デジカメエキスパート 虎の巻

メカニズムを知る ― デジタルカメラやレンズのメカニズム、デジタル画像の知識を深める

レンズの画角

レンズの焦点距離が変わると、被写体の写る範囲、つまり画角が変わってくる。たとえば望遠レンズを使うと被写体を大きく写せるが、これは画角が狭くなった結果である。レンズの焦点距離の違いでどの程度画角が変わるのか、実際に写真を見ながら実感してみよう。

画角の変化

レンズの焦点距離が変わると、被写体の写る範囲に影響が及ぶ。同じ被写体を同じ距離から撮影した場合、焦点距離が長ければ被写体は大きく写り、短ければ小さく写る。つまり、望遠レンズではより狭い範囲が写り、広角レンズになるほど画角が広くなるのだ。その結果として、望遠レンズでは被写体を拡大しているように見え、広角レンズでは被写体が小さく見えるのである。
下にある10枚の写真は、すべて同じ場所にカメラをセットし、前方にある噴水を撮影したものだ。18mm相当の広角レンズではかなり画角が広く、そのため噴水はとても小さく写っている。レンズの焦点距離が長くなるたびに画角が狭くなっていき、結果的に噴水が大きく写って見える。そして、300mm相当の望遠レンズでは画面全体に噴水が写るまでになっている。これらの写真を見ると、レンズの焦点距離が長くなると単に遠くのものが拡大して見えるだけでなく、画面の上下左右の写る範囲が狭くなっていくことがわかるはずだ。
ちなみに、使用したカメラはAPS-Cサイズの撮像素子を搭載するデジタル一眼レフカメラのため、35mm判の画角に換算すると約1.5倍の焦点距離相当となる。コンパクトカメラなど、撮像素子の大きさの違いによって、画角はすべて異なってくる。ここでは35mm判フィルムカメラの数値で掲載した。

掲載写真の撮影状況を上部から見た図
カメラの位置は変えずにレンズを交換し、焦点距離と画角を変化させると、写る範囲が変わってゆく

掲載写真の撮影状況を上部から見た図

18mm相当 18mm相当

22.5mm相当 22.5mm相当

30mm相当 30mm相当

36mm相当 36mm相当

42mm相当 42mm相当

52.5mm相当 52.5mm相当

75mm相当 75mm相当

127.5mm相当 127.5mm相当

157.5mm相当 157.5mm相当

300mm相当 300mm相当

 

 

 


↑ページの先頭へ