EOS-1D X:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS-1D X

EOS-1D Xのレビュー・撮影記

もっと見る

花とリス 16 ~ シャクナゲ

カメラ: EOS-1D X

レンズ: EF300mm F2.8L USM

EOS-1D XのGANREFマガジン最新記事

キヤノン、高画質と機動性を両立したフラッグシップ機「EOS-1D X」を発表

キヤノン株式会社は、10月18日、35mmフルサイズセンサーを搭載しながら約12コマ/秒の高速連写を実現した、報道・スポーツからスタジオ、風景、人物まで、あらゆる撮影領域をカバーするデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」を発表した。

公開日: 2011年10月18日

EOS-1D Xの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 292
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 439

EOS-1D Xの新着写真

EOS-1D Xのマガジン記事

キヤノン、高画質と機動性を両立したフラッグシップ機「EOS-1D X」を発表

公開日: 2011年10月18日

「EOS-1D X」(EF50mm F1.2L USM装着時)

「EOS-1D X」(EF50mm F1.2L USM装着時)

「EOS-1D X」(背面)

「EOS-1D X」(背面)

「EOS-1D X」(上面)

「EOS-1D X」(上面)

フルサイズCMOSセンサーを搭載し、かつ12コマ/秒の高速連写を実現

 キヤノン株式会社は、10月18日、35mmフルサイズセンサーを搭載しながら約12コマ/秒の高速連写を実現した、報道・スポーツからスタジオ、風景、人物まで、あらゆる撮影領域をカバーするデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」を発表した。

 「EOS-1D X」は有効画素数約1,810万画素のフルサイズCMOSセンサーを採用。映像エンジンには、超高速での画像処理とノイズ処理能力の大幅向上を実現する、デュアルDIGIC 5+が搭載されている。常用最高ISO感度は51200で、これは「EOS-1Ds Mark III」より5段分、「EOS-1D Mark IV」より2段分の高感度化を実現したことになる。また感度拡張で最高ISO 204800相当まで可能となっている。

 AFについては、多点・超高精度化を実現するため、「EOS-1D Mark IV」まで採用されていた45点エリアAFとはまったく違う考え方のAFシステムを採用。測距点は61点の広範囲・高密度配置となり、かつ最大41点(レンズによって変化)クロス測距を実現している。中央部の21点にF5.6クロス、周辺部20点にF4クロス、そして中心部5点にF2.8デュアルクロスを配置することで、「F2.8レンズ時の高精度」を「F4レンズでも高精度」といえる次元まで高め、かつF5.6レンズでもクロス測距、測距精度向上を達成しているという。
 また、約10万画素 RGB AEセンサーと、AE専用の画像処理エンジン(DIGIC 4)を採用したAEシステム「EOS iSA System」を開発。このシステムは被写体の色・顔を認識する能力を持ち、認識した情報をAEに役立てると同時にAFにも活用。AEシステムとAFシステムが連動することにより、測距点が被写体を自動追尾し、被写体捕捉力の向上を実現しているという。

 高速連写性能については冒頭にあるとおり、約12コマ/秒を実現。さらに、撮影中はミラーアップでAE、AF、絞りが1コマ目で固定となる超高速連続撮影のモードでは14コマ/秒を実現している(JPEGのみ)。このモードは置きピンでの撮影で役立つほか、多重露光機能との連携により、モーション軌跡をとらえることも可能だという。

 的確な撮影操作を行えるようにするため、操作系も大幅改善。ライブビュー/ファインダー撮影を切り替えるLVボタンや、右手のみでカメラ設定を行うためのクイック設定ボタン、電子水準器表示など任意のカスタマイズ機能を割り当てることが可能な2つのマルチファンクションボタンなどが搭載されている。

 メモリーカードスロットにはCFカードデュアルスロットを採用。CFカード2枚を挿入している際の記録については「自動切替」「振り分け」「同一書き込み」が可能になっている。
 動画撮影はフルHD(30p)が可能で、また4GB自動分割などの機能が搭載されている。

 サイズは158×163.6×82.7mm(W×H×D)。重さは現在のところ公表されていない。
発売は2012年3月下旬を予定。価格はオープンプライスで、想定価格は65万円前後となっている。

 「EOS-1D X」対応アクセサリーとして「ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6B」「GPSレシーバー GP-E1」も同時に発表された。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税込み
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS-1D X ボディ オープン価格
(65万円前後)
2012年3月下旬
ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6B 63,000円 2012年3月下旬
GPSレシーバー GP-E1 26,250円 2012年4月
「EOS-1D X」(前面)

「EOS-1D X」(前面)

「EOS-1D X」(背面)

「EOS-1D X」(背面)

「EOS-1D X」(上面)

「EOS-1D X」(上面)

「EOS-1D X」(グリップ側側面)

「EOS-1D X」(グリップ側側面)

「EOS-1D X」(端子カバー側側面)

「EOS-1D X」(端子カバー側側面)

「EOS-1D X」(底面)

「EOS-1D X」(底面)

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 2

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/2188#imp_424

EOS-1D Xの性能テスト比較(旧機種、ライバル機種)

ソーシャルブックマークソーシャルブックマーク
キヤノン EOS-1D X キヤノン EOS-1D Mark IV ニコン D3S
解像力

解像力

  • 解像度:3,176本
  • 画素数(短辺):3,456画素
  • 解像効率:0.918

解像力

  • 解像度:2,713本
  • 画素数(短辺):3,264画素
  • 解像効率:0.831

解像力

  • 解像度:2,670本
  • 画素数(短辺):2,832画素
  • 解像効率:0.943
ダイナミックレンジ

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.3段
  • シャドウ側階調:5.5段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.8段
  • 実効ISO感度:105

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.2段
  • シャドウ側階調:5.6段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.8段
  • 実効ISO感度:122

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.6段
  • シャドウ側階調:5.2段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.8段
  • 実効ISO感度:234
ISO感度

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

EOS-1D Xの主要スペック比較(旧機種、ライバル機種)

ソーシャルブックマークソーシャルブックマーク
キヤノン EOS-1D X キヤノン EOS-1D Mark IV ニコン D3S
画素数 1810万画素 1610万画素 1210万画素
撮像素子 CMOS CMOS CMOS
記録メディア CFカード(UDMA対応) CFカード(UDMA対応)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード CFカード(UDMA対応)
液晶モニター 3.2型 約104万ドット 3.0型 約92万ドット 3.0型 約92万ドット
大きさ 158×163.6×82.7mm 156×156.6×79.9mm 159.5×157×87.5mm
重さ 約1340g 約1180g 約1240g

↑ページの先頭へ