Please wait... loading

【レビュー NikonD810】~その06 AF-S85mm1.4Gで撮影(1)桜編

現在表示しているページ
ホーム > siraさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年4月 > 【レビュー NikonD810】~その06 AF-S85mm1.4Gで撮影(1)桜編

投稿日:2015/04/09

撮影期間 2015年04月04日 ~ 2015年04月04日
使用した機材 ニコン D810
今回お借りした機材の内、AF-S NIKKOR85mm1.4Gにスポットを当てて撮影記を書いてみます。

85ミリレンズは前玉が大きく美しいフォルムの物が多いのですが、このレンズは見るからにクリアな写りを約束してくれるような外観をしています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:
52.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto1

左は愛用しているPlanarの85/1.4レンズ。
NIKKORは一回り大きいですが、重さは同じくらいです。

85ミリといえば、ポートレートレンズと言われるほど人物撮影には多く使われます。
私もやはりポートレート撮影ではかなりの頻度で使っています。そのうちポートレートでのレビューをしてみたいとは思いますが、今回は桜の季節のスナップということで作例をまとめました。

まずは、大きさと重さ。
D810との組み合わせではそれなりのサイズにはなりますが、単焦点レンズですからズームレンズに比べたらずっと軽いです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
As Shot

上は開放で雨で落ちた花びらを撮影。最短撮影距離である85cm付近での撮影です。
ハイライト部分ではパープルフリンジが見られますが、今回はこうしたことはあまり気にせず撮ってます。
アウトフォーカス部分のボケはとてもなだらかで気持ちがいいです。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot

こちらは絞り込んで。
気にしないつもりが、やはり高解像のD810という存在に引っ張られて、城壁の瓦にピントを合わせてみました。しっかりと締まった質感が出ており、建物のような被写体には特に強そうに感じました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot

足元の花びらをアイレベルから俯瞰気味に。被写界深度範囲にある花びらはしっかりと細かく写し込まれています。色もややこってりと乗りました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
As Shot

花見会場にあるカラフルなテントをバックに。
開放絞りで桜の花を浮きだたせてみました。


これらは先日のセミナーの一日目に撮った物ばかりなんですが、その時間帯は85ミリ1本でスナップしていました。絞り値優先でISO感度も積極的に変えながら撮っていたことがわかります。
単焦点のメリットの一つは明るいf値であり、絞りの選択肢が広いわけですが、それに加えてISO感度の選択範囲が広いというのはかなりのアドバンテージだと感じました。
ただ、開放絞りだけでボケを作るのでなく、距離の要素を考えたボケ作りをしていかないと単調な写真ばかりになりやすいともいえます。
後日第2弾もまとめたいと思います。


最後の一枚は、モノクロにRAW現像してみました。
D810のRAWデータをいじったのは初めてですが、想像してたほど重たい感覚はなかったです。
散る花

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Manual








注目製品レビュー ~ニコン D810編~

http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/review.html

撮影機材

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

sira
kazuleoさん
このレンズはポートレートだけに使うのはもったいないと思っています。といってもまだポートレートに使ってないのですが・・・^^; 近日中にポートレート撮ってきます。

2015年04月25日 10:08

kazuleo
大口径、単焦点レンズの魅力が伝わる作例ですね。ボートレートに限らず、使ってみたくなりました!

2015年04月20日 11:43

sira
闇夜の流離人さん
新しいNikkorレンズはとにかくボケがなだらかだと思います。
硬いイメージは昔の話だったんですね^^;

2015年04月12日 07:40

闇夜の流離人
85mmのボケは、ホワって感じで柔らかくいいですね

2015年04月12日 00:39

sira
ウェザー・リポートさん
仰る通りで、このNIKKORの85は本当にしっかりとしています。解像力に加えてボケのなだらかさもコントラストも、大変使いやすいレンズだと思いました。プラナーも長い付き合いですから、いい面も悪い面も随分と理解はしてるんですけどね^^。

2015年04月09日 21:59

ウェザー・リポート
すごく参考になりました。僕も昔、85mmのプラナーとAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gを比較したことがあります。(稚拙なレビューですが→http://bit.ly/1PlPtsC)。その後、結局すぐにAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gを購入してしまいました。そして、両方使っているうちに特に解像の面でNIKKORのアドバンテージを実感せざるを得ず、プラナーは処分してしまいました。いま読ませていただくとちょっとだけ後悔もあります。

2015年04月09日 11:27

sira
藍川 水月さん
Nikonシステムに移行するなら真っ先に欲しくなるレンズです^^。
写りももちろん、ファインダーが明るくて気持ちがいい。
Planarの方は、もうずいぶん長い付き合いになります。7年位かな。。。

2015年04月09日 06:40

藍川 水月
85mm、いいですね~^^
なめらかにボケていく感じが素晴らしいです。
しかし、Planarもお持ちとは…うらやましい

2015年04月09日 01:43

8件中 1〜8件目

TOP OF GOLD

sira

GANREF Point
703140
メインカメラ
EOS-1D X Mark II

プロフィール

ジャンルを問わず撮影してきましたが、ここにはポートレートを中心にアップして...

↑ページの先頭へ