2019年8月21日(水)から9月3日(火)まで、システム移行作業中のため、会員登録やログインができません。
【詳しくはこちら】

Please wait... loading

高倍率ズームで長時間露光するための一考(ブレを少なくする)

現在表示しているページ
ホーム > nikutenさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年4月 > 高倍率ズームで長時間露光するための一考(ブレを少なくする)

投稿日:2016/04/02

撮影期間 2015年10月30日 ~ 2016年04月02日
関連する用品 アドビシステムズ Adobe Photoshop Lightroom 4
利便性が良いため高倍率ズームのシェアが増えているのは周知の事実であるが、良い所だけでなく、悪い点もあり、割りきって使用しなければならないが、旅行等で機材の制約を受ける際、非常に便利である。
そこで、一番の欠点である長時間露光時の保持方法について下記に一考してみた。
レンズサポート自体、たしかに重量はあるが、夜景撮影等の三脚使用時のみ持ち出せば良いので、三脚のケース等に忍ばせていれば済むように思える。

以下にその手順を示す。

1)事前確認フロー

2)使い方


ココで一番のポイントは前後バランスが釣り合うところで支えると云うのが非常に雲台の負荷が少なくなるので実際の保持力が増えることにある。

レンズサポートは各種あるが、メジャーなものでこの様な使い方が出来るのはエツミのジャイロック、下名のお勧めはamazonで「レンズサポートLS-200」で検索してみて下さい。
コストパフォーマンスが非常に高いです。

本家と言いますか、ちゃんとしたメーカーで該当するものは以下になります。
http://ganref.jp/accessories/2480

参考までに自身も本来は180mmF2.8のレンズをポタ赤に固定するためのアイテムでLS-200を購入しました。本来は以下の様なレンズを固定するのに使用する機材です。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.2 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
As Shot

コメント(1,000文字以内)

7件中 1〜7件目

マニア
レンズサポート、安いものがたくさん出てきて買いやすくなりましたね。私も最近5千円ほどのものを購入し、導入しました。

2019年01月16日 23:34

nikuten
高橋先生

先生の所有されていますシステムですとアルカスイス互換規格より、マンフロット501pl互換の方が重心も低くなりますし余分なプレート不必要になりますのでベターだととは思います。
お持ちの503もGH3780QRも501plの規格ですのでこれらにつける際はベストだとは思います。
またはkirkから出てますSQRC-501PLを用いますと変換は出来ますので簡単にバランスどりは出来ると思います。(私はこれが高いので自作しました。そのレビューは以下になります)http://ganref.jp/m/nikuten/reviews_and_diaries/diary/9666

2016年04月05日 08:50

高橋 修
買いましたよ^^昨日発注して今日の午前中にデリバリーされて来ました、早速セットアップしましたが、サンニッパと80-400用にはいい感じです、ジッツオ三型と五型用に限定しましたがこれで行けそうです。  有難うございました♪

2016年04月04日 16:04

nikuten
皆さん有り難うございます
高倍率ズームや最後の様な三脚座の無い大口径レンズを強固に止めるには「大きな雲台」を使うか、紹介した様なサポートを使用しなけばなりません。レンズサポートも去年までは2万以上していたので、頻度も少なくこのタイプの大口径レンズは繰り出し量の変化が少なくバランスが崩れにくですので大きな雲台である程度ごまかしが効きます。(ボール径54mmと46mmのボールヘッドで事足りてました)
8ヶ月前に5千円強でサポートを購入できましたが、上記の理由により下名も使っていませんでした。
しかしながら知人から高倍率ズームで夜景難しいとの相談がありましたので、値段が安いこのサポートを紹介し使い方を述べました。
高倍率ズームは如意棒の様にニョキニョキレンズが伸びますので、バランスが凄く変わります。
そしてバランスが悪いです。
こちらにコメントいただいている方は三脚、雲台とも十分に対策されている方なので関係はありませんが、これからはじめられた方の大抵はカメラ、レンズにはそこそこお金を掛けるが、三脚は大抵チャチなものが多いのが事実で、最上級のものは必要ありませんが、ある程度のレベルは必要で、そしてある程度の雲台も必要であり、想定しているのはレンズサポート含めて2万円位で購入できる(アルミにはなりますが、軽量三脚+アルカスイス互換ボールヘッド+レンズサポート)位の雲台、脚でも支えられる(脚+雲台で1.5万を想定)と云うのを示したかっただけです。アンバランスな状態でも支えるにはそれなりの雲台が必要になりますし、ビギナーの方がどう考えるかだけなんですけどね。。。

このサポートも重いですが分解して収納できますし旅先で使用するには良さそうな気もします。
地元では勿論TPOに合わせた機材を使うのがベストですが、全てを持って飛行機には乗れませんので、こんな使い方を紹介させて頂きました。m(__)m

2016年04月03日 10:02

ペコちゃん
やはりこういった努力が必要なんですね~
私はアイテム好きなので、いろいろ試すのは好きなのですが、買ってはみたが、だいたい1度か2度で止めてしまいます。
私のレンズサポートは今どこにあるんだろう。。。(笑)

2016年04月03日 09:29

wave65ty
深夜に撮影することが多いので参考になります。
ありがとうございました。

2016年04月02日 08:09

sumipoko
5年前、衣料など使い捨てにしても良いものを詰め込んで海外へ行きましたが、それでも重量制限にひっかかり購入した品物を現地のガイドさんに差し上げてしまったことを思い出しました。

2016年04月02日 04:29

7件中 1〜7件目

TOP OF GOLD

nikuten

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
4118900
メインカメラ
D4S

プロフィール

14.9.12 家事都合でしばらくお休みします。 拙い写真をご覧頂...