Please wait... loading

パートカラー処理

現在表示しているページ
ホーム > 阿南匡一(Mobius)さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年10月 > パートカラー処理

投稿日:2015/10/08

いろはにほへと

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
レンズ:
ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

本日UPした『いろはにほへと』ですが、
ご覧の通り、ちょっと久し振りにパートカラーにしてみました。

しかし、今回の『いろはにほへと』は、前回の『神様の通り道』と比べ、
少し特殊な処理を掛けているので、今回は何となくそんな感じのお話を……。

ちなみに、基本的にPhotoshopやLightroomを使用した、
いわゆる“画像加工”のお話しになりますので、
加工否定派の方や、PS・LRを使っていない方には、
全然興味のないお話しになるかと思われますので、
予めご了承くださいませ。
(^^;


ではまず、GANREFにUPした写真の中で、
初めてパートカラー処理を行った『神様の通り道』の、
撮って出しの写真をご覧ください。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
18.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

こちらが、明るさ調整も色調整もしていない状態です。
(リサイズのみ行っています)

ご覧頂くと分かるかと思いますが、こちらの写真は、
鳥居部分が赤く、他の場所には赤い部分がほとんどありません。

『神様の通り道』のコメント返信欄にも少し記しましたが、
このような場合、パートカラー処理を掛けるのは、
LRさえあれば割りと簡単にできちゃいます。

写真をLRで読み込ませた後、HSLから各種カラーの彩度を、
レッド以外すべて-100にしてしまいます。

するとあっという間に、赤い部分以外が全部モノクロになり、
基本的な処理は、たったこれだけで完成です。
(ただ、それだけでは物足りないので、
もう少し明るさなども調整したりしますが……)

嗚呼、なんと便利なAdobe製品。
さすがに値段が高いだけあります(笑
(現在は月額制になり、以前よりはお手頃ですけどね)

※ ちなみに『神様の通り道』の完成図(?)は、
以下のリンクからご覧になってくださいませ。

http://ganref.jp/m/photo-mobius/portfolios/photo_detail/ef8100299d9d99d712f6ed7acab4b78a


続いて今回の『いろはにほへと』ですが、
こちらもまずは撮って出しの写真からご覧ください。
(こちらもリサイズのみ行っています)

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

はい、時期的に当然と言えば当然なのですが、
実はまだこんな葉の色だったんですね。

なのでまずは、このまだ緑色のモミジの葉を、
どうにかして赤くする必要があります。

これはLRのHSLから色相を使って、グリーン系の色相を変えてしまえば、
確かに色を赤く染めることは可能なのですが、しかし、よく見て下さい。
モミジが緑色で、背景にも割りと緑色の部分がありますよね。

すると、モミジの色を変更すると、
同時に背景のコケやら草やらの色も変わってしまいます。

同じ理由で、『神様の通り道』の時に行ったように、
HSLでグリーン以外の彩度をすべて-100にするとしても、
やはり背景の緑はモノクロ化されずに残ってしまうことになり、
割りと面倒なことになります。

と言う訳で、どうしても今回の写真では、
最初に説明したやり方だと、パートカラー処理ができないんですね。

なので、先にLRで、ある程度明るさなどの調整のみ行った後、
パートカラー処理に関してはPSを使うことにしました。

と、言っても、ここまで記せば、
ある程度PSを使いこなしている方であれば、
割りとこの後の処理は、何をどうしたのかお分かりかと思いますが、
手順を簡単に記すと、以下のような感じです。

① 写真をPSで開き、背景レイヤーをコピー。
② コピーしたレイヤーで、モミジ部分のみを選択して、
モミジ以外の部分をマスクする(透明化する)。
③ 背景レイヤーの彩度を下げるなどしてモノクロ化。
④ コピーレイヤー(モミジ部分)の色相を変更し赤く染める。
⑤ 彩度・明るさなどを調整し、レイヤーを結合して完成!

ざっくりとですが、こんな感じの処理で、
今回のような写真を作ることができます。

嗚呼、なんと便利なAdobe製品。
さすがに値段が高(以下略(笑

まぁ、そんな訳で、ある意味捏造と言えなくもないのですが、
こんな風にして秋を演出することもできるな~と思い、
今回は割りとふんだんに、Photoshopの機能を使ってみました。

ちなみにこのやり方で、モミジの色を黄色くしたり、
絶対にありえない色……たとえば青や紫にもできますよ(笑

写真……と言うか画像が5枚までしか使えないため、
かなりざっくりとした解説ではありましたが、
少しでも皆様のご参考になればと思います!

☆ おまけ

『いろはにほへと』の、パートカラ処理前の、
明るさ・彩度のみ調整したバージョンです。
こっちはこっちでちょっとお気に入りです♪
o(^-^)o

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


付記
途中、ところどころで、

Photoshop = PS
Lightroom = LR

と、略させて頂いております。

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

阿南匡一(Mobius)
> mahoroba1123さん
画像の切り出しがある程度できる方であれば、
割りと簡単にできる処理だと思います。
まぁ、もっとも、そこがある意味一番厄介なのですが……。
(^^;

ぜひお試しくださいませ^^

コメントありがとうございました!

2015年10月13日 06:48

まほろば1123
非常に参考になりました。

2015年10月13日 01:28

阿南匡一(Mobius)
> Mizさん
PSで何かちょっと変わったことをやってみようかな?
とか思っていじり始めると、気が付けば数時間経っていることがあります。
(^^;
PSは今回のようなパートカラーだけでなく、本当に色々なことができますよね。
今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです^^

コメントありがとうございました!

> kazuleoさん
簡単な説明しか載せられず、申し訳ないです。
(^^;
ぜひやってみてくださいませ~^^

コメントありがとうございました!

2015年10月10日 07:05

kazuleo
便利な機能があっても使いこなせていないため、とても参考になりました!
早速マネさせていただき、トライしてみます(笑)

2015年10月09日 19:20

Miz
Mobiusさん
元が緑の葉だとは驚きですね( ̄▽ ̄;)!!ガーン
パートカラーは単純ですが、もっともセンスが問われる難しいモードだと思います。
イメージばかり先行して頭でっかちになってしまいますΣ( ̄ε ̄;|||・・・
PS使いですが簡単な色調整しかしてないのは確かに勿体無いなぁ

2015年10月09日 07:31

阿南匡一(Mobius)
> 政貴さん
Photoshopって、本当に何でもアリの万能ツールだと思います。
多分まだ機能の半分も使えていませんが、それでもかなりいろいろと遊べます^^

いつもコメントありがとうございます!

> O-TAKEさん
私は写真を始めるより先に、ある程度Photoshopの知識があったため、
撮影を行う際、すでに「これはこう加工すれば……」と言ったようなことを、
考えながら撮っていることがあります。

極端な話、ある意味最初から加工ありきで撮っているため、
逆に言えば、撮影技術の未熟さを、加工で誤魔化している部分もあります。
(^^;

撮って出しで、いい写真が撮れるのであれば、むしろ加工など必要なく、
また、今回のような少し特殊な加工を施す場合や、
合成写真を作る際にも、撮影技術が十分に備わっているのであれば、
その分加工の手間を省くことができるんじゃないかな?と思います。

とは言え、加工できると、幅が広がると言うのも事実だと思います。
もし興味があるのでしたら、今は月額980円で、PSとLRを導入できますよ(笑
※ 別にAdobeの回し者ではありません(笑

コメントありがとうございました!&長文失礼いたしました。

2015年10月09日 05:56

O-TAKE
画像処理ができると、作品の幅が広がりますね~(´ω`)

撮って出しの私にはまだまだ先のテクです( ̄▽ ̄;)

2015年10月08日 22:27

政貴
楽しみ方が色々あって面白いですね。

2015年10月08日 21:39

8件中 1〜8件目

TOP OF GOLD

阿南匡一(Mobius)

GANREF Point
1586550
メインカメラ
D5200

プロフィール

~ 写真で人生を楽しく、より豊かに ~ 2014年1月に一眼レフカメ...

↑ページの先頭へ