Please wait... loading

「注目製品レビュー ~No10 動く被写体と暗い朝景/夕景の高感度撮影ノウハウ

現在表示しているページ
ホーム > しょうなんしろうさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年3月 > 「注目製品レビュー ~No10 動く被写体と暗い朝景/夕景の高感度撮影ノウハウ

投稿日:2019/03/20

撮影期間 2019年03月10日 ~ 2019年03月20日
使用した機材 ニコン NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
ニコン Z 7
私の場合、朝景色、夕景色での撮影ではそれほど高感度による撮影は少ないのですが、星座、夜景の撮影には高感度の設定が絶対です。そこで、朝景色、夕景色での撮影に動きの或る被写体を取り込んだ撮影を想定し、動きのある被写体と若干、暗い夕景色、朝景色を高感度で撮影しました

はじめに、水族館での魚たちの撮影 動きある魚を高感度で撮影しました

《水族館の水槽で素早く動く魚の撮影画像》
・1番目の画像はISO12800で撮影した画像です
使用レンズ:NIKKOR 35mm f/1.8S
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Sunny

 

《日の入り時の海原の夕景の撮影画像》
・2番目の画像は日の入り時のISO12800で撮影した画像です
使用レンズ:NIKKOR 35mm f/1.8S
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/8000秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Sunny



《黎明時、蒼い色の空を撮影画像》
・3番目は蒼い色に染まる黎明時に撮影した画像です
使用レンズ:NIKKOR 24-70mm f/4S
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/8000秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Cool WHT FL


《素早い動く魚と夕景色及び朝景色を高感度撮影した画像と拡大図》


ISO12800で撮影した拡大図です




以下は撮影記の高感度撮影には関係ありませんが、Z7+NIKKOR 24-70mm f/4SでISO100で撮影した画像です。空の蒼さが印象的です
蒼色に澄んだ空

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
レンズ:
ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Cool WHT FL


【感想】
それぞれZ7の絞りは異なりますが、被写体が接する密な魚などは画像に斑の確認は難しいでした。広く捉えた空などが被写体の場合には、ISO6400、ISO12800など高感度になるにつれて、高感度撮影につきもの、いわゆる一般的にノイズと云われるむらが見られます。しかし、Z7とZレンズの構成では斑はボツボツとせず全体的にしんなりと広がった画質に見受けられます(従来のノイズと云われるボツボツさをしんなりと変化させたZ7とZレンズの進化でしょう)
Z7での高感度撮影の画質をさらに活かすには、被写体別に色々な工夫が必要かと思ったことは、今後の写真撮影に活かされると思いました
2つのレンズを使用した現時点では夜景、朝景にはISO6400までの設定が適切かと思いました

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

しょうなんしろう
まほろば1123さんへ。こんばんは。
レビュー、お疲れ様です。参考になりました。・・・有難うございました。

2019年04月03日 22:17

まほろば1123
レビュー、お疲れ様です。

参考になりました。

2019年03月21日 15:34

2件中 1〜2件目

TOP OF GOLD

しょうなんしろう

GANREF Point
2990538
メインカメラ
D850

プロフィール

【いつもコメント頂いている皆さんへ、これからも宜しくお願いします】 登山...

↑ページの先頭へ