デジタルカメラマガジン 本誌2006年1月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2006年1月号選考

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF24-70mm F2.8L USM
レタッチ:パノラマソフトPTGuiにて、横3枚縦2段スティッチ後、Photoshopにて彩度、コントラスト調整、縮小、リサイズ・トリミングあり

優秀賞

「ヴィーナスフォートのクリスマス」


作者:
杉浦 隆
都道府県:
愛知県
年齢:
46歳

東京のお台場にあるヴィーナスフォートのクリスマスイルミネーションですが、なかなか華やかさのなかにもスケールの大きさがよく表現されています。1枚写真だとこうは表現できませんが、パノラマソフトのなせる技でもあります。最近は、パノラマソフトによる写真の応募が増えてきましたが、いかにソフトを駆使しても作者がなにを表現したいのかという、テクニック以前の被写体に対する着眼点ですべてが決まってくると思います。その意味では、杉浦さんの作品は冷静沈着にして、ここを訪れるみなさんの感動を忘れることなくダイナミックに表現したことが成功しています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 10D レンズ:EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM
レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CSにてコントラスト調整、レベル補正、トリミング

準優秀

「金粉舞踊」


作者:
林 加津弘
都道府県:
愛知県
年齢:
49歳

ショーの写真は、演技している人を中心にねらうか、周囲も取り入れて雰囲気を見せながら表現するかとふたとおりに大きく分かれてくると思います。この写真は後者ですが、演技をしている人たちがバランスよく配置されています。さらに、動きや表情もいい瞬間をねらっています。そして、見物人の取り込み方もいいのですが、こういう写真が今後は肖像権やプライバシーを盾にされて発表しにくくなってきそうな予感もあり、心配しています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 10D レンズ:EF500mm F4L IS USM+EXTENDER EF1.4×Ⅱ
レタッチ:Photoshop 7.0にてトーンカーブ、アンシャープマスク、トリミング

準優秀

「ザリガニを食うカルガモ」


作者:
関 純彦
都道府県:
石川県
年齢:
43歳

カルガモはどこにでもいる大衆野鳥ですが、大きなザリガニをダイナミックに食べています。しかも、ザリガニのハサミが空中に舞っているところもスゴイです。野鳥写真といえばかわいらしい、珍しい、美しいものばかりを表現しがちですが、このように誰も見向きもしない生命にもちゃんとシャッターチャンスはあるものです。これは、ネイチャーに限らず風景やスナップなど、どの分野にもいえることを再認識させてくれる写真のお手本です。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D70s  レンズ:Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
レタッチ:Photoshop Elementsにてレベル補正、瞳を明るさ補正、トリミング

入選

「人間観察」


作者:
東 亮太
都道府県:
兵庫県
年齢:
38歳

毎回、ネコの写真はたくさん応募されてきますが、これほどネコの心を表現している作品は珍しいです。とにかく、ネコの視線がとてもよくて、まさにタイトルどおりだと思います。この視線は部屋のなかで飼われている軟弱なネコのものではなく、野生の目そのものです。ネコを撮影表現するのに、新しい視点が加わった1枚だと思います。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)
レタッチ:Nikon Capture 4にてRAW現像、トーンカーブ補正、LCHエディタにて彩度調整

入選

「棺に入りたくなくて…」


作者:
木村光宏
都道府県:
埼玉県
年齢:
27歳

捨てられた自転車に、ゴミとともに外来種のホテイアオイがひっかかっています。繁殖力の強いホテイアオイはこうして日本の生態系を変えていくので、地域によっては移動禁止にしています。リンゴの存在や薄汚れた川の水と底など、いまおかれている現代社会の環境を重く語る、いい視点をもった写真です。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix S2 Pro レンズ:タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
レタッチ:Photoshop CSにてRAW現像後、トーンカーブ・彩度調整

入選

「満載」


作者:
藤木大作
都道府県:
茨城県
年齢:
54歳

アルミ缶をこのように満載した自転車をよく見ますが、撮影がきちんとされてないようです。ホームレスの大切な収入源が、大都会から少しずつ地方に展開されている風景にもなっています。まさに今日の時代の証言ともいえる写真ですが、ちょっと明るくさわやかにまとめすぎてしまいました。このテーマは、まだねらっていけるハズ。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix S3 Pro レンズ:タムロン SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF]
レタッチ:Photoshop CSにてRAW現像

入選

「海」


作者:
西川 修
都道府県:
三重県
年齢:
24歳

海を表現していますが、ここでは「セイタカアワダチソウ」で海を語っています。セイタカアワダチソウは外来植物で一時期いろんな意味で話題になりましたが、まだ、こんなにも群生しているところがあるのも驚きです。しかもチガヤのような植物がミステリーサークル状に寝ているのも暗示的で社会性のある「海」が表現されています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ:シグマ 28-300mm F3.5-6.3 DG MACRO(PL-Wideフィルター使用)
レタッチ:Photoshopにて自動コントラスト調整

入選

「ミッドナイト・ハイウェイ」


作者:
中西健一
都道府県:
福井県
年齢:
30歳

バンコクの中心街だそうですが、俯瞰するとこんなにもイルミネーションが豊かだとは驚きです。夜が燃えているところは東京とニューヨークが激しいと、ランドサット映像でいわれたのは過去のこと。こうして地球上が焦がされると温暖化も納得できます。空の部分がちょっと多すぎて、全体の締まりを欠いてしまったのは残念です。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF35-350mm F3.5-5.6L USM
レタッチ:SILKYPIXにてRAW現像後、Photoshop 7.0にてレベル補正、彩度調整

佳作

「窓」


作者:
松本研一
都道府県:
岡山県
年齢:
54歳

山村農家を模した建物の窓にブドウの蔓が巻きつき、とてもおしゃれな写真です。背景に人物を入れたのもよかったです。一幅の絵画を見るように心がなごむのも、ねらいが的確だからなのでしょう。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix S1 Pro レンズ:ニコン Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
レタッチ:Photoshop 6.0にてトーンカーブ調整、アンシャープマスク、トリミング

佳作

「初冬の季」


作者:
中村清治
都道府県:
山梨県
年齢:
57歳

山梨県の甲州市では干し柿のれんが風物詩になっているようですが、色合いがとても美しく仕上がっています。柿だけをねらっていますが、ワイドレンズで大接近して環境を入れながら初冬を表現してみてもよかったです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D2X レンズ:AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)
レタッチ:Nikon Capture 4にて各部をレタッチ

佳作

「夕暮れ線路の秋」


作者:
小河俊哉
都道府県:
東京県
年齢:
36歳

北海道の単線線路だそうですが、美しくノスタルジックな風景です。色も晩秋の表情をよく表していますし、なによりも線路が続く構図が決まっています。このような風景のある、日本という国の自然のすばらしさを再認識できます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF17-40mm F4L USM
レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshop CS2にてトーンカーブ調整

佳作

「星眺の乙女滝」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
38歳

長時間露出の名手でもある宮坂さんの作品は、空に星がうまく配置されているので落ち着きます。流れる滝は霧のように当然曇りますが、空に星があるから、木々や雲といっしょに自然の寒々しさが出て、神々しくなるのです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ペンタックス *ist D レンズ:DA 16mm-45mmF4ED AL
レタッチ:SILKYPIXにてRAW現像後、Panorama Makerにて結合

佳作

「コンビナートと街」


作者:
森 健二
都道府県:
愛知県
年齢:
25歳

夜のコンビナートと街をパノラマソフトを使ってダイナミックに表現されていますが、すでにこの視点での作品は優秀賞になっています。作品がよくても、同じような視点では選者としても上位に入れられないのですよ。さらなる切り口の工夫を期待します。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ペンタックス *ist DS レンズ:FA43mmF1.9 Limited
レタッチ:SILKYPIXにてRAW現像時に彩度UP、ホワイトバランス変更、トーンカーブ調整

佳作

「すれ違い」


作者:
吉田治広
都道府県:
静岡県
年齢:
35歳

写真とタイトルが、どうしても結びつきません。撮影者だけがわかるタイトルづけは、作品表現上やっぱりマイナス面は大きいと思います。それ以上に、この子の涙があまりにもかわいらしいものでしたから選びました。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix S602 レンズ:
レタッチ:MET'S Photo Crewにて明度調節、トリミング

佳作

「昼顔」


作者:
山崎奈津子
都道府県:
滋賀県
年齢:
38歳

撮影会でのひとコマなのでしょうが、ハイキーに仕上げてあって好感のもてるさわやかさがあります。しかも、モデルのシルエットもきれいですし、表情まで見えるようです。作者の意図した表現は、まずは成功したのではないでしょうか。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF400mm F5.6L USM
レタッチ:Photoshop Elements 2にてレイヤー合成、トリミング

佳作

「白い記憶」


作者:
藤井 薫
都道府県:
北海道
年齢:

シロハヤブサはファンにとってはあこがれの野鳥らしいですが、これは飛び立つ瞬間を合成して一枚に仕上げたものです。むずかしい注文かもしれませんが、選者はそろそろ珍鳥ねらいから脱却した野鳥写真を見たくなりました。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)

佳作

「風船ジャンプ!」


作者:
高野博光
都道府県:
愛知県
年齢:
43歳

風船を使った大道芸のようですが、いったいどうやって浮いているのでしょうね。不思議な写真ですが、風船中心だけでなく地面の影や靴がいい味をもってますので、影などの取り入れ方を工夫するともっとよくなったでしょう。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D2H レンズ:Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)
レタッチ:Nikon Capture 4にてアンシャープマスク、トーンカーブ調整、トリミング

佳作

「What happen?」


作者:
山本直文
都道府県:
岡山県
年齢:
43歳

ウエイクボードという水上スポーツはまさに若者のスポーツでダイナミックそのものですが、楽しんでいると思ったらかなり真剣な表情をしていますね。高速シャッターでこうした動きを止めるテクニックは大したものです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:コニカミノルタ α-7 DIGITAL レンズ:AFマクロズーム3x-1x F1.7-2.8(マクロリングストロボ)
レタッチ:Photoshop 7.0にてレベル補正、トリミング

佳作

「蜘蛛」


作者:
四方伸季
都道府県:
京都府
年齢:
40歳

ハエトリグモは目玉が大きいので、顔をクローズアップすると写真にしやすいものです。こうして大迫力で小さな昆虫の表情を探ると自然界の造形美を再認識できますから、もっと応募が増えてもいいと思います。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF500mm F4L IS USM+EXTENDER EF2× Ⅱ
レタッチ:Photoshop 5.0LEにてコントラスト調整、スタンプツール使用

佳作

「Extreme wet」


作者:
上原辰也
都道府県:
千葉県
年齢:
41歳

この写真を選んで気づきましたが、これに似たのを以前にも選んでました。やはり、雨のレースは迫力があって似合うからなのでしょうが、同じような作品になりがちなところから脱却する新しい視点の工夫がほしいものです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン PowerShot S2 IS レンズ:
レタッチ:デジカメの達人にてブルーを強調

佳作

「狩り成功! 」


作者:
増田 恵
都道府県:
長野県
年齢:
34歳

水族館で飼育されているペンギンですが、魚をもらって得意になっている表情がいいです。しかも、水面に反射する光が効果的。さらに、余分なものを排除して、ペンギンだけに構図を絞り込んだのも成功しています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)
レタッチ:Nikon Capture 4にてRAW現像後、輪郭強調、JPEG変換

佳作

「青空お散歩してみたい」


作者:
長谷川芳子
都道府県:
千葉県
年齢:
55歳

青空の下に長靴が干されているユーモラスな風景が意表をつきました。左にあるガスタンクがうまく処理できると現代の家庭菜園らしさがもっとでて、食へのこだわりまで見えるのではないでしょうか。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:シグマ 15mm F2.8 EX DIAGONAL FISHEYE

佳作

「イグアナの微笑み」


作者:
親川一幸
都道府県:
沖縄県
年齢:
32歳

沖縄こどもの国の福祉祭りでのひとコマだそうですが、イグアナに超ワイドレンズで迫って背景に人物を入れたアングルが斬新です。イグアナをもう少しアンダーぎみにレタッチするなどして鋭さをだすと、もっと迫力が出たはずです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF500mm F4L IS USM
レタッチ:Digital Photo ProfessionalでRAW現像時、ピクチャースタイルをスタンダードへ変更、Photoshop CS2にてスマートシャープ、トリミング

佳作

「川のお掃除」


作者:
佐々木一弘
都道府県:
埼玉県
年齢:
41歳

ヤマセミといえば水中に潜って魚を捕まえる野鳥なのに、棒切れをもってます。野生の一瞬の時間にこのような行動をするのも不思議ですが、タイトルもふるっています。野鳥写真にはこうした心の余裕が必要なのですよ。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital レンズ:タムロン AF28-200mm Super Zoom F/3.8-5.6 Aspherical XR [IF] MACRO
レタッチ:デジカメde!!同時プリント、トリミング

佳作

「見物人」


作者:
堀内 徹
都道府県:
奈良県
年齢:
48歳

なにを見物しているのかの説明がないのでわかりませんが、人間の表情ほどおもしろい被写体はないということを物語る作品です。いい写真なのですが、微妙なカメラぶれを起こしており、基本的なツメの甘さを感じます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS D60 レンズ:EF70-200mm F2.8L USM
レタッチ:Photoshop Elementsにてグリーンフィルター

佳作

「秋風に吹かれて」


作者:
蒲池利昭
都道府県:
福岡県
年齢:
43歳

このような花などを扱った作品は毎回たくさんの応募がありますが、なかなか入選までには至らないものです。しかし、この作品はハーフトーンの色合いが美しく、やさしさのなかにも構図が安定しているところがいいのです。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM
レタッチ:Digital Photo Professionalにてコントラスト・トーンカーブ修正

佳作

「くらげの海」


作者:
澤島 忠
都道府県:
京都府
年齢:
41歳

エチゼンクラゲは、日本近海の重大ニュース。温暖化や環境悪化で異常発生したといわれていますが、こうしていま撮影することに意味があります。PLフィルターを使ってもっと水中を写し出し、背景に現代を感じさせるような船でもあると完璧なのですが。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:オリンパス E-1 レンズ:ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5

佳作

「西日を浴びて」


作者:
相沢雄二
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

新潟県十日町市の紅葉だそうですが、山並みの重厚さがいいです。手前に濃緑の杉木立が入っているので、画面を安定させました。雪国の一瞬の季節に見られる、こうした日本の原風景は、自然の豊かさをよく表現しています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix S5000 レンズ:
レタッチ:Photo Deluxeにて、彩度、色調を調整、リサイズ・トリミング

佳作

「金色の霧雲」


作者:
角 祥太郎
都道府県:
熊本県
年齢:
41歳

九重連山での撮影だそうですが、山のもつダイナミックさがうまく表現されています。最近はこのような山岳写真をあまり見ませんが、ガスと金色の光とどっしりとした構図の妙が重なり合って成功した一枚といえます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:コニカミノルタ α-7 DIGITAL レンズ:タムロン AF28-200mm Super Zoom F/3.8-5.6 Aspherical XR [IF] MACRO

佳作

「晴れ姿」


作者:
日髙 猛
都道府県:
埼玉県
年齢:
60歳

子どもの表情がいいです。スローシンクロで動きも出ていて、臨場感もあります。それでいて、背景にはいま流行のノンバンクのネオンサイン。この子どもの晴れ姿には、現代というカオスな時代がじつによく写しこまれています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:オリンパス CAMEDIA C-4040 Zoom レンズ:ワイドコンバージョンレンズ使用
レタッチ:Microsoft Photo Editorにて明るさ調整、色調調整

佳作

「戦争の爪跡」


作者:
安藤裕子
都道府県:
東京県
年齢:
30歳

見渡す限りの「戦車畑」ですが、撮影地がサイパンなので旧日本軍のものでしょうね。ダイバーが写り込むことでスケールの表現ができていますが、ここにも死者がいたと思うと複雑な心境になりました。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:オリンパス E-300 レンズ:ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
レタッチ:SILKYPIX 2.0にてRAW現像

佳作

「夏の名残」


作者:
河野公之
都道府県:
千葉県
年齢:
38歳

この日差しは夕方でしょうか、なかなかいい色みです。さらに、手前のS字形に流れる川の取り入れが構図的にも安定させていて、タイトルを際立たせています。家族のスナップもこのように撮ると、すばらしい記念となります。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
レタッチ:SILKYPIX 2にてRAW現像

佳作

「幽玄の舞」


作者:
宮本 長
都道府県:
香川県
年齢:
38歳

どのような祭りでなにを表す神楽なのかの説明がないのでわかりませんが、面がとても穏やかでいい表情をしています。スローシンクロも神霊の神々しさをよく表し、表現テクニックの巧さを存分に見せています。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix F10 レンズ:
レタッチ:Photoshopにてレベル補正、明らかな熱ノイズを修復、ブラシツールで修正、3:2の比率にトリミング

佳作

「蜃気楼」


作者:
沢田誠司
都道府県:
北海道
年齢:
44歳

神秘的ななかにもモダンが漂う強い印象の作品です。こういう現場にさしかかると一瞬の判断で撮影しなければなりませんが、構図的にも落ち着いてまとめあげています。一方であまりにも決まりすぎて、逆にもの足りなさを感じます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital レンズ:EF75-300mm F4-5.6 IS USM
レタッチ:シャドウ補正、彩度補正、コントラスト、アンシャープマスクなど

佳作

「おんぶ」


作者:
名倉利男
都道府県:
静岡県
年齢:
49歳

犬は飼い主に似るといわれますが、吹き出してしまうほどによく似ていますね。以心伝心、お互いに信頼しきっているからなのでしょう。右に写る電柱の黄色いカバーがけっこう目障りで、視線がどうしても流れてしまいます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:コニカミノルタ α Sweet DIGITAL レンズ:AF DTズーム18-70mm F3.5-5.6(D)
レタッチ:Photoshop CSにてRAW現像

佳作

「ルミナス神戸2」


作者:
斉藤 一
都道府県:
兵庫県
年齢:
34歳

つい半世紀前まではこのような近未来的な風景は想像もできませんでした。しかし、現実にこうして存在しているのですから、まさにデジタル時代で現在を記録する意味でもオモシロイ被写体だと思います。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ:EF16-35mm F2.8L USM

佳作

「シルエット」


作者:
清水進二
都道府県:
滋賀県
年齢:
35歳

シンプルな表現に終始して、いいカンジだなぁーと全体を見ながら恐竜の顔に目をやると、なんとも情けない表情に笑えました。ありがちな写真ではありますが、影をよく計算しているところがいいのではないでしょうか。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:ニコン D100 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)

佳作

「夜の虚無僧」


作者:
小笹清巳
都道府県:
鳥取県
年齢:
63歳

全国から集まった尺八愛好家が虚無僧に扮しているところをストロボなしの微弱な光での撮影。技術的には完璧だと思いますが、上部の屋根のところでカットして下にカメラを振ると、虚無僧の「影」がさらに強調されます。

 

2006年1月号選考 一般投稿部門 選者:宮崎 学

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 5D レンズ:EF70-200mm F4L USM

佳作

「よさこい踊り」


作者:
喜田 清
都道府県:
京都府
年齢:
56歳

札幌のよさこい祭りは有名ですが、この踊りはどこで行われているのでしょうか。踊り手の動きの瞬間といい、背景を簡略化して大胆に切り取ったところが力強い作品になっています。踊り手の表情も、なかなかいいですよ。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 5D レンズ:EF100mm F2.8 マクロ USM プリント:BJ F890 用紙:フジフイルム 画彩 写真仕上げPro
レタッチ:PhotoshopでRAW現像後、レベル補正、トーンカーブ、アンシャープマスク、焼きこみツール

優秀賞

「柿の工芸」


作者:
前田康隆
都道府県:
奈良県
年齢:
56歳

まさに柿の葉の芸術作品だといえます。雨のなか、そのままでは背景が煩雑になるということで、黒布を敷いて水滴がこぼれないように移し、葉のテカリなどにも気をつけて撮影したとのこと。どんな天候でもどんな状況でもその現場でできる限りの工夫をこらして、これだけの作品に仕上げていく感性はとてもすばらしいですね。最初はスタジオでライティングをして撮影したものかと思いました。それほどクオリティの高い作品です。感性の豊かさと機転のよさに文句なしの優秀賞といえます。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:コニカミノルタ α-7 DIGITAL レンズ:AFアポテレズーム100-300mmF4.5-5.6(D) プリント:DPEにて出力 用紙:コニカミノルタ デジタルペーパー
レタッチ:トリミング

準優秀

「喝采」


作者:
四方伸季
都道府県:
京都府
年齢:
40歳

まさにタイトルどおり喝采の状況をよいタイミングとよい場所で切り取った作品といえます。2階の窓辺に艶やかな色の敷物を敷き、観客が皆浴衣を着て楽しそうに手を振っている場面と、キリリとした表情の男性が浴衣を祭り仕様に着こなしているさまはとても対照的で、日本の伝統的な祭りの粋さを感じさせます。トリミングありということですが、センスのよさを感じます。本来もう少し鉾を入れたいところでしょうが、そうすると主役がぼけてしまいます。さすが四方さん、なにを伝えたいかがよくわかります。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF-S10-22mm F3.5-5.6Ⅱ USM プリント:エプソン PX-G900 用紙:エプソン写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshop CSにてレベル調整、アンシャープマスク

入選

「yuki」


作者:
清水一郎
都道府県:
愛知県
年齢:
46歳

最近の清水さんの作品がレベルアップしてきているように思います。いろいろなことを見たり感じたり研究したりと、積極的に挑戦しているのではないでしょうか。この作品も伝統的な日本家屋の畳の部屋と、モデルの大胆なポーズのアンバランスさがおもしろいと思います。固定概念にとらわれず、この調子でどんどん撮影してください。きっと、もっともっと清水さんらしい作品が撮れていくと思います。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF16-35mm F2.8L USM プリント:エプソン PX-G900 用紙:エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>
レタッチ:Photoshop 5.0 LEにてシャープフィルター、スタンプツール、コントラスト調整

入選

「at 9pm」


作者:
上原辰也
都道府県:
千葉県
年齢:
41歳

上原さんの作品からは、ほかの人には出せないオリジナリティが感じられます。モデルの表情も、この年齢の危うさがよく引き出せています。ロケ場所は日常彼女が通い慣れたところでしょうが、撮影時間がうまく計算され、蛍光灯のグリーンかぶりの色も彼女の危うさをより強調していると思います。アングルやポーズ、光の読み方、どれをとっても抜群のセンスのよさを感じる作品だといえます。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:オリンパス E-300 レンズ:タムロン SP500mm F8 プリント:エプソン PM-A850 用紙:前進堂 ウォータープリント用ペーパー

佳作

「幽玄」


作者:
中川栄治
都道府県:
神奈川県
年齢:
43歳

まるで絵のようで情緒のある作品ですね。手漉きの紙を使い周囲を手で裂くなど、努力のかいがありましたね。いろいろなニュアンスのあるインクジェット用紙が開発されたことによって、作者の表現の幅も広がってきたのではないでしょうか。カラープリント投稿部門の場合、作品と紙との相性のバランスも審査の対象として選んでいくわけですから、どの紙にプリントするのかも大切なことといえます。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital レンズ:EF85mm F1.2L USM プリント:エプソン PX-G5000 用紙:エプソン写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshop CSにてカラーバランス、トーンカーブ、彩度調整、シャープネス

佳作

「休憩」


作者:
井上正子
都道府県:
埼玉県
年齢:
58歳

またまた1作品での勝負。潔いですね。すばらしい作品です。街角でのスナップショットなのでしょうが、着目点、アングル、切り取り方、どれをとっても本当にセンスのよさを感じます。雨が降っているので椅子には誰も座ってはいませんが、タバコの吸殻が普段ここでくつろいでいる人間を想像させます。毎回、鋭い着目点での投稿を楽しませていただいています。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1Ds MarkⅡ レンズ:EF50mm F1.4 USM プリント:キヤノン PIXUS iP9910 用紙:フジフイルム 画彩 写真仕上げPro
レタッチ:Photoshop CS2にてトーンカーブ調整

佳作

「City Traffic」


作者:
岩本 隆
都道府県:
千葉県
年齢:
36歳

おもしろい作品ですね。夜の高速道路の写真は、ありふれた作品に仕上がりがちですが、岩本さんは金網越しに撮影することで、光に金網の一部を写り込ませたおもしろい効果を出しています。シャッタースピードとの兼ね合いもよいですね。撮影をしながら仕上がりをチェックできる、デジタルカメラならではの作品だといえます。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF) プリント:エプソン PM-3700C 用紙:エプソン写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshop LEにてトーンカーブ調整

佳作

「オータムブリッジ」


作者:
鈴木温史
都道府県:
埼玉県
年齢:
47歳

イチョウの葉がつながって見えるようにワイドレンズで撮影したとのこと。みごとです。ただぼんやりと歩いていただけでは発見できないですよね。これを撮影するにはつながって見えるようにアングルを探さなければいけません。後処理で加工することはできますが、写真の基本、シャッターを切るときの感性を鈍らせないことがとても重要です。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:シグマ 24-70mm F2.8 EX DG MACRO プリント:エプソン PX-G900 用紙:コニカミノルタ フォト光沢
レタッチ:Photoshop LEにてトーンカーブ調整

佳作

「待ちわびた電話」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
42歳

アズマさんの作品が毎回コンスタントに残ることはすごいことだと思います。こうした撮影には労力と時間とお金が必要です。そのことに関しては尊敬すら覚えます。しかし、最近の作品は絵柄としてはおもしろいのですが、シチュエーションにこだわりすぎていて、そちらのほうに気が行き過ぎているように思います。思いや感動は写真に宿ります。どうかそのことを思い出して撮影してみてください。そうしたら怖いものなしですよ。

 

2006年1月号選考 カラープリント投稿部門 選者:松尾成美

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF16-35mm F2.8L USM プリント:エプソン PM-4000PX 用紙:エプソン写真用紙<絹目調>
レタッチ:Photoshop Elements 2.0にてレベル補正、彩度補正

佳作

「憧憬の路」


作者:
宮本 稔
都道府県:
広島県
年齢:
53歳

心安らぐ作品ですね。4,000本の竹灯籠で町並みは照らされ、格子窓や瓦屋根がほのかに包まれていたということですが、人間はこのような優しい光にとても心癒されるものなのだと思います。スイッチひとつで明るすぎるくらいの光がこうこうと照らす便利な世のなかですが、いま一度、環境にも人にも優しい生き方を考えなくてはと、考えさせられます。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:コニカミノルタ αSweet DIGITAL レンズ:AFズーム17-35mm F2.8-4(D) プリント:エプソン PX-G5000 用紙:コニカミノルタ 光沢紙 厚手
レタッチ:PhotoImpact 10にてモノクロ化

優秀賞

「可愛い見物人」


作者:
浜中義孝
都道府県:
東京県
年齢:
71歳

画面手前で拍手する女の子、チアガールとポール・ラッシュ博士の写真。遠景には富士山となんとも不思議な組み合わせがおもしろいですね。清里のために尽力したことで有名なポール・ラッシュ博士ですが、まさか後世になってチアガールが美しい高原のどまんなかで踊りまくるとは考えなかったでしょう。作者の視点のおもしろさにはいつも感心させられます。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF24-70mm F2.8L USM プリント:キヤノン PIXUS iP8600 用紙:キヤノン スーパーフォトペーパー
レタッチ:Photoshopにてモノクロ化

準優秀

「ダンス!」


作者:
山口善和
都道府県:
宮崎県
年齢:
27歳

カメラのアングルを下げ、さらにカメラを傾けて撮影したことが、ダンサーの動きを表現するのにぴったりだったと思います。おかげで祭りの躍動感がよく伝わってきます。なにより、踊り手が楽しそうにしているところを着実にとらえているのが気持ちがいいです。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 10D レンズ:シグマ 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL プリント:エプソン PX-5500 用紙:伊勢和紙Photo とりのこ色
レタッチ:Photoshop CSにてモノクロ化、レベル補正、焼き込みツール

入選

「兄弟」


作者:
西川 修
都道府県:
三重県
年齢:
24歳

少し古い時代のレコードレーベルのようにも見えますね。兄弟ということですが、高コントラストの写真は生活感を演出するのにはいいでしょう。地元の伊勢和紙を使ったプリントもこうした演出効果を考えるとプラスに働いており、よいと思います。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:シグマ 24-70mm F2.8 EX DG MACRO プリント:エプソン PX-G900 用紙:コニカミノルタ フォト光沢用紙
レタッチ:Photoshop LEにてモノクロ化

入選

「Morning Light」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
42歳

色っぽいですね。それも大人っぽい感じがいいです。逆光のなかで、画面の上から下にかけて、徐々に服やシーツのトーンが変わっていく様子は、作者に光が見えているという力量がうかがえます。どこか時間を生み出しているような、時間の流れが感じられます。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ:EF85mm F1.8 USM プリント:エプソン PM-3700C 用紙:エプソン 写真用紙
レタッチ:Photoshop CSにてモノクロ化、レベル補正、アンシャープマスク

入選

「夕暮れのやな」


作者:
郡司勇治
都道府県:
栃木県
年齢:
44歳

よくある写真誌のコメントだと「左右の余白が均等なので、日の丸写真にならないよう余白の処理を考えましょう」などと書かれてしまう作品かもしれません。しかし、おばあちゃんと娘さんの関係がよくわかるこの写真は、そうしたフレーミングの甘さを感じさせない、強さを感じます。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) プリント:HP PSC 2550 Photosmart オールインワン 用紙:HP プレミアム プラス フォト用紙
レタッチ:Nikon Capture 4にてモノクロ化、アンシャープマスク、トリミング

佳作

「元気が出る宴会の一コマ」


作者:
ユージ伊藤
都道府県:
愛知県
年齢:
47歳

サル本人に見せると「頼むから嫁と子どもには見せんといてくれー」と頼まれたそうです。ノリノリで楽しんでいる臨場感がよく伝わってきます。サルの素性は奥様にとっくにばれているような感じが見受けられ、とてもステキな写真だと感じます。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF17-35mm F2.8L USM プリント:エプソン PX-G5000 用紙:エプソン 写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshopにてモノクロ化

佳作

「京平」


作者:
高垣 徹
都道府県:
京都府
年齢:
37歳

年配の方で、見た目が若々しくみえるという方もいますが、逆に子どもなのにどこかおじさんのような印象を受けるとか、年を重ねたときの顔が想像できるということもありますよね。もちろん、愛らしい感じで好感がもてるという意味ですが、この子どものおじちゃん顔はとても好感がもて、僕はとても好きです。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:オリンパス E-1 レンズ:ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 プリント:エプソン PM-790PT 用紙:エプソン 写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshop 3.0にてモノクロ化、レベル補正、色彩の統一

佳作

「馬上の友」


作者:
武田信也
都道府県:
愛媛県
年齢:
49歳

シャッタースピードを遅くして少年と馬だけを止めて、ほかをぶらしてしています。このことにより煩雑な背景が整理され、とてもいい効果を生んでいると思います。ぶらしすぎず、ぶれなさすぎず気持ちのよいカットに仕上がっています。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 10D レンズ:EF85mm F1.8 USM プリント:エプソン PX-G5000 用紙:エプソン 写真用紙
レタッチ:Photoshop CSにてモノクロ化、コントラスト、レベル補正、トーンカーブ、トリミング

佳作

「肌」


作者:
林 加津弘
都道府県:
愛知県
年齢:
49歳

名古屋からの投稿作品に、金粉ショーを題材にしたものは、よくありますが、アップにしてフォルムで見せたり、金粉や汗の感じを見せたりという工夫があり、作者の写真はなにを見せるかを選んでいる点が評価できると思います。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:ニコン D100 レンズ:シグマ 18-50mm F2.8 EX DC プリント:エプソン PX-G5000 用紙:パーマジェット・インクジェットペーパー
レタッチ:Photoshop CS2にてモノクロ化

佳作

「こ の 指 と ま れ」


作者:
津村武司
都道府県:
大阪府
年齢:
41歳

子どもの気持ちがよく伝わってきますね。下からあおるように撮影されているので必然的に暗部が多くなります。利用されている用紙は暗部の階調を出すのがむずかしい紙ですが、ギリギリのところでよく出していると感じました。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:オリンパス E-1 レンズ:ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5 プリント:エプソン PX-G900 用紙:エプソン フォトマット紙
レタッチ:SILKYPIX Developer Studio 2.0にてRAW現像時にモノクロ化、Photoshop CSにてシャドウ補正

佳作

「Movement」


作者:
江口 敬
都道府県:
福島県
年齢:
33歳

ブナ林は新芽の時期もきれいですが、葉を落とした秋も本当に美しいですね。この写真は力強いブナの木を象徴的にとらえています。晴れていると空のトーンを残すのがむずかしいアングルですが、微妙に残しているところも奥行きを感じさせてくれ、とてもよいと思います。

 

2006年1月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:吉田 繁

SPEC

カメラ:キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ:EF17-40mm F4L USM フィルター:C-PL プリント:エプソン PX-G900 用紙:エプソン 写真用紙<光沢>
レタッチ:Photoshop CS2にてモノクロ化、トーンカーブ

佳作

「秋空の丸池」


作者:
宮坂雅博
都道府県:
長野県
年齢:
38歳

ブルーチャンネルのトーンカーブを調整することで、コントラストをつけ、パキッとした強い調子に仕上げています。モノクロで硬調に調整する方法はいくつかあるのですが、空のトーンを出すという点では、ブルーチャンネルでトーンを調整したのは成功していると思います。

 

2006年1月号選考 組写真投稿部門 選者:土屋勝義





SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop CSにて色調調整

優秀賞

「秋日和」


作者:
保坂兼司
都道府県:
東京県
年齢:
63歳

3枚組みの組写真を、タテの視点にこだわってまとめてくれました。それぞれ、画面内をタテに伸びるものにプラスアルファの要素が加わっています。1枚目の銭湯の煙突は、よく見るとサルのようなオブジェが梯子を登っています。ユーモラスな雰囲気に思わず吹き出してしまいました。また、3枚目の電柱にはなぜか傘がぶら下がっています。なぜ? と思いつつも、おもしろい被写体を探し出した保坂さんに脱帽です。写真一枚一枚のバランスもよかったと思います。次回は、全体でよりインパクトのある作品を期待します。

 

2006年1月号選考 組写真投稿部門 選者:土屋勝義







SPEC

カメラ:1枚目、2枚目、4枚目 キヤノンEOS 5D、3枚目 EOS 20D レンズ:1枚目、2枚目 EF35-350mm F3.5-5.6L USM、3枚目 EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM、4枚目 シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE レタッチ: Photoshop CSにてモノクロ変換、コントラスト調整、トリミング

準優秀

「水中ダンス」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
44歳

水族館のいろいろな生物をレンズワークで切り取り、モノクロでまとめたことが目を引きました。水族館の写真は幻想的な雰囲気をカラーで表現した作品が多いのですが、縞模様の魚やクラゲ、カニなど色が派手な被写体をモノクロ化しています。その決断力が、今回の入賞につながったといえます。また、被写体を画面いっぱいに収める正方形のフォーマットで、安定感を出したのも効果的でした。モノクロにまとめただけに、被写体のおもしろい動きが表現されていると、さらによかったと思います。

 

2006年1月号選考 組写真投稿部門 選者:土屋勝義





SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:シグマ18-50mm F2.8 EX DC レタッチ: Photoshopでモノクロ化

入選

「みなしご」


作者:
Keisha
都道府県:
リトアニア
年齢:
36歳

この作品は、作者のセンスのみをシンプルに打ち出したものとなっています。写真のなかの要素を徹底的に減らしていったもので、ほかの組写真に比べて際立って見えました。テーマは構図のみ、という単純明快さで、2枚目のブロックはとくに印象的です。また、3枚目でこちらに歩いてくる紳士が、むしろ浮き立ってみえます。それだけに、1枚目でインパクトが弱かった点が悔やまれます。後ろ姿の犬だけではなく、なにかもうひと工夫ほしかったと思います。

 

2006年1月号選考 組写真投稿部門 選者:土屋勝義





SPEC

カメラ:キヤノンEOS 10D レンズ:EF50mm F1.4 USM フィルター:PLフィルター使用 レタッチ: Dgital Photo Professionalにて明るさ、色調、シャープネスを調整

佳作

「落ち葉」


作者:
川上美千雄
都道府県:
島根県
年齢:
48歳

さまざまに色づいた秋の落ち葉ですが、背景を3パターンでみせてくれたのは、組写真ならではの発想だと思います。1枚目、苔の緑色の背景に、黄色と赤の葉の形が際立っています。2枚目、水面を彩る落ち葉と水のなかの落ち葉、そして、水面に映り込む青色が印象的です。最後を地面に散らばる赤い落ち葉で締めたのも効果的でした。ただ、素材がみな同じようなものだっただけに、写真に変化が乏しくなってしまいました。そこが次回の課題でしょう。

 

2006年1月号選考 組写真投稿部門 選者:土屋勝義





SPEC

カメラ:1枚目、3枚目 リコー Caplio GX8、2枚目 ニコン D70 レンズ:2枚目 AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4 レタッチ: Photoshop Elements 3.0にてトリミング、2枚目はNikon Capture 4にてRAW現像

佳作

「きのこの森」


作者:
市村益男
都道府県:
長野県
年齢:
50歳

キノコという、撮影がなかなかむずかしい被写体を素材に、アングルにも工夫して撮っています。ただ、さらにアングルを工夫することでキノコの不思議な世界を見せてほしいところでした。撮影場所は光がほとんど当たらないところだと思いますが、この表現が限界とも思えません。もうひと味のスパイスを加えたいと感じました。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:フジフイルム FinePix 4800Z
レタッチ:JTrimでコントラストなどを調整。トリミングあり

優秀賞

「威嚇」


作者:
南沢高志
都道府県:
東京県
年齢:
37歳

応募作品のなかで犬や猫を被写体としたものは多く、そのほとんどはかわいらしく写されています。そんななかでこの作品は、大袈裟にいえば猫が本性を表した瞬間をとらえたものとして、ほかの作品とは一線を画しています。顔を画面いっぱいにしたのが、見る者にいまにも迫ってくるようで、非常に強いインパクトを与える結果となりました。さらに1本だけになった牙や舌の部分がじつにリアルで、これもふだんは見ることが少ないシーンです。とにかくシャッターチャンスとフレーミングのうまさでみごとな作品に仕上げています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:タムロン AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

準優秀

「そ~っと」


作者:
柴田貴博
都道府県:
秋田県
年齢:
31歳

息を止めて静かにゆっくりと手を伸ばし、赤トンボを捕まえようとしている表情がなんともかわいらしいです。なにかを語りかけているかのような口元の動き、そしてトンボへの視線、慎重に近づける指先など、細かい部分がよいタイミングでとらえられています。光線状態もよく、手や顔にやさしい丸みを与えています。近づいて上半身だけにしたフレーミングも訴える力を強くしているし、バックのぼけぐあいも美しくてよい雰囲気を出しています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D70s レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G (IF)(MCプロテクター)
レタッチ:トリミングあり

入選

「幸福のおすそわけ」


作者:
山本一人
都道府県:
京都府
年齢:
49歳

なかなかおもしろい発想です。本来なら式を挙げたふたりの顔が見えるように撮影するところですが、それをあえて傘で隠し、取り巻いているカメラマンたちの表情や動きに視線が向かうようにしています。赤い傘も活きていますね。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン COOLPIX 8800

入選

「PURE」


作者:
奥中紀一
都道府県:
大阪府
年齢:
61歳

純白のウエディングドレスがやわらかな光を透かした白のカーテンと絶妙のマッチングで、この女性をより美しく、そして幸せそうに描写しています。表情も自然でよいです。そしてこの画面の広さが独特の雰囲気を醸し出しています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:シグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG HSM
レタッチ:RAWで撮影後、Nikon Capture 4.3にてJPEGに保存し、トリミング

入選

「魔の手」


作者:
小林弘一
都道府県:
茨城県
年齢:
40歳

花火はベテランでなければ撮影意図どおりの仕上がりを得るのはむずかしいです。しかしこの作品は画面のどの位置にどれぐらいの大きさで花火を配したらベストなのかを十分に計算しています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF70-200mm F2.8L IS USM+クローズアップフィルター

入選

「ロック・オン!」


作者:
山本裕之
都道府県:
和歌山県
年齢:
42歳

コスモスにやって来たハチですが、花粉をつけた顔、そして花粉球を抱えた足がじつにシャープに写されています。ピントも目にしっかりと合っているので、このハチの感情までもが伝わってくるようです。フレーミングもみごとです。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 
レタッチ:Nikon Captureにて補正

入選

「コスモス畑で」


作者:
宝田利則
都道府県:
神奈川県
年齢:
53歳

本来なら自分と同じ色のなかに身を潜めているべきなのに、もっとも目立つ色の上に止まっています。これによってクモの存在感が大きなものとなっています。ピンクのぼけとの組み合わせもよく、かわいい作品になりました。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン COOLPIX 5400

佳作

「干し柿」


作者:
暮石和正
都道府県:
愛知県
年齢:
31歳

柿もこれだけの数になると、ひとつの造形物となり、食べ物とは思えなくなってしまいます。画面全体を柿色で統一したため、数の多さにもかかわらず、簡潔な印象を与える作品となりました。ほどよい光が射し込んで、柿に立体感を与えています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ:タムロン AF18-200mm F3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD Aspherical(IF)MACRO
レタッチ:Photoshop Elements 3.0にてRAW現像。トリミングあり

佳作

「秋の音」


作者:
野沢 栄
都道府県:
栃木県
年齢:
43歳

白樺林のなかでこの紅色は強い印象を与えます。非常によい撮影ポイントを見つけられましたね。画面に空を入れず林の木々だけで埋めたのも、この紅葉を際立たせるのに有効です。ただ画面右端の白樺はカットしたほうがよいと思います。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:タムロン SP AF180mm F/3.5 Di LD[IF]MACRO1:1
レタッチ:Nikon Capture 4にてトーンカーブ

佳作

「紅色のおうちで」


作者:
和田昌也
都道府県:
大阪府
年齢:
44歳

花のなかにいるシジミチョウがかわいらしく写されています。主役であるチョウの大きさと取り囲む花のバランスも非常によいですね。またフレーミングも不要なものをすべて排除してシンプルな画面を心がけたことが成功しました。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital レンズ:シグマ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

佳作

「RAINY GP」


作者:
岩根浩士
都道府県:
滋賀県
年齢:
41歳

雨のなかを疾走するF1マシン。流し撮りですが非常にうまく追い続けているので、レーサーだけが静止して、ほかは優美に流れています。タイヤから上がる水煙が臨場感を与え、狭い画面から水を切る音が聞こえてくるようです。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D50 レンズ:シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC
レタッチ:SILKYPIXにて現像後、Picasaにてソフトフォーカスなど。トリミングあり

佳作

「鯉」


作者:
念張浩之
都道府県:
静岡県
年齢:
48歳

なんとも不思議な作品です。グリーンのなかを泳ぐ鯉がメルヘンチックに描写されていて、まるで絵本のなかから抜け出てきたかのようです。この独特のグリーンが非常によい雰囲気を出していて、作品をすばらしいものにしています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ:EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

佳作

「赤い散歩道」


作者:
山田伊津子
都道府県:
愛知県
年齢:
47歳

作者がシルエットになって、よい風景のなかで撮影されています。この景色だからこそ作者の長い影がよい雰囲気になりました。タテ位置構図は成功ですが、空はカットしたほうがよいでしょう。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:パナソニック LUMIX DMC-FX8

佳作

「あーら何か御用?」


作者:
藤田菜々子
都道府県:
福岡県
年齢:
16歳

なかなかよいアングルから写していますね。少しでも角度が違うとこのようにユーモラスな作品にはならなかったでしょう。なんともいえない猫の表情が笑いを誘います。ただフレーミングについては、もう少し近づいて大きくとらえるのがよいでしょう。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:ニコン D70 レンズ:AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5 G(IF)
レタッチ:Nikon Capture 4.0にてD-Lighting、アンシャープマスク、トリミング

佳作

「嵐が運んできた秋」


作者:
奥井成司
都道府県:
茨城県
年齢:
43歳

選者にとっては子どものころに親しんだ懐かしくて、愛しい風景です。風の音だけが流れてゆく静かな里の情景が非常に美しく描かれています。ただ、山とソバ畑を画面中央で二分割せず、どちらかが広く(1/3ほど)占めるようにするとよいでしょう。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:オリンパス CAMEDIA C-8080 Wide Zoom
レタッチ:Pohtoshop CSにてトーンカーブ調整、スマートシャープ

佳作

「映」


作者:
Rollin Hand
都道府県:
東京県
年齢:
41歳

おそらくこの一角以外は近代的なものであふれているのではと推測します。それらを排除しながらノスタルジックな映画のポスターと木枠、それに植物だけをフレームに入れて、その当時の匂いを感じさせる作品に仕上げています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS Kiss Digital レンズ:タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
レタッチ:Photoshop 7.0にてアンシャープマスク

佳作

「朝陽を浴びて」


作者:
長澤隆志
都道府県:
東京県
年齢:
31歳

グリーンと赤の組み合わせが絶妙です。この広い画面のほとんどを占めるグリーンのなかで、主役のトンボは片隅に小さく配置されています。しかしこの赤の存在感は絶大で、けっしてグリーンには負けていません。なかなかよく考えて構成していますね。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 5D レンズ:EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
レタッチ:DPPにてRAW 現像後、RGB画像調整にて明るさ、コントラスト、色の濃さを調整

佳作

「秋の乗鞍」


作者:
清水信雄
都道府県:
兵庫県
年齢:
67歳

美しく色づいた山が透き通った空気のなかで輝いています。なかなかよい状態の風景を見つけたものと感心させられます。バックの青い山との対比もベストで、この山だけが浮き上がって見えます。そして画面下部の真っ赤な1本がよいポイントになっています。

 

2006年1月号選考 入門投稿部門 選者:丸林正則

SPEC

カメラ:キヤノン EOS 20D レンズ:EF70-200mm F2.8L IS USM
レタッチ:EVUにてRAW現像後、トリミング

佳作

「朱色の秋」


作者:
北原明寛
都道府県:
北海道
年齢:
66歳

紅葉と流れが気持ちよく写されています。紅色は静止して白色が動いています。まさに静と動の世界がこの小さな画面のなかに存在しているのです。広い風景のなかからもっとも美しいと感じた一部分だけを切り取って、日本の秋を表現しています。

 


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻