Please wait... loading

Adobeフォトグラフィープランでお手軽コンポジット現像(Lr&Ps)

現在表示しているページ
ホーム > nikutenさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年5月 > Adobeフォトグラフィープランでお手軽コンポジット現像(Lr&Ps)

投稿日:2017/05/17

Adobeの上記プランは税別980円/月でlightroom&Photoshopを使用できるので単体のバージョンアップ費用を考えると非常に有用である。

星景をコンポジット撮影すると非常に多くのデータが発生することになるが、フリーソフトではPhotoshop(Ps)やLightroom(Lr)の様な強力な現像性能がないのが事実である。

今回コンポジットソフトを使用すること無く、Ps&Lrのみでお気楽現像するフローを紹介する。

はじめに
 最近のPCはOSの64bit化により比較的大容量のRAMを搭載している。
 今回のターゲットしているPCは
  RAM8GB以上
  SSD搭載(250GB以上、出来ましたら500GB程度)
 上記要件を満たしていないと、Psにてレイヤー展開時大容量の仮想メモリーが必要になるためHDDでは動作が非常に遅くなることをお含みおきください。

流れ
 ①Lrに撮影データ取り込み
 ②Lrで撮影データ単体現像&現像データ反映実施
 ③Lr→Psにレイヤーで展開
 ④レイヤーを比較明に変更
 ⑤データを保存
このフローで実施するとRAWファイルを非破壊現像出来るので、クオリティーの高い画像を生成する事が可能です。(但し、搭載メモリーにより、アプリケーションの動作が不安定になるので、大容量のメモリーとSSDが必要になります)





””書き忘れましたが、必ず比較明にレイヤー変更後、「レイヤーを統合」or「画像を統合」を実行して下さい。
その後保存して下さい。(レイヤーを統合しないと非常に大きなデータになります)””

注意点ですが事前にLrの環境設定の外部編集のカラースペースを必ず自身が撮影した色空間にしておくこと(sRGBかAdobeRGB)デフォルトではProPhotoRGBなので注意。


この手法で現像したのがこの写真です

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

nikuten
星空ハンターさん
再度コメントありがとうございます
ステライメージ等のソフトのマルチプロセッシング対応やGPU対応はマニュアルにも書かれてないので不明ですが、Adobeのソフトは仮想記憶を上手く使用していると思います。仮想記憶をSSDにする事により、読み書きも高速なりますので、この様な無謀なことをしても、粛々と処理できるようになったんのでしょうね。
この様な処理をしながらでも、WEBブラウジング等の遅延を感じることもなく、普通にネットサーフィンしながら処理も可能です。その場合処理速度は低下しますがWEBブラウジングが遅くなることはありません。(MacProのLANもギガビットイーサーを2本束ねて使用してますので、通信環境も負荷分散出来ているからだと思います)

2017年05月17日 14:38

星空ハンター
とても参考になりました。
RAWを多数コンポジットするのは パソコン、HDD等々周辺機器でお金がかかりますね。                     しかも天体のデーターは専用ソフトで自動位置合わせ等行っていますのでさらに遅く 30枚で2時間もかかってしまいました。

2017年05月17日 12:03

nikuten
星空ハンターさん
コメントありがとうございます。
D810の撮影データ150枚と270枚で読み込み時間を実施してみました。
データ格納先はNASで2本のギガビットイーサーをLAGしてますので、二台で同時読み出しを行っても各台70MB/Secの転送速度を保ってます。
MacBookPro(有線LAN にて接続)RAM16GB 2.7GHz 2Core4スレッド、SSD500GB
7360☓4912のRAWファイル150枚を展開するのに約15分掛かりました。遅いですが10枚ずつ区切って手動で作業するよりは速いと思います。
同時進行でMacProで270枚の処理も行いましたが、展開するのに40分位かかりますので、確かにレスポンスは悪いですが、自分で10枚ずつ区切ってデータ渡しするよりは手間が減ります。(この場合、PCに張り付いて都度作業しなければならないので時間が専有されます)
確かに遅いですが、簡単に出来るので、PCに張り付く必要がないので他のことをしながら作業してます。

Fotopus会員向けのキャンペーン確かに良いですね。
但し初年度のみの適用なのと2017年3月4日から 2017年6月2日での期間限定の適用なので、新規購入には良いですね。

下名の場合はフォトグラフィープランは2013年12月から使用したので時期が合わないので残念です。
https://blogs.adobe.com/creativestation/photography_special_program

2017年05月17日 11:01

星空ハンター
D810Aのファイルは巨大ですので 天体写真で30枚ほどでメモリーが一杯になります。また処理スピードが遅いので デスクトップで処理しています。ノートパソコンの性能がいいのが高いのがネックです。
ちなみにフォトショップですが オリンパスのフォトパス会員からですとさらに300円ほど安く上がります。

2017年05月17日 06:48

4件中 1〜4件目

TOP OF GOLD

nikuten

GANREF Point
3929425
メインカメラ
D4S

プロフィール

14.9.12 家事都合でしばらくお休みします。 拙い写真をご覧頂...

↑ページの先頭へ