EOS 30D:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS 30D
EOS 30D
canon

発売日: 2006年03月18日
発表時参考価格: 160,000円

比較表に追加する

EOS 30Dのレビュー・撮影記

もっと見る

大ミミズ

カメラ: EOS 30D

レンズ: EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

EOS 30DのGANREFマガジン最新記事

キヤノンEOS 40D実写レポート:旧機種との比較〈解像度〉

新機種EOS 40Dの性能はどう変わったか? 歴代EOS 10D/EOS 20D/EOS 30Dと解像度を比較

公開日: 2007年08月28日

EOS 30Dの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 2
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 345

EOS 30Dの新着写真

EOS 30Dのマガジン記事

キヤノンEOS 40D実写レポート:旧機種との比較〈解像度〉

公開日: 2007年08月28日

〈解像度測定〉
新機種EOS 40Dの性能はどう変わったか?
歴代EOS 10D/EOS 20D/EOS 30Dと解像度を比較

 APS-Cサイズの撮像素子サイズながら1,010万画素のEOS 40Dの描写性の実力は、旧機種のEOS 10D/20D/30Dと性能面でどう違うかも気になるところである。そこで、まずは多画素化で期待が持てる解像度について比較テストしてみた。

 EOS 40Dでは画素数が1,010万画素に多画素化しているが、実写比較を行っても像は大きく見えるが実際の解像度の増加はあまり実感できない場合も多い。「同じ解像度で像が大きい=解像度が高い」と納得すれば良いが、やはり数字で示せればそれに越したことはないだろう。

 そこで、CIPAで配布されている解像度測定ソフト「HYRes 3.1」とISO12233解像度チャートを利用して、EOS 40Dと旧3機種の解像度を実測してみた。その結果EOS 10Dでは1,809本、EOS 20Dで2,075本、EOS 30Dが2,058本、そしてEOS 40Dが2,179本を解像するという結果になった。この数値は画像の高さ方向(短辺)の分解能を示している。これをそれぞれの機種の実際の高さ方向(短辺)の画素数で割った解像効率でみると、画素数がいかに解像度に貢献しているかを見ることができる。誤差を考慮すると、EOS 10D/20D/30Dはほぼ同等の0.88前後の解像効率であるが、EOS 40Dでは0.841とわずかに解像効率が落ちていることがわかる。

レポート:杉本利彦

CIPA解像度測定ソフトによるテスト結果

  EOS 10D EOS 20D EOS 30D EOS 40D
解像度 1,809本 2,075本 2,058本 2,179本
縦画素数(短辺) 2,048画素 2,336画素 2,336画素 2,592画素
解像効率 0.883 0.888 0.881 0.841

■解像度測定方法
デジタルカメラの解像度測定の基準となる「ISO12233解像度チャート」の像高が標準の約1/2倍になるように撮影。中央部のクサビ型チャート(縦)を切り出し、CIPAにて公開されている解像度測定ソフト「HYRes3.1」にて測定している。目視による計測に比べて個人差はなく、比較的客観的なデータとなっているはずだ。

ISO12233解像度チャート
EOS 10D

【EOS 10D】

EOS 30D

【EOS 30D】

EOS 20D

【EOS 20D】

EOS 40D

【EOS 40D】

中央部のクサビ型チャート(原寸)
EOS 10D
【EOS 10D】
EOS 20D
【EOS 20D】
EOS 30D
【EOS 30D】
EOS 40D
【EOS 40D】

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 11

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/305#imp_35


↑ページの先頭へ