OLYMPUS PEN Lite E-PL2:オリンパス(olympus)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > オリンパス > OLYMPUS PEN Lite E-PL2

OLYMPUS PEN Lite E-PL2のレビュー・撮影記 [更新日順: 3/12件]

もっと見る

OLYMPUS PEN Lite E-PL2のGANREFマガジン最新記事

オリンパス・ペン Lite E-PL2 実写レポート

今回発売された「オリンパス・ペン Lite E-PL2」は、軽量なボディはそのままで、操作系を上位機種である「E-P1」「E-P2」に近づけることで、より高いユーザービリティを実現している。また人気のアートフィルターがより多彩になっているのも大きな特長だ。

公開日: 2011年05月10日

OLYMPUS PEN Lite E-PL2の掲示板 [更新日順: 1/1件]

もっと見る

OLYMPUS PEN Lite E-PL2の新着写真

OLYMPUS PEN Lite E-PL2のマガジン記事

オリンパス・ペン Lite E-PL2 実写レポート

公開日: 2011年05月10日

 2008年に初めて登場したミラーレス一眼カメラは、一眼カメラの高画質を維持したままでコンパクトなサイズを実現するという画期的なシステムのもと、瞬く間にカメラ市場に浸透していった。そのミラーレス一眼カメラの中核となってきたカメラが「オリンパス・ペン」シリーズである。今回発売された「オリンパス・ペン Lite E-PL2」はシリーズのなかでも軽量化を前面に押し出したLiteシリーズの発展機である。軽量なボディはそのままで、操作系を上位機種である「E-P1」「E-P2」に近づけることで、より高いユーザービリティを実現している。また人気のアートフィルターがより多彩になっているのも大きな特長だ。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像

画像をクリックすると等倍サイズの画像(4.7~9.4MB)を開きます

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:1/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(14mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F4.5/シャッタースピード:1/100秒/露出補正:+1EV/ISO感度:200/WB:オート/ピクチャーモード:トイフォトII+フレーム効果/JPEG(L/画質 SF)
駅舎に集うのは人のみにあらず。ネコたちの集会の邪魔にならぬように、E-PL2を持つ手を静かに伸ばしてローアングル撮影。「トイフォトII」のクールな色みと画像を縁取る「アートフレーム効果」によりスタイリッシュな印象の1枚に。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:2/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(42mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/200秒/露出補正:+1EV/ISO感度:200/WB:4,000K/ピクチャーモード:トイフォトII/JPEG(L/画質 SF)
野に咲く花にM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II の最短撮影距離30cmまで近づき、絞り優先AEにして開放絞りにて撮影。花々の立体感を表現する。「トイフォトII」で周辺減光させ、さらにWBを4,000Kにすることで青みを加えて、クールな印象に仕上げた。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:3/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(20mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F7.1/シャッタースピード:1/250秒/露出補正:+0.7EV/ISO感度:200/WB:オート/ピクチャーモード:トイフォトIII/JPEG(L/画質 SF)
昔ながらの風情のまま、今も人々の生活の中心にある木造駅舎。木壁の風合いが目になじむ。「トイフォトIII」の温かみのある色みと周辺減光の効果はあたかもいつか見た夢のよう。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:4/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6(70mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F4.7/シャッタースピード:1/125秒/露出補正:+0.7EV/ISO感度:400/WB:オート/ピクチャーモード:ポップアートII+ピンホール効果/JPEG(L/画質 SF)
水平線の彼方に日が沈み、夕焼け空から宵空へと移りゆくひととき。「ポップアートII」のメリハリのあるトーンと強調された色調の中で、浮かび上がる富士山と行き交う船のシルエットを「ピンホール効果」でより印象的に仕上げる。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:5/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(16mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F5/シャッタースピード:1/125秒/露出補正:+0.7EV/ISO感度:200/WB:オート/ピクチャーモード:ラフモノクロームII/JPEG(L/画質 SF)
ローカル線の昼下がり。ときおり響く時計の針音だけが時刻表の合い間を静かに埋める。新しく搭載された「ラフモノクロームII」の程よい力強さとトーンが春の日の明るさと影を絶妙に表現してくれる。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:6/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(42mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/100秒/ISO感度:200/WB:オート/ピクチャーモード:ドラマチックトーン/JPEG(L/画質 SF)
干潮の東京湾岸。「ドラマチックトーン」の独特な表現が虚の世界を描く。夕空を覆う雲間からの光とそれを映し込む干潟の水紋がハイコントラストな版画のような描写となる。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:7/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(32mmで使用)/露出モード:プログラムAE/絞り:F6.3/シャッタースピード:1/125秒/露出補正:+1.7EV/ISO感度:500/WB:オート/ピクチャーモード:ファンタジックフォーカス/JPEG(L/画質 SF)
春の日差しの中、花畑で遊ぶ女の子を「ファンタジックフォーカス」の柔らかな描写で包み込む。少し露出をオーバー気味にして肌のトーンを滑らかに表現した。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:8/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6(150mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F6.3/シャッタースピード:1/100秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:3200/WB:5,400K/ピクチャーモード:VIVID/JPEG(L/画質 SF)
幼稚園の入園式。新しい生活への期待と親から離れる不安が混ざり合う中で見せる表情に心震わせシャッターを切る。わが子を撮らんと意気込む保護者で込み合う会場の中でも、E-PL2とM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6の組み合わせならコンパクトで邪魔にならず、300mm相当の超望遠撮影もスマートに行える。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:9/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(40mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/2,000秒/露出補正:+1EV/ISO感度:400/WB:オート/ピクチャーモード:VIVID/JPEG(L/画質 SF)
小さな漁港に泊まる一艘の漁船。翌朝の漁を控えた静かな時間だ。沈みゆく夕日を受けほんのりと赤く染まる船体と空に浮かぶ雲を「VIVID」で浮き立たせる。

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:10/11

カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6(150mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/200秒/露出補正:+1.3EV/ISO感度:200/WB:オート/ピクチャーモード:i-FINISH 標準/JPEG(L/画質 SF)
日本人の心に咲く桜は自然のたまもの。見ているだけで不思議と胸が温かくなる。E-PL2に搭載された「i-FINISH」は見る者の記憶と情感をより喚起することで感動を表現する画像処理だ。

ISO 200 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 200) ISO 400 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 400) ISO 800 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 800)
ISO 1600 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 1600) ISO 3200 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 3200) ISO 6400 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」実写画像:11/11(ISO 6400)

(共通データ)カメラ:E-PL2/レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(42mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F5.6/露出補正:+0.3EV/WB:晴天/ピクチャーモード:NATURAL/JPEG(L/画質 SF)
ISO 200~800ではノイズも少なく画質も良好。シーンに合わせて自在にISO感度を変えて撮影できる。ISO 1600から若干ノイズが出てくるがまだ質感はしっかりしている。ISO 3200になるとノイズも多くなるが大伸ばしするのでなければ問題は少ないだろう。ISO 6400はノイズも多く質感も緩くなってくるが超高感度撮影が可能という点で考えれば十分な画質といえる。ただ、ISO 3200~6400ではカラーバランスの崩れが目立つ。

マクロアームライト「MAL-1」使用作例

マクロアームライト「MAL-1」使用作例:1/3

「MAL-1」のLEDライトをサボテンの左右の位置に配置して2灯ともに1/1の明るさでライティング

マクロアームライト「MAL-1」使用作例:2/3

右のLEDライトのみを点灯。サボテンの影が左手に流れる。

マクロアームライト「MAL-1」使用作例:3/3

左のLEDライトのみを点灯。サボテンの影が右手に流れる。

マクロアームライト「MAL-1」

マクロアームライト「MAL-1」  Amazonで購入する

マクロアームライト「MAL-1:「E-PL2」に装着時

「E-PL2」に装着時

 マクロアームライト「MAL-1」は「E-PL2」のアクセサリーポートに装着して被写体をライティングするためのアクセサリーだ。ポート部に装着された本体より伸びるフレキシブルアームの先端に埋め込まれたLEDライトを発光させることにより被写体を照らすことができる。主に花や小物のクローズアップ撮影用のライトとして活用できるだろう。またアーム先端のLEDライトは左右それぞれで「OFF」「1/2」「1/1」と明るさを変えることができるので、自在に動かすことができるアームと併せ自由度の高いライティングが可能だ。

気軽に持ち出し、アーティスティックな表現を楽しめる

 「E-PL2」は「オリンパス・ペン Lite」シリーズの最新機種であると同時に「オリンパス・ペン」シリーズの最新機種でもある。ボディサイズと重さはLiteシリーズの軽量コンパクトを継承している。これはマイクロフォーサーズ最大の利点を最大限に生かしているものであり、同時に現在の「オリンパス・ペン」人気の大きな要因のひとつだといえる。それでいて「E-PL2」には今までの「オリンパス・ペン」シリーズのなかでも最大の3型約46万ドットの背面液晶モニターが搭載された。また今までのLiteシリーズでは背面の操作系はすべてボタンでの操作となっていたが、この「E-PL2」では十字ボタンと一体型となるホイール式コントロールダイヤルが採用されており、その他のボタンレイアウトも「E-P1」「E-P2」といった上位機種に近いものになった。これにより「E-PL1」「E-PL1s」で採用されている十字ボタンのみでの操作に比べて、非常に操作性が向上している。ただ2ダイヤルを採用している「E-P1」「E-P2」とは異なり1ダイヤルのみの採用となっている点が少しもったいない印象もある。もっともそこまで上位機と同じにしてしまうとLiteシリーズの特長のひとつである気軽さ、簡単さが削がれてしまうのかもしれない。

 「E-PL2」に搭載されている撮像素子は1,230万画素4/3型ハイスピード Live MOS センサーと、これまでの「オリンパス・ペン」シリーズのものと同等なものだ。しかし生み出す画像は、最新機種だけに新しい表現方法を取り入れたものとなっている。大きな特長として挙げられるのが、より多彩になったアートフィルターが使用できるようになったことだ。これまで「E-PL1」「E-PL1s」では「ポップアート」「ファンタジックフォーカス」「トイフォト」「ラフモノクローム」「ジェントルセピア」「ジオラマ」の6種類を使用することができたが、「E-PL2」では「ドラマチックトーン」が追加されたほか、「ポップアート」が2種類、「トイフォト」が3種類、「ラフモノクローム」が2種類となり、計10種類に増えている。なお「ジェントルセピア」は搭載されていない。また、これまで別の設定項目として独立していた「仕上がり」と「アートフィルター」が統合され「ピクチャーモード」となった。これにより従来の「オリンパス・ペン」シリーズではできなかったP・A・S・Mモードにおいてのアートフィルター撮影が可能となっている。

 さらに今回の「E-PL2」で特筆すべき点は作画効果をアートフィルターに付加することができるアートエフェクト機能が新しく搭載されたことだ。このアートエフェクト機能には画像の四辺に黒いフレームを付けることができる「アートフレーム効果」、画面周辺をピンホールカメラで撮影した写真のように暗くする「ピンホール効果」、ピントの芯を残しつつ全体をぼかす「ソフトフォーカス効果」の3種類がある。これらのアートエフェクト機能とアートフィルターを重ね合わせることにより、よりアーティスティックな画像を手軽に得ることができるのだ。実際にアートエフェクト機能とアートフィルターを組み合わせて撮影してみると、これらが予想以上に相性が良いことに気がつく。ただしアートエフェクト機能が適応できる「アートフィルター」は限定されているので注意が必要だ。これはエントリーユーザーのために一番効果の高い組み合わせで使用できるようになっているものと思われるが、できることならすべての組み合わせで使用できるようにしておいてほしかった。

E-PL2に搭載されているアートフィルターとその効果/適用可能なアートエフェクト
アートフィルター 効果 適用可能なアートエフェクト
ポップアートⅠ 色をカラフルに強調し、明るく楽しい雰囲気を表現。 アートフレーム効果/ピンホール効果/ソフトフォーカス効果
ポップアートⅡ ポップアートⅠよりも蛍光色を抑えながらも、メリハリをつけてより強い印象の作風に。 アートフレーム効果/ピンホール効果/ソフトフォーカス効果
ファンタジック
フォーカス
柔らかいトーンの中で幻想的な空気感を表現。 なし
ラフモノクロームⅠ 粒子の粗い白黒写真のような力強さを表現。 アートフレーム効果
ラフモノクロームⅡ ラフモノクロームⅠよりも少しコントラストを弱め、程よい力強さの作風に仕上げる。 アートフレーム効果
トイフォトⅠ トイカメラで撮ったように周辺光量をあえて落として、独特な色合いの作風に。 アートフレーム効果
トイフォトⅡ トイフォトⅠよりも青みを帯びた色合いで、コントラストを少し柔らかく。 アートフレーム効果
トイフォトⅢ トイフォトⅠよりも赤みを帯びた色合いで、コントラストを少し柔らかく。 アートフレーム効果
ジオラマ ミニチュアの世界のような光景を描く。 なし
ドラマチックトーン 局所的なコントラスト変化から作り出されるドラマチックな階調表現。 アートフレーム効果

豊富なアクセサリーの登場でペンの楽しみが倍増

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」 コミュニケーションユニット
「OLYMPUS PENPAL PP-1」  Amazonで購入する
 「E-PL2」の魅力は豊富なアクセサリー類が使用できるところにもある。「E-PL2」に搭載されたアクセサリーポートでは電子ビューファインダー「VF-2」、ステレオマイクロホンセット「SEMA-1」が使用できる。また今回「E-PL2」と同時に発売されたマクロアームライト「MAL-1」、コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」も使用することができる。マクロアームライト「MAL-1」は前述のとおり、フレキシブルアームの先端にあるLEDライトで被写体を照らすためのアイテムだ。

 コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」は「E-PL2」のアクセサリーポートに装着することにより撮影した画像を無線通信によってBluetooth通信対応スマートフォンなどに送信することができるユニットだ。これを活用して、撮影したばかりの画像をスマートフォンの画面で確認したり、その画像をメールで送信するなどデジタルフォトならではの楽しみ方ができる。「E-PL2」で撮影した画像を、スマートフォンを経由させてTwitterやSNSなどに投稿したい場面でも力を発揮する。また「PP-1」自体にもメモリーが内蔵されており、お気に入りの画像を保存しておくといった使い方も可能だ。ただしBluetooth通信規格の違いによりiPhoneやiPadに送信することはできない。

まとめ

 「オリンパス・ペン」シリーズは、初代機である「E-P1」から今回の「E-PL2」まで、有効画素数や連写速度などカメラの基本的な性能をほとんど変更することなくモデルを重ねてきている。しかし、新しいアートフィルターやアートエフェクト機能の搭載、一眼カメラ用としては今までになかったアクセサリー類への対応など、常に新しい写真の楽しみ方を提案し続けている。冒頭でも述べたが、ここ最近におけるミラーレス一眼カメラの広がりは驚くほどの勢いを感じる。すでに写真を撮るという行為のためだけでなく、ひとつのライフスタイルのためのアイテムにまで進化しているようにも思える。そこで重要になってくるのが上質なカメラであることだろう。さまざまな機能やアクセサリーで写真を楽しめるとともに、軽量コンパクトでありながら「オリンパス・ペン」としての上質さも兼ね備えた「E-PL2」は、昨今の流れの中でミラーレス一眼カメラに求められる条件を十分に満たすカメラだといえる。

写真/レポート:礒村浩一

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/olympus/2038#imp_406

OLYMPUS PEN Lite E-PL2の性能テスト比較(旧機種、ライバル機種)

オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL2 オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL1 パナソニック LUMIX DMC-GF2
解像力

解像力

  • 解像度:2,789本
  • 画素数(短辺):3,024画素
  • 解像効率:0.922

解像力

  • 解像度:2,642本
  • 画素数(短辺):3,024画素
  • 解像効率:0.868

解像力

  • 解像度:2,386本
  • 画素数(短辺):3,000画素
  • 解像効率:0.795
ダイナミックレンジ

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.3段
  • シャドウ側階調:6.5段
  • ダイナミックレンジ(合計):9.8段
  • 実効ISO感度:156

標準

標準

  • ハイライト側階調:2.7段
  • シャドウ側階調:5.8段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.5段
  • 実効ISO感度:80

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.0段
  • シャドウ側階調:5.8段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.8段
  • 実効ISO感度:163
ISO感度

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

OLYMPUS PEN Lite E-PL2の主要スペック比較(旧機種、ライバル機種)

オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL2 オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL1 パナソニック LUMIX DMC-GF2
画素数 1230万画素 1230万画素 1210万画素
撮像素子 Live MOS Live MOS Live MOS
記録メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード SDメモリーカード、SDHCメモリーカード SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
液晶モニター 3.0型 約46万ドット 2.7型 約23万ドット 3.0型 46万ドット
大きさ 115.4×72.7×42.0mm 114.6×72.2×41.5mm 112.8×67.8×32.8mm
重さ 約317g 約296g 約265g

OLYMPUS PEN Lite E-PL2のマガジン記事

オリンパス、マイクロ一眼「オリンパス・ペン Lite E-PL2」を発表

公開日: 2011年01月12日

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」シャンパンゴールド(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時) 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」ホワイト(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時) 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」レッド(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時) 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」ブラック(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」
(左からシャンパンゴールド/ホワイト/レッド/ブラック・
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時)

 オリンパスイメージング株式会社は、1月12日、マイクロフォーサーズ規格準拠のレンズ交換式デジタルカメラ「オリンパス・ペン Lite E-PL2」、フィッシュアイコンバーター「FCON-P01」ほか各種コンバーターレンズ、コンパクトデジタルカメラ上級機「XZ-1」などを発表した。

「ライブガイド」「アートフィルター」の進化で、写真表現がさらに楽しく

 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」は、「E-PL1」「E-PL1s」のやさしいインターフェース、小型軽量という特長と、「E-P1」「E-P2」の操作感やデザイン面での特長を併せ持つ、エントリータイプの、マイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラだ。

 「オリンパス・ペン Lite E-PL2」の特長のひとつは、初心者でもより簡単に意図した表現ができるインターフェースだ。「E-PL1」で初めて搭載された、鮮やかさ、色み、明るさ、ぼけ、動感をスライドバーの操作で直感的に変更できる機能「ライブガイド」を進化させ、ボディ背面にあるダイヤルで操作できるようになったほか、動画でも使用できるようになった。

 また「E-30」以降のEシリーズに搭載されてきた、さまざまな表現が楽しめる「アートフィルター」も強化。「E-5」のみに搭載されていた「ドラマチックトーン」がペンシリーズとしては初めて搭載されたほか、「ポップアート」よりも蛍光色を抑えると同時にメリハリをつけた「ポップアート II」、「ラフモノクローム」よりも少しコントラストを弱めた「ラフモノクローム II」、「トイフォト」よりも青み・赤みを帯びた色合いで、コントラストを少し柔らかく仕上げる「トイフォト II」「トイフォト III」といったバリエーションが追加されている。さらに、「アートフィルター」に作画効果を付加できる「アートエフェクト機能」を新たに搭載。枠を付加する「アートフレーム効果」、画面周辺の明るさを落とす「ピンホール効果」、芯があって柔らかいピントにする「ソフトフォーカス効果」の3つの効果から選択することができる。
 なお「仕上がり」と「アートフィルター」が「ピクチャーモード」として統合されているので、絞り優先AEやシャッタースピード優先AE、マニュアル露出時でも「アートフィルター」の使用が可能だ。

 そのほか「顔検出AF」をさらに進化させた「瞳検出AF」を搭載。「顔検出AF」を使用して撮影しているときに人物がバストアップ以上の大きさになる場合は、自動的に「瞳検出AF」が働いて近い方の目の位置にピントを合わせる。

 撮像素子には有効画素数1,230万画素の4/3型 ハイスピードLive MOSセンサーを、画像処理エンジンには「TruePic V」を採用。ISO感度の範囲は200~6400となっている。
 大きさは115.4×72.7×42mm(W×H×D)、重さはボディのみで約317g。背面液晶モニターは、3型46万ドットの高精細ハイパークリスタル液晶となっている。
 ボディカラーはシャンパンゴールド、ホワイト、レッド、ブラックの4バリエーション。ラインアップは、「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」が付属するレンズキット、「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」が付属するダブルズームキット、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」が付属するパンケーキキットが用意される。ボディ単体は受注生産となっている。
 なお、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」は「オリンパス・ペン E-PL2 プレミアムキット」専用レンズとしての販売のみだったが、今回のパンケーキキットのほか、レンズ単体での発売も開始される。

さまざまなアクセサリーも同時発表

 今回はボディのほかに、防水プロテクターなどのさまざまなアクセサリーが発表されたが、なかでも注目なのが、フィッシュアイコンバーター「FCON-P01」、ワイドコンバーター「WCON-P01」、マクロコンバーター「MCON-P01」の3つのコンバーターレンズと、マクロアームライト「MAL-1」、コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」だ。
 コンバーターレンズはいずれも「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」に合わせて最適化設計されており、ワンタッチで取り付けることができるアタッチメントタイプとなっている。さらに「オリンパス・ペン Lite E-PL2」には、各コンバーターレンズ専用のシーンモードが新たに搭載されている。
 「MAL-1」はアクセサリーポートを搭載したカメラで使用可能な、近接撮影用フレキシブルアーム式LEDライトだ。先端にLEDライトが付いた長さ17cmのフレキシブルアームの向きを調整することで、小物を撮影する際に影を消したり、影を出して立体感を出したりすることが簡単に行える。
 「OLYMPUS PENPAL PP-1」は、対応したスマートフォンや「OLYMPUS PENPAL」を装着したカメラにリサイズしたJPEG画像を送るためのアクセサリーで、撮影した画像をその場で簡単に共有することができる。

オリンパスの最新技術を投入したコンパクトデジタルカメラ

 同時に発表されたコンパクトデジタルカメラ「XZ-1」は、1/1.63型の大型CCDセンサー、画像処理エンジン「TruePic V」を搭載した上級機だ。レンズにはコンパクトカメラとしては初めて「ZUIKO」の名を冠した「i.ZUIKO DIGITAL 6-24mm F1.8-2.5」(35mm判換算28~112mm相当)が、背面液晶モニターには3型61万ドットの有機ELディスプレイが採用されている。
 撮影機能については、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出などの各種撮影モードを使用できるのはもちろんのこと、ペンシリーズ同様「ライブガイド」や、「ドラマチックトーン」を含む6種類の「アートフィルター」も搭載されている。またアクセサリーポートも搭載されており、電子ビューファインダー「VF-2」やマクロアームライト「MAL-1」の使用も可能だ。
 操作性についても、コントロールリング、コントロールダイヤルの搭載により、画面を見ながら直感的に回すだけのダイヤル操作ができるという。
 ボディカラーはブラックとホワイトの2バリエーションとなっている。
 なお、コンパクトデジタルカメラは「XZ-1」のほか、2機種が発表された(下表参照)。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

カメラ
製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
オリンパス・ペン Lite E-PL2ボディ
(シャンパンゴールド/ホワイト/レッド/ブラック)
オープン価格
(70,000円前後)
2011年1月
(受注生産)
オリンパス・ペン Lite E-PL2レンズキット
(「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」付属)
オープン価格
(80,000円前後)
2011年1月28日
オリンパス・ペン Lite E-PL2ダブルズームキット
(「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」付属)
オープン価格
(100,000円前後)
2011年1月28日
オリンパス・ペン Lite E-PL2パンケーキキット
(「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」付属)
オープン価格
(90,000円前後)
2011年1月28日
「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(正面、内蔵フラッシュポップアップ時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(正面、内蔵フラッシュポップアップ時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(背面)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(背面)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(上面)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(上面)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II装着時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8装着時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2(ブラック)」(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8装着時)

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」透過図

「オリンパス・ペン Lite E-PL2」透過図

レンズ・アクセサリー
製品名 希望小売価格
(税込)
発売予定日
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 49,875円 2011年1月28日
フィッシュアイコンバーター FCON-P01 21,000円 2011年2月下旬
ワイドコンバーター WCON-P01 12,600円 2011年2月下旬
マクロコンバーター MCON-P01 8,820円 2011年2月下旬
コンバーターレンズセット 3CON-P01 37,800円 2011年2月下旬
マクロアームライト MAL-1 6,300円 2011年1月28日
コミュニケーションユニット OLYMPUS PENPAL PP-1 8,820円 2011年1月28日
ショルダーストラップ CSS-S114 5,040円 2011年1月28日
本革フロント&ボディーケース CS-25FBC 9,450円 2011年1月28日
ソフトカメラケース CS-14SF
(ベージュ/レッド/ブラック)
3,780円 2011年1月28日
ソフトカメラケース CS-20SF
(ブラック/グレー)
5,670円 2011年1月28日
カメラバッグ CGB-7 7,560円 2011年1月28日
リュックサック CGB-6 18,585円 2011年1月28日
プレミアム本革レンズケース CS-26 8,820円 2011年1月28日
レンズケース CS-21 4,410円 2011年1月28日
レンズケース CS-22 3,780円 2011年1月28日
ソフトケース CS-24 4,410円 2011年2月下旬
小物ケース CS-23 2,520円 2011年1月28日
キルティングクッションケース CS-27 2,520円 2011年1月28日
防水プロテクター PT-EP03 74,550円 2011年1月28日
反射防止リング POSR-EP03 3,675円 2011年1月28日
Oリング POL-EP03 2,100円 2011年1月28日
ポートカバー PJKT-EP03 7,350円 2011年1月28日
メッシュバッグ PMBG-03
(ブラック/ブルー/オレンジ)
8,820円 2011年1月28日
フィッシュアイコンバーター「FCON-P01」

フィッシュアイコンバーター
「FCON-P01」

ワイドコンバーター「WCON-P01」

ワイドコンバーター
「WCON-P01」

マクロコンバーター「MCON-P01」

マクロコンバーター
「MCON-P01」

マクロアームライト「MAL-1」

マクロアームライト「MAL-1」

マクロアームライト「MAL-1」(オリンパス・ペン Lite E-PL2装着時)

マクロアームライト「MAL-1」(オリンパス・ペン Lite E-PL2装着時)

防水プロテクター「PT-EP03」

防水プロテクター「PT-EP03」

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」

コミュニケーションユニット
「OLYMPUS PENPAL PP-1」

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」(上面)

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」(上面)

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」(オリンパス・ペン Lite E-PL2装着時)

コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPAL PP-1」(オリンパス・ペン Lite E-PL2装着時)

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
コンパクトデジタルカメラ
XZ-1(ブラック/ホワイト) オープン価格
(60,000円前後)
2011年2月中旬
Tough TG-310(レッド/ホワイト/オレンジ) オープン価格
(30,000円前後)
2011年2月末
VG-140(シルバー/ブルー/ピンク) オープン価格
(20,000円前後)
2011年1月28日
「XZ-1(ブラック)」(正面)

「XZ-1(ブラック)」(正面)

「XZ-1(ホワイト)」(正面)

「XZ-1(ホワイト)」(正面)

「XZ-1(ブラック)」(背面)

「XZ-1(ブラック)」(背面)

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 2

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/olympus/2038#imp_399


↑ページの先頭へ