Please wait... loading

FUJIFILM X-T2レビュー(13)「網ほおずき作成&撮影記」

現在表示しているページ
ホーム > NEONEOさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年10月 > FUJIFILM X-T2レビュー(13)「網ほおずき作成&撮影記」

投稿日:2016/10/13

FUJIFILM X-T2レビュー(13)「網ほおずき作成&撮影記」

FUJIFILM X-T2のレビュー、今回は「網ほおずき」を取り上げてみます。

レビューの仕方は色々あると思います。
色々な条件で撮影して、データを検証するのもひとつでしょうし、それを期待しておられる方も多いと思います。
ただ、私のレビューは自分のメインカメラとして使い倒します。
普段撮影している被写体を同じように撮影して、その使い勝手や描写を検証しています。
今回、詳細なデータはレビュアーのくにさんがバッチリ検証しておられるのでお任せするとして、私はもうしばらくメインカメラとして楽しませていただきます。
くにさん、よろしくお願いします(笑)

さて、この時期、テーブルフォトの被写体として「網ほおずき」がお気に入りです。
ただ、この作成にはちょっと時間がかかります。
水につけて約4週間密封、表皮が腐ってきたら水で洗い流します。
ただそのままだと網目が美しくないので、私はいつも漂白剤を入れてもう一晩放置。
それから、乾燥させますと、網目が白くなります。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.2 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F2.2
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
Auto

今年は上手にたくさん完成しました。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/150秒
絞り数値:
F2.4
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

これを2種類のカメラ+レンズで撮影してみました。

レビュー中のFUJIFILM X-T2には「XF16-55mmF2.8 R LM WR」をセット。
そして私が普段こんな撮影に使っているNikonD810に「タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 」をセットしています。
この2種類で撮影してみました。

今回お借りした「XF16-55mmF2.8 R LM WR」はフルサイズ換算90mm。
普段使っている距離感と同じなので、使いやすかったです。

まずは最小焦点距離まで寄っての撮影。
手持ちですので、全く同じ絵にはなっていませんが、描写の比較はできます。
上が「X-T2」、下が「D810」のものです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
焦点距離:
90.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
900
ホワイトバランス:
Auto

とろけるようなソフト感では「D810」ですが、シャープさとぼけ味のバランスで考えると、「X-T2」とこのマクロレンズの優秀さを感じました。
正直、こんな撮影ではフルサイズ機の圧勝だろうと思っていましたが、その考えは吹っ飛びました。

網ほおずきは網目が魅力。
中の実が落ちてしまたものもありますが、これがまた良い被写体になります。
網目を強調するには、下からのライティングが効果的なのですが、そんな機材は持ち合わせていません。
そこで工夫したのが鏡とLEDシーリングライト。
鏡をライトの下に置き、その上にほおずきを置きました。
これで撮影すると、下からライトを当てた様になります。
これも上が「X-T2」、下が「D810」です。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/2200秒
絞り数値:
F2.4
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

ここでちょっとビックリ。
この画像、両方ともカラー撮影ですが、下はモノクロのようですよね。
WBオートで撮影していますと、強いLEDの光にニコンはこんな色合いになることが多いです。
しかし、FUJIは見た目に近い状態で撮影できました。

ここからはレビュー中の「FUJIFILM X-T2」+「XF16-55mmF2.8 R LM WR」のみです。
この組み合わせ、本当に良い描写をします。
色々な小道具を使ったり、照明を工夫したりしましたので、順次ポートフォリオにもアップします。

そんな中で私が一番美しさが出ると思っている撮影方法。
それは、鏡の上にのせて、横からのソフトな光のみで撮影するという方法。
ISO値はちょっと上がりますが、レースのカーテン越しの光だけで、アンダー気味に撮影したのが次の画像。
私のお気に入りです。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F3.6
露光補正量:
-2EV
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto

最後に先ほどポートフォリオにアップした画像ですが、よりアート感を出すため、LEDライトとカラーフィルターで少し演出してみました。
[portfolio]
もうしばらく、「網ほおずき」で遊んでみます。
昨年はちょっと遊びすぎましたのですが・・・。
http://ganref.jp/m/sumidaman/portfolios/photo_set/12827

今年は良い「網ほおずき」がたくさんできたので、お近くの方でしたらおすそ分けできるのですが・・・


注目製品レビュー ~FUJIFILM X-T2編~
http://ganref.jp/common/monitor/fujifilm/x-t2/review.html

コメント(1,000文字以内)

26件中 1〜10件目

nodoka
美しいお写真は、努力の賜物なのですね。

2018年11月03日 11:50

とみー
凄いですね~参考になりました。

2016年11月08日 16:27

NEONEO
sisitouさん、コメントありがとうございます。
色々試して見ることが楽しいです。
少しでも参考になれば幸いです。

2016年10月21日 22:51

sisitou
いやはや感動しました。
撮影記とはこのような過程を発表する場なんですね。
美しい写真を撮るにはそれ相応の苦労や試行錯誤があるのを知りました。
光の当て方や写真の仕上げ方なども参考になりました。

2016年10月16日 21:53

NEONEO
かずひさん、コメントありがとうございます。
試行錯誤して、今年は一番美しくできました(^_^)v

2016年10月15日 21:39

NEONEO
ひろぽん。さん、コメントありがとうございます。
商売できるくらいできましたわ~
楽しんでいます(^_^)v

2016年10月15日 21:38

かずひ
網ほおずきってそうなって作るんですね。
参考になりました。
とても美しいです♪

2016年10月15日 18:53

ひろぽん。
美しいですねぇ。
結構な数のホオズキを仕込まれているのですね。
私は面倒臭がりなので、、、。(笑)

2016年10月15日 11:49

NEONEO
Mkunさん、コメントありがとうございます。
被写体を自作するのも楽しみのひとつですね(^^)
参考になれば幸いです!

2016年10月15日 11:18

Mkun
私も被写体を自作することが多いのですが、とても参考になりました。
機会があれば作ってみたいと思います (^.^)

2016年10月14日 23:40

26件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

NEONEO

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
23449170
メインカメラ
Z 7

プロフィール

2011年10月にデジイチ購入、2012年からこのサイトにアップを始めまし...