FUJIFILM X-M1:富士フイルム(fujifilm)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > 富士フイルム > FUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-M1のレビュー・撮影記

もっと見る

Nightランディング

カメラ: FUJIFILM X-M1

レンズ: XF14mmF2.8 R

FUJIFILM X-M1のGANREFマガジン最新記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-M1」を発表

富士フイルム株式会社は、6月25日、1,630万画素の「X-Trans CMOS センサー」を搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-M1」(以下「X-M1」)、およびXマウント交換レンズ「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」「XF27mmF2.8」を発表した。

公開日: 2013年06月25日

FUJIFILM X-M1の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 15
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 74

FUJIFILM X-M1の新着写真

FUJIFILM X-M1のマガジン記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-M1」を発表

公開日: 2013年06月25日

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(ブラック、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(ブラック、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(ブラウン、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(ブラウン、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

Xシリーズのデザインと高画質を継承した小型軽量モデル

 富士フイルム株式会社は、6月25日、1,630万画素の「X-Trans CMOS センサー」を搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-M1」(以下「X-M1」)、およびXマウント交換レンズ「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」「XF27mmF2.8」を発表した。

 「X-M1」は、「FUJIFILM X-Pro1」「FUJIFILM X-E1」のデザインと高画質・高性能を継承し、かつコンパクト化を実現したレンズ交換式デジタルカメラだ。撮像素子には、ローパスフィルターレス仕様の有効画素数1,630万画素「X-Trans CMOSセンサー」(APS-Cサイズ)を搭載。常用ISO感度の範囲は200~6400で、感度拡張により最低ISO 100相当、最高ISO 25600相当まで設定可能となっている。
 撮影モードには、各AEモードやマニュアル露出のほか、シーンに合わせた最適な撮影条件をカメラが自動で設定する「アドバンストSRモード」などが搭載されており、いずれもカメラ上面に設置されたモードダイヤルで選択できる。また、富士フイルムならではの色表現を楽しめる「フィルムシミュレーション」では、自然な色再現の「PROVIA」(スタンダード)、鮮やかな色調の「Velvia」(ビビッド)、柔らかい階調の「ASTIA」(ソフト)、およびモノクロ、セピア調の5種類から選択可能。そのほか、「トイカメラ」「ダイナミックトーン」などのアート表現を楽しめる「アドバンストフィルター」機能や、1コマの中に2つの画像を重ねて撮影する多重露出撮影機能が搭載されている。
 ボディのサイズは116.9×66.5×39mm(W×H×D)、重さはボディのみで約280g。背面液晶モニターには、上方90度、下方85度まで角度を調節できるチルト式液晶モニターを搭載。内蔵フラッシュにはガイドナンバー7相当の「スーパーiフラッシュ」が搭載されている。なお、ファインダーは搭載されていない。
 カラーバリエーションはシルバー、ブラック、ブラウンの3色。ボディ単体のほか、「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」が付属するレンズキット、「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」「XF27mmF2.8」が付属するダブルレンズキットが用意される。

 「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」は、「X-M1」に合わせて開発された標準ズームレンズだ。3枚の非球面レンズと1枚のEDレンズを含む10群12枚のオールガラス製レンズで、また光学式手ぶれ補正機構が搭載されている。
 「XF27mmF2.8」は全長23mm、重さ約78gの小型軽量単焦点レンズだ。フレアやゴーストの発生を低減する、フジノン独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」が施されている。
 いずれのレンズもカラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意される。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
FUJIFILM X-M1 ボディ オープン価格
(75,000円前後)
2013年9月
FUJIFILM X-M1 レンズキット
(「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」付属)
オープン価格
(85,000円前後)
2013年7月27日(※1)
FUJIFILM X-M1 ダブルレンズキット
(「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」「XF27mmF2.8」付属)
オープン価格
(100,000円前後)
2013年7月27日(※1)
「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」 オープン価格
(40,000円前後)
2013年9月
「XF27mmF2.8」 オープン価格
(45,000円前後)
2013年7月27日(※2)

※1 ブラウンは9月発売予定
※2 シルバーは9月発売予定

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、正面)

「FUJIFILM X-M1」
(シルバー、正面)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、背面)

「FUJIFILM X-M1」
(シルバー、背面)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、上面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、上面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、グリップ側側面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、グリップ側側面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、グリップ逆側側面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、グリップ逆側側面、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS装着時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、背面液晶モニター展開時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、背面液晶モニター展開時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、背面液晶モニター展開時)

「FUJIFILM X-M1」(シルバー、背面液晶モニター展開時)

「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」(ブラック)

「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」
(ブラック)

「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」(シルバー)

「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」
(シルバー)

「XF27mmF2.8」(ブラック)

「XF27mmF2.8」
(ブラック)

「XF27mmF2.8」(シルバー)

「XF27mmF2.8」
(シルバー)

 

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/fujifilm/2519#imp_470


↑ページの先頭へ