EOS Kiss X3:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS Kiss X3

EOS Kiss X3のレビュー・撮影記

もっと見る

EOS Kiss X3のGANREFマガジン最新記事

キヤノン EOS Kiss X3実写レポート

「PHOTO IMAGING EXPO 2009」の直前に発表された「EOS Kiss X3」がいよいよ発売された。 

公開日: 2009年05月02日

EOS Kiss X3の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 26
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 650

EOS Kiss X3の新着写真

EOS Kiss X3のマガジン記事

キヤノン EOS Kiss X3実写レポート

公開日: 2009年05月02日

「EOS Kiss X3」ボディ 「PHOTO IMAGING EXPO 2009」の直前に発表された「EOS Kiss X3」がいよいよ発売された。一見すると外観はEOS Kiss X2とほぼ同じに見えるが、中身についてはEOS 50Dのイメージセンサーが移植され、動画機能が追加されるなど大幅な進化を遂げている。

 性能面で進化した点はまず、要となるイメージセンサーにEOS 50D同様の1,510万画素のCMOSイメージセンサーが採用され、映像エンジンも最新の「DIGIC 4」が搭載されたことがあげられる。これにより、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したデジタル一眼レフではEOS 50Dと並んで最多の画素数となったほか、高感度設定はISO 3200までを常用範囲、拡張設定でISO 6400、ISO 12800までの撮影を可能にするなど、多画素化と同時に高感度設定時の使い勝手を大きく向上させている。また、EOS Kiss X2まではカスタム機能でON/OFFを設定していた高感度撮影時のノイズ低減の機能がデフォルトでONの状態になっていたり、レンズの周辺光量低下を自動補正するレンズ周辺光量補正機能が導入されていたりするなど、DIGIC 4で新規導入された補正機能を網羅している。

 2つ目の大きな特徴としては、動画撮影機能を搭載したことだ。動画撮影機能は「EOS 5D Mark II」で初搭載しているが、EOS Digitalシリーズとしては2機種目となる。動画撮影はモードダイヤルに新設された動画ポジションを選択し、ライブビュー撮影ボタンを押すだけで簡単に撮影可能になった。動画の記録サイズはフルHDの「1920×1080画素(20fps)」のほか、「1280×720画素(30fps)」、「640×480画素(30fps)」の3種類から選択可能になっている。

 外観の変更点はあまりないが、大きく異なる点は背面液晶モニターの解像度がこれまでの約23万ドットから約92万ドットに変更されたことである。これにより上位機種と同様に、通常の撮影時はもちろん動画撮影時も高精細で見やすい画面表示を実現している。また、動画撮影機能の追加によりボディの左前方上部の「EOS」のロゴ下にモノラルマイクが追加されたことも目新しい。

 さて、実際の撮影結果を見ると描写の傾向は同様のイメージセンサーを搭載するEOS 50Dと大変よく似ている。桜の花のように小刻みに輝度が変化する被写体に対するレスポンスは非常に優れており、桜の花びらなどは一つ一つよく解像している。また、ハイライト側のダイナミックレンジが広く白トビもおきにくい。露出は全体にやや明るめで、菜の花の黄色はやや落ち着いた色調となるが、全体の色再現は春の野の淡い色調を鮮やか、かつ的確に再現している。ただ、多画素化のためか以前のモデルに比べて画素単位でのクオリティがやや不足がちに感じられ、特に被写体によってはJPEG画像では低感度域からディテールの消失感も感じられるようになった。ちなみに同時撮影したRAWデータをDigital Photo Professional(以下、DPP)上でチェックするとISO感度100でカメラの「高感度撮影時のノイズ低減」を「しない」にしていてもDPPでのノイズリダクション設定が20段中2段分有効になっている。試しにこれを0にして現像してみると、均一な部分ではノイズ成分がやや目立つようになるが解像感はかなり向上する。DPPでのノイズリダクション設定がそのままカメラのJPEG生成時にも適用されているとは限らないが、少なくとも解像感を重視したい風景撮影ではJPEGよりもRAWデータ撮影を行い、ノイズリダクションの効果を好みに応じて調節して現像したほうが良い結果を得られるようだ。また、階調が反転したような模様がJPEG画像のハイライト部で見られることがあるが、DPPでRAW現像すればなくなることも付け加えておく。

 動画については、モードダイヤルに動画撮影モードが新設され、撮影方法がわかりやすくなった。またこのクラスのカメラでフルHD動画の撮影ができるのがすばらしい。ただフルHD動画ではフレームレートが20fpsとなる点がやや気になるが、本格的な動画撮影はともかく家族を撮影するような気軽な撮影ではそれほどコマ落ちは気にならなかった。音声もモノラルの内蔵マイクのみとなるが、エントリーモデルが想定する家族撮影など一般用途としては特に問題とはならないはずだ。

 今回の「EOS Kiss X3」を実際に使用してみると、EOS Kiss X2の洗練された操作性や、小型軽量ボディなどの優れた部分はそのまま受け継ぎながら、機能部分では多画素化と高感度化を同時に実現し、動画撮影機能を追加するなど、多くのユーザーのニーズにマッチした表現の可能性を広げる機能を最優先した設計になっていることがよくわかる。個々の細かな部分の性能をシビアに見ると多少の不満点も当然でてくるがコスト対性能のバランスシートの上で採用すべきは採用し、見送るべきは見送るという周到な判断が行われた結果、エントリーモデルとして今のタイミングでユーザーが求める最大公約数の性能を形にすると「EOS Kiss X3」のスペックになるのだと思う。そういう意味で「EOS Kiss X3」は、ユニークさは感じられないものの、あらゆる角度から見てエントリーモデルとして満足のゆくレベルの性能が与えられた、まさに“全部入り”の優等生といえるのではないだろうか。

「EOS Kiss X3」実写画像

「EOS Kiss X3」実写画像:1/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(159mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/200秒/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:2/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(145mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/400秒/露出補正:-0.7EV/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:3/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF300mm F4L USM(300mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F4.0/シャッタースピード:1/4000秒/露出補正:-0.7EV/ISO感度:800/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:4/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF100mm F2.8 マクロ USM(100mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/250秒/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:5/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(70mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/100秒/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:6/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(78mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/50秒/露出補正:-1.0EV/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:7/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(159mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/500秒/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:8/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF70-200mm F4L USM(70mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/500秒/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:9/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF300mm F4L USM(300mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F4.0/シャッタースピード:1/2500秒/ISO感度:1600/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

「EOS Kiss X3」実写画像:10/10

カメラ:EOS Kiss X3/レンズ:EF-S18-55mm F/3.5-5.6 IS(35mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F8.0/シャッタースピード:1/500秒/露出補正:-0.7EV/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)

※レビューに使用した機材はβ機です。製品版と異なる可能性があります。

撮影/レポート:杉本利彦

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 14

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/1043#imp_201

EOS Kiss X3のマガジン記事

キヤノン、フルハイビジョン動画撮影機能を備えた「EOS Kiss X3」を発表

公開日: 2009年04月02日

EOS Kiss DIGITALシリーズとして初めてフルHD記録の動画撮影に対応

 キヤノン株式会社は、3月25日、フルハイビジョン対応の動画撮影機能を備えたエントリー向けデジタル一眼レフカメラの新製品「キヤノン EOS Kiss X3」と、軽量・コンパクトながらバウンス撮影も可能なEOSシリーズ用の外部ストロボ「スピードライト 270EX」を発表した。

 「EOS Kiss X3」は、累計生産台数1,000万台を達成したEOS Kiss DIGITALシリーズの最新モデルで、最先端の技術を搭載しながら優れたコストパフォーマンスを実現したエントリー向けのデジタル一眼レフカメラ。新たに開発した約1,510万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジン「DIGIC 4」の採用により、卓越した解像感と豊かな階調性を両立したという。また、常用設定できるISO感度をISO 100~3200まで拡大するとともに、拡張設定にISO 6400、12800を用意しているため、暗い場所での撮影に威力を発揮するとしている。
 さらに、EOS Kiss DIGITALシリーズとして初めてフルHD(1,920×1,080ピクセル)記録にも対応した動画撮影機能を搭載。モードダイヤルを動画撮影モードに設定するだけで、手軽に高精細な動画の撮影を楽しむことができる。マルチコーティングを施した約92万ドットの3.0型クリアビュー液晶モニターや、フェイスキャッチテクノロジーによりさらに正確なピント合わせが可能になったライブビュー撮影機能、スムーズにカメラ設定が行える「クイック設定画面」や「クリエイティブ全自動モード」など、使い勝手を向上させている。
 発売は4月下旬を予定。価格はオープンプライスとなっているが、予想実勢価格はボディのみが9万円前後。「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」が付属する「EOS Kiss X3 レンズキット」は10万円前後、レンズキットに「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」を追加した「EOS Kiss X3 ダブルズームキット」は13万円前後の見込み。

 同時に発表された外部ストロボ「スピードライト 270EX」は、基板の小型化や単3形電池2本で動作する構成にしたことで「スピードライト 220EX」(1996年9月発売)に対して大幅な小型化を実現。照射角を手動で切り換えることにより、ガイドナンバー22(焦点距離28mm対応、ISO 100・m)とガイドナンバー27(焦点距離50mm対応、ISO 100・m)とを2段階で切り換えることが可能になっている。また、小型ながらバウンス機構を搭載しており、バウンスの角度を上方向に3段階(60、75、90度)で設定することができるという。発売は4月下旬を予定しており、希望小売価格は16,000円(税別)。

レポート:GANREF編集部

EOS Kiss X3(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS装着時)

EOS Kiss X3
(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS装着時)

EOS Kiss X3背面

EOS Kiss X3背面

外部ストロボ「スピードライト 270EX」

2段階の照射角切り換え機能とバウンス機構を搭載した外部ストロボ「スピードライト 270EX」

EOS Kiss X3(「スピードライト 270EX」装着時)

「スピードライト 270EX」をEOS Kiss X3に装着したところ

■[キヤノン:ニュースリリース]のページ
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2009-03/pr-eoskissx3.html

■キヤノン EOS Kiss X3 商品紹介ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx3/index.html

■キヤノン スピードライト 270EX 商品紹介ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/3806b001.html

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 13

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/1043#imp_177


↑ページの先頭へ