D5200:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ニコン > D5200

D5200のレビュー・撮影記

もっと見る

D5200のGANREFマガジン最新記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D5200」を発表

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、11月6日、バリアングル液晶モニターや高密度39点AFシステムを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D5200」、およびワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」「WR-T10」を発表した。

公開日: 2012年11月07日

D5200の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 17
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 159

D5200の新着写真

D5200のマガジン記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D5200」を発表

公開日: 2012年11月07日

「D5200」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(レッド、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(レッド、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブロンズ、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブロンズ、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、11月6日、バリアングル液晶モニターや高密度39点AFシステムを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D5200」、およびワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」「WR-T10」を発表した。

「D7000」と同一のオートフォーカスセンサーモジュールを採用

 「D5200」は、横開き方式のバリアングル液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラだ。撮像素子は有効画素数2,410万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)、画像処理エンジンは上位機種「D4」や「D800/D800E」「D600」と同等のEXPEED 3を採用。常用ISO感度の範囲は100~6400で、増感設定でISO 25600相当まで使用することが可能となっている。
 AFセンサーには「D7000」と同一のマルチCAM 4800DX オートフォーカスセンサーモジュールを採用。フォーカスポイントは39点(うち中央部9点はクロスタイプセンサー)となっている。また、2016分割RGBセンサーを使ったシーン認識システムを搭載。撮影シーンの輝度や色情報をより細かく分析し、オートフォーカス、自動露出、i-TTL調光、オートホワイトバランスの制御や3D-トラッキング時の動く被写体の追尾に反映しているという。
 ボディの特徴としては、ボディ上面の撮影モードダイヤルの脇にレリーズモードボタンを配置。これにより、シーンに合わせて最高約5コマ/秒の高速連写モードやミラーの動作音を抑えることができる静音撮影モード「Q」などに素早く変更することができる。また「D5100」と同様に、撮影モードダイヤルの部分にライブビュースイッチが配置されている。ボディのサイズは約129×98×78mm(W×H×D)、重さはボディのみで約505gとなっている。
 カラーバリエーションはブラック、レッド、ブロンズの3色。ラインアップはボディ単体(カラーはブラックのみ)のほか、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付属する「18-55VR レンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」が付属する「ダブルズームキット」が用意される。発売予定日は2012年12月。

 同時に発表されたワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」「WR-T10」は、「D5200」のほか、10 ピンターミナルやアクセサリーターミナルを装備したニコンのデジタル一眼レフカメラにも使用可能な、電波によるリモートコントロールシステムだ。「WR-T10」(送信機)から、「WR-R10」(送受信機)を装着したカメラのワイヤレスリモート撮影が可能。赤外線によるリモートコントローラーに比べ到達距離が長いことが特徴で、送受信間に木などの遮蔽物があっても快適なリモート撮影が可能だという。
 「WR-T10」 のシャッターボタンは、カメラのシャッターボタンと同様に機能するため半押しによるオートフォーカスの作動や、連続撮影、カメラ側の動画撮影や静音撮影の機能も使用できる。また「WR-R10」を複数のカメラに装着すれば、複数カメラのシャッターをいっせいに切ることができるほか、「WR-R10」をカメラに装着した1台のカメラをマスターとして、「WR-R10」を装着した複数のカメラのシャッターをいっせいに切ることもできる。メーカー希望小売価格は、「WR-R10」が7,350円(税込み)、「WR-T10」が5,250円(税込み)。発売予定日は2012年12月。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税込み
(予想実勢価格)
発売予定日
D5200 ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2012年12月
D5200 18-55VR レンズキット
(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」付属)
オープン価格
(100,000円前後)
2012年12月
D5200 ダブルズームキット
(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR)
オープン価格
(135,000円前後)
2012年12月
ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 7,350円 2012年12月
ワイヤレスリモートコントローラー WR-T10 5,250円 2012年12月
「D5200」(ブラック、正面)

「D5200」
(ブラック、正面)

「D5200」(ブラック、背面)

「D5200」
(ブラック、背面)

「D5200」(ブラック、背面)

「D5200」
(ブラック、背面)

「D5200」(ブラック、上面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、上面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、グリップ側側面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、グリップ側側面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、端子カバー側側面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、端子カバー側側面、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

「D5200」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

「D5200」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」

ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」

ワイヤレスリモートコントローラー「WR-T10」

ワイヤレスリモートコントローラー「WR-T10」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/nikon/2407#imp_461

D5200の主要スペック比較(旧機種、ライバル機種)

ニコン D5200 ニコン D5100 ニコン D3200
画素数 2410万画素 1620万画素 2416万画素
撮像素子 CMOS CMOS CMOS
記録メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
液晶モニター 3.0型 約92万ドット 3.0型 約92万ドット 3.0型 約92万ドット
大きさ 129×98×78mm 128×97×79mm 125×96×76.5mm
重さ 約505g 約510g 約455g

D5200のオークション情報

リンク先:Yahoo!オークション

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ