デジカメエキスパート 虎の巻

メカニズムを知る ― デジタルカメラやレンズのメカニズム、デジタル画像の知識を深める

絞りの役割と効果

絞りを調節することで、レンズを通過する光の量をコントロールできる。もともとは露出制御のための絞り機構なのだが、じつは絞りを変えることでピントが合って見える範囲を変えることができるのだ。このため、絞りを理解すると写真表現に広がりが生まれる

絞りの役割

絞りとはレンズ内部に装着された絞り羽根を動かすことでレンズを通過する光の量を調整する機構のことだ。絞りはF値と呼ばれる数値で表され、数値が小さいほど絞りが開いて光が多く通過するようになっている。具体的にはF1.4からF2、2.8、4、5.6、8、11、16、22となっていき、それぞれ数値が大きくなるごとに光量が1/2ずつになっていく。つまり、絞りを1段絞ったときに同じ明るさの写真にするためには2倍の露光時間が必要となるわけだ。仮にF2.8で1/500秒のシャッタースピードだった場合、絞りをF4にしたらシャッタースピードは1/250秒、F5.6では1/125秒とすることで同じ明るさの写真を撮ることができる。このように、写真の明るさは絞りとシャッターの組み合わせで決まる。

カメラの絞り羽根

被写界深度

絞りの役割として、絞り値を変えることでピントが合って見える範囲を変化させるという特性がある。この範囲のことを「被写界深度」という。絞りを開くとピントが合って見える範囲は狭く、絞り込むほどに範囲は広くなる。つまり、ピントを合わせた前後をぼかしたければ絞りを開け、背景までシャープに写したければ絞り込むようにすればよい。ただし、あくまでもピントが合っているように見えるだけで、実際にピントが合っている部分は1点である。

被写体までの距離と深度

絞りを変えると被写界深度が変化するが、同一のレンズを使用した場合、撮影距離によっても被写界深度は変わってくる。被写体までの距離が近いほど、前後のぼけは大きくなり被写界深度は浅くなりやすい。ぼけを大きくしたいなら、絞りを開けぎみにしてなるべく被写体に近づいたほうがよい。逆に被写体までの距離が遠いと、絞りを開放にセットしても思うように前後がぼけないことがある。撮影距離に応じて絞り値を変え、被写界深度をうまく利用しよう。

絞りによる被写界深度の変化

下の写真は50mmレンズを使用し、絞りをF1.4からF16まで1段ずつ変化させていった写真である。どの写真もピントの位置は同じで、左から5本目のビール瓶に合わせてある。レンズの開放値となるF1.4ではピントを合わせた瓶だけが浮き立つようにシャープに写っている。そして、絞りを絞っていくごとに少しずつピントが合って見える範囲が広くなっている。F16ではほぼすべての瓶がシャープに写っていることが見てとれる。

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

F8 F8

F11 F11

F16 F16

Note コンパクトデジタルカメラの被写界深度

絞りを変えれば被写界深度に違いが生まれる。だが、コンパクトデジタルカメラの場合、絞りを開放にしても被写界深度は思うほど浅くならない。これは撮像素子が小さく、装着されているレンズの焦点距離が非常に短いためだ。被写界深度はレンズの焦点距離によっても変わり、短焦点レンズで深度は浅く、長焦点レンズで深くなる。焦点距離の短いコンパクトデジタルカメラでは、前後がぼかしにくくなるのだ。

POINT

  1. 写真の明るさは絞りとシャッタースピード、ISO感度の組み合わせで決まる
  2. 絞り値は数値が大きくなるほど絞りが閉じた状態
  3. 絞りを開けるとピントの合って見える範囲が狭くなり、絞ると範囲が広くなる
  4. 被写体までの距離が近いと前後がぼけやすく、遠くなるとぼけにくくなる

 

デジカメエキスパート虎の巻