D7200の掲示板

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ニコン > D7200 > 掲示板

D7200の掲示板 [更新日順: 2/2件]

前へ
次へ

2件中 1〜2件目

質問なんでも好き勝手に語ろう!

更新日: 2017/07/02 16:59 | 参考になった合計: 14 | コメント数: 5

最新のコメントへ

皆さんはこの機材について、特にどの辺りに魅力を感じますか?
機能や性能など、気になる部分について好き勝手に語ってください。
「新しいトピックを投稿するほどでもないなぁ」という質問や「買っちゃいました」報告、役に立つ情報、役に立たない独り言も大歓迎です!

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/02 18:00 参考になった: 0
001
センベイ
D300sの後継機に期待していた人には期待外れ、D7100のマイナーチェンジ版ですね。

バッファーが増えて、raw保存では1秒で終わってたのが3秒以上になったことは◎

AFセンサーの-3EV化に〇。

jpegで連続撮影100コマの壁をD810にならって露出時間4秒以上で破ったのは△。raw保存でもできるようにしないと星空や雷では駄目ですね。昔、EOS5Dで雷を撮って1枚が雷フォトコンで金賞もらったときは2秒露出の連続撮影でした。rawで無ければ明るい雷は飽和して使えません。

価格が13万円台というのは妥当でしょうね。

EOS7DMarkIIよりも軽量、野鳥用にはタムロンやシグマから150-600㎜F/5-6.3という安くて解像度の高いレンズが出てきて、D7200との組み合わせにはちょうど良いでしょう。

AF-S300mmF4の新型も2倍テレコンつけて600㎜F8で、中央1点なら対応するので、解像度がどこまで出るか気になりますね。

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/02 21:28 参考になった: 6
002
ken2
  • ken2
  • メインカメラ


    D800E
1.3倍のクロップがあるので、300mmなら換算600mm相当、600mmなら1200mm相当まで伸ばせますから、高感度が良くなった分、鳥撮りには良いかもです。

クロップ時には、撮影画面のほぼ全体をAFポイントが覆いますので、3Dトラッキング機能を活かせば、空貫きの飛翔とかだと威力は大きいでしょうね。

ま、クロップなんて後からトリミングすれば一緒って話もありますが(笑)

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/03 09:47 参考になった: 2
004
センベイ
ken2さん

クロップすることで連写性能が秒6コマから7コマに上がり、連続撮影も圧縮raw14ビットで26コマが46コマに上がりますから、後でトリミングする場合に比べて優位性がありますね。

D7100ではraw保存は1秒しか持たないため、鉄道ではクロップして使うこともあります。

動画撮影でも、DXの場合には1920×1080で30pまでに大して、1.3倍クロップでは60pとなります。D7100による先日のISSの月面通過ではクロップして60pで撮影していました。

高感度特性についてはExpeed4によるjpeg画質の改善はされているものの、raw現像では変わらないでしょう。jpegしか使わない人には良いでしょうね。

連続撮影100コマの壁も、ファームウェアアップで全ての機種に使えるようにして欲しいですね、それもraw保存で。jpegしかできない、という技術的な問題などは無い筈、キヤノンやペンタックスでは使えますから。

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/03 12:44 参考になった: 4
005
TK197309
D400を待ちわびつつD7000系はスルーし
D5000系を使用してきた者としては
D5500をみて、待てども待てども出そうにないD400に
痺れを切らして、魅力的に見えています。
常用感度ISO25600、AF性能向上だけでも魅力的です。
正直欲しいです。

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/04 21:59 参考になった: 2
006
相賀  望弘
1週間に最低1回はこのお店の何処かの店舗にいます(笑)新機種D7500の試写や各種レンズ撮影が楽しめました。この企画の経験は2回目です。超高速(同社持ち込み企画)のNikonリニアの撮影には熱くなりました(笑)。ニコン AF-S NIKKOR 58mm 1.4Gのボケがとてもとても気に入りました。他 AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8E ED VR/ AF-S NIKKOR 70-200mm f2.8G ED VR II/AF-S NIKKOR 200-500mm f5.6E ED VRも試写。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D7200
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
焦点距離:
58.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto1

親切にレンズ等アドバイス下さいました。このイベントに感謝!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D7200
焦点距離:
50.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/2000秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto1

この投稿に返信する

投稿日: 2017/07/02 16:59 参考になった: 0

[↑ トピックの先頭へ ]

耳寄りなぜ今?

更新日: 2016/08/20 18:42 | 参考になった合計: 9 | コメント数: 0

最新のコメントへ

じじらっち
第1感として、CP+の熱が冷めた今頃発表した真意は?

今回の改良点は、撮像素子、AFモジュール、画像処理エンジンといった電子部品の載せ替えで、シーケンス系のメカはいまだにD7000を引き継いでいるようです。
製造工程から見れば、金型は極力現行品を流用し、電子機器をのせかえることにより性能の向上を図るモデルチェンジと思われます。
その電子部品も新たな開発品ではなく、おそらくは他機種で採用されている部品の流用。

確実に機能向上は果たしているが、面白みのないモデルチェンジで、
次期DXフラッグシップモデル発売までの時間稼ぎ、中継ぎ的存在と思います。

以前の新製品発表時は、下位モデルが上位モデルを凌駕する楽しみがありましたが、このところのニコン製品は既存技術の順列組み合わせで商品バリエーションを構築している感があります。

ニコンファンとしては、エポックメーキング的新製品の発表を熱望します。

この投稿に返信する

投稿日: 2015/03/03 23:26 参考になった: 10

[↑ トピックの先頭へ ]

2件中 1〜2件目


↑ページの先頭へ