Please wait... loading

私の雫テーブルフォト

現在表示しているページ
ホーム > NEONEOさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > 私の雫テーブルフォト

投稿日:2019/07/06

「私の雫テーブルフォト」

毎年この時期は、所用が多いこと、天気が悪いことが重なって、GANREFにアップする写真が過去データの見直しになることが多いです。
これはこれで面白いのですが、HDD整理品ばかりで申し訳ない気持ちになります。
それでもたくさんの方がポートフォリオに訪問していただけること、感謝してます。

そんな中で、自宅で撮影できる「テーブルフォト」にも少しチャレンジしてみました。
あくまで我流の駄作ばかりなのですが、撮影方法などの質問もメッセージやコメントでたくさんいただきましたので、撮影記としてちょっとまとめてみることにしました。

基本的な室内撮影スタイルはこんな感じになります。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
9.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto

手持ちでチャレンジすることも多いのですが、雫にしっかり映り込まそうとすると絞りはF8以上に絞ることになりますので、当然シャッタースピードも遅くしないとISOがどんどん上がりますので、三脚使用が無難です。

「雫は自然のものですか?」
こんな質問もいただきましたが、テーブルフォトでは自然ではなく作ったものです。
後で紹介しますが、スポイトを使用します。
こんな撮影で気をつけていることを書き上げてみます。

1 背景を壁にする
雫に邪魔なものまでも映り込むのを避けるために、壁の前にセッティングするのがベストだと感じました。
背景に黒い布を貼ることもあります。

2 雫をつける枝を固定する
野外での撮影では、左手に枝を持って、右手だけで撮影するということもよくやりましたが、室内ではSSの関係から難しいので固定します。
上記の写真では、左右のミニ三脚に固定することになります。

そして、一番重要なのが・・・

3 カメラ、雫、花が一直線になるようにして撮影する
雫にうまく映り込ませるには、これが一番需要です。
雫と花の距離は試行錯誤して決めますが、カメラと雫の距離はできるだけ近くなるようにマクロレンズを使用して撮影します。
マクロレンズも色々試しましたが、結局旧のタムロン90mmマクロ(旧タムキュー)が私には一番使いやすいですし、ややソフトな描写がこの撮影にはマッチするようです。
永遠の名レンズだと思います。

このようにして撮影した1枚です。
向日葵いっぱい

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
レンズ:
タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
焦点距離:
90.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
720
ホワイトバランス:
Manual

これはど真ん中に入れていますが、先にアップした写真のように、少し中心をずらしても面白いと思います。
https://ganref.jp/m/sumidaman/portfolios/photo_detail/f2025f87881ff1af24a8135a515bb119

丁寧につけても、当然、雫はコロコロと転がっていくものです。
転がってしまった後の絵も面白いこともあります。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
90.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Manual


流れることもあります。
流れた瞬間を狙って上下に映り込むのもまた一興かもしれません。
「流れるガーベラ」
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
90.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/10秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
280
ホワイトバランス:
Manual


これらの撮影に活躍するのは、100円ショップのグッズです。
今回は3つを紹介します。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
19.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto


1 LEDライト
安く買えるようになりましたね。
ちょっと色目を変えたり、明るさ不足を補うには役に立ちます。
上の「流れるガーベラ」では、これを使っています。

2 灯油缶受け皿
背景を漆黒に仕上げたり、水に映り込む絵が欲しいときに、これに水を張って使ってみました。
意外と良い感じです。

3 化粧用スポイト
最後に最重要アイテム、スポイトです。
色々試しましたが、なかなかきれいな雫ができるものがありません。
そんな中、化粧用で一番小さなサイズ(先が一番細いもの)が使いやすいです。
これなら花びらの上に雫を付けることもできます。

こんなアイテムを使って撮った作例です。
水に浮かべたガクアジサイと、花びらの雫に映り込むガーベラです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
60.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F3.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Manual


まだまだ工夫次第で遊べるかもしれませんね。
色々試してみようと思います。
良い方法等ありましたら、また情報交換をお願いします。

我流の拙い撮影記をご覧いただき、ありがとうございました。

コメント(1,000文字以内)

38件中 1〜10件目

NEONEO
佐々木暁美さん、コメントありがとうございます。
室内でも結構遊べますよ(^^)

2019年07月10日 19:06

佐々木暁美
美しい^ ^

2019年07月10日 18:53

NEONEO
ほりい しげるさん、コメントありがとうございます。
雫は先が細いものの方がつけやすいなと感じています。
チャレンジされたら、また教えてください。

2019年07月08日 07:16

ほりい しげる
大変参考になりました。
流石はNEONEOさんらしい突っ込んだレビューですね。雫のつけ方も詳しく説明いただき有難うございました。スポイトセットのヒントから、空の目薬容器を使おうと思っています。先日玩具の注射器を使っている人も見かけました。遠くへ飛ばす水鉄砲まで100円ショップにはありますね。

2019年07月08日 07:11

NEONEO
花鳥虫♪さん、コメントありがとうございます。
もっともっと良い方法があるのだと思いますが、私はこの試行錯誤で遊んでます!

2019年07月07日 22:54

花鳥虫♪
なるほど、名作の裏には、努力と工夫があるのですね。とても勉強になります。

2019年07月07日 14:55

NEONEO
chin-cyanさん、コメントありがとうございます。
丁寧に読んでくださって感謝です。
ガーベラとか向日葵とか、ちょっと大きめで平べったい花が撮影しやすいと思います。
試行錯誤が楽しいので、ぜひチャレンジしてください。

2019年07月06日 21:03

NEONEO
gotomoonさん、コメントありがとうございます。
あくまでお遊びで撮影しているものですので・・・汗
名作ではなく迷作ですわ~

2019年07月06日 21:01

chin-cyan
何度も 何度も 読み返し 画像をみて
とても とても 参考になりました
チャレンジしたくなりますね
相当試行錯誤かも・・・
ありがとうございます。 ひたすら感謝です

2019年07月06日 20:55

gotomoon
撮影記、興味深く拝見しました。
こうして名作が生まれるのですね~!

2019年07月06日 20:52

38件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

NEONEO

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
23425240
メインカメラ
Z 7

プロフィール

2011年10月にデジイチ購入、2012年からこのサイトにアップを始めまし...