EOS Kiss X4:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS Kiss X4

EOS Kiss X4のGANREFマガジン最新記事

キヤノン EOS Kiss X4 実写レポート

キヤノンからエントリー向けデジタル一眼レフの新製品「EOS Kiss X4」が発売された。 

公開日: 2010年03月11日

EOS Kiss X4の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 28
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 636

EOS Kiss X4の新着写真

EOS Kiss X4のマガジン記事

キヤノン EOS Kiss X4 実写レポート

公開日: 2010年03月11日

キヤノンからエントリー向けデジタル一眼レフの新製品「EOS Kiss X4」が発売された。EOS Kiss シリーズではデジタル化された2003年9月発売の初代EOS Kiss Digitalから数えて早くも本機で7機目、「EOS Kiss X3」以来約1年ぶりのモデルチェンジとなる。上位機種のEOS 7Dと同じ1,790万画素のイメージセンサーを搭載して画質面では同等としながら、撮影機能は簡略化して小型軽量化する従来からのEOS Kissシリーズの基本路線は継承しているほか、新たにフルHD動画撮影に対応するなど動画撮影を充実させてきた。今回は画質面ではエントリーの域を超えたといえる「EOS Kiss X4」をレポートする。

「EOS Kiss X4」実写画像

「EOS Kiss X4」実写画像:1/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(79mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/200秒/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/RAW
満開となった白梅。左手前部分にピントを合わせているが、全体にシャープな描写が得られている。JPEG撮影では白い梅の花のエッジ部分や枝のハイライト部分などでかなり輪郭が太めのシャープネスがかかり、花びらの中ほどはそれほどシャープには見えないため、RAWデータからDPPで、輝度ノイズ緩和レベル、色ノイズ緩和レベルをともに「0」に設定し、シャープネスを「3」に設定して現像したデータを掲載した。

「EOS Kiss X4」実写画像:2/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(42mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/25秒/露出補正:-0.7EV/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
室内で生花をスナップしているが、窓から入ってくる間接光の柔らかな照明に照らされた花のトーンが美しい。淡い色彩の変化もよく描写されていて、リアルな存在感が伝わってくる。シャッタースピードは1/25秒とかなりスローだが、シャッタースピード約4段分の手ぶれ補正効果があるという「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」のおかげで、手ぶれはまったく感じない。

「EOS Kiss X4」実写画像:3/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(18mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/1,600秒/露出補正:-1.7EV/ISO感度:400/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
抜けるような快晴ではなく空がややかすんだ条件であったが、比較的見たときの印象に近い自然な印象の青空が再現されており、以前のように青空がやや赤みを帯びる傾向はなくなった。文字の彫刻部分が非常にシャープに描写されているが、シャープネスの輪郭はやや太めに感じられる。当然ながらISO 400レベルではノイズ感はまったく感じられず、低感度域と同様の感覚で使用できる。

「EOS Kiss X4」実写画像:4/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(60mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/80秒/露出補正:-1.3EV/ISO感度:800/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
ガラスのデカンタ。ガラスの透明感がよく描写されていて、その場の空気感がよく伝わってくる。ISO 800で使用しているが、ノイズの目立ちやすい背景部分にもざらつきはほとんど感じられず、それでいて解像感も十分確保されている。高輝度側・階調優先機能を「する」にしているため明るい窓部分の階調も通常よりは白飛びが少なく、適度な雰囲気が出ていて心地よい。

「EOS Kiss X4」実写画像:5/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(53mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/2,500秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:1600/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
上野・東照宮の門。ISO 1600で撮影しているが、年月を重ねた彫刻や細工の質感がよく再現されており、高感度域の描写としては優秀だ。高感度ノイズ低減機能は「標準」を使用しているが、解像感の低下は最小限に抑えながらカラーノイズと輝度ノイズを効果的に除去している。新しいキットレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」を53mm付近で撮影しているが、この場合は最周辺部の描写がやや甘く感じられた。

「EOS Kiss X4」実写画像:6/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(20mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F9/シャッタースピード:1/20秒/ISO感度:3200/WB:オート/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
さすがに低感度並みの解像感とはいえないが、ISO 3200で撮影していることを考慮すれば十分すぎるほどの仕上がりだ。高感度域ではノイズ感と解像感がトレードオフの関係になりがちだが、この場合はバランスよく描写できているといえる。ミックス光の難しい光線状態だがオートホワイトバランスも適正に動作しており、見たときの印象に非常に近い色調が得られている。

「EOS Kiss X4」実写画像:7/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(135mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/1,600秒/露出補正:-1EV/ISO感度:6400/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
ISO 6400でワニを撮影してみた。ピントの合った部分では非常にシャープな描写が得られており、とてもISO 6400で撮影したとは思えない優秀な描写が得られている。シャドー部やぼけ部分には多少のノイズ感を感じるが、決して不快に感じるものではなく、この絵柄を見る限りは十分実用範囲と思われた。

「EOS Kiss X4」実写画像:8/10

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(53mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F6.3/シャッタースピード:1/50秒/露出補正:-1EV/ISO感度:12800相当/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
機械室でのひとコマ。薄暗い撮影条件だが感度拡張によるISO 12800相当では十分撮影可能な範囲となる。シャドー部ではさすがにノイズ感も感じるが、解像感は思ったほど損なわれてはおらず、用途によっては十分使用可能だろう。撮影領域を広げる意味では拡張感度とはいえ、ISO 12800相当が使用できる意義は大きい。

オートライティングオプティマイザー「標準」 「EOS Kiss X4」実写画像:9/10(JPEGにて撮影) オートライティングオプティマイザー・オフ 「EOS Kiss X4」実写画像:10/10(RAWにて撮影)

カメラ:EOS Kiss X4/レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS(64mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/250秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:400/WB:オート/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
「EOS Kiss X4」ではカメラが露出アンダーと判断した場合に自動的に画面を明るく補正したり、コントラストの低い画面で自動的にコントラストをアップさせる「オートライティングオプティマイザー」を搭載。デフォルトでオンの設定になっているが、以前の機種よりもかなり効果が強めに出る傾向があるようだ。作例は同じ条件で「オートライティングオプティマイザー」なしと、効果を「標準」にした場合の比較であるが、効果を有効にした場合はかなり画面が明るめに補正されることがわかる。被写体が人物の場合は明るめの露出が歓迎されると思うが、人物以外の被写体を撮影した場合は露出が明るくなりすぎる場合もあるので、通常は「オートライティングオプティマイザー」の機能はオフにしておいた方が自然な描写ができるであろう。

 「EOS Kiss X4」の大きな特長としては、まずイメージセンサーに登場間もない「EOS 7D」と同様の1,790万画素のCMOSイメージセンサーを採用してきたことだろう。「EOS 7D」との違いはイメージセンサーからの読み出しのチャンネル数とEOS 7Dでは2基搭載する「DIGIC 4」が1基となる部分だが、連続撮影速度では約2倍の差があるものの、画質的にはほぼ同等の性能を持つと考えてよい。ISO感度は、いつものようにISO 100始まりの使いやすい感度設定を継承していて、通常設定での最高感度は「EOS Kiss X3」のISO 3200から1段伸びてISO 6400となった。また、拡張設定ではISO 12800相当まで設定することも可能だ。これにより多画素化を図りながらも高感度化するという両立させるのが難しい課題を、「EOS 7D」同様にイメージセンサーのマイクロレンズのギャップレス化、フォトダイオードとマイクロレンズ間の距離の圧縮、微細化プロセスの導入などにより集光効率を改善するという最新技術によってクリアしている。
 パフォーマンスについては、「EOS Kiss X3」が1,510万画素で最高約3.4コマ/秒、連続撮影可能枚数がJPEG/L/Fineで約170枚、RAWで約9枚というスペックであったのに対し、「EOS Kiss X4」では1,790万画素と画素数をアップさせながら、コマ速は約3.7コマ/秒とより高速化を実現している。しかし連続撮影可能枚数はJPEG/L/Fineで約34枚、RAWで約6枚とかなり少なくなっている。おそらく同じエンジンとバッファメモリーで、画素数とコマ速がアップしたのだから連続撮影枚数が減るのは致し方ないところだ。もっともこのクラスではJPEGモードでの撮影が中心になるので、連写を行う場合も実質的には影響はないと思う。しかしRAWモードで連写を多用するような使い方をすると、ややもどかしさを感じる場合があるかもしれない。ちなみに筆者の場合はさらにヘビーなRAW+JPEG/L/Fineを常用するが、筆者の撮影ペースではまったく不足を感じなかった。

 さて、撮影機能面についても見てみよう。まずスチール撮影の機能面では、AFシステムをはじめとする多くの機能を「EOS Kiss X3」から継承しているが、露出関連では測光センサーが63分割化され、より詳細な露出決定が行えるようになったほか、特筆しておきたいのは露出補正の補正幅がこれまでの±2段から±5段へと大幅に強化されたことだ。これまでは明暗比の大きな被写体などでも露出補正幅が±2段までしかなく、これを超える補正を行いたい場合はマニュアル露出に切り替えるしかなかった。しかし、露出補正幅が±5段になったことで露出補正の幅に不足を感じることはまずなくなるだろう。
 一方で、動画撮影機能も大幅に強化されている。「EOS Kiss X3」でも動画撮影は可能であったが1,920×1,080のフルHD画質では20fps、1,280×720のHD画質以下で30fpsのスペックであったのに対し、「EOS Kiss X4」では1,920×1,080のフルHD画質では30fps、1,280×720のHD画質以下で60fpsと上位機種と同じ動画撮影機能を実現した。また、640×480のSD画質では新たにクロップ640×480モードを追加し、通常撮影時の約7倍の望遠撮影を実現している。これは通常の動画撮影ではイメージセンサーの全域を使って撮影するが、クロップ撮影時はイメージセンサーの中央部の680×480画素部分を等倍で読み出すもので、例えば100mmのレンズを使用した場合約700mmのレンズを使用したのと同じ望遠効果が得られる。特別な望遠レンズを必要としないで動画の望遠撮影を楽しめるので非常に便利な機能だ。
 デザインについては、ボディサイズは「EOS Kiss X3」とまったく同様であるが、コーナー部分がやや丸みを帯びたり、ボタン類が大型化されたりと、より洗練されたフォルムを採用している。また、背面液晶モニターはアスペクト比3:2の3型を採用し、画素数も104万ドットとなり、ライブビュー時の上下の余黒がなくなったのが目新しい。操作面ではモニター右にクイック設定ボタンが新設され通常撮影時もライブビュー撮影時も主な撮影設定項目がワンボタンで呼び出せるようになり便利になったほか、ライブビュー撮影、動画撮影ボタンが独立し、操作がわかりやすくなっている。

まとめ

 EOS Kissシリーズは言うまでもなく、フィルムカメラ時代から続くエントリー向け一眼レフカメラのベストセラーブランドだが、その基本コンセプトは「上位機種と同じ画質」「機能は必要にして十分」「小型軽量」というもので、低価格機ながらその時代の最先端の技術を注ぎ込み、常にクラス最高性能を目指してきた。しかし、歴代のEOS Kissのなかでも今回の「EOS Kiss X4」は、モデルチェンジごとに熟成を重ねた撮影の基本機能は初級機としてはほぼ完成の域に達しているし、とりわけ画質面や動画撮影機能の面で上位機種の「EOS 7D」とまったく遜色ない性能が与えられていたのが印象的であった。また細かな操作性の面でも露出補正幅が±5段になったり、クイック設定ボタンを追加したりと従来以上に使いやすく、わかりやすくなり熟成も進んだ。もちろんコマ速をはじめとした連写機能、AF機能や、ファインダー性能、ボディ剛性など、パフォーマンスや堅牢性の面では上位機種との差はあるが、これらの機能はボディの大きさや重さとトレードオフになる部分も多く、特に必要と感じなければ小型軽量な「EOS Kiss X4」を選択した方が賢明であろう。そして何よりリーズナブルな価格設定は、このカメラを売り上げランクの上位に押し上げることになるのはまず間違いない。今EOS DIGITALシリーズでいちばんリーズナブルで旬な機種はどれかと聞かれれば、筆者は躊躇なく「EOS Kiss X4」を真っ先に挙げるだろう。

EOS Kiss X4の注目撮影機能

動画クロップ機能

「EOS Kiss X4」では、上位機種と同様の1,920×1,080・30pでのフルHD動画撮影が可能になったが、これに加えて中央部の640×480画素部分を等倍でクロップ読み出しし、約7倍の望遠効果が得られる動画クロップ撮影機能(640×480、SD画質、60p)が追加された。実際に撮影してみるとクロップ動画モードでは使用レンズの望遠端が55mmの場合でも385mm(35mm判換算で616mm)の超望遠効果を楽しむことができる。ちなみに望遠端の焦点距離が135mmの場合で945mm(同1,512mm)、250mmなら1,750mm(同2,800mm)にもなる。イメージセンサーの等倍部分を切り取るので使用レンズの性能が画質に大きく影響し、通常時よりも画質は多少落ちるが、運動会でわが子のアップを撮りたい場合など、いざというときに威力を発揮するだろう。

クロップ撮影

通常撮影

撮影/レポート:杉本利彦

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 17

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/1796#imp_359

EOS Kiss X4のマガジン記事

キヤノン、1,800万画素CMOSセンサー搭載の「EOS Kiss X4」を発表

公開日: 2010年02月09日

「EOS Kiss X4」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS装着時)

「EOS Kiss X4」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS装着時)

「EOS Kiss X4」(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時)

「EOS Kiss X4」(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時)

「EOS Kiss X4」(背面)

「EOS Kiss X4」(背面)

常用ISO感度100~6400を実現し、さらにISOオート時のISO上限設定機能を追加

 キヤノン株式会社は2月9日、約1,800万画素、フルHD動画撮影が可能なエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を発表した。

 「EOS Kiss X4」は、撮像素子に有効画素数約1,800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)を採用。約1,510万画素の「EOS Kiss X3」からさらに進化し、キヤノン製APS-C機の最上位機種となる「EOS 7D」と同じ画素数となっている。
 常用ISO感度に関しては、「EOS Kiss X3」のISO 100~3200に対して、「EOS Kiss X4」ではISO 100~6400まで拡大されている。感度拡張による最高ISO感度は12800相当と、「EOS Kiss X3」と同様。また応用撮影ゾーン使用時のみではあるが、ISOオート時のISO感度上限を設定できるようになった。例えば上限をISO 400に設定しておけば、ISOオートを使用していてもISO 400を超えるISO感度になることはない。基本的にはオートで撮影したいが、極端にISO感度を上げたくないときなどに便利な機能だ。

 動画撮影機能「EOSムービー」についても進化をしている。なかでも目立つ進化が、マニュアル露出で動画撮影を行えるようになった点だ。「EOS Kiss X3」では絞り値を選択できなかったため動画でのぼけ具合をコントロールできなかったが、任意の絞り値を設定できるようになったので、デジタル一眼レフカメラならではのぼけを生かした動画をより簡単に撮影できる。また、運動会や野生動物を撮影するときに便利な約7倍の動画クロップ撮影や、外部マイクを使用したステレオ録音を行えるようになっている。

 ライブビュー撮影については、簡単撮影ゾーンでもライブビュー撮影ができるようになると同時に、ライブビュー撮影中でもシャッターボタン半押しでAFが駆動するようになった。そのほか機能や性能の面では、連写性能のアップ(「EOS Kiss X4」:3.7コマ/秒、「EOS Kiss X3」:3.4コマ/秒)、露出補正幅の拡大(「EOS Kiss X4」:±5EV、EOS Kiss X3」:±2EV)などの変更が施された。

 ボディの変更点で目立つのは、104万ドット(「EOS Kiss X3」は92万ドット)になった背面液晶モニターと、新設されたクイック設定ボタンだ。
 背面液晶モニターの画面は3:2に変更されたので、従来は若干小さく表示されていた撮影画像を画面いっぱいに表示させることができるようになった。
 クイック設定ボタンは、背面液晶モニターに撮影機能の設定状態表示を行うと同時に、その表示を見ながらダイレクトに設定を変更する項目を選ぶためのボタンだ。従来は、例えば画像サイズを変更するにはメニュー画面から、ISO感度を変更するにはISOボタンを押して変更する必要があったが、クイック設定ボタンの新設により、設定を一括で管理、変更できるようになった。
 バッテリーは、「EOS Kiss X3」の「LP-E5」よりも容量の大きい「LP-E8」に変更されたため、「LP-E5」は使用できない。

 「EOS Kiss X4」対応アクセサリーとして、バッテリーグリップ「BG-E8」、リモコン「RC-6」なども同時に発表された。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下にある表のとおり。「EOS Kiss X4」のレンズキットは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」を加えた「EF-S18-55 IS レンズキット」、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」を加えた「ダブルズームキット」、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」を加えた「EF-S18-135 IS レンズキット」の3種類となっている。
 なお、2010年2月26日(金)から5月5日(水)までの期間中、「EOS Kiss X4」購入者を対象に『撮影テクニック応援キット』などをプレゼントするキャンペーンが実施される。

レポート:GANREF編集部

カメラ
製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS Kiss X4ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2010年2月26日
EF-S18-55 IS レンズキット オープン価格
(100,000円前後)
2010年2月26日
ダブルズームキット オープン価格
(130,000円前後)
2010年2月26日
EF-S18-135 IS レンズキット オープン価格
(130,000円前後)
2010年2月26日
アクセサリー
製品名 希望小売価格
(税込み)
発売予定日
バッテリー LP-E8 6,300円 2010年2月26日
バッテリーチャージャー LC-E8 5,250円 2010年2月26日
ACアダプターキット ACK-E8 7,875円 2010年2月26日
バッテリーグリップ BG-E8 16,800円 2010年2月26日
リモコン RC-6 2,625円 2010年4月中旬
「EOS Kiss X4」(正面)

「EOS Kiss X4」(正面)

「EOS Kiss X4」(背面)

「EOS Kiss X4」(背面)

「EOS Kiss X4」(上面)

「EOS Kiss X4」(上面)

「EOS Kiss X4」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X4」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X4」(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X4」(端子カバー側側面)

バッテリーグリップ「BG-E8」

バッテリーグリップ「BG-E8」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 31

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/1796#imp_355


↑ページの先頭へ