Please wait... loading

夕霧祭撮影記

現在表示しているページ
ホーム > ほりい しげるさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2013年11月 > 夕霧祭撮影記

投稿日:2013/11/11

撮影期間 2013年11月10日 ~ 2013年11月10日
使用した機材 オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
11月10日(京都の行事としては珍しく、月日でなく、11月の第2日曜となっています)、京都の嵯峨釈迦堂清涼寺において、江戸時代の名妓「夕霧太夫」を偲んで行われる供養祭「夕霧祭」が行われました。
http://milky.geocities.jp/kyotonosato/gyoji11/11yuugiri06.html
http://www.youtube.com/watch?v=na0WAzAqB-0
本堂での法要・奉納舞に引き続いて行われる「太夫道中」が人気の的で、私も昨年から狙っていたのですが、昨年今年とも雨のため中止となってしまいました。豪華な衣装が雨に濡れては大変と、僅かでも雨が降るようなら中止と決められているようです。
今年は特に荒天の予報だったため、行くのをやめようかと思っていたのですが、意外に小雨だったので、奉納舞だけでも撮影したく出かけました。
清涼寺に着いたのが8:40頃、拝観開始時間の9:00(境内は朝早くから開いています)に拝観料¥400を払って堂内に入りました。受付で写真撮影について確認したところ、次のようでした。
1.堂内は撮影禁止。法要も撮影不可。
2.但し、奉納舞に限っては撮影可。フラッシュもOK。
3.本堂・渡り廊下・庫裡などからの庭園の撮影は可。
実際には、参列する島原の太夫(今年は如月太夫)が現れると、多くの参拝客が撮影するので、止められないということでした。私も、仏像や法要全体の撮影は遠慮しつつ数枚撮らせてもらいました。
法要開始まで、堂内の仏像や展示物を見学し、美しい庭園などを見て時間を過ごしました。
本堂から庫裡への渡り廊下です。正面に弁天堂、左に納骨堂があり、周囲の紅葉がきれいでした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
17.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F3.2
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto

庫裡から見た庭の紅葉です。雨に濡れた苔が落ち葉を美しく見せていました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
20.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto

10:30法要が開始、二人の「かむろ」を伴った太夫が正面の席に着きます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
2000
ホワイトバランス:
Auto

約30分の法要が終わると、太夫による舞の奉納が行われます。舞の様子を2枚お目にかけます。1枚目はフラッシュON、2枚目はフラッシュOFFです。
太夫の舞

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
36.0 mm
フラッシュ:
Auto Fired
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F3.7
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto

本堂から見た三門までの石畳です。ここで「太夫道中」が行われるのです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:
オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto

動画でお判りのように、「太夫道中」には、大勢のカメラマンが押しかけるようで、かなり早くから場所を確保する必要があるようです。奉納舞を見てからこちらへ回ったのでは、おそらく良い場所は取れないと思います。従って、「法要と奉納舞」か、「太夫道中」か、いずれか一方を取るしかないものと思われます。
今年は、荒天予報の関係で、参拝客は少なかったようです。おかげで法要と奉納舞はゆっくり見ることが出来ました。来年は是非「太夫道中」をと思っています。

2014年の撮影記も併せてご覧下さい。
http://ganref.jp/m/shigeruhorii/reviews_and_diaries/diary/9071

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

ほりい しげる
breezeさん
コメント有難うございます。
調べてみると、4月の第2日曜には常照寺の花供養で、同じような舞の奉納や太夫道中が見られるようです。

2013年11月12日 10:11

breeze
経験の少ない私のような者にもわかり易く詳しく、
本当に勉強になります。
特に年に一日しかない行事の詳細はとてもありがたく拝見しました。
素晴らしい撮影記をありがとうございました('_')



2013年11月11日 21:23

ほりい しげる
kazyamadaさん
コメント有難うございます。
花魁道中ご覧になったのですね。天候が周期的に変わるこの時期、なかなか難しいようですが、是非挑戦したいと思っています。
堂内の撮影もは、事前に電話で聞いていたのですが、受付では駄目だというので、事情を話したところ、再確認し撮影記記載のような見解でした。
断りなしにシャッターを切る人が多いですが。特に、携帯やスマホ利用者は。

2013年11月11日 17:13

kazyamada
何年か前に一度行きましたが、おいらん道中だけしか見ていませんでした。この時は快晴でしたが堂内はどうせ駄目だろうと思っていました。堂内の撮影が出来るのであればまた来年でも是非にと思っています。大いに参考になりました。

2013年11月11日 16:54

ほりい しげる
神無月さん
コメント有難うございます。
一眼レフ持参の人は10人前後だったと思います。でもmこのために東京から初発できた人に会いました。
花魁道中は、動画を見ると、最適場所を確保するのは難しそうですね。

2013年11月11日 16:09

Orfeu
年毎に振り分けて見る必要があるようですね
人気イベントましてや京都の人気の的の花魁道中では仕方ないところでしょうね
拝見した詳細を踏まえて来年は参加したいと思います。
ありがとうございました、そしてお疲れ様でした^^

2013年11月11日 15:56

6件中 1〜6件目

TOP OF GOLD

ほりい しげる

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
2655090
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

プロフィール

写真とつき合いだしてから今年で65年目になります。 最近は、撮影記とプレ...

↑ページの先頭へ