Please wait... loading

FUJIFILM X-T2レビュー(4)「伊丹セミナー&撮影会」

現在表示しているページ
ホーム > NEONEOさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年9月 > FUJIFILM X-T2レビュー(4)「伊丹セミナー&撮影会」

投稿日:2016/09/20

FUJIFILM X-T2レビュー(4)「伊丹セミナー&撮影会」

FUJIFILM X-T2のセミナー&撮影会が伊丹空港で開催されました。
台風接近中で開催も危ぶまれましたが、何とか実施でき楽しい1日を過ごしました。

まずは会議室にてフジフィルムからの開発話。
X-T1からかなりの進化、それも写真を撮るものにとってうれしい進化が多いです。
これは実際にユーザーの声を集めての開発ということで、熱意と誠意を感じますね。

少し例をあげてみると・・・
・十字ボタンが押しにくい→ 高さをアップ
・ファインダーのブラックアウト→ 技術開発で改善
・動画ボタンを押してしまう→ 廃止して別場所へ
ちょっとしたことでも大きく使い勝手がよくなるのですね。

そして、この液晶試作品と手袋。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.2 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
80
ホワイトバランス:
Auto

液晶は縦型にもなるユニークなもの。
昨夜アップした「雨の千里川」は、この縦型液晶画面を使って撮れました。
http://ganref.jp/m/sumidaman/portfolios/photo_detail/cda365564dc175deaf15244601d019f7
この開発一つとっても丁寧な工程を感じました。

また、私は単にかっこいいとしか感じていなかったカメラ上面のダイヤル。
電源を入れる前から設定が目に見えるだけでなく、この手袋が関係しています。
動物写真家の手袋ということですが、極寒のフィールドでいちいち手袋を外していたら凍傷などの危険があります。
このダイヤルなら、手袋をつけたまま操作できます。
「なるほど~」でした。

さて、その次は航空写真家の伊藤久巳先生による飛行機写真の撮影セミナー。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.2 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto

すごくわかりやすい説明でした。
特に印象に残っているのは「手振れ補正をOFFにして撮影する」というところ。
ONだと「止めたいところが止まらない」ということ。
撮影では「止めたいところを見る」というのがポイントということでした。

以下は、今回の飛行機撮影の基本として使用した設定です。
・SSは1/500 F8程度(プロペラ機ではもっと遅くしないとダメ)
・AF-Cはカメラデフォルト設定、ゾーンAF使用

このセミナーだけ望遠ズーム「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」を貸していただけるので、縦位置パワーブースターグリップ「VPB-XT2」とともにセットして、上記の設定を基本にして撮影開始です。
なかなか迫力の機材になります。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.2 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

伊丹空港は全国でも珍しい、本当に近くで離着陸が見られる場所。
何度か行っていますがそのたびに感動します。

135㎜でもこんな離陸シーンが撮れます。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
135.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto

でも400㎜ならこんな迫力です。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto

この日はあいにくの曇り空でしたので、フィルムシミュレーションを「Velvia」にして撮影したのがポートフォリオに先ほどアップした画像です。
TAKEOFF

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-T2
レンズ:
富士フイルム XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto

ベイパーがちょこっと出ているのですが、わかるかな?

このカメラのAF、優秀でよく粘ってくれます。
デフォルトの設定のままでも、十分活躍してくれました。
被写体により、設定を変えるとますます進化するようにも感じました。

過去にフジのカメラのAFってダメダメだという話を聞いたことがありました。
でも、このカメラを使っていると、そんな感じは全く受けなかったですね。
勝手な思い込み、ごめんなさい(汗)

でも最後に、使っていてちょっと困ったことを1つだけ。
「リアコマンドダイヤル、軽すぎませんか?」
撮影していると、ここが勝手に回っていることがあります。
上部のダイヤルにはロック機能がありますが、このリアにはないので、勝手にSSが変わっていることが何度かありました。
もう少しかたくてもいいのかなと思いました。

ようやく操作にも慣れてきたので、またいろいろと試してみようと思います。

注目製品レビュー ~FUJIFILM X-T2編~
http://ganref.jp/common/monitor/fujifilm/x-t2/

注目製品レビュー ~FUJIFILM X-T2編~
http://ganref.jp/common/monitor/fujifilm/x-t2/review.html
(このリンクは9月30日以降に見られます)

コメント(1,000文字以内)

18件中 1〜10件目

NEONEO
kazuleoさん、コメントありがとうございます。
意外とバランスが良いので使えましたよ~
ダイヤルはおっしゃるとおりでした!

2016年10月14日 19:28

kazuleo
100-400にブースター付きは大迫力ですね。私には出待ちする自信が。。。
軍艦部のダイヤルの多さに最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると一目で設定がわかって良さそうです。

2016年10月14日 08:41

NEONEO
くにさん、コメントありがとうございます。
なるほど納得です!

2016年10月05日 22:19

くに
X10の止めたいところで止まらないに比べれば、かなりまともになってますが軽いですね。
ロータリーエンコーダのクリックだけに頼っているそうなので、部材メーカーに対応してもらうか、組み立てる側でダイヤル部にクリック感を強化するバネとボールでも入れてもらうほかないですね。
次機種に期待です。

2016年10月05日 11:59

NEONEO
闇夜の流離人さん、コメントありがとうございます。
リア、やはりそうでしたか~
昼間のAFは無敵ですね(^_^)v

2016年09月22日 17:17

NEONEO
legacy7010さん、コメントありがとうございます。
雨の中でしたが、あまり気にせずに使うことができました。
欲しいカメラであることは間違いないです!

2016年09月22日 17:16

闇夜の流離人
昼間のAFの粘りは、凄かったと実感しました(^^♪
リアは、本当にそうですよね~軽いから回るは「あるある」ですね

2016年09月22日 15:34

legacy7010
Pro2の良さをA.Onoさんから伺っていて、動態撮影で進化したというT2は気になっていましたが、やっぱりいいみたいですね。防塵防滴もフィールドに出すのによさそうですので、ますます気になります。

2016年09月22日 08:41

NEONEO
marujamさん、見ていただきありがとうございます。
うれしいです(^^)

2016年09月21日 23:05

marujam
流石

2016年09月21日 21:29

18件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

NEONEO

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
18895025
メインカメラ
D850

プロフィール

2011年10月にデジイチ購入、2012年からこのサイトにアップを始めまし...

↑ページの先頭へ