Please wait... loading

[ニコンZ 7]レビュー13「海外旅行で気づいたこと~XQDカード」

現在表示しているページ
ホーム > NEONEOさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > [ニコンZ 7]レビュー13「海外旅行で気づいたこと~XQDカード」

投稿日:2019/02/26

[ニコンZ 7]レビュー13「海外旅行で気づいたこと~XQDカード」

「注目製品レビュー~ニコンZ 7&Z 6 編~」も後半に突入しました。
1週間ほどレビューの更新を休みましたが、ちょっと海外に出かけていたためです。
海外旅行にレビュー機「ニコンZ 7」を持ち出すことを許可していただき、中国雲南省へ出かけてきました。
今日からしばらくは、海外旅行で使用してきて気がついたことなどをレビューしていきたいと思います。

中部国際空港を出発し、上海経由で昆明に入りました。
メインの撮影地は2カ所でした。

羅平の菜の花畑。
見渡す限りの菜の花畑は満開でした。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
9.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto


そして、元陽の棚田。
天候に恵まれ、感動の光景の連続でした。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
9.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto

(Z7撮影分の画像チェックはこれからなので、上の2枚は予備カメラとして持参したコンデジ撮影分ですが、予告編として見てください・・・。)

今回、私の撮影枚数は13000枚以上。
見るのは楽しみですが、時間がかかりそうです(汗)
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/34秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
25
ホワイトバランス:
Auto


今回、「ニコンZ 7」用に持参したメディア(XQDカード)は128GBが2枚に64GBが1枚。
RAWデータを残すことを諦めて、ほとんどがJPEG画像FINEのみの保存ですが、最後の方は残り容量を気にしながらの撮影となりました。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
25
ホワイトバランス:
Auto

Zシリーズは、なぜXQDカードのワンスロットになったのでしょうかね?
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
4.0 mm
フラッシュ:
Auto Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/12秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


信頼性、堅牢性の観点からは、XQDカードは優位と思いますが、少し長期の旅行等に持ち出すには保存メディアの確保に苦慮します。
D850やD500のように、安価なSDカードとのダブルスロットならありがたいなと思いました。
今回、「128GBが2枚に64GBが1枚」のXQDカードを準備しましたが、これらがほぼFULL状態。
これ以上準備することは予算的にもちょっと厳しいです。

ただ、今回バッテリーの方は3本準備していきましたが、1日撮影しても2本あれば十分でした。
以前にもレビューしましたが、電子ビューファインダーを使用しているこの「ニコンZ 7」で、これは十分すぎる電池の持ちですね。

8日間にわたり、「ニコンZ 7」を海外のちょっと過酷な条件下で使用させていただけるありがたい対応で、色々と気がついたこともあります。
写真は駄作の連続だと思いますが、順次アップしながら、レビューも進めたいと思います。


「ニコンZ 7」撮影分をポートフォリオにアップしないわけにもいかないので、あえて今回の旅行の最終ショットを出しました。
後泊に利用したセントレア前のホテルで、円周魚眼レンズを使いました。
(このホテル、中国から帰国したのに、館内は中国語だらけでした-汗)
ここはどこ?

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
レンズ:
ニコン AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED
焦点距離:
8.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto


明日から、旅行の駄作画像を乱発する予定です(笑)
おつきあいいただけると幸いです。

「注目製品レビュー~ニコンZ 7&Z 6 編~」企画に参加中!!
https://ganref.jp/common/monitor/nikon/z7_z6/

コメント(1,000文字以内)

23件中 1〜10件目

legacy7010
結果的に私は外付けHDDを持参して、撮影データを夜な夜なコピーしていました。。。まぁ、出張でパソコンを持参しなければならなかったということもありますが。

2019年03月23日 12:34

NEONEO
☆ケン☆さん、コメントありがとうございます。

改めて本体を見ましたが、このままではダブルスロットルは難しいでしょうね~

2019年03月01日 17:39

☆ケン☆
XQDカードは現在のメモリーカードの中では最強だと思うので、他のメーカーも是非とも採用して欲しいですね!!でもミラーレスだとダブルスロットルは大きさに制約があって出来なかったのでしょうか!?

2019年03月01日 11:20

NEONEO
ken2さん、コメントありがとうございます。
色々な戦略もあるのでしょうね~

今後の流れに注目ですね!

参考になるコメントに感謝します。

2019年02月28日 20:44

NEONEO
nikutenさん、コメントありがとうございます。

統一されて普及すれば、価格も下がるのでしょうね~

2019年02月28日 20:42

NEONEO
くにさん、連投歓迎です(笑)

安価なメディアなら、枚数も持てるのですけどね~

2019年02月28日 20:41

NEONEO
くにさん、コメントありがとうございます。

>USBコントローラにホスト機能をつけて、ポータブルHDD(SDDが
ベター)に転送[移動)出来ればいいのにと思います。

なるほど!
Wi-Fi環境が良ければ、クラウドにバックアップも可能なのでしょうけどね~

2019年02月28日 20:39

ken2
XQDのダブルスロットは、Z7&6の形状からすると不可能でしょう。
大きさを最優先した結果だと思います。

ならば、皆さんお書きのようにSDとのダブルスロットをというのも一案だと思います。しかし次回のファームアップで予定されているCFexpへのアップグレードとなると、SDとの書き込み速度の差が大きくなりすぎて、同時記録には適さない(遅い方に同調するため)というジレンマが出てきます。SDも速度の速くなる新規格が出されていますが、現行品と互換性が無いため、普及するかどうかの見通しが悪いです。

ニコンもこの辺は分かっているでしょうから、次期機種からはグリップを多少大型化してもダブルスロットにしてくるかもしれません。

CFexpはパナソニックも採用しましたし、キヤノンも賛同していて採用が見込まれるので、今後の主流となる可能性が現時点では一番高いメディアです。ニコンはこの辺を見据えて、敢えてのシングルスロット化かもしれないと思います。

2019年02月28日 12:37

nikuten
NEONEOさん
周知の通りCFexpressはXQD上位互換ですので、将来的には統一方向で動いていると認識してます。

2019年02月28日 09:04

くに
連投失礼します。
SDカードスロットが有っても良かったのにと思います。
メディアとして一番普及しており、多くのノートパソコンにはスロットが付いているので、入手性と可用性では抜きんでていると思うのです。
筐体サイズはもう一回り大きくなっても、その方がボタン類の操作性も上がると思いますし。

2019年02月28日 07:54

23件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

NEONEO

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
21893560
メインカメラ
D850

プロフィール

2011年10月にデジイチ購入、2012年からこのサイトにアップを始めまし...

↑ページの先頭へ