来なかったのが残念。。。(若干流したが足りなかった。。。)


チュウシャクシギ
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Custom

約30mにて撮影(このシギさん警戒心強いので、近くで撮影出来てラッキーでした)
順光条件で撮影出来たが境界部ににじみが出ている。このレンズとしてはまずまずの解像感がでたので満足。

この2枚の写真はAFのみではピントがずれているのでMFにてピントの山を補正して撮影実施。


キアシシギ
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

約25mにて撮影、AFでわざと撮影したため、少し細部が甘いが十分な感じと思う。

カワセミ以外は手持ち(殆ど左手で支えているのみ)で撮れます。(スキルは必要であるが鍛錬すれば誰でも習得できるレベル)


単焦点+テレコンの写真


☓1.4テレコン
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
420.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

逆光条件、開放での撮影にもかかわらず、シャドー部のディテイルもしっかり描写している。


☓2テレコン
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/4000秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

完全に逆光であり、ISO感度下げるのを忘れていたが、悪条件にもかかわらず良い描写と考える。


最後にD4を使用した場合の絵をポートフォーリオより一つ(笑)
ハバタキ

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D4
レンズ:
シグマ APO 300mm F2.8 EX DG /HSM
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1600秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
Auto

餅は餅屋という感じで、妥協する所は妥協するのも肝要、しかしどの機材も磨けば光ります。機材を信じて長所を引き出し、その瞬間瞬間、一期一会の出会いを大切にする。
それが、ユーザーの使命だと思います。(笑)

コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

mikabu
ちょいと頑張ってみようかなぁ、という気になりました。
手持ちでも鍛錬できりっとした写真が撮れるのですね。

2016年12月04日 23:09

nikuten
皆さんありがとうございます。
 ピン甘と称している写真の殆どが微ブレによるフォーカスが定まらない写真であることは事実です。手ブレ補正が付いていても発生しますので、ブレを出さない構え方、撮影時のリズムを修得することが、キリッとした写真を撮るコツになります。
(タムロンのレンズですが、撮影時のリズムを修得することで左手で支えてだけでも撮影できます。←手持ちで解像が甘い方は構え方、撮影時の自身の挙動を見なおされて起振源になりえない手法を修得することが、このレンズでキリッとした写真を撮影する一番の近道だと思います)
ズームレンズは単焦点に比べますと劣ります。劣った点をカバーするにはしっかりピントを出すしかありません。
機材の癖を理解してどう引き出すかがポイントになります。

sumipokoさん
 嬉しいコメントありがとうございました。(^^)

2015年05月17日 08:52

sumipoko
とても参考になります。

2015年05月16日 18:13

3件中 1〜3件目

TOP OF GOLD

nikuten

GANREF Point
3600580
メインカメラ
D4

プロフィール

14.9.12 家事都合でしばらくお休みします。 拙い写真をご覧頂...

↑ページの先頭へ