Please wait... loading

【レビュー NikonD810】~その07 AF-S85mm1.4Gで撮影(2)街のスナップ編

現在表示しているページ
ホーム > siraさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年4月 > 【レビュー NikonD810】~その07 AF-S85mm1.4Gで撮影(2)街のスナップ編

投稿日:2015/04/10

撮影期間 2015年04月04日 ~ 2015年04月04日
使用した機材 ニコン D810
前回の続き。
この回は桜以外の被写体を集めてみました。
桜を撮りながら、街の気になった物をカメラに納めるスタイルです。
NikonD810とAF-S85/1.4Gの相性を見ていただければと思います。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2000秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

甲府の街は祭りムードで、甲冑姿のグループが全部で二十四隊出ています。
青い甲冑の部隊のメンバーが映えます。
咄嗟のシーンでしたが、開放絞りでもAFはしっかりと合焦してくれました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
As Shot

同じく、素早いAFを体感したシーン。



ところで、D810の最大のウリといえば3600万という高画素ということになりますが、必ず言われるのがブレ対策。大きなしっかりした三脚が必須であるとか、そうでないとこのカメラは使いこなせないとか言われます。
そういう意味では、今回や前回のスナップはD810でなくても撮れるものだと思っています。
数年前に2000万オーバー機が登場した時にも同じように言われたし、高画素化が常に進んでいる中で、その解像力を限界まで活かさないまま技術は進歩しているのかもしれません。
実際に、いまさら600万画素のカメラに戻る気にはなれないわけですから、「使いこなし」ができなくてもカメラは高画素になっていくんだろうなと思います。

で、ここであらためて提唱したいのは、「気楽に使う」ということです。高画素の恩恵は解像力以外にもきっとあるような気がしています。たくさんシャッターが切れるカメラか(連写コマ数という意味でなく)、気に入った写真がたくさん残せるカメラかといったところを追っていきたいと考えます。

レビューのまとめみたいなことを書いてしまいましたが、そんな気持ちで今後も進めていきたいです。


ホテルのロビーで
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

この光の諧調の表現力も高画素の恩恵の一つだと思います。


甲府の街には、こんな風に桃の枝が飾ってあります。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/4000秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

シャープさだけでなく、ボケの繊細さもやはり高画素機の特長でしょう。

夜の路地
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F3.5
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot

中望遠レンズのこうした自然な画角が好みです。


パレード待ちの少女の集団
列

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Sunny

カメラの設定にヴィネットコントロールというのがありますが、ここをOFFにするとこうして周辺光量補正がかからず周囲が落ちた描写になります。




以上、気楽に持ち出して撮ってみました。
シャープさと柔らかさが同居した様な85ミリ単焦点レンズはD810にマッチしていると思います。
非常に感覚的なレポートばかりですが、また次回も見ていただけると嬉しいです^^。





注目製品レビュー ~ニコン D810編~

http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/review.html

撮影機材

コメント(1,000文字以内)

7件中 1〜7件目

sira
石川さん、
たしかに絵作りに特徴は感じます。好きな色合いですね~。

2015年04月15日 07:48

石川マサアキ
僕もニコンユーザーですが、85mmは使ったことないです。もちろんD810も。
でも写真を拝見していると、あぁ~ニコンの色だなぁ~、っていう気がします。
とても見慣れた感じがします。

2015年04月12日 20:54

sira
闇夜の流離人さん
85mm一本勝負って結構やるんですよ^^。
このレンズは見た目よりも軽くて重宝します。

2015年04月12日 07:39

闇夜の流離人
単焦点で魅せる姿 見事ですね♪
1枚目の色の映え方素晴らしい

2015年04月12日 00:38

sira
PotomacRiverさん
ポートレート専用みたいなイメージがあるレンズですけど、なかなか守備範囲は広いと思います^^。

kazuleoさん
画素数自体は多いほど良いと思っています。同じシーンで画素が少なくてよかったということはないのではないかと。漠然とした感覚でしかないのですが・・・^^;
それより、どんどん持ち出して撮る方が楽しいです!

2015年04月10日 06:54

kazuleo
高画素機はブレが気になり使い方がスポイルされるものと思い込んでいましたが、sira さんのおっしゃる通りですね。1枚目の甲冑姿の更新は、色映えが素敵です!

2015年04月10日 00:55

PotomacRiver
このレンズ気になってるんですよね~。目の毒です~。

2015年04月10日 00:22

7件中 1〜7件目

TOP OF GOLD

sira

GANREF Point
702790
メインカメラ
EOS-1D X Mark II

プロフィール

ジャンルを問わず撮影してきましたが、ここにはポートレートを中心にアップして...

↑ページの先頭へ