Nikon 1 V2:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ニコン > Nikon 1 V2

Nikon 1 V2のレビュー・撮影記

もっと見る

Nikon 1 V2のGANREFマガジン最新記事

ニコン、「Nikon 1 V2」とFXフォーマット対応望遠ズームレンズを発表

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、10月24日、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1(ワン)」のシリーズの新機種「Nikon 1 V2」、およびFXフォーマット対応の交換レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」を発表した。

公開日: 2012年10月24日

Nikon 1 V2の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 31
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 147

Nikon 1 V2の新着写真

Nikon 1 V2のマガジン記事

ニコン、「Nikon 1 V2」とFXフォーマット対応望遠ズームレンズを発表

公開日: 2012年10月24日

「Nikon 1 V2」(ブラック、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」装着時)

「Nikon 1 V2」(ブラック、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」装着時)

「Nikon 1 V2」(ホワイト、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」装着時)

「Nikon 1 V2」(ホワイト、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」装着時)

「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」

「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、10月24日、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1(ワン)」のシリーズの新機種「Nikon 1 V2」、およびFXフォーマット対応の交換レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」を発表した。

ボディデザインや操作性を変更

 「Nikon 1 V2」はミラーレスタイプのレンズ交換式アドバンストカメラだ。撮像素子には有効画素数約1,425万画素(「Nikon 1 V1」は約1,010万画素)のニコンCXフォーマット「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」を搭載。「Nikon 1 V1」と同様に撮像面位相差AFを搭載し、静止画だけでなく動画撮影時もスムーズなフォーカシングが可能だという。画像処理エンジンは新開発の「EXPEED 3A」を搭載。常用ISO感度の範囲は160~6400(「Nikon 1 V1」はISO 100~3200)となっている。

 「Nikon 1 V1」からのボディの主な変更点としては、P/S/M/Aを選択できる撮影モードダイヤルの搭載、グリップ形状の変更、ボディ上面へのコマンドダイヤルの設置、内蔵フラッシュの搭載などが挙げられる。ファインダーは「Nikon 1 V1」と同様に視野率100%の電子ビューファインダー(0.47型・約144万ドット)が搭載されており、背面液晶モニターについても同様に、固定式の3型・約92万ドットの液晶モニターが採用されている。
 連写性能はAF追従で最高15コマ/秒、AF固定(1コマ目で固定)で最高60コマ/秒、連続撮影可能枚数は15コマ/秒時で約45コマ、60コマ/秒時で約40コマとなっている。

 撮影機能としては新たに「スロービュー」を搭載。「スロービュー」に設定すると、シャッターボタン半押しで40コマが一時的に記録され、背面液晶モニターでその画像がスローモーションのようにゆっくりと表示される。その表示を見ながらベストのコマのときに全押しすると、その1コマだけが保存される。
 シャッターボタンを押した瞬間の前後の20枚を連写し、そのなかからカメラが自動的に5枚をセレクトして表示する「スマートフォトセレクタ―」も引き続き搭載されているが、「Nikon 1 V2」ではセレクトする画像を5枚ではなく1枚に変更することができる。
 スローモーションと静止画を合わせた「モーションスナップショット」は、「Nikon 1 V1」ではその動画内で使用される動画ファイルと画像ファイルが別に保存されていたが、「Nikon 1 V2」ではひとつの動画ファイルで保存できるようになった。ただし、動画ファイルで保存した場合は画像ファイルは保存されない。
 そのほか「Nikon 1 V2」と同時に発表された、USB 端子に接続することでWi-Fi 通信機能を内蔵したスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスと双方向通信が可能となる「ワイヤレスモバイルアダプター WU-1b」に対応している。
 ボディのサイズは約107.8×81.6×45.9mm(W×H×D)、重さはボディのみで約278gとなっている。
 発売は11月を予定。ボディ単体(予想実勢価格:9万円前後)のほか、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」が付属する標準ズームレンズキット(予想実勢価格:10万円前後)、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」が付属するダブルレンズキット(予想実勢価格:12万円前後)、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM」が付属するハイパーダブルズームキット(予想実勢価格:15万円前後)が用意される。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色となっている。

 Nikon 1関連アクセサリーとして「スピードライト SB-N7」を発表。ガイドナンバーは18(ISO 100・m)となっている。

5段分のぶれ軽減効果を発揮する手ぶれ補正機構を搭載

 同日発表された「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」は、FXフォーマット対応の望遠ズームレンズだ。ニコンでは初となる5段分のぶれ軽減効果がある手ぶれ補正機構を搭載し、またナノクリスタルコートが採用されている。サイズは最大径78×長さ178.5mm、重さは850gとなっている。なお、三脚座(「RT-1」)は別売りとなる。発売は11月下旬の予定。

 今回発表されたボディ、レンズ、およびアクセサリーの発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税込み
(予想実勢価格)
発売予定日
Nikon 1 V2 ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2012年11月
Nikon 1 V2 標準ズームレンズキット (「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」付属) オープン価格
(100,000円前後)
2012年11月
Nikon 1 V2 ダブルレンズキット (「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」付属) オープン価格
(120,000円前後)
2012年11月
Nikon 1 V2 ハイパーダブルズームキット (「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM」付属) オープン価格
(150,000円前後)
2012年11月
スピードライト SB-N7 17,850円 2013年1月下旬
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 199,500円 2012年11月下旬
「Nikon 1 V2」(正面)

「Nikon 1 V2」(ブラック、正面)

「Nikon 1 V2」(背面)

「Nikon 1 V2」(ブラック、背面)

「Nikon 1 V2」(ブラック、上面、1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6装着時)

「Nikon 1 V2」(ブラック、上面、1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6装着時)

「スピードライト SB-N7」

「スピードライト SB-N7」

「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」

「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」

 

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/nikon/2396#imp_458

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ