デジカメエキスパート 虎の巻

テクニックを知る ― 写真撮影の基本的な考え方やよりよい写真を撮るためのテクニック

きれいな色に撮る(2)測光モード・AEロック 2/2

AEロックを使う

「AEロック」とは、その露出値を固定するということ。明暗差が激しい場合など、オートで撮影したのでは適正な露出が得られないときに使用する機能。
画面内の一部または反射率18%のグレーカードを測光して、AEロックをオンにして撮影する。するとファインダー内の絵柄に影響されることなく、測光したその露出値で撮影できるというもの。
AEロックはおもにスポット測光モードで使う。たとえば逆光で人物を撮影するときなどにも、スポット測光とAEロックの組み合わせが便利である。多くの日本人の肌の色はほぼ反射率18%グレーと同じ反射率なので、肌をスポット測光し、AEロックして撮影する。そうすれば、ふつう正面側が暗くなる逆光でも、露出補正なしで人物の肌がきれいに撮影できる。

AEロックボタン このカメラでは、AEロックとAFロックがひとつのボタンに割り当てられている。別になっている機種もある

多分割測光でAEロックを使わずに撮影

スポット測光でAEロックを使って撮影

太陽を撮影したら周辺が真っ黒になってしまった(写真左)。そこで、太陽の円のすぐ横をスポット測光しAEロックしたあと、フレーミングを戻して撮影した(写真右)。太陽の周りの雲や赤の濃淡が出て、思いどおりに仕上がった

Note 白飛び警告(ハイライト警告)

白飛び警告の表示 液晶モニターの再生機能には、「白飛び警告(ハイライト警告)」を表示する機能をもった機種がある。
白く飛んでしまった部分には画像の情報がないので、画像処理によってもその部分の絵柄を再生させることはできない。そのため、画像再生時に白飛びしている部分をマーキングして表示してくれる。
「もう一度露出を変えて撮影したほうがいい」と知らせてくれる機能なのだ。

 

デジカメエキスパート虎の巻